熱から覚めるとき~冨田真由さんと橋本愛さんの件

芸能活動をしていた冨田真由さん(20)が襲われた刺傷事件ね。
容疑者の男は、もともとは女優・橋本愛さんの熱狂的なファンだったんだって。
そうみたいですね。
でも、橋本愛さんがロマンポルノ好きということを知って、
幻滅したという・・・。
橋本愛のロマンポルノ好きもインパクトあるよね。
まあ、今回のポイントはそこじゃないけど(笑)。
容疑者のブログです。
3年半くらい橋本愛のファンだったんですね。

橋本愛は昔から変態気質だと知っていましたが、ロマンポルノに嵌まってたという記事を目にし、さすがにドン引きしました。

もう、無理。

約3年6ヶ月
お疲れ様でした。自分

出典:The Huffington Post
女子大生刺傷事件の容疑者、橋本愛の熱狂的なファンを辞めた意外な理由
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/27/ai-hashimoto_n_10159292.html

書評家・インタビュアーの吉田豪さんはこの件について、
「何が自己防衛になるのかわからないものだ」
とツイートしてる。

冨田真由さんにとって不運でしたが、
橋本愛さんは助かりましたね・・・。
怖い、怖い・・・。
☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:福山雅治と同世代。広く浅く世間を語る。
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)。独身。潔癖症。シニカルな視点は世代のせい?
今回の事件・・・。
音楽活動を行っていた女子大生の冨田真由さん(20)が、
狂信的なファンに襲撃された事件は、2016年5月21日、
東京・小金井で発生しました。
過去にも、歌手やタレントが襲われる事件はあったけど、
AKB48を始めとする身近に会いに行けるアイドルが増えたことや、
インターネット・SNSの急激な普及で、
状況は、昔とは全く違ってきてるよね。

21日午後5時ごろ、東京都小金井市本町の雑居ビルで、20代女性が男に刃物で複数回刺された。女性は都内の病院に搬送され、意識不明の重体。110番通報を受けて駆けつけた警視庁小金井署員が現場近くにいた男の身柄を確保し、傷害容疑で現行犯逮捕した。

出典:産経ニュース
女性アイドル刺され意識不明の重体 東京・小金井でファンイベント 警視庁、男を傷害容疑で現行犯逮捕
http://www.sankei.com/affairs/news/160521/afr1605210024-n1.html

容疑者の顔つきみた?
いかにもって人相だよね。
サイコパスですね。
筆おろしAVにも出演してたみたいですよ・・・。
なんだかね・・・。
今回の件は、明らかに容疑者の異常さが原因で、
今後、早急にタレントを守る仕組みをつくることは必要だと思うよ。
でも、それと同時に、今後はストーカーを増やさないような
社会にしていくことも大切だと思うなあ。
もちろん、そうですね。
どこかの掲示板に、少し前の書き込みみたいだけど、
ちょっと興味深い記事を見つけたよ。
え?ストーカーと結婚した女性の話ですか?

162: 愛と死の名無しさん 2008/01/21(月) 05:34:02
おお、ストーカーで思い出した!
私の知り合い(友達レベルではない)の、不幸だったらしい結婚式。

新郎ウッキウキな表情、新婦はどよーん。
新婦の仲のいい友達から事情を聞けば、
新郎は新婦のものすごいストーカー。
挙式当時新婦は29歳だったのだけど、
新婦が17歳のころからストーキングされ
もうとにかく地獄の果てまでついてくる状態だったらしい。

それにとうとう耐えられなくなった新婦が新郎との結婚を決意。
「結婚すればストーキングされなくなるかもしれない」
という理由だった。

周りはそんな理由で自分の戸籍を汚すなんてと反対したけど
新婦はもう、そんなことはどうでもいいくらい
疲れ果てた様子だったそうで。

私にも結婚しましたハガキが来たけど、
一枚のハガキに何種類もの写真
(どれも新郎ごきげん、新婦不機嫌)が散りばめられ、
気の毒に・・・と思っていたけど、4年後くらいに離婚した。

一緒に住んだらストーカー新郎が新婦に飽きたらしい。
新婦の離婚の申し出を普通に受け入れ、離婚。
子供もおらず。

「もっと早くにこうしておけば良かったーー!」
と新婦の表情は見たことのない晴れ晴れとしたものだった。
私が新婦と出会ったのは新婦が20歳超えてからのことだったので
彼女の本当の笑顔というものを初めて見た気がしたよ。

出典:女『ストーカーと結婚する。そうすればストーキングされなくなる…』→結婚式で。新郎「ニコニコ」新婦「どよーん」しかし4年後…
http://www.kekkon-sokuho.com/archives/48687496.html

思ったんだけど・・・。
ストーカーとか、狂信的になっている人って、
適当に“ガス抜き”してあげたら、少しマシになるんじゃないかな?
この話みたいに、被害者がそれに協力する必要は全くないんだけどさ。
なんかこのへんに、ストーカー被害を減らすためのヒントが
あるような気がするなあ・・・。
橋本愛さんの件も、うまく“ガス抜き”されたということですね。
うん。
その後、冨田真由さんが被害にあったのは不幸だったけど、
とりあえず、容疑者の目先の執着は“ガス抜き”されたよね。
膨れ上がった幻想を
壊してやればいいんですよね。
そういえば、広末涼子のときもそうじゃない?
初期の広末涼子は危ないファンを惹きつけそうな感じだった。
ところが、一時期、彼女の奇行や派手な男遊びがスクープされてたよね。
あの一連の報道は、ストーカー予備軍の熱を覚ましたんじゃないかな?
広末涼子さんも最初のイメージから
ずいぶん変化しましたよね。
その後、俳優として評価が高まったり、
結果的には良かったよね。
危険をすり抜けながら、
うまく成長できるタレントはいいですね。
もっと例を出すなら、
松田聖子も最初は熱狂的な男のファンが多かったけど、
ある時期から女性ファンが増えて、
熱狂的な男のファンはフェイドアウトしていったもんね。
そのときも、熱を覚ますようなエピソードがあったんですか?
アメリカ進出して、外国人の彼氏つくった。
スキャンダルが続いて、ケバくなった。
誰でしたっけ?
相手の外国人。
ジェフにアランね。
よく覚えてますね(笑)。
まあ、ともかく。
ストーカー予備軍が覚醒しないような工夫を
社会として考えていきたいね。
例えば、どんなことですか?
う~ん。
現実の世界にひっぱりだして、
生身の普通の女性とどんどん接点を作らせるのが
一番いいと思うんだけどなあ・・・。
誰が相手をしてあげるんですか?
嫌がる女性も多いでしょうけど・・・。
ホントはもっと前の段階で、子どもの頃から、
男子と女子がもっと自然にコミュニケーションをとれるような環境が、
沢山あるといいだけどね。
なるほど。
キモいって理由で、子どもの頃から、阻害され続けるのがヤバいね。
どこかで誰かがフォローしてあげなきゃ。
それには絶対早い時期の方が楽だし、効果あると思うよ。
今日、くまちゃん、いいこと言ってますよね?
いやいや、いつも真面目だから(笑)。
僕も娘がいるから、こういう問題には真剣なの!

ai_hashimoto

出典:くまもと映画「うつくしいひと」公式ホームページ
http://kumamotoeiga.com/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする