暑い夏に避暑地なハーモニーを!ザ・フラミンゴズのこの5曲!(+1)

このフラミンゴ浮き輪ってよくない?
くまちゃんがこれを使うんですか?
いやいや子ども用だよ。海デビューしたばっかりなんだけど、まだ遊具を何にも持ってないんだよね。
なかなか個性的でしょ。アンパンマンとかもうワンパターンだからね。
くまちゃんは最近、子連れで海やプールに行くんですよね。
そうなんだよ。水遊びなんて何十年ぶりだよ。
あ、僕用にはこれがいいな!
☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:福山雅治と同世代。広く浅く世間を語る。
特技:2才の娘を笑わせること。
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)。独身。潔癖症。シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索。
というわけで、夏と言えば海、浮き輪、フラミンゴ!
別にアルバムがリイシューされたわけじゃないけれど、暑い夏に避暑地なハーモニーを!
今日はボーカルグループ、ザ・フラミンゴズのドリーミーな名曲をお届けするよ。
かなり強引ですね(笑)。

ザ・フラミンゴズとは?

The_Flamingos_-_1957

ザ・フラミンゴズ(The Flamingos)は、1950年代中期から後期にかけて活躍したアメリカ・シカゴのドゥーワップ・グループです。代表曲は1959年に発表した「I Only Have Eyes for You」のカバーです。ビルボード誌は、「ザ・フラミンゴズはドゥーワップがエレガントで洗練されたものであることを証明した」と評しています。[1]
まさに優雅で美しいフラミンゴのように、ザ・フラミンゴズは洗練された華麗なハーモニーを奏でてくれるよ。

120412_l

出典:ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ザ・フラミンゴズのこの5曲!

Golden Teardrops(1953)

The Flamingos – Golden Teardrops 1953

ザ・フラミンゴズは、1953年にChanceレコードと契約し「If I Can’t Have You」が初ヒット、続く「That’s My Desire」「Golden Teardrops」もヒットしました。[1]
部屋の温度が急に下がった気がするくらい、涼し気なコーラスでしょ?

I’ll Be Home(1956)

The Flamingos – I’ll be Home

Chess/Checkerレコード在籍時の1956年、「I’ll Be Home」はビルボードR&Bチャート5位と、初の全国ヒットとなりました。[1]
いやいや美しい、ただただ美しい。

I Only Have Eyes for You(1959)

The Flamingos “I Only Have Eyes For You” My Extended Version!

1959年にはEndレコードに移り、この「I Only Have Eyes For You」や「Lovers Never Say Good Bye」といったポップ・バラードが大ヒットします。「I Only Have Eyes For You」はもともと1934年の映画音楽でした。全米ポップチャート11位、R&Bチャート3位とザ・フラミンゴズ最大のヒット曲です。[1]
これが一番の有名曲だよ。邦題「瞳は君ゆえに」。
山下達郎のカバーでも有名だね!

Lovers Never Say Goodbye(1959)

The Flamingos “Lovers Never say Goodbye”

全米ポップチャート52位、R&Bチャート25位を記録した彼らの代表曲のひとつ、お得意のメローなバラードです。[1]
僕がザ・フラミンゴズで一番好きな曲!
ロマンチックでしょう。背筋がぞくぞくするよ。
ラッツ&スター(シャネルズ)もカバーしているよね。

The Boogaloo Party(1966)

The Flamingos The Boogaloo Party

ザ・フラミンゴズはメンバーを入れ替えながら1970年代まで活躍します。1966年には「The Boogaloo Party」がアメリカのみならずイギリスでもヒットしました。[1]
この頃流行っていたブーガルーのリズムを取り入れたんだね。これまでの4曲とはちょっと雰囲気が違うけど、ノリノリだよ。

o0420030813258638353

出典:夜のお菓子

なんですか、この画像?
知らない?この有名なシーン。フラミンゴといえばこのシーンを思い出すよ。
え~と、画像検索・・・。
あ、ガンダムですか。
そうだよ。南米大陸を後にして宇宙へ飛び立つホワイトベース。交錯するように無数に飛び交うフラミンゴの群れ。
ごめん、余談でした・・・。
さて!最後にもう1曲、ノリのいいこの曲でお別れです!
しゃびどぅび、しゃびどぅび、ぱっ、ぱっー♪

Jump Children(1959)

FLAMINGOS Jump Children




脚注
[1] Wikipedia The Flamingos