第904回 toto(1/21,22)のオカルト予想 「ブンデスリーガ&プレミアリーグ、にわかファンにも一目でわかる上位・注目チーム一覧」

さて、2017年のtotoオカルト予想初めだよ!
今回も海外リーグ・・・ブンデスリーガとプレミアリーグが対象試合のtotoだね
ちなみに、対象試合の二つの海外リーグですが、ウィンターブレイク後の再開となるブンデスリーガと、年末年始もずっと試合が続いていたプレミアリーグという違いがあります
・・・ということは、岡崎や吉田麻也はずっと働きづくめだよね
対して、香川真司や長谷部誠たちは多少のコンディション調整はできた、と
これはtoto予想だけではなく、来月からの日本代表の戦いにも影響あるからね・・・
どれだけ試合に使われていたかも重要です
岡崎選手は途中出場が多いですが、吉田選手はここに来て出場時間も増えています
僕のような俄(にわ)か海外サッカーファンは、どうしてもまずは日本選手から各リーグを見てしまう・・・

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:酔っ払いおじさん、広く浅く世間を語る
特技:2才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

第904回 toto(1/21,22)のオカルト予想 のポイント~にわかファンにも一目でわかる上位・注目チーム一覧

さっそく始めようか、まずはブンデス、プレミアともに順位をさらっと確認しておこう
ブンデスリーガは年末の大一番、大躍進のライプツィヒと王者バイエルンの直接対決・・・これをバイエルンが制してウィンターブレイクに突入していました
リーグは1月21日の第18節から再開となります
ドイツ・ブンデスリーガ

出典:soccer.yahoo.co.jp

続いて、プレミアリーグの順位ね
プレミアの方が格差がはっきりしていて、6強が凌ぎを削っている
現在首位の、コンテ監督率いる今季好調のチェルシーは、20節(1/4)で連勝がストップしたものの、前節21節(1/14)にはレスターに快勝しました
イングランド・プレミアリーグ

出典:soccer.yahoo.co.jp

ここで、海外サッカーがtoto対象試合となって慌てて欧州サッカーを観ている僕らのような・・・俄(にわ)か海外サッカーファンにも便利な、ブンデス&プレミアの上位および注目チームの状況一覧を作ってみたよ
こちらです!
僕もくまちゃんも、まあ、にわか・・・ですね(笑)

にわかにもわかる最近のブンデスリーガ

(チーム名の隣は所属する日本人選手)

王者バイエルンに挑む、新風ライプツィヒ、ホッフェンハイム・・・

1位 バイエルン

4連覇中の王者

2位 ライプツィヒ

資金力とサッカーの質が融合、大躍進する新興クラブ

3位 ヘルタ(原口)

チームも機能し好調、[原口]は得点が欲しい

4位 フランクフルト(長谷部)

失点も少なく好調、信頼の[長谷部]

5位 ホッフェンハイム(宇佐美)

リーガ史上最年少監督で新風、[宇佐美]はこれから輝くか?

6位 ドルトムント(香川)

相変わらずホームで強い、[香川]は出番が少ない

7位 ケルン(大迫)

序盤上位も停滞気味、[大迫]は主力として好調を維持するが得点がほしい

10位 マインツ(武藤)

チームは守備の安定を目指す、怪我から復帰の[武藤]は定位置を奪いたい

11位 シャルケ(内田)

不振にあえぐ強豪の補強は実るか?、[内田]祝復帰!

15位 ブレーメン

衰退するドイツ北部の名門

16位 ハンブルク(酒井高)

衰退するドイツ北部の名門、[酒井高]はキャプテンで奮闘

参考:www.bundesliga.comwww.goal.comwww.soccer-king.jpkicker.townweb.gekisaka.jp

ブンデスの後半戦は、日本人目線だと・・・期待の点取り屋に注目したい
原口と大迫はチームの主力だけど得点がもっと欲しいよね
そしてさらに、宇佐美と武藤が定位置を勝ち取って、それぞれのチームを躍進させるくらいの活躍がみたいね
ちなみに、ドルトムントのオーバメヤン、ケルンのアントニー・モデスト、バイエルンのレバンドフスキが、現在、得点王を争っています

にわかにもわかる最近のプレミアリーグ

(チーム名の隣は監督名と年数)

6強の争い、監督に注目・・・格差があってブンデスよりわかりやすい?

1位 チェルシー(コンテ・初年度)

コンテ監督株上昇中、2位以下に勝ち点差で頭ふたつくらい抜ける

2位 トットナム(ポチェッティーノ・3年目)

チェルシーとの直接対決も制し、目下連勝中で2位に浮上

3位 リヴァプール(クロップ・2年目)

就任2年目のクロップ評価も高い

4位 アーセナル(ベンゲル・20年目)

ここ一番で相変わらず勝負弱い?

5位 マンC(グアルディオラ・初年度)

指揮官によるシステムとスタメンの“いじり過ぎ”が減速の原因として指摘?

6位 マンU(モウリーニョ・初年度)

モウ軍団、良い方向へ向かっているようだがチームはなかなか勝ち切れず

13位 サウサンプトン(ピュエル・初年度)

堅守で勝ち点を積み上げていきたい、[吉田]は最近出場時間を増やす

15位 レスター(ラニエリ・2年目)

昨季王者は不調、[岡崎]もサブから抜け出せない

出典:www.soccer-king.jpwww.goal.comnumber.bunshun.jp

6強だけど・・・欧州カップ戦があるチームとないチームで差が出てるみたいね
チェルシーとリヴァプールがリーグ戦に集中できているようです
俄か海外サッカーファンは、ブンデスは日本人選手で、プレミアは監督で見るとわかりやすいかもね
コンテのチェルシーは好調、グアルディオラのマンCは前評判に届かず・・・
後は、トッテナムはマウリシオ・ポチェッティーノ監督、リヴァプールはクロップ監督、アーセナルはベンゲル監督、マンUはモウリーニョ監督ですね・・・聞いたことある名前ばっかりです

第904回 toto(1/21,22)のオカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う

Yahoo! totoの購入画面

新年最初のtoto、まずはオーソドックスに予想してみたいよ
そのようですね・・・
13試合目でジョーカー(全部買い)を使いますか
プレミアの6強以外同士ってわかんないよ・・・
ですよね・・・

2017年シーズンのJ1は2月25日に開幕

今年もtotoオカルト予想、頑張るぞ!
Jリーグが対象試合になるのは、リーグが開幕する2月末からだね
それまでは、海外サッカーをフォローしつつ、Jリーグ各チームの戦力分析ですね!
中村俊輔の移籍とか、ショッキングなニュースも届いたからね
イギリス動画配信大手「パフォーム」グループによる有料放映権の獲得から、各チームの資金も増えそうです
海外の大物選手の移籍ニュースも入ってくるかもしれません
元ドイツ代表FWポドルスキの神戸入りはガセだったの?
どうなんでしょうね・・・

↓日刊によると、交渉中らしい・・・

↓産経では、三木谷会長が否定

↓トルコ・ガラタサライのサポーターは「神戸牛よりいい肉はあるぞ」と主張

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする