「子どもたちは?次はゴミ問題?(被災その2)」くまちゃん・R子の子育て日記(11日目)

kuma
今日は大雨になりそうです。
rko

二次被害が心配ね・・・。
地域の学校のほとんどはゴールデンウイークまで休校になったみたいよ。

kuma
子どもたちが行くところがないね・・・。
rko

そうなのよ。
児童館や図書館もやってないし・・・。

kuma
ドライブしようにも、通れない道も多いし、通れてもでこぼこ道だったりして危ないし。クルマで行ってた公園にも行けないね。
rko

子どものストレスもたまるわね。

くまちゃんとR子の第一子むーちゃん(♀)は、この春、2歳になりました。
R子は高齢出産(アラフォーで高齢呼ばわりとは・・・)でしたが、幸い元気な子が生まれて、すくすくと育っています。

前震発生が先週木曜日の夜でしたので、震災から今日で一週間になります。
まだ余震も続いていますし、避難所で生活している人も大勢います。
幸い自宅で生活できていても、ガスがきていなかったり、水が出なかったり・・・。
まだとても日常が戻っているとは言えません。
そんな状況の中で、子どもたちはどうしているのでしょうか?

rko

最近、お向かいの小学4年生の、にーにー(男の子)が遊びにくるのよ。

mu

にーにー

kuma
むーちゃんと何歳差?
えーと、9歳だから7歳差か。うちの甥っ子と一緒だね。
rko

お母さんがうつ病で入院しちゃったんだって。

kuma
えー!
rko

もともとうつだったけど、この地震で症状が酷くなって入院したらしいよ。
今は、お父さんと、父方のおばあちゃんが来て面倒をみてるみたい。

kuma
みんないろいろあるんだね。
rko

お母さんがうつだったからかもしれないけど、元気な甥っ子ちゃんとは違って、とても大人しい子よ。

kuma
へー。
rko

むーちゃんが庭で遊ぶっていったり、部屋のジャングルジムで遊ぶっていったりして、振り回されてるよ(笑)。

kuma
なんかこの地震がらみで、逆に、むーちゃんが他の子と遊ぶ機会が増えたね。
rko

そうね。
土曜日はお風呂貸してもらった家でお姉ちゃんたちと遊んで、一昨日はうちのお風呂に入りにきた4人兄弟とずっと遊んでたよね。

kuma
まだ保育園にもいってなかったから、他の子たちと触れ合う機会が増えたのは良かったね。
rko

そうね。

kuma
一昨日も、僕が帰ってきたとき、楽しそうにおしゃべりしてみんなで遊んでいたもんね。
コミュニケーション能力、結構高いかな?(笑)
rko

だといいわね。
でも、児童館も図書館もまだ稼働していないから行くところがないのよね。

kuma
大型ショッピングセンターでもまだ遊べないしね。
rko

寝かしつけるためにドライブしたいけど、道は悪いし、どこも凄い渋滞。

kuma
家の周りで遊んでいるしかないか。
でも、よかったね、近所の子と遊ぶようになって。
rko

もう少し年が近い子だといいんだけどね。

mu

せんせいとこ、ゆらゆらでこわれたから、なおったらね!

rko

そうよ、児童館が元通りになったら、先生のところに行こうね。

kuma
じゃあ、パパはお仕事行ってくるね。
mu

ぱぱ、いってきて。

会社までは、通れない道、危険そうな道を避けて通勤します。
高速道路がまだほとんど通れないこともあり、下の道はどこも渋滞です。普段の倍くらいの時間がかかります。

通勤していると、道端のゴミ置き場周辺に、震災の廃棄ゴミが道路まで溢れてきているのが目に入ります。
震源地近くの地域を除いて、ライフラインは徐々に復旧してきましたが、ゴミ問題を始め他の問題がでてきているようです。

震災ゴミは無料で持って行ってくれるのでとても助かりますが、回収が追い付いていないと聞きます。
ゴミの山の中には、震災に関係ないような粗大ゴミが交じっているようにも見受けられます(断定はできませんが・・・)。
気持ちはわからなくもないですが、子どもを持つ身となって特に、日本人のモラルの低下とか、自分本位で他者への寛容さがなくなってきている点とか、とても気になります。

世の中、いいところも悪いところもあって仕方ないと思います。
自治体の方や自衛隊の方、震災復旧のために、自分の生活を顧みず奮闘されている方々も沢山いて、本当に頭が下がります。
自分に置き換えて考えると、とても真似はできませんが、少しでも良い世の中になるよう、相手の立場を思い図れるような想像力だけは、少なくとも持っていたいと思う、くまちゃんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする