日本人ボクサー矢吹丈はいかにして金 竜飛(きん りゅうひ)という存在を克服したのか?

北朝鮮はどうなるんだろうね・・・?
日本に被害が及ばないといいですね・・・

・・・という訳で、今日は混迷する北朝鮮問題について、なにかヒントがないかを考えるために、名作「あしたのジョー」の、あるエピソードを振り帰ってみたい
「あしたのジョー」のエピソードですか?
そう、名作「あしたのジョー」に登場する、韓国人ボクサー・金 竜飛(きん りゅうひ)と、日本人ボクサー・矢吹丈の対戦だよ
韓国人ボクサー・金 竜飛(きん りゅうひ)?
冷徹に相手のダメージを観察する金 竜飛

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:3才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

「氷のチャンピオン」「精密機械」「戦うコンピューター」などの異名を持つ、韓国人ボクサー

金 竜飛(きん りゅうひ)

出典:natalie.mu

韓国出身のボクサーで、東洋太平洋バンタム級チャンピオン。冷徹ささえ感じさせる正確無比のテクニックから、「氷のチャンピオン」「精密機械」「戦うコンピューター」など数々の異名を持つ。幼少期の朝鮮戦争における悲惨な経験から、血を見るのが苦手になり試合後は手を入念に洗わないと気が済まないトラウマを負う。戦争による食料不足の時代に幼少期をおくったため、胃袋が小さいままで、ゆえに減量苦もない。

出典:ja.wikipedia.org

昔の、ステレオタイプな韓国人・朝鮮人って・・・こういうイメージだったよ
てゆーか、この作品のせい?
へえ
ところで、日本人の僕ら自身、日本人は外国人に比べて、平和ボケで軟弱だという意識ない?
ありますね
それはこの作品の主人公、少年院育ちでハングリーなボクサーであるはずの矢吹丈もしかり
過酷な人生を歩んできたという韓国人ボクサー・金 竜飛が、日本人ボクサー・矢吹丈の前に立ちはだかるんだよね
では、物語を見てみましょう

世界チャンピオンを目指す矢吹丈の前に、立ちはだかる東洋チャンピオン

「あしたのジョー」の物語も、そろそろ終盤ね
世界チャンピオンの前に、まずは東洋チャンピオンと戦わなければならない
そして、その東洋チャンピオンが、韓国人ボクサーの金 竜飛選手ですね
マネージャーの玄曹達大佐と金 竜飛


出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

ともかく、東洋チャンピオンと戦うことは決まったんだけど、実は、この頃から矢吹丈には、もう一つの難題が出てくる
それは、減量との闘いね
ボクサーにはウェイトにあわせて階級がありますよね?
階級を上げればいいんじゃないですか?
矢吹丈にとって、運命のライバル、死んだ力石徹と戦った階級を変えるわけにはいかないんだよ
それが、男の矜持(きょうじ)なんだよ
あ、そうですね
そういうしばりがあってこそ、マンガが盛り上がりますよね
また、そういうクールな物言いを・・・
成長期を迎え、かつての力石徹のように過酷な減量とも戦うことになった矢吹丈

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

強力な下剤を飲んでサウナで気を失うものの、なんとか計量をパスする

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

まあ、なんとか、試合前の計量をクリアしたね
でも、このボロボロのカラダで、東洋チャンピオンと戦えるのでしょうか・・・?

金竜飛の恐るべき過去を知り、萎縮する矢吹丈

さらに、試合前、計量をクリアした丈が、やっと自由に食事を取ろうとすると、そこに対戦相手の金竜飛がやってくる
何をしに来たんでしょうか?
試合前、矢吹丈に、自分の過去を語り始める金 竜飛

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

金は自分の過去を丈に語り始めるよ
なんで二人は日本語で会話しているのかを疑問に思ってはダメだよ
え?
なんで日本人と韓国人が、スムーズに日本語で話しているんですか?
そこはスルーしろ!
う~ん・・・
朝鮮戦争の頃・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

金が子どもの頃、戦争があったんだよね
1950年の朝鮮戦争ですか
「あしたのジョー」は1970年代の作品ですからね
幼き金竜飛少年は、負傷兵を殺して奪った食料で飢えを凌いだことがあった・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

金少年が落ちていた食料を食べようとしたら、負傷兵が金少年に何かを訴えかけようとしてきて・・・でも、金少年はせっかく見つけた食料を奪われると思って、その兵士を殺しちゃうんだよね
それだけ飢えていたということですね・・・
そして、金少年が殺した兵士は、なんと実の父親だったという・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

でも、実は、その殺した負傷兵は、金少年の父親だったという・・・
息子のために遠くから食料を持ってきたんだよね
それを・・・食料を奪われると思って・・・
それが、玄大佐と金の出会いだった

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

その顛末を知った玄大佐が金少年を引き取ることになった
そういった経緯があって、冷徹なボクサー金 竜飛が誕生したんですね
凄まじい金の人生に、すっかり圧倒される丈・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

孤児で過酷な人生を送ってきた矢吹丈だけれども、自分よりももっと残酷な人生を送ってきた男を見て、戦う前からちょっと圧倒されちゃった・・・
それは仕方ありません・・・

矢吹丈は難敵といかに戦うのか?

どう戦う?
減量でスタミナもない
しかも、相手は自分よりも遥かにハングリーで実力のあるボクサーだよ
勝つ見込みがないように思われます・・・
玉砕覚悟で試合開始から挑んでいく丈

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第15巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

とにかく、最初から全力でぶつかるしかないよね
もう作戦もないです
しかし、丈の捨て身の攻撃は機械のように冷静な金に、ことごとくかわされる

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

逆に、金の攻撃は、確実に丈を追い込んでいく・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

やっぱりこの男に勝つのはムリか・・・
さすがのジョーも今回ばかりは・・・
だがしかし、丈は何度も倒されながらも、その度に立ち上がり、さらに反撃まで始めた

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

でも、ボロボロのはずだけど、ジョーも粘るんだよね
なにが彼を駆り立てるのでしょう?
理屈では考えらない丈の戦いに、少しづつ戸惑いを感じはじめる金・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

キムのコンピューターがちょっとずつ狂いはじめるよ
こんなはずじゃなかった
玄大佐は、秘策・チョムチョム(舞々)を使うよう、金に命じる

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

そして!でるか・・・!?
チョムチョム(舞々)!
なんですか?チョムチョム(舞々)って?
金と玄大佐が、丈を倒した後、世界チャンピオンと戦うときのために隠しておいた、怖ろしい戦法だよ
怖ろしい戦法?
チョムチョム(舞々)?
チョムチョム(舞々)でサンドバッグ状態の丈・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

これはいよいよダメかな・・・
もう勝ち目はなさそうです・・・
戦争という地獄からやってきたボクサー・金 竜飛

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

やっぱり日本人は、過酷な環境で育った外国人には勝てないのかな・・・
なんか僕らの現実も、いずれそうなるのでしょうか・・・
日本人ボクサー・矢吹丈は、この過酷な運命を背負った韓国人に敗れるのか・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

日本人が目指すべき道?

でも、気力・体力が極限の状態で、ジョーはふと気づくんだよね
何でしょうか?
不思議なチカラに導かれ、立ち上がる丈・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

それは・・・力石徹という男の存在が象徴していたことだよ
ジョーのライバル、死んだ力石徹ですね
かつて、日本人・力石徹という男がいた!

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

同じ日本という環境に育って、自分と同じ少年院で戦った力石徹という男
力石は金に劣るのか・・・違う、そうじゃない!
ジョーが何かに気づきました!
自分の意志で、飢えや乾きと戦った男がいた!

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

戦争などの外圧、自分が置かれた環境とは関係なく、自分の意志で、逃げずに飢えや乾きと戦った男がいたということを思い出して、金に感じていた負い目を、矢吹丈は完全に吹っ切ったよね
力石徹という男がそれを思い出させてくれました
人間の尊厳、男の紋章に気づいた、日本人・矢吹丈

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

なんか・・・このへんに、僕ら日本人が世界の中でその存在を示していくためのヒントがないかしら?
ちょっと本田圭佑っぽいですよね
ああ、そうね
本田圭佑もこういうこと言いそうだよね
そのトラウマのせいで、血を見ると冷静さを失うという金の弱点が最後に・・・

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

もう勝負あったね
自分を取り戻したジョー
逆に、自分を見失った金
勝負は決着しました
勝機を逃さず、金にトドメを刺して丈は勝利する

出典:KCデラックス「完全復刻版 あしたのジョー (第16巻)」 高森朝雄・ちばてつや|講談社

・・・という物語でした!
で、ヒントは見つかりました?
ヒント?
いや・・・北朝鮮問題のヒントを探るために、このエピソードを振り返ったんですよね?
でもさあ・・・ヒントもなにも、北朝鮮は、追い詰められたいじめられっ子みたいに、急に何をしでかすかわからないからなあ・・・
北朝鮮はミサイル打つのやめないで、核実験続けてるし・・・
核の脅威は勘弁してほしいですよね
それに・・・核兵器もそうだけど、僕は日本に潜伏するともいわれる工作員がテロ行為を行ったりしないかが超不安・・・
無差別にサリンとかやられたら、対応しようがないもんね・・・
あわわ・・・
とにかく、このエピソードから我々が学ぶべき教訓・・・「日本人はもっと自信を持つべき」ということを胸に、日常に潜む危険に常に注意を払って生きていくしかないんじゃない?
つらいですね・・・