第921回 toto(4/15,16)のオカルト予想 「過去の対戦実績から札幌vs川崎、清水vs大宮、仙台vs鹿島、長崎vs福岡に注意!?」~話題:チッチ監督率いる最近のブラジル代表について

ブラジル代表のオスカルが2回もPKを外したらしいね・・・
え~と(検索中)・・・AFCチャンピオンズリーグ2017グループFの第3節が11日に行われ、浦和レッズと中国の上海上港が対戦しました
ラファエル・シルバの得点で浦和が先制すると、追いかける上海は後半に2度のPKを獲得しましたが、キッカーを務めた元ブラジル代表MFオスカルはいずれも決めることができず、1-0のままタイムアップを迎えました

出典:www.soccer-king.jp

オスカルはすでに元代表になるのか・・・そういえば、ブラジルはロシアW杯一番乗りを決めたし、急に評価が上がっているよね?
監督が変わって南米予選を連勝したようですね
そんないい監督なの?
僕はもともとブラジル好きなんだよね
後で、最近のブラジル代表について、ちょっと調べてみようよ!

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:3才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

前回の反省会~第919回 toto(4/8)

まずはtoto予想、前回の反省会ね
僕が素直に予想すると・・・ご覧の通り、波乱の結果になりました!(自虐)
え~と(検索中)・・・1等0口で約5000万円が次回繰り越しとなりました

出典:www.toto-dream.com

まさか、C大阪、清水、札幌、町田がくるとは・・・
でも、これで繰越金も発生したし、次は頑張るぞ!
繰越金は予想のモチベーションになりますね!

1分でわかる!リーグ戦前節までの状況まとめ

で、前節の状況をざっとまとめると・・・
浦和、やっぱり強いですね

J1

順位、チーム名(勝ち点、得失点差)、一言寸評
01 神戸(15,5)Awayで最下位大宮を破り首位キープ
02 浦和(13,13)大量7得点で仙台に圧勝
03 鹿島(12,2)先発を6人入れ替え連勝が4でストップ
04 G大阪(11,5)今季初黒星、監督「最後の精度と迫力が足りない」
05 川崎(11,2)川1-1甲、監督「思うようにいかなかった」
06 C大阪(11,2)Awayで鹿島を破り3連勝
07 F東京(10,2)札2-1東、逆転負け、まだ足りない
08 横浜FM(10,2)齋藤vs中村の10番対決は齋藤が制す
09 清水(9,1)柏0-2清、監督「2試合で6失点後のゼロは大きい」
10 仙台(9,-8)個とチーム力の差を見せられ、浦和に大敗
11 鳥栖(8,1)2試合連続の3得点で完封勝利
12 甲府(8,-1)川1-1甲、プラン通りの戦い
13 磐田(7,0)敗戦も、監督「横浜に対し昨年よりはやれた」
14 札幌(7,-4)F東京を撃破し、Homeでは未だ無敗
15 柏(6,-2)監督「悲観する内容ではないが結果が伴わない」
16 広島(4,-4)無敗のG大阪から今季初勝利をもぎ取る
17 新潟(2,-7)鳥3-0新、攻勢時に無得点、リスク管理できず失点
18 大宮(0,-9)鹿島戦、神戸戦と守備的に戦うも未だ結果出ず

J2

順位、チーム名(勝ち点、得失点差)、一言寸評
01 名古屋(16,7)苦しみながらも4連勝
02 湘南(16,4)これまで1失点の首位東京Vを打ち砕く
03 東京V(15,7)東2-3湘、敗戦も監督「いいプレーできた」
04 横浜C(14,3)1分1敗で迎えたHome戦でイバ2発勝利
05 松本(13,6)松3-0長、監督「次Away2試合が前半の山場」
06 長崎(13,3)松3-0長、監督「良い教訓になるゲーム」
07 徳島(13,3)山1-1徳、終了間際になんとか同点
08 福岡(11,0)逆転負けも、監督「悲観するサッカーではない」
09 大分(10,1)山3-2大、2点のビハインドを追いつくも敗戦
10 山形(10,0)山3-2大、打ち合い制す
11 町田(9,1)数的不利の後、なんと中島ハットで逆転!
12 愛媛(9,0)愛1-0熊、交代で入ったルーキー丹羽が決めた
13 千葉(9,-1)2連敗2引分と4試合勝ちがない
14 岐阜(8,-1)連勝、Home初勝利、J2通算100勝目
15 岡山(8,-2)岡0-1金、監督「来週のダービーに備えたい」
16 金沢(8,-3)岡0-1金、監督「タフないいゲームだった」
17 水戸(7,-2)岐2-1水、敗戦も監督「水戸らしさは出せた」
18 讃岐(6,0)出足の鋭い守備で善戦するも、名2-1讃
19 山口(6,-4)山1-1徳、監督「もったいない試合」
20 熊本(5,-6)4連敗、次節対松本復興マッチではぜひ!
21 京都(4,-5)横2-0京、U-20岩崎は良かったようだ
22 群馬(1,-11)千1-1群、前半は千葉を圧倒、今季初勝ち点

参考:www.jleague.jp、Wikipedia、その他ニュース

そして・・・ACLとルヴァン杯の速報だよ
浦和はさすが!
こちらです!
ACL

浦和1-0上海上港、江蘇蘇寧3-0G大阪、ブリスベン2-1鹿島、川崎0-0広州恒大

ルヴァン杯

仙台2-0磐田、大宮0-0柏、清水0-1札幌、甲府0-0C大阪、新潟0-1広島、横浜FM0-2神戸

出典:www.jleague.jp

第921回 toto(4/15,16)のオカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う

Yahoo! totoの購入画面

13試合目のカード、熊本vs松本はジョーカー(全部買い)で逃げるよ
え~と(検索中)・・・4/16(松本戦)は『熊本地震復興支援マッチ』で、特別な試合と位置付けられたようです

出典:roasso-k.com

だってその日は、一年前の熊本地震の本震があった日だもんね
4連敗しているロアッソ熊本と、現在5位強敵松本との試合です
ロアッソサポーターとして、熊本県民として、予想が難しいですよね・・・
4連敗中とはいえ、ここは選手のみならず、みんな戦うでしょう

第921回 toto(4/15,16)オカルト予想のポイント~過去の対戦実績から札幌vs川崎、清水vs大宮、仙台vs鹿島、長崎vs福岡に注意!?

先週のtotoに引き続き、今回も波乱じゃないかな?
今週は週中にACLとルヴァン杯が入って過密日程だからね
今季これまでも、ACL後のJリーグでは強豪が負ける波乱がおきました
さすがに浦和は勝つと予想したけど・・・その他、過去の対戦実績も考慮して、札幌vs川崎、清水vs大宮、仙台vs鹿島、長崎vs福岡のカードに、僕は注目してみたよ
くまちゃんのオカルト予想では、2度あることは3度、過去の対戦実績を重視します
だね(笑)
まずは札幌vs川崎・・・今季札幌はまだホームで負けていない、かつ、支持率が川崎に大きく偏っているので、ぜひ札幌に賭けたいところだけど、対戦実績では過去19戦で札幌が勝ったのはただの一度だけ
しかし、札幌ホーム時に3回引分もあるので、今回は引き分けに賭けてみる

出典:www.toto-dream.com

対戦実績から勝ちは買いにくいですね・・・
次は、清水vs大宮・・・清水ホームでは8勝4分0敗、大宮はまだ一度も勝ったことがない
しかし、そろそろ大宮も勝ち点1を奪うんじゃないかと期待して引き分けに賭ける

出典:www.toto-dream.com

大宮も最近は割り切って守備的に戦っているようですしね
次は、仙台vs鹿島・・・仙台ホームでは4勝0分6敗と、強豪鹿島に対して意外と勝っているんだよね
鹿島は水曜日にオーストラリアへの移動もあるし、仙台は前節浦和に大敗した汚名をホームでぜひ晴らしたいね
支持率も圧倒的に鹿島なので、ここはねらい目だね!

出典:www.toto-dream.com

浦和に大敗しましたが、鹿島に勝てば仙台サポーターも少しは気持ちが晴れるでしょう
最後は、長崎vs福岡・・・このカード、長崎ホームで過去3試合すべて引き分けなので、また引き分けに賭ける
九州ダービーですしね、どちらも負けられません
全体的に、いつもより引き分けを多くしたし、勝負だね
さて!?

チッチ監督率いる最近のブラジル代表について

最後に代表チームの話題を
ロシアW杯出場を決めたブラジル代表について・・・だよ!
恥ずかしながら、最近のブラジル代表はネイマールしか知らないんだけど、主要選手はどうなってるの?
チッチ監督ってそんなにいいの?
え~と(検索中)・・・
現ブラジル代表の監督とは何者か?

「わかるでしょう。彼が素晴らしいのは」

 ブラジルサッカー連盟(CBF)の警備員は誇らしげに語ったが、われわれには説明の必要はなかった。2016年以来、ブラジル代表監督を務めている彼が、魅力的であるのはわかっていたからだ。誰からも尊敬され、恐らくはブラジルで最も有能な監督でもある。

“チッチ”の愛称で人々から親しまれているアデノール・レオナルド・バッチ(55歳)は、コリンチャンス(2010~’13)でほぼすべてのタイトルを総なめにした後、危機に瀕していたブラジル代表監督に就任した。

 彼が指揮を執ってからのブラジルは、ワールドカップ南米予選で6連勝(記事が発表された3月21日時点で6試合17得点1失点。その後、現地時間の3月28日にパラグアイに勝って7連勝とし、ロシアW杯出場を確定させている)。

 コウチーニョ、ガブリエル・ジェズス、ネイマールのトリオが奏でる攻撃のハーモニーは圧巻で、ブラジルは地元開催のワールドカップで失った誇りとアイデンティティ(準決勝でドイツに1対7の敗北)を取り戻したのだった。

出典:number.bunshun.jp

チッチ就任後に8連勝、世界最速でW杯へ

※抜粋
南米予選で6位という順位に甘んじていたセレソンを、1年も経たないうちに8連勝で世界最速でのW杯出場へと導いてしまった。確かにチッチは素晴らしい監督だが、監督が代わるだけでここまでのマジックが起きるとは……。

チッチのシステムは4−1−4−1をベースに4−2−3−1になったりもする。コリンチャンス時代からチッチが目指しているサッカーは、コンパクトで攻守の切り替えが早い。スピードを武器に、堅い守備を構築して攻撃陣には自由を与える。重要なのはボランチで、中盤で相手にプレッシャーをかてけボールを奪い、一気に攻撃に結びつける。チッチになってからセレソンに復帰したパウリーニョと、新たに加わったカゼミーロがキープレーヤーだ。

出典:sports.yahoo.co.jp

前監督のドゥンガはブラジルではあんまり人気ないんだよね、Jリーグでも活躍したし日本人にとっては馴染みあるんだけどね・・・
そして、そのドゥンガ監督に代わって就任したのが、このチッチ監督です
なるほどね・・・
それで、今のブラジル代表はレアルのカゼミーロがキーマンらしいけど、その他、注目の選手は?
ブラジルはいまだに人材の宝庫ですが、まずは、やはりネイマールですよね
その他、少なくとも、この4人は押さえておきましょう!
ネイマール


ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 – )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ブラジル代表。ポジションはフォワード(FW)。2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得した。

出典:ja.wikipedia.org

カゼミーロ


カゼミーロ(Casemiro)ことカルロス・エンリケ・ジョゼ・フランシスコ・ヴェナンシオ・カジミーロ(Carlos Henrique José Francisco Venâncio Casimiro、1992年2月23日 – )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ジョゼ・ドス・カンポス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー(MF)。

出典:ja.wikipedia.org

ガブリエル・ジェズス


ガブリエル・ジェズス(Gabriel Jesus)こと、ガブリエル・フェルナンド・デ・ジェズス(Gabriel Fernando de Jesus、1997年4月3日 – )は、ブラジル・サンパウロ州サンパウロ出身のサッカー選手。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティに所属し、ブラジル代表にも選出されている。今季はプレミアリーグ初参戦ながらもデビュー早々から早速頭角を出している。19歳ながらにA代表にも選出されている。現在のA代表で最年少のセレソンである。セレソンポジションはフォワード(FW)、ミッドフィールダー(MF)。

出典:ja.wikipedia.org

アリソン・ベッカー


アリソン・ラムセス・ベッカー(Alisson Ramses Becker、1992年10月2日 – )は、ブラジル・リオグランデ・ド・スル州ノヴォ・アンブルゴ出身のサッカー選手。セリエA・ASローマ所属。ブラジル代表。ポジションはゴールキーパー。

出典:ja.wikipedia.org

そして、監督のチッチ こと、アデノール・レオナルド・バッチだね!
こちらです!
アデノール・レオナルド・バッチ

チッチ (Tite) こと、アデノール・レオナルド・バッチ(Adenor Leonardo Bacchi、1961年5月25日 – )は、ブラジル・リオグランデ・ド・スル州カシアス・ド・スル出身の元サッカー選手。サッカー指導者。ブラジル代表の監督を務めている。現役時代のポジションはミッドフィールダー。

グレミオやパルメイラスなどのブラジル国内のクラブやアラブ首長国連邦のクラブを率いた実績があり、コリンチャンスの監督として2度のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝(2011年、2015年)、コパ・リベルタドーレス優勝(2012年)、FIFAクラブワールドカップ優勝(2012年)に導いた。

出典:ja.wikipedia.org

ペレも満足しているみたいだぞ!(笑)