大人のジャケ買い!「ザ・ローリング・ストーンズ、ジグソー、ヴァン・モリソン」 2017年9月4週目 発売

大人のジャケ買い
スポンサーリンク
僕ですら、アルバム「SWEET 19 BLUES」は持ってる
びっくり・・・いや、彼女らしい?
安室奈美恵さんが来年9月引退だそうです


名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんのフォロー(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
名前:猫(♀)
プロフィール:元オリーブ少女、独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言
「大人のジャケ買い!」では、その週新発売の、または、その週に再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目のジャケットを紹介するわよ!
誰も見たことのない顔 誰かに見せるかもしれない・・・♪

出典:「SWEET 19 BLUES」安室奈美恵

おっさんがティーンの歌詞を歌わないでください(笑)
“違和感”です!

[NEW] サタニック・マジェスティーズ(<50周年記念スペシャル・エディション>)|ザ・ローリング・ストーンズ

イギリスでは6作目、アメリカでは9作目のオリジナル・アルバムとして1967年12月8日にリリースされた『サタニック・マジェスティーズ』の発売50周年記念盤!バンドによる初のセルフ・プロデュース作品としてサイケデリック・ムーヴメントに斬りこみ、全英3位、全米2位を記録した重要作が豪華仕様にて登場! (C)RS

出典:Amazon

“違和感”といえば(笑)・・・最初にこのアルバムのことを知ったとき、“違和感”、感じたよね
どうしてですか?
だって、どうみても、ビートルズの名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のパクリに見えるじゃない?
どうして、ザ・ローリング・ストーンズともあろうバンドが・・・と思った
でも逆に、50年の時を経て、今聴くとまた違った印象かもしれない
まずジャケットで失敗してるわよね
うんうん
ジャケットがパクリっぽくなかったら、また印象が違っていたよね
まあ、今となってはこのジャケにも愛着があるけど(笑)


[NEW] スカイ・ハイ&レア・トラックス 40TH ANNIVERSARY COLLECTION|ジグソー

オリコン・シングル・チャート11週連続1位、120万枚を売り上げ1977年の洋楽シングル売上1位の金字塔を打ち立てた名曲“スカイ・ハイ”発売40周年記念企画!

現在もTV CMなどに使用されるロック・アンセムとして愛され続ける英ロックバンド、ジグソーの「スカイ・ハイ」は、2017年2月19日に、初めてプロレス会場(後楽園ホール)ミル・マスカラスの入場テーマとして流れました。今年、その2月19日を「スカイ・ハイ 記念日」と命名しました!
そして「スカイ・ハイ」の大ヒット40年を記念して「スカイ・ハイ」のリミックス集とジグソーのオリジナルアルバムが一挙リリース。第一弾は2017年9月20日(水)に3タイトル、第二弾は11月8日(水)も3タイトルを予定。

DISC1はMUROによる-スカイ・ハイ (MURO’S LOVERS MIX 2017)-など、2017年40周年記念最新リミックス・ヴァージョンとして新たに2曲を収録! 発売後も数々の名リミックスを生んだ「スカイ・ハイ」のリミックス・ヴァージョンの全貌と、デス・ダイヤー(vo)のソロ作品や80年代になってリリースされた貴重なアルバム未収録を収録。
DISC2は当時、日本のみでリリースされたオリジナル・アルバム『ジャーニー・イントゥ・ザ・スペース』(1979)と新曲9曲に別テイクなどを収録した編集盤『ジグソー~愛の十二章』の2作品をカップリングして初CD化!

ジャケットは新規制作のアートワークとと『ジャーニー・イントゥ・ザ・スペース』のオリジナル・ジャケットを表表紙と裏表紙に配置したリヴァーシブル仕様
ブックレットには詳細な解説、ジグソー・ヒストリーのほか、シングル・ジャケット、『ジグソー~愛の十二章』のジャケット、貴重な写真、歌詞などを掲載
解説:吉岡正晴、鈴木英之
最新デジタル・リマスタリング

出典:Amazon

テンションあがる曲の代表、ジグソーの「スカイ・ハイ」!
これ、「スカイ・ハイ」のいろんなバージョンが収録されているね
曲は有名ですが、ジグソーってどういうバンドでしょうか?
え~と(検索中)・・・

1966年にイングランド、ウェスト・ミッドランズ・コヴェントリーで結成。
メンバーはデス・ダイヤー(vo, ds)、クライヴ・スコット(key)、トニー・キャンベル(g)、バリー・バーナード(b)。1968年デビュー、1971年デビュー・アルバムをリリース、 8 枚の作品を発表。
初期には、プルージーなロック・ナンバーあり、ホワイト・ドゥ・ワップあり、プログレありのオール・ラウンドなバンドとして活躍。その後、“スカイ・ ハイ”に代表されるポップ感溢れるメロディで人気を博した。
“スカイ・ハイ”謎生前年の1974 年に “Who Do You Think You Are”(邦題「恋のあやまち」)で全米 15 位、全英 21 位を記録。翌 1975年に(日本で爆発的ヒットを記録する2 年前)香港オーストラリア合作映画「The Man From Hong Kong」の主題歌の依頼が音楽出版社経由で舞い込み、見事に3日で曲を昌き下ろし、録音まで完成させた。
世界的名曲“スカイ・ハイ”が誕生! 1975 年 10 月全米3 位、全英 9 位、その後ドイツ、日本、オーストラリア、ニュージーランドで1位を獲得し世界的ヒットを記録する。さらにここ日本では 1977 年春、全日本プロレスの人気外人レスラー:ミル・マスカラスのテーマに日本テレビ:プロレス中継で使用され更なる大ヒットを記録。プロレスラーと入場曲という定番になったスタイルを確立するのに大きな役割を果たすことになり、21 世紀にも永遠と輝く不朽の名曲となった。
バンドは、その後も作品を発表し、1981 年 12 月31日に解散した

出典:Amazon

初期には、プルージーなロック・ナンバーあり、ホワイト・ドゥ・ワップあり、プログレありのオール・ラウンドなバンドかあ
「スカイ・ハイ」しか知らなかった・・・
ジグソーってイギリスのバンドで、ソフトロックに分類されることもあるのよ
え、そうなの?
デス・ダイヤーっていう名前もプロレスっぽいのに?(笑)
あほ



[NEW] ロール・ウィズ・ザ・パンチズ|ヴァン・モリソン

祝!ソロ・デビュー50周年!ロックの殿堂入りを果たした、アイルランドが生んだ孤高のシンガー・ソングライター、37作目となるアルバムが完成!ボ・ディドリーの「I Can Tell」、「Ride On Josephine」、ライトニン・ホプキンズ「Automobile Blues」、リトル・ウォーター「Mean Old World」のカヴァー、また「Stormy Monday」や「Bring It Home To Me」などのスタンダード・ナンバーを含むブルースやジャズ調の楽曲を収録。 (C)RS

出典:Amazon

今週はこれだよ
アイルランドが生んだ孤高のシンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンさんです
くまちゃんが好きなアーティストですよね
でも、今度こそ遺作になるかもよ?
勝手に殺すな!

[話題] 10月5日(木)、小沢健二がNHK総合「SONGS」に初出演~「天使たちのシーン」もやるって!

10月5日(木)、楽しみだね!猫ちゃん
そうね
タブゾンビという人とセッションらしいけど、知ってる?
タブゾンビさん、え~と(検索中)・・・
鹿児島出身のジャズミュージシャン?
トランペット奏者みたいですね

出典:タブゾンビ

ソイルアンドピンプセッションズ(SOIL & “PIMP” SESSIONS)

丈青(Piano)、タブゾンビ(Tp)、秋田ゴールドマン(B)、みどりん(Dr)、社長(アジテーター)からなるバンド。東京・六本木のクラブで知り合った仲間で2001年に結成される。2003年に「FUJI ROCK FESTIVAL ’03」に出演して以来、国内外のフェスに参加。2004年に1stアルバム「PIMPIN’」でメジャーデビュー。2006年には椎名林檎とともに映画「さくらん」のテーマ曲を担当。次々と作品を発表しながら、「グラストンベリー・フェスティバル」「モントルー・ジャズ・フェスティバル」など海外の大型フェスに出演し、ワールドワイドに活動する。2013年には10周年を記念してRHYMESTER、椎名林檎をそれぞれフィーチャリングゲストに迎えたシングル、全曲コラボレーションアルバム「CIRCLES」、初のベスト盤「”X” Chronicle of SOIL & “PIMP”SESSIONS」を発売。2015年7月にブルーノート東京でライブを行い、その模様を高音質で録音したライブアルバム「A NIGHT IN SOUTH BLUE MOUNTAIN」も発表した。2016年4月にオリジナルアルバム「BLACK TRACK」をリリース。

出典:natalie.mu

へー

↓最新

↓これも新しい

↓「天使たちのシーン」はこちらに収録

余談だが・・・「犬が吠えても行列は進む」という北朝鮮のことわざがあるらしい

大人のジャケ買い! 2017年9月4週目 発売

では、今日はこのへんで・・・
その他、今週発売のアルバムはこちらです

シーズンズ ~美しい季節(仮) ダイアナ・パントン

ジェミナイ マックルモア

チャームド&デンジャラス オルタード・ファイヴ・ブルース・バンド

ウィッチー・フィーリン サヴォイ・ブラウン

ソングス・フロム・ザ・ロード(CD+DVD) レイラ・ゾーイ

ウィズ・ザ・デッドより愛をこめて ウィズ・ザ・デッド

ドゥー・ハリウッド+6 ザ・レモン・ツイッグス

パーティ・オブ・ワン ニック・ロウ

ピンカー・アンド・プラウダー・ザン・プレヴィアス ニック・ロウ

The Calling 青木カレン

良いか悪いかは別として(笑)<決定盤> ニューロティカ

武満徹:管弦楽曲集 山田和樹,日本フィルハーモニー交響楽団

KING LIFE STAR ALL DUB MIX “GETTING READY” KING LIFE STAR

デイブレイク チェット・ベイカー・トリオ

ダイヤル“S”をまわせ! その名はスペィド

もしもし、今日はポンチャック 姫乃たま

BELOVED Anthology GLAY

Singles and more~アルバム未収録全音源集~【UHQCD】 金井夕子

ピュア・イマジネーション~ヒット・カヴァーズ・コレクション~ ジェイコブ・コリアー

テイク・ホワット・ユー・ニード~UKカヴァーズ・オブ・ボブ・ディラン・ソングズ 1964-69 オムニバス

トロピカル・ブリーズ ジャスミン・フィーチャリング・カサンドラ・ウィルソン

ある日気がつく、同じ顔の奴ら キツネの嫁入り

まっしろな気持ちで会いに行くだけ 平賀さち枝

CATALOGUE 1987-2016 BUCK-TICK

北極星 藤巻亮太

インドカレー屋のBGM ベリーホット オムニバス

私は幸せ 柴田淳

告白100ヵ条 erica

Destroy Noise Symphony 非常階段

アイ・フィール・ア・ソング・カミング・オン ロスト・ラジオ・レコーディングス ローズマリー・クルーニー

イット・ハド・トゥ・ビー・ユーロスト・ラジオ・レコーディングス ジョー・スタッフォード

原田真二1992-1996 コロムビア・イヤーズ・コンプリート 原田真二

MY FAVOURITE POP 渡辺満里奈

HURRICANE EYES 30th ANNIVERSARY Limited Edition LOUDNESS

サッチモ・シングス ルイ・アームストロング

サッチモ・アット・シンフォニー・ホール +11 ルイ・アームストロング

ライヴ・イン・モントリオール 上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ

ロシュフォールの恋人たち(オーケストラ・ヴァージョン) ミシェル・ルグラン

シェルブールの雨傘 オリジナル・サウンドトラック ミシェル・ルグラン

僕にできることはないかな 忘れらんねえよ

今さらヒーローになれやしないが(生産限定盤) SION

イフ・ユー・アー・ナット・プラックト ジョニー・エイプリル

ヒップ・シーガル 日野皓正

acoustic age 松原正樹

LADY SEPTEMBER 阿川泰子

プロテストソング2 小室等

ライブ「時は過ぎて」ザ・ディランII ラスト・コンサート ザ・ディランII

シングルス・六文銭 六文銭

街行き村行き 西岡恭蔵

僕は天使ぢゃないよ あがた森魚,大滝詠一

センチメンタル通り はちみつぱい

HOSONO HOUSE 細野晴臣

大瀧詠一 大瀧詠一

シングルス・はっぴいえんど はっぴいえんど

ライブ!! はっぴいえんど はっぴいえんど

CITY/HAPPY END BEST はっぴいえんど

HAPPY END はっぴいえんど

ゴジラ伝説 V 井上誠

ソングス・オブ・イノセンス U2

ヨシュア・トゥリー U2

教訓 加川良