大人のジャケ買い!「阿佐ヶ谷ロマンティクス、cero、前園真聖(フットボール・コンピ)、永井博(フィリー・ソウル)、ヴァン・モリソン&ジョーイ・デフランセスコ」 2018年5月3週目 発売

大人のジャケ買い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
前回(5/13)、そして次回(5/20)
山下達郎のサンデー・ソングブックは、ギブソン・ギターの特集
ギブソン・ギター?
名前は聞いたことがあるような

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索。
名前:猫(♀)
プロフィール:元オリーブ少女、独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言
「大人のジャケ買い!」では、その週新発売の、または、その週に再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目のジャケットを紹介するわよ!
カエルくん
ギブソンとフェンダーくらいは名前を覚えておけよ
スポンサーリンク

[NEW] 灯がともる頃には|阿佐ヶ谷ロマンティクス

21世紀のロマンティックなグループ、阿佐ヶ谷ロマンティクスが2ndアルバム『灯がともる頃には』発売決定!
かれらが奏でるノスタルジックなポップスは、わたしたちの暮らしの中で、ときに嬉しく、ときに切なく馴染んでいくだろう。

2017年1月に発売した1stアルバム『街の色』が各所で話題を呼び、その後、DADARAYとの2マン、KONCOSや台風クラブとの対バン、
また、バンドの初自主企画「初秋のロマンティック」開催と、日々精力的に活動中。そんな阿佐ヶ谷ロマンティクスが、
この度、新たな名曲たちを収録した2ndアルバム『灯がともる頃には』を発売!
タイトル曲「灯がともる頃には」は、彼らの最大の持ち味である抜群のメロディ、そして圧倒的なヴォーカルの良さを存分に感じることができる。
そのほかにも、阿佐ヶ谷流スカ・ナンバー「君の待つ方へ」や、切ない詞と透き通るように綺麗なメロディ「想像ばかり」など、非常に満足度の高い作品。
楽曲や技術面でもさらにパワーアップした2ndアルバムに、こうご期待!!!

→Amazonで購入する

阿佐ヶ谷という単語を聞くだけで胸が切なくなる
??
阿佐ヶ谷ロマンティクスさんが、2ndアルバム『灯がともる頃には』を発売します
僕もその昔、10年くらい阿佐ヶ谷に住んでいたからね・・・
黄昏てんじゃねーよ
スポンサーリンク

[NEW] POLY LIFE MULTI SOUL|cero

2010年代を代表する1枚となったサード・アルバム『Obscure Ride』から3年。cero渾身の4thアルバムは真骨頂にして、新しい音楽。 (C)RS

→Amazonで購入する

阿佐ヶ谷つながり?
ん?そうなんですか?
ceroさんの4thアルバムです
たしか・・・ceroの高城晶平氏が阿佐ヶ谷で飲み屋をやってるんだよね?
飲み屋っていうと場末感が・・・(苦笑)
カフェバーな



スポンサーリンク

[NEW] ウーラー!! フットボール|ヴァリアス

4年に1度のサッカーの祭典、2018W杯ロシア大会(2018年6月14日~7月15日)の開催が目前に迫るなか、TV番組や国際大会などでおなじみの人気サッカー・アンセム集の発売が決定! タイトルのУpa! (ウーラー)は、英語の “HURRAH! “やイタリア語の “VIVA! ” と同じく、応援で使われる「フレー! 」や「万歳! 」などを意味するロシア語。本作はTVの人気サッカー番組/スポーツ・ニュース使用曲、日本代表戦中継や海外リーグのテーマ曲のほか、国際大会のアンセム曲や世界の定番サポーターズ・ソングとしておなじみのサッカー関連人気曲をずらり収録していると同時に、サッカー×音楽の世界地図とも呼べる内容になっている。また、この作品のイメージ・キャラクターとして、元サッカー日本代表の前園真聖氏が登場! 奇しくも前園氏は、新たに代表監督に就任した西野朗氏が率いた96年アトランタ五輪で日本代表の主将を務め、グループリーグで強豪ブラジルを破る「マイアミの奇跡」を含む2勝をあげているが、完成したジャケット写真は、今にも青いユニフォームに着替えてピッチに飛び出しそうな前園氏の熱い表情と躍動感が印象的(胸のエンブレムはペットのミニブタ “セブン”)。

人気サッカー・アンセムを一挙収録した決定盤サッカー・コンピ緊急リリース。ジャケットには元サッカー日本代表の前園真聖氏が登場!

引退しても“プレイヤー”というイメージが常に自分の中にあるので、やっぱりJリーグの試合でも国際試合でもサッカーを観ているとウズウズして、
「この中でプレイしたいな」とか「いつでも脱いで(ユニフォームに着替えて)飛び出していきたい」という気持ちになってしまいます。<中略>
今年はワールドカップ・イヤーですので、サッカー(観戦やプレイ)の前に、ここに収められた音楽を聴いてモチベーションをあげてもらえればうれ
しいですね。______前園真聖

選手入場時のあの曲や、国際大会の人気アンセム/テーマ曲を一挙収録!

国際Aマッチなどの選手入場時に流れるあの曲(1)(超絶技巧で話題の13歳のギター・ヒロイン、Li-sa-Xによる新録! )、今やサポータ
ーズ・ソングとしても定番化した00年欧州選手権テーマ曲(4)や、98年フランス、02年日韓、10年南アフリカ大会のオフィシャル・ソング/
アンセム(7)(17)(18)他を一挙収録!

TVでおなじみのあの曲も多数収録!

代表戦や国際大会中継番組のテーマ曲(2)、サッカー番組やスポーツ・ニュースのテーマ曲/BGMとしておなじみの(3)(5)(8)、スーパースターが
超絶テクを披露したスポーツブランドの有名CM曲(11)など、 “アガる” サッカー・ファン必須曲を満載!

南米/アフリカ/ヨーロッパの定番サポーターズ・ソングも!

日本での知名度も高い、南米やアフリカ、ヨーロッパで定番のサポーターズ・ソング(9)(10)(14)(19)他も一挙収録!

→Amazonで購入する

季節もの
いいんじゃないの?
元サッカー日本代表の前園真聖さんがジャケットで登場です
人気サッカー・アンセムを一挙収録した決定盤サッカー・コンピ緊急リリースです
こういうワールドカップのお祭り感を高めてくれる企画はやっぱ必要だよね
興味ねー
スポンサーリンク

[NEW] ゲット・ダウン・ウィズ・ザ・フィリー・グルーヴ selected by 永井博|ヴァリアス (アーティスト)

イラストレーター永井博氏の選曲によるフィリー・ソウル企画盤

80年代から多くのレコード・ジャケットや広告などのアートワークで知られるイラスト界の巨匠であり、日本でも有数のレコード・コレクターとしても知られる永井博氏が、もっとも愛する“フィリー・ソウル”をファンク&ディスコ的な観点で選曲。現役のDJでもある永井氏が、フィリー・ソウルならではの“黒く”“洗練された”極太グルーヴを料理する。
ジャケットなどアートワークには、もちろん永井博氏のイラストレーションを使用。
※同時発売されるアナログLPとは収録内容が異なります。

2枚組CD
紙ジャケット(ゲートフォールド)仕様
永井博氏による解説付き(監修:音楽ジャーナリスト林剛)
歌詞・対訳は付きません

→Amazonで購入する

先月も紹介したアルバム
アナログ盤に引き続き、CDでも発売だね

関連エントリー→大人のジャケ買い!「スティング&シャギー、梶芽衣子、永井博、エルトン・ジョン」 2018年4月3週目 発売

イラストレーター永井博氏の選曲によるフィリー・ソウル企画盤です
アナログ盤とは収録曲が異なるようです
こっちの方が曲が多くていいんじゃないの?
知らない曲も沢山ありそう
レコードを探し回るのは大変だけど、手間なくオシャレでステキな曲に出会うチャンスだね
お前はお手軽な野郎だな
スポンサーリンク

[NEW] ユーアー・ドライヴィング・ミー・クレイジー|ヴァン・モリソン&ジョーイ・デフランセスコ

オルガン・プレイヤーの第一人者デフランセスコを迎えた新作!

●今年8月には73歳を迎える北アイルランド出身のシンガー・ソングライターの重鎮中の重鎮。63年、ゼムのメンバーとしてデビュー。名曲「グローリア」をヒットさせるなど、人気を獲得。66年にゼムを脱退し、ソロに転向。68年『アストラル・ウィークス』、70年『ムーンダンス』、71年『テュペロ・ハニー』と精力的に作品を発表。以降も数々の名盤を世に送り出し、現在も第一線で活躍を続けている。
●本作はスタジオ・アルバムとしては39作目となる新作。ジャズ・オルガン奏者の第一人者ジョーイ・デフランセスコを迎えて、「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」「若き恋人たち」「マジック・タイム」 といった自身の過去の作品や「ミス・ オーティス・リグレッツ」「ザ・シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥ」「エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース」といった、ジャズやブルースの名曲を取り上げた注目の作品。

→Amazonで購入する

これは先週紹介すべきだった1枚
漏れてたよ・・・
オルガン・プレイヤーの第一人者デフランセスコさんを迎え、ヴァン・モリソンさんのニューアルバムです
リリースの間隔がすごくない?
老いてなお盛ん、すばらしい!
ジャケットもいいな



スポンサーリンク

【話題】ギター特集!

サンデー・ソングブックはギブソン・ギター、レコード・コレクターズはセッション・ギタリストの特集だよ
今回は、数多いセッションマンの中から、70年代アメリカのギタリストに焦点だそうです
そのへんがみんな好きだよね
僕もギターの練習しなきゃなあ
やってねーだろ
スポンサーリンク

大人のジャケ買い! 2018年5月3週目 発売

では、今日はこのへんで
その他、今週発売のアルバムはこちらです

セイヴド ナウ、ナウ

ブッダ・ブルース(3CD) ザ・ジェームス・コットン・バンド

オーランドー 林正樹,鈴木広志,相川瞳

アンド・ジャスティス・フォー・ナン ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ

NEW ポール・マッカートニー

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造 ポール・マッカートニー

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ ウイングス

スリリントン~ポール・マッカートニー『RAM』オーケストラ・ヴァージョン パーシー“スリルズ”スリリントン

エレクトリック・ライト ジェイムス・ベイ

ランペイジ 巨獣大乱闘 アンドリュー・ロッキングトン

北島三郎歌唱「大地土子作品集」 北島三郎

くたびれて 村八分

EMUSIC 32-meets you- 新田恵海

セリア(1972) セリア

ライヴ・アット・タウン・ホール1974~ライヴ・ストック完全盤~ ロイ・ブキャナン

バタフライズ バーシア

トリコロール・ビッグバンド トリコロール

コンプリート・コレクション 1984-1986 セイントフォー

スターゲイザー ピーター・ブラウン

レッツ・ストレイテン・イット・アウト – モア, モア, モア ラティモア

ザ・ベンチャーズ・ベスト・ヒット30 ザ・ベンチャーズ

パリ、愛の歌~永遠のシャンソン&フレンチポップ~ クレール・エルジエール

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル ジェフ・ベック

恋の雨音 ラヴ・アンリミテッド

恋のサヴァイヴァル グロリア・ゲイナー

微笑 ほほえみ ナタリー・コール

今夜はブギ・ウギ・ウギ テイスト・オブ・ハニー

銀河からの訪問者 スターガード

華麗なる誘惑 ドナ・サマー

愛の誘惑 ドナ・サマー

音道 Chage

愛の流れに ダイアナ・ロス

愛のディスコティック タバレス

ワイルド・ナイト ワン・ウェイ

ワイルド・アンド・ピースフル クール&ザ・ギャング

マッチョマン ヴィレッジ・ピープル

マダム・バタフライ タバレス

ゴー・ウエスト ヴィレッジ・ピープル

クイーン・オブ・タイム アモルフィス

MY SONG MY SOUL(初回限定盤) 杉山清貴

今ここにあるべき百戦錬磨~7人~ NOBU CAINE

聴く、名作文学~朗読~ ベスト 朗読

知っておきたい、古典落語入門 落語

社交ダンス~『Shall We Dance?』歌謡曲編 須藤久雄とニュー・ダウンビーツ・オーケストラ

江利チエミ、ラテンを歌う 江利チエミ

岸洋子のシャンソン 岸洋子

斉藤功のギター歌謡 斉藤功

寺内タケシのエレキは最高! 寺内タケシとブルージーンズ

木村好夫のギター演歌 木村好夫

倍賞千恵子の抒情歌 倍賞千恵子

BANG! 三上寛

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう 早川義夫

ゆりかごの歌 野村佳乃子

My Kinda Blues ロメル・アマード