大人のジャケ買い!「nanako(佐藤奈々子)、ネーネーズ、津島利章(仁義なき戦い)、ハイレゾ体験サンプラー(ロック&ポップス、ジャズ、クラシック)」 2018年6月4週目 発売

ブルース&ソウル・レコーズ 2018年08月号 は、ドゥー・ワップの特集!
山下達郎選曲によるCD『ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.1〜3』発売記念、ドゥ・ワップ放談も収録されています
そのCDはもう予約した!
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索。
名前:猫(♀)
プロフィール:元オリーブ少女、独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言
「大人のジャケ買い!」では、その週新発売の、または、その週に再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目のジャケットを紹介するわよ!
山下達郎選曲によるCD『ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.1〜3』
曲目等、詳細の発表はまだなんだよね



[NEW] ゴールデン・レメディ|nanako(佐藤奈々子) + Riki Hidaka

伝説のシンガー、佐藤奈々子の5年ぶりニュー・アルバムは、
今もっともアートなサウンドを紡ぐ大注目ギタリスト、Riki Hidakaとのあまりに美しきコラボレーション!

唯一無二のウィスパー・ヴォーカルと吸い込まれるほど夢幻的なギター・サウンドが織りなす妖艶なるポップ・ワールド――。
カメラ=万年筆とコラボした前作に続き、またしても若き天才との化学反応が生んだ恍惚の傑作が誕生!

“元祖渋谷系シンガー”とも評され、70年代のいわゆる”シティポップ期”の作品群の再評価も著しい伝説の女性シンガー、佐藤奈々子。
近年はNanaco名義でも活動し、プロフォトグラファーとしての顔も持つ彼女は、
90年代以降~現在に至るまで、アートに対するその鋭敏な感性を研ぎ澄ませながら、
国内外の様々な世代の才能と交流を続けてきた。
そんな彼女が今回パートナーに選んだのは、NY在住の奇才、Riki Hidaka。
昨年と今年の二度に亘り、ジム・オルーク、石橋英子との共演ツアーを成功させるなど、
その独特の”気配”を宿した幽玄なギター・サウンドと音世界が方々から絶賛を浴びる今もっとも注目すべき新鋭アーティストだ
(彼にはまさに”アーティスト”という形容こそがしっくりくる)。
Riki Hidakaの楽曲をベースにNanacoがメロディと詞を付ける、
そんな共同作業によって生まれた9篇の作品は、果てしない夢のように美しく蠱惑的で、儚くも力強い。
デビュー以来変わることのないNanacoの麗しきウィスパー・ヴォイス、詩情溢れる言葉の数々、
そしてRiki Hidakaの変幻自在なギター・サウンド、そのすべてに旅や宇宙を想起させるような深遠さが満ち満ちている。
両者の美学が最良の形で結実した傑作アルバムの誕生だ。

→Amazonで購入する

今回のアルバムは良い気がする!
てゆーか、時を超えて、またアルバムが届くなんて
“元祖渋谷系シンガー”佐藤奈々子さんの5年ぶりニュー・アルバムです
僕の彼女に対する思いはこちら

関連エントリー→土曜の夜の甘いささやき、佐藤奈々子とおかしな散歩「サブタレニアン二人ぼっち」佐藤奈々子~土曜日の夜から、すきとおった朝が来るまで

昔、おまえからCDもらったよな?
当時僕は、音楽好きの女の子に佐藤奈々子のCDを配ってたからね(笑)

[NEW] MAPAI|ネーネーズ

3人の姉姉達(ネーネーズ)
史上初の3人体制となったネーネーズによる
決意表明的POPアルバム!!

宮沢和史(ex.THE BOOM)、島袋 優(BEGIN)、前川真悟(かりゆし58)他、
豪華作家軍による書き下ろし楽曲に加え、メンバー自身が才能を開花させた書き下ろし楽曲達も収録!!

知名定男プロデュース。
メンバーの卒業を経て、史上初の3人体制に生まれ変わったネーネーズによる
決意表明的POPアルバム!!
タイトルのマパイは“真南風”の八重山地方での読み方

→Amazonで購入する

久しぶりに名前をきいた
ネーネーズ!
3人体制となったネーネーズによる、決意表明的POPアルバムだそうです
ネーネーズって概念なんだね
だな

[NEW] 仁義なき戦い(広島死闘篇/代理戦争/頂上作戦/完結篇)オリジナル・サウンドトラック|津島利章

盃が無いけん、これ買って聴こうや。
五部作の現存する全楽曲を収録した仁義なきサントラ完結篇。

昭和48年に東映正月映画第2弾として公開され、ドキュメンタリーさながらの生々しいカメラワーク、広島弁の台詞まわし、巧みな脚本によるスリル、そして過激な暴力で世界の映画史にその名を刻んだ「仁義なき戦い」。
その五部作(仁義なき戦い/広島死闘篇/代理戦争/頂上作戦/完結篇)の音楽が、ついに一挙集結!
熟練エンジニアによる現存する楽曲のリマスタリングに加え、本シリーズとともに映画史にその名を刻んだ津島利章が、
後年に自らの手でステレオ化していた秘蔵楽曲もボーナストラックとして収録した3枚組。

わしも恰好つけにゃあ、ならんですけえ。

→Amazonで購入する

こ、これは!!!
映画史にその名を刻んだ「仁義なき戦い」五部作、3枚組のオリジナル・サウンドトラックです
たららららら~!
あの音源は一応もっていたいよね
何に使うんだよ!

[NEW] これがハイレゾCDだ! ロック&ポップスで聴き比べる体験サンプラー CD|オムニバス

ハイレゾ音源を収録した画期的な高音質CD、『ハイレゾCD 名盤シリーズ』を気軽に試すことができる体験サンプラーが登場!同時発売となるロック、ポップスの名盤50タイトルから、名曲名演ばかりをピックアップしてフル収録。同じマスターを元にした同じ楽曲をハイレゾCD(Disc 1)と通常CD(Disc 2)それぞれに収めているので、それぞれの音の違いを簡単に聴き比べることができます! (C)RS

→Amazonで購入する

こういう企画好き
どんな曲が入ってる?
ロック、ポップスの名盤50タイトルから、名曲名演ばかりをピックアップです
同じマスターを元にした同じ楽曲をハイレゾCD(Disc 1)と通常CD(Disc 2)それぞれに収めているそうです
選曲はこちら

1. ミスター・ビッグ
2. マンドリン・ウィンド
3. カリフォルニア・ガールズ
4. ジョン・バーレイコーン
5. 怒りの涙
6. ユー・ドント・ラヴ・ミー
7. ホワッツ・ゴーイン・オン
8. アイム・ノット・イン・ラヴ
9. イン・ザ・デッド・オブ・ナイト
10. シャウト

→Amazonで購入する

いいね、いいね
聴き比べ、してみたい!
てゆーか、ハイレゾ再生機器を持ってんのかよ?
一応、僕のスマートフォンはハイレゾなんだよね
ぜんぜん活用してないけど



【追悼】寺尾次郎さん

元シュガー・ベイブのベーシストで、映画字幕を中心とした翻訳家の寺尾次郎が、本日6月6日朝に死去した。彼の長女であるシンガーソングライターの寺尾紗穂がTwitterで公表した。

葬儀は親族と関係者のみで行われるとのこと。寺尾紗穂はTwitterで「私にとっては長らく『遠くて遠い』父でしたが、最後に少し近く感じることができました。ホスピスに移る日、看護師さんに『またどこかで』と言った父の姿が目に焼き付いています。映画の一場面のようでした」とつづっている。

寺尾次郎は学生時代の佐野元春が結成したバンド・バックレーン元春セクションにベーシストとして参加し、1975年にハイ・ファイ・セットのバックバンドに在籍。その後、山下達郎からの誘いを受けて第2期シュガー・ベイブのメンバーとなり、1976年に解散するまでシュガー・ベイブに在籍した。シュガー・ベイブ解散後はナイアガラ・トライアングル(大滝詠一、山下達郎、伊藤銀次)のアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」や、大貫妙子のアルバム「Grey Skies」などのレコーディングに参加。以降は映画字幕の翻訳家に転身し、映画美学校の演習科講師なども務めた。字幕を担当した近作は「ダゲレオタイプの女」「皆さま、ごきげんよう」「ハッピーエンド」「修道士は沈黙する」など。2016年にはジャン=リュック・ゴダールの監督作「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」の新訳に挑んだ。

出典:natalie.mu

今月、お亡くなりになった元シュガー・ベイブの寺尾次郎氏
最近は翻訳家として活躍されていたそうです
へー、映画観てみたいね
でも、知らない間に観てたかもね?
ジャン=リュック・ゴダールの監督作「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」の新訳はこちら

↓寺尾次郎氏の新訳

大人のジャケ買い! 2018年6月4週目 発売

では、今日はこのへんで
その他、今週発売のアルバムはこちらです
ロック、ジャズの名盤再発が結構ありますぞ!
※一部抜粋

父子奏艶(おやこそうえん)第二章 Tomoyama&岬英二

ヘラクレスの栄光 サウンドクロニクル ゲーム・ミュージック

スワッギズム ゴースト・ノート

ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション) カウボーイ

ソングス・フロム・ザ・ロード ビッグ・ダディ・ウィルソン

カラーに口紅(シングル第1集) コニー・フランシス

これでイーノだ!~天才ブライアンのありえないジュークボックス オムニバス

トップをねらえ~あなたの知らないトニー・マコウレイ名曲集1965-1974 オムニバス

1968年5月、パリの春~音楽のヌーヴェル・ヴァーグのはじまり オムニバス

エッセンシャル ソウルワックス

ヴァージョン2.0(20周年記念盤)(リマスター) ガービッジ

THE BLIND SWORDSMAN~侠 オムニバス

ジ・アルバムズ 1977-80 999

BEST ANSWER 本多俊之 Burning Wave Quartet meets 渡辺香津美

機械仕掛けの遊園地 -Electric Wonderland- AKIHIDE

悪魔と11人の子供達 ブルース・クリエイション

カルメン・マキ/ブルース・クリエイション カルメン・マキ/ブルース・クリエイション

BEST OF THE POGO THE POGO

ダブルゲーム なかの綾

ノーキー・エドワーズ with ベンチャーズ ライブ since 1999 ベンチャーズ

芹澤廣明 ANIME GOLDEN HITSTORY 芹澤廣明

スーパー・レア コンピューター・マジック

ルイ ルイ

アイ・エイント・ドランク、アイム・ジャスト・ドリンキン ドリンキン・ホッピーズ

ROCK GOES ON 相川七瀬

Darlington Doctrine Doctrine

ワイルドフラワー -Best of Pure Mode Years 1999-2018 遠藤響子

To the beginning 宮崎奈穂子

月曜日のユカ e.p. 黛敏郎

ラブ・カムズ・ラブ・ゴーズ+1 シスター・ラブ

ザ・キャット・ストライクス・アゲイン ジミー・スミス

ALL TIME BEST ALBUM 2011-2018 「僕は音楽で殴り返したい」 それでも世界が続くなら

日々凛々 ヒグチアイ

ボブ・マーリー ザ・ウェイラーズ べスト・トラックス28 ボブ・マーリー ザ・ウェイラーズ

横浜から 阿久悠未発表作品集 山崎ハコ

VOICE 天童よしみ

BLACK BOX 大西ユカリ

今井亮太郎 ザ・ベスト ~リオデジャネイロ→東京~ 今井亮太郎

おしりたんてい TVサントラ

船村徹 ヒット・ソングス オムニバス

極ベスト50 都はるみ

わたしの毎日 石川ひとみ

SHISHAMO 5 SHISHAMO

トランスフォーメーション 村治佳織

シベリウス&ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲 サカリ・オラモ

チャイコフスキー:《くるみ割り人形》《眠れる森の美女》組曲 小澤征爾

チュニジアの夜 アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

クール・ストラッティン ソニー・クラーク

ブルースの真実 オリヴァー・ネルソン

ホワッツ・ゴーイン・オン+6 マーヴィン・ゲイ

勝手にしやがれ!! セックス・ピストルズ

幻想の摩天楼 スティーリー・ダン

ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク ザ・バンド

終りなき夏 ビーチ・ボーイズ

461オーシャン・ブールヴァード エリック・クラプトン

ザ・シングルス+10 ザ・フー

ユートピア 山中千尋

THE ASHTRAY Suchmos

Femme Fatale 加藤ミリヤ

24 Beverly

CITY COASTER T-SQUARE

最後の聖戦 +8 筋肉少女帯

Fight & Kiss さかいゆう

調子の良い鍛冶屋~チェンバロ名曲集 トレヴァー・ピノック

WORLD’S END lyrical school

’66~’76 ヒュー・マセケラ