【生きる希望】ゴスペル、ジャズ、ロック、そして、歌謡曲・・・祈りの歌、人生賛歌をアナタに

大人のジャケ買い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
愛だの恋だのではなく、生きる希望が湧いてくるような曲ってあるよね。
どうしたんんですか?
イヤなことでもあったんですか?(苦笑)
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

オリジナル・ラブのニューアルバム「bless You!」は人生賛歌だという

ORIGINAL LOVE -ゼロセット (Music Video Short Ver.)

オリジナル・ラブのニューアルバム「bless You!」は人生賛歌なんだって。
先日紹介しましたよね。

関連エントリー→大人のジャケ買い!「あいみょん2ndアルバム、槇原敬之2年ぶり、オリジナル・ラブ4年ぶりのオリジナルアルバム」 2019年2月3週目発売

このインタビュー記事をご覧あれ。
田島貴男のお母さまがお亡くなりになったらしい。
そうでしたか・・・。

ーータイトル曲「bless You!」も素晴らしいです。この曲をアルバムのタイトルにしたのはどうしてですか?

田島:タイトルはいちばん最後に決めたんですよ。「bless You!」も2年くらい前にすでにリズムレコーディングを終えていた曲で、ゴスペルジャズみたいな曲にしたかったんだけど、やっぱり歌詞が書けなくて。アルバムの制作は「ゼロセット」から始まって、「アクロバットたち」「ハッピーバースデイソング」と曲が揃っていくうちに、「“人生賛歌”をガイドラインにすればいいんじゃないか」という全体像が見えてきて。あとね、自分の母親が亡くなって、それまでの人生賛歌のイメージがガラッと変わったんです。『風の歌の聴け』に入ってる「フィエスタ」も人生賛歌かもしれないけど、あの頃よりも理解が深まっているいし、このタイミングで自分なりのゴスペルソングを書かざるを得なかったというか。すべての命、すべての死を祝福したいという願いを込めましたね。

ーー当然ですが、田島さん自身の経験も反映されているんですね。

田島:そうですね。母が入院しているときもよく見舞いに行ってたんですが、病院で生活している方々を見て、思うところもありまして。力の強い人、偉大だとされている人こそが人間の歴史だという風潮に対して腹が立ってきたし、そんなのは嘘っぱちだと思ったんです。そうじゃない人がほとんどだし、すべての人が一緒なんだろうなと。昔のゴスペルソングには、そういう内容のものもあるんですよね。その頃は死に直面することが現代よりも何倍も多かっただろうし、そういう歌が生活のなかに必要だった。いまもアメリカの人は週に1回教会に行ったりすると聞きました。宗教的なものが日常にあるんでしょうね。日本における宗教は冠婚葬祭のときにしか現れなくて、日常と分離されてる気がして。そのぶん、空虚さのなかでモガいてる人も多いと思うんですよね。それって、ポピュラーミュージックのなかに“自分を信じる”“何かを信じる”という歌詞が増えたことと関係しているのかな、と。

ーー確かに“信じる”という言葉は多いような気がします。

田島:宗教的な役割をポピュラーミュージックが担っているのかもしれないなって。僕はね、もともとそういうものが好きじゃなかったんです。子供の頃に聴いていた昭和40年代、50年代のポップスって、ほとんどがラブソングだったし、それでいいじゃないかと思ってたから。でも、去年くらいから、日本のポップスに救いや祝福の歌が増えていることに気付いて。自分もそういうアルバムを作ろうと自覚していたわけではないんですけど、僕はたまたまいろんなことが重なってこういうことを書かざるを得ない状況があったわけですけど、この『bless You!』を作り終えてそういう時代性に改めて気づきました。

出典:realsound.jp

僕も田島貴男と全く同じ。昔は、流行歌なんて愛の歌だけでいいと思っていたよ。むしろ人生の応援歌なんて敬遠していた。でも、ちょっと今は違うかも。
最近のJポップも「救い」や「祝福」の歌が増えている?
そうかもしれませんね、単純に男女の恋愛ばかりじゃ、なくなってきているかもしれません。

ORIGINAL LOVE -bless You! (Love Jam Ver.)

・・・という訳で、今日は救いの歌、もう一度人生を頑張ろうと思えるような曲を集めてみたよ。
まずは洋楽です。
スポンサーリンク

【洋楽】ジャズ、ロック、ソウル、世界の人生賛歌3曲

YouTubeですぐ聴ける曲から、世界の人生賛歌を3曲選んでみた。
1曲目は、心が温かくなるような、ルイ・アームストロングのこの歌。
あ、これは僕も知っています。

「この素晴らしい世界(What A Wonderful World)」

Louis Armstrong – What A Wonderful World (Original Spoken Intro Version) ABC Records 1967, 1970

サッチモ後期の名曲だね。
え~と(検索中)・・・「この素晴らしい世界」はベトナム戦争を嘆き、平和な世界を夢見て作曲されたそうです。

出典:ja.wikipedia.org

I hear babies cry,
I watch them grow,
They’ll learn much more,
Than I’ll ever know.
And I think to myself,
What a wonderful world.

泣いてばかりの赤ん坊が成長していく姿を見守ろう。
彼らは、僕らの時代より、さらに沢山のことを学んでいくだろう。
世界はなんて素晴らしい。


↓セルフリメイク「この素晴らしき世界」、こちらも素晴らしい!

「アイ・シャル・ビー・リリースト(I Shall Be Released)」

2曲目は、僕が大好きなザ・バンドの「アイ・シャル・ビー・リリースト(I Shall Be Released)」。
え~と(検索中)・・・この曲はボブ・ディランさんが作詞作曲した楽曲なんですねえ、へー。

出典:ja.wikipedia.org

そのボブ・ディランも一緒に歌っている、このライブ映像をご覧あれ。

The Band – I Shall Be Released (with Bob Dylan, Ringo Starr & Ron Wood) (OFFICIAL)

でもやっぱり、ザ・バンドのファーストアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に収録されているリチャード・マニュアルの歌が好き。無骨な男のファルセット(裏声)が、疲れた心と魂に沁みてくる。
へー。

I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released

朝日はもうのぼるよ
すこしずつだけどね
その時その日こそ
自由になるんだ
※大塚まさじ「男らしいってわかるかい」より

↓こちらは50周年記念スーパー・デラックス・エディション。名盤のラストを飾る曲です。

「アメージング・グレイス(Amazing Grace)」

洋楽の3曲目は、ソウルの女王が歌うゴスペル。アレサ・フランクリンの「アメージング・グレイス」。
え~と(検索中)・・・「アメージング・グレイス」はアメリカで愛聴されている有名な讃美歌です。アレサ・フランクリンさんほか、いろんなアーティストにカバーされています。

出典:ja.wikipedia.org

Aretha Franklin – Amazing Grace (Official Audio)


↓アレサの「アメージング・グレイス」、完全盤です。

讃美歌やゴスペルには、人生を讃える歌が多いよね。
アレサといえば、こっちの映像も感動的なのでついでに・・・。
え~と(検索中)・・・これは、2015年12月、ワシントンDCで開催された第38回ケネディ・センター名誉賞授賞式での歌唱です。

Aretha Franklin Brings President Obama To Tears Performing At Kennedy Center Honors

くー!
キャロル・キング!
素晴らしい!
え~と(検索中)・・・「ナチュラル・ウーマン」という曲ですね。
キャロル・キングさんの曲を、アレサ・フランクリンさんが歌っています。

↓「ナチュラル・ウーマン」収録。

↓キャロル・キング「ナチュラル・ウーマン」はこちら。

アレサもキャロル・キングも、どっちもまさに女王。
次は日本の楽曲です。
スポンサーリンク

【邦楽】昭和の人生賛歌を3曲

次は邦楽。しかし、若者ぶって最近の歌を選ぶのもアレなんで、昭和歌謡からね。
それが自然ですよ(笑)。
バカにしてないよな?

「喝采」

ちあきなおみ/喝采 1972年

まずはこの曲が真っ先に浮かんだ。この名曲も、恋愛の歌というより、人生賛歌だと思うなあ。
ちあきなおみさんは、え~と(検索中)・・・へー、今もずっと芸能活動を停止されたままなんですねえ。

出典:ja.wikipedia.org

ひなびた町の昼下がり
教会の前にたたずみ
喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた

ある意味、賛美歌ともいえる?

「男はつらいよ」

私、生まれも育ちも、葛飾柴又です。
帝釈天でうぶ湯を使い・・・。
あ、寅さんですね。
今度、新作映画で桑田佳祐さんが歌うことになったという・・・。
【山田監督コメント】桑田佳祐さん主題歌に寄せて

桑田佳祐という人と渥美清さんは、心情において深く重なっているのではないか、と前々から思っていて『男はつらいよ』の50作目を作るなら、なんとかして桑田君に主題歌を歌ってもらいたいと強く願って直接に手紙を書きました。いわばラブレターです。その承諾の返事を聞いたときは本当に嬉しかった。桑田君が歌う「男はつらいよ」は、人を優しい気持ちにさせ、元気づけてくれる。「まあ、こんな私でもなんとか生きていけるんじゃないかな」観客の背中をポンと押してくれるような素晴らしい主題歌となり、記念すべき50作目のオープニングを飾るに相応しい名シーンとなりました。桑田君、「寅さん」の世界に飛び込んで来てくれてありがとう!「音楽寅さん」はまさに「映画寅さん」でもあった。渥美さんもきっと喜んでくれると思います。
山田 洋次

出典:www.tora-san.jp

山田洋次監督が言うように、観客の背中をポンと押してくれる曲。つまり、僕のようなダメ人間を励ましてくれる歌だよ。
自分でダメ人間って・・・(苦笑)。

いつかおまえの よろこぶような
偉い兄貴に なりたくて

ダメ人間も生きていけるような日本であってほしいね。
なんですか、それ(苦笑)。

『男はつらいよ』主題歌/渥美清

↓こちら、寅さんの音楽世界が存分に堪能できる企画です。

では、最後の曲。
来ましたよ。

「銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)」

あの人はもう
思い出だけど
君を遠くで
見つめてる

僕の人生を通して、一番、励ましてもらった曲かもしれない。
今でも聴くと心が奮い立つよ。
アニソンに勇気を貰う人は多いですよ。
僕らの世代以降、いわゆる一般的な流行歌と同時に、アニメの歌も重要になった。それに当時から、流行歌は愛だの恋だのしかなかったけど、アニソンには恋愛以外をテーマにした曲が意外に多い。
いまやアニソンの存在感は、Jポップ以上の存在感かもしれません。

ゴダイゴ 銀河鉄道999 (Stereo Version)

今度はアニソンしばりで、勇気が出る歌でも集めてみるか?
「キャプテン・ハーロック」とか、人生を歌ったよい挿入歌があるぞ。
また古いのばっかり?(笑)
だって昔のアニメ・特撮ソングの方がいい曲が多いんだもん。
年寄りはみんなそう言います(苦笑)。

↓ゴダイゴ以外にも、999には人生賛歌が多いです。

では、今日はこのへんで・・・。他にもいい曲は沢山あるけどね。
中島みゆきの「ファイト!」とか。
また今度やりましょう。僕はアニソン縛りがいいなあ。
スポンサーリンク

3月11日、今年も東日本大震災を思う・・・

憧れや名誉はいらない
華やかな夢も欲しくない

↓「蒼氓(そうぼう)」が収録された、1988年のオリジナル・アルバム「僕の中の少年」。

・・・山下達郎の「蒼氓(そうぼう)」もあった。
「蒼氓(そうぼう)」は、普通に生きて、いつかは死んでゆく名も無き人々を歌った歌だよ。まさに静かな勇気を与えてくれる曲だね。
達郎さんは「希望という名の光」もありますよ。
その曲は、東日本大震災を思い出す。
あ、ひょっとして、3月11日が近いから、この話題だったんですか?
今頃気づいたか。
思いを寄せることくらいしかできないけど・・・合掌。
まだ復興途上の方も大勢いらっしゃるんでしょうねえ・・・。

運命に負けないで
たった一度だけの人生を
何度でも起き上がって
立ち向かえる
力を送ろう