【宇宙の海】1970年代アニソンで蘇った昭和マドロス歌謡 ※例のアレの名前はボラードといいます

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
昭和マドロス歌謡の海洋ロマンは宇宙の海にもつながるよ、って話。
マドロスという言葉が昭和っぽいです。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

昭和マドロス歌謡とは・・・?

出典:www.uta-net.com

昭和マドロス歌謡とは・・・?
え~と(検索中)・・・。

「マドロス」とはオランダ語で“船員”を意味し、「マドロス歌謡」とは、海や波止場、港町を舞台にした歌謡曲のこと。岡晴夫の「憧れのハワイ航路」や津村謙の「上海帰りのリル」など、ポップスからブルース、演歌までバラエティに富み、その世界は海のごとく広くて深い。そんな海洋浪漫にあふれた「マドロス歌謡」は昭和30年代~40年代に量産され、おおいに流行りました。

しかし現在、マドロス歌謡は絶滅危惧種。船旅は「クルーズ」と名を変え、「連絡船」「花売り娘」といったマドロス歌謡につきものの単語がJ-POPの歌詞に躍ることは、まずありません。「陸(おか)に立ち、想い人を待つ」という設定自体が、いまや理解されがたいでしょう。

出典:danro.asahi.com

僕も代表的な曲しか知らんが、ヨットロックより日本人ならマドロス歌謡だろ!
ヨットロックもマドロス歌謡も海がキーワードなところは一緒ですが、ずいぶん雰囲気が違いますね(苦笑)。

↓ヨットロックとマドロス歌謡はあまり関係ありません。

↓今もマドロス歌謡を唄うシンガーがいるそうです!

スポンサーリンク

美空ひばりに岡晴夫に・・・昭和マドロス歌謡の代表曲

昭和マドロス歌謡の代表曲をいくつか。まずはこれだろ?
岡晴夫さんの『憧れのハワイ航路』、戦後ですねえ。

晴れた空 そよぐ風
港出船の ドラの音愉し
別れのテープを 笑顔で切れば
希望(のぞみ)はてない 遥かな潮路
あゝ 憧れの ハワイ航路

引用:『憧れのハワイ航路』岡晴夫(1948年)

※ハワイ航路(横浜 – ホノルル – サンフランシスコ)は、戦前は日本郵船の花形航路だった。1950年(昭和25年)公開の映画には美空ひばりも出演している。

出典:ja.wikipedia.org

美空ひばりも数多くのマドロス歌謡を残している。
この曲が最初のマドロス曲だそうです。

船のランプを淋しく濡らし
白い夜霧のながれる波止場
縞のジャケツのマドロスさんは
パイプふかして
アー タラップのぼる

引用:『ひばりのマドロスさん』美空ひばり(1954年)

※ひばりの楽曲の中で、最初に発表されたマドロス曲である。後に数多くのマドロス曲を発表した。

出典:ja.wikipedia.org

『上海帰りのリル』もマドロス&異国情緒の歌だね。たまらんよね、この雰囲気。
マドロスさんのまわりにいる女性を歌った歌も多そうですね。

船を見つめていた
ハマのキャバレーにいた
風の噂はリル
上海帰りのリル リル
甘くせつない 思い出だけを
胸にたぐって 探して歩く
リル リル どこにいるのかリル
だれかリルを知らないか

引用:『上海帰りのリル』津村謙(1951年)

※記録的な大ヒットとなり、翌年4月には同名映画が公開された。第2回NHK紅白歌合戦において初出場の津村が歌唱した。

出典:ja.wikipedia.org

上海、横浜、神戸、長崎・・・海や港のある町は歌になるね。
そこがマドロス歌謡の舞台です。

↓これぞというのはありませんが、このへんが入手しやすそうです。


マドロス歌謡 TFC-12026
株式会社テイチクエンタテイメント
¥1,406(2020/01/03 14:40時点)

マドロス歌謡 名曲集 キング1600シリーズ オムニバス
1. 憧れのハワイ航路(岡晴夫)
2. マドロス稼業は止められぬ(三橋美智也)
3. 上海の花売り娘(岡晴夫)
4. マドロス役者(春日八郎)
5. マドロスさんは大嫌い(二葉百合子)
6. 波止場シャンソン(小畑実)
7. 霧の上海(津村謙)
8. 船はゆく南を指して(岡晴夫)
9. あの娘が泣いてる波止場(三橋美智也)
10. 船は港にいつ帰る(岡晴夫)
11. 若ちゃんマドロス(若原一郎)
12. 縁があったらまた逢おう(三橋美智也)

スポンサーリンク

アニソン(1970年代)で蘇った昭和マドロス歌謡~マドロス歌謡は宇宙の海でもロマンを描く

出典:page.auctions.yahoo.co.jp

実は、宇宙の海を舞台にした、新しいマドロス歌謡が1970年代のアニメソングに数多く登場した。まずは何といっても「宇宙戦艦ヤマト」。果てしない宇宙に旅立つ男たちの哀しみを唄った『真赤なスカーフ』は、まさしくマドロス歌謡の精神を受け継いでいると言ってよかろう。てゆーか、マドロス歌謡の作り手が、この時期アニメに流れたという見方もできる。
ヤマトには、『真赤なスカーフ』以外にも、マドロス歌謡的な挿入歌がいろいろありそうですね。

あの娘がふっていた
真赤なスカーフ
誰のためだと 思っているか
誰のためでも いいじゃないか
みんなその気でいればいい
旅立つ男の胸にはロマンのかけらがほしいのさ

引用:『真赤なスカーフ』ささきいさお(1974年)

↓個人的に隠れた名曲『好敵手』が収録されたコチラがおすすめ。もちろん『真赤なスカーフ』も収録。

宇宙戦艦ヤマト ヤマト・ザ・ベスト2
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥2,433(2019/12/14 10:48時点)

次は、『キャプテン・ハーロック』。オープニングの「宇宙の海は俺の海~♪」もいいが、以下エンディングテーマ曲を引用する。挿入歌にもマドロス歌謡につながる曲が多数あるぞ。宇宙海賊の悲哀もまさにマドロス歌謡的。
マドロス歌謡に「花売り娘」がよく出てきますが、こちらキャプテンハーロックのエンディング曲にも「かわいい野の花」という歌詞がありますね。

君が気に入ったなら この船に乗れ
いつかなくした夢がここにだけ生きてる
どこへ行ったのか かわいい野の花は
どこへ行ったのか やさしい魂は

引用:『われらの旅立ち』水木一郎(1977年)

↓キャプテンハーロックにも宇宙の舟唄が沢山ある。

もう一つくらい例をあげよう。「キャプテンフューチャー」にも数多くのマドロス歌謡的な宇宙の哀歌がある。オープニング曲『夢の舟乗り』・エンディング曲『ポプラ通りの家』もそうだし、挿入歌『おいらは淋しいスペースマン』もいいが、今回はあえて『OK! キャプテン』を紹介しよう。
これはコーラス隊が歌っているんですか?
神代ユースコーラスという方々が、主役ではなく、わき役の船乗りたちの気持ちを唄う。これ好きなんだよね。
へー。

どこだって
飛んでゆくさ
おまえが呼ぶなら
キャプテンフューチャー
燃え盛る
炎の星でも
凍りついた惑星だって

若い日は一度だけ
ためらわないで生きているさ

引用:『OK! キャプテン』神代ユースコーラス(1978年)

↓キャプテンフューチャーの音楽はこれでコンプリート。

このへん、誰か詳しく本にしてくれないかな? 1970年代アニソンで蘇った昭和マドロス歌謡について。
自分で頑張ってください(笑)。
スポンサーリンク

【蛇足?】例のアレの名前はボラードといいます

Y.Asmさんによる写真ACからの写真

最後に蛇足だけど、マドロス歌謡のジャケットや、マドロス映画のワンシーンに出てくる波止場のアレ。なんなのアレ?
マドロスさんがカッコよく片足を乗せたポーズで、パイプをくわえてたりする、アレですね(笑)。え~と(検索中)・・・あの岸壁に設置して船を繋留したり、道路や広場などに設置して自動車の進入を阻止したりする目的で設置される、地面から突き出した杭は・・・「ボラード」というそうです。

出典:ja.wikipedia.org

ボラードか。ほー。今度天草に遊びに行ったら、あのポーズで写真撮ろうっと!
インスタなどにも、あのポーズは溢れています・・・(苦笑)。

↓海外ロマンス詐欺には使わないでください。