【レコード】大人のエロジャケ5選【昭和・日本編】

大人のジャケ買い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タ~ラ、タララララ、タララララ・・・♪(恍惚)
どこかで聴いたメロディーですね?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【レコード】大人のエロジャケ5選【昭和・日本編】

Amazonで購入

今日は、僕が独断で選んだ、セクシーなレコード・ジャケットを紹介する。昭和の日本を代表する大人のエロジャケだよ。
え? これ、大丈夫なんですか?
今の時代はアウトかもね(笑)。
ですよね(苦笑)。
スポンサーリンク

『恍惚の世界』池玲子

Amazonで購入

まずはセクシー女優・池玲子による、乳首もろみえ系の1枚。この『恍惚の世界』は、当時ヒットしていた昭和歌謡を唄った1枚だね。
え~と(検索中)・・・池玲子さんとは?

池 玲子(いけ れいこ、1953年5月25日 – )は、日本の女優、グラビアモデル、歌手。東京都出身。本名:池田 玲子。東映ポルノ映画の主演女優の一人である。活動期間は1971年から1982年ごろまで。

出典:ja.wikipedia.org

このデカい乳輪がなんとも粗野でええのう。
こらこら。

2020年2月現在、入手困難(価格高騰)・・・再発が待たれます。

こちらは池玲子の映画ポスタージャケ。

東映ポルノ&バイオレンス牽引した“やさぐれ女優”、池玲子

出典:natalie.mu

スポンサーリンク

『桑原幸子とあなた』桑原幸子

出典:www.bananarecord.com

次は桑原幸子。こちらも乳首もろみえ系、セクシー女優が歌う昭和歌謡アルバムだね。
え~と(検索中)・・・桑原幸子さんとは?

桑原 幸子(くわはら ゆきこ、1947年12月2日 – )は、日本の女優。東京都大田区出身。身長155cm、血液型はA型。

1964年から東映児童研究所より東映専属となり、1965年に子役にて映画デビュー。以来、多くの映画出演を経て、代表作となる『プレイガール』にレギュラー出演する。

夫は作家の西木正明。西木とは1968年頃に『平凡パンチ』(西木が同誌の編集者だった)の取材で知り合った。西木は当時既婚者だったが桑原を口説き、桑原も恋愛感情はなかったものの「既婚者のほうが好きだった」とのこと。

2017年現在、横浜市港北区綱島東で家業を継ぎ株式会社京浜ラバー社長。

出典:ja.wikipedia.org

プレイガールの人だね。ほどよい大きさの乳房がなんともリアルでそそられる。今は社長というギャップもなんかいいね。
社長とエロは関係ないのでは・・・?

桑原幸子・左とん平『セックス喜劇 鼻血ブー』

出典:aucview.aucfan.com

スポンサーリンク

『女ですもの』三条魔子

Amazonで購入

3枚目は三条魔子、これも乳首もろみえ系、セクシー女優による昭和歌謡アルバム。
こちらは2020年1月に再発されたばかりです。今なら入手しやすいです。

女優、三条魔子の熟れた魅力が溢れるフェロモン歌謡のカルト盤。藤本卓也による卓越した編曲による昭和エロスの結晶。セクシーな折込ポスターもカラーで復刻

三条江梨子の名義で1960年代から新東宝、大映の女優として活躍、歌手としても多くの作品を残している彼女が1975年にリリースしたフェロモン歌謡のカルト盤。「エマニエル夫人」「今日でお別れ」など多くの編曲を手掛けている藤本卓也の独特のサウンドも聞きどころ。熟れた女体から香る昭和のエロス。当時の付属ポスターもカラーで復刻


1. つかれたわけじゃないわ
作詞:どいあきら、中村泰士 作曲:中村泰士 編曲:藤本卓也
2. コモエスタ赤坂
作詞:西山隆史 作曲:浅野和典 編曲:山田年明
3. エマニエル夫人
日本語詞:安井かずみ 作詞・作曲:P.バシュレ  編曲:藤本卓也
4. ラストダンスは私と
日本語詞:岩谷時子 作詞・作曲:M.シューマン、D.ポーマス 編曲:山田年明
5. 女の意地
作詞・作曲:鈴木道明 編曲:藤本卓也
6. カスバの女
作詞:大高ひさお 作曲:久我山 明 編曲:山田年明
7. 二人でお酒を
作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃 編曲:藤本卓也
8. 女ですもの
作詞・作曲:東 洋介 編曲:山田年明
9. 酒場にて
作詞:山上路夫 作曲:鈴木邦彦 編曲:山田年明
10. アドロ
日本語詞:毬まどか 作詞・作曲:A.マンサネーロ 編曲:山田年明
11. うしろ姿
作詞:山口洋子 作曲・編曲:藤本卓也
12. 今日でお別れ
作詞:なかにし 礼 作曲:宇井あきら 編曲:藤本卓也

この肉体の熟れ具合、気だるい感じがなんともいい。これまでの三枚の中で一番エロいかも。
昭和の頃は、こういうジャケットも大丈夫だったんですね。大らかな時代でした。

女優と平行し歌手としてもデビューしているが、ヒット曲には恵まれなかった。

出典:merurido.jp

スポンサーリンク

『酔いどれ女の流れ歌』緑川アコ

緑川アコは女優じゃなくて歌手だよ。「カスバの女」をヒットさせている。これは美人歌手が脱いじゃう系?
え~と(検索中)・・・緑川アコさんはもともとモデルさんだったみたいですね。

緑川 アコ(みどりかわ あこ、1947年(昭和22年)4月17日 – )は、日本の歌手。本名:水鳥川桜(みとりかわ さくら)。

東京都豊島区長崎町出身。スペイン人の父と日本人の母との間に生れる。身長165cm。17歳でモデルとなり、1966年、クラウンレコードより「夢は夜ひらく」(園まりやバーブ佐竹らと競作)でデビュー。

翌年出した、「カスバの女」(オリジナルはエト邦枝)もヒットする。引退後はクラブなどを経営していた。 現在はクリニックを開業している。

出典:ja.wikipedia.org

キレイなジャケットだよね。乳首は見えてないけど、このハミ乳がそれ以上にそそる。
ハミ乳(照)。

夢は夜ひらく 緑川アコ 昭和歌謡

スポンサーリンク

『Some Feeling』安田南

出典:www.facerecords.com

最後は安田南。あの名曲「プカプカ」に登場するはすっぱな女の子のモデルとも言われる。このジャケットは露出は少ないけど、僕的にはものすごーくエロを感じる。
え~と(検索中)・・・安田南さんはジャズ歌手ですね。これまでの女性とはちょっと毛色が違いますね。

ジャズ歌手。北海道札幌市生まれ。俳優座養成所中退。

1964年頃から米軍キャンプで歌い始め、ジョージ川口とビッグ4、鈴木勲4等を経てフリーに。ジャズの枠に囚われない奔放・個性的な歌唱スタイルで、1970年代に熱狂的な人気を集める。なかでも、1977年に発表したLP『Some Feeling』は、矢野顕子『Japanese Girl』吉田美奈子『フラッパー』荒井由実『ミスリム』などと並び、日本の女性ボーカル史上に残る名盤と言われる。歌手活動以外でも、黒テントを中心とした舞台出演・ラジオのDJ・エッセイの執筆などにマルチな才能を発揮した。著書に『みなみの30歳宣言』がある。
1971年、第三回中津川フォークジャンボリーのメインステージの安田南のライヴは、暴徒のため演奏中にステージを占拠されてぶち壊しになり、フォークジャンボリーは二度と開催されなくなった。
片岡義男とともにFM東京系の深夜番組「気まぐれ飛行船」のパーソナリティをつとめていた。
近況は不明だが、2004年7月アルバム『Some Feeling』が27年ぶりにCDで復刻された。
また、西岡恭蔵(元ザ・ディランII)の名曲「プカプカ」(みなみの不演不唱)のモデルとしても知られる。

逆にエロいだろ、このジャケット。〇回はイケる。
こらっ(赤面)!

「プカプカ」のモデルとなったのは激動の時代を駆け抜けたジャズ・シンガーの安田南だった

出典:www.tapthepop.net

スポンサーリンク

その他の大人のエロジャケ

今日はこのへんで。エロジャケは他にも沢山あるんだよねえ。なんか昭和のエロスって、健康的・・・じゃなくていいね(笑)。
いやいやいや(苦笑)。

松岡きっこの有名なエロジャケ

松岡きっこをもう一枚

SMの女王・谷ナオミ

「東京エマニエル夫人」の女優・田口久美

「私は日本のニグロの気で歌っています。」

こちらシティ・ポップの名盤

大映を代表する女優、渥美マリ

夜のためいき+6
徳間ジャパンコミュニケーションズ
¥1,942(2020/09/01 00:54時点)

オッパイ出してるのは渥美マリ

渥美マリをもう一枚

お色気女優として多くの映画に出演しているフラワー・メグ

フラワー・メグ、こっちのジャケがエロいかな

佐井好子のジャケ、そこはかとなくエロくないですか?

佐井好子のジャケのイラストもエロい