【一攫千金2021】オンラインカジノ、スポーツ・ベッティング、海外宝くじのネット購入は日本からもオーケーか??【ゆるゆる投機的行動106】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク



なんと!場合によっては1等数千億円、ユーロミリオンズやアメリカのパワーボール、スペインのクリスマスロトなんかの海外宝くじが日本でも購入できるらしい。
いやいや、それって違法じゃないんですか?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

コロナ禍の影響も? 海外ギャンブルサイトへ日本からのアクセス急増中

海外宝くじのネット購入もそうだが、オンラインカジノやスポーツ・ベッティングなど、海外ギャンブルサイトへの日本からのアクセスが増えているらしい。コロナ禍だしね、なんか想像つくよ。
え~と(検索中)…こちら朝日新聞の記事を引用します。

 オンラインカジノなど海外を拠点とするネットギャンブルサイトへの日本国内からのアクセスが増えている。参加への登録は手軽で、日本語で参加を促すサイトもある。日本では賭博が禁じられており、海外のサイトであっても賭けていれば違法になりうるが、証拠が集めにくく摘発のハードルは高いという。

 ギャンブルサイトは主にオンラインカジノと、スポーツを賭けの対象とするスポーツベットがある。サイトの多くは、ギャンブルが合法な国でライセンスを取得し、運営しているとされる。氏名や住所、銀行口座などをサイトに登録すれば利用でき、クレジットカードや暗号資産(仮想通貨)を使って入金し、賭けに参加。払戻金は日本の口座などで受け取る仕組みだ。

 朝日新聞は、イスラエルに本社を置くデジタル分析支援会社「シミラーウェブ」の日本法人(東京)に依頼し、海外を拠点とするネットギャンブルサイトへの日本国内からのアクセス件数を調べた。

 オンラインカジノで最多は「ベラジョンカジノ」で、2018年12月に約64万8千だった月間のアクセス数が、20年1月には約7751万に激増。1年ほどで約119倍になった計算だ。同8月には約1988万まで落ちたが、11月には約4938万と、再び増加傾向に転じた。

 同サイトは、カリブ海にあるオランダ領キュラソーでライセンスを取得したと記載。日本語で「皆様が安心して安全に楽しめる公平かつ公正なゲームを提供しています」「賭博で捕まっちゃう?!なんて心配は無用です!」と記載し、日本人の参加を促している。

 スポーツベット部門でアクセスが最多の「bet365」は、18年12月の約86万から、ピークだった20年7月には約1320万に増加していた。同サイトによると、南欧マルタでライセンスを得ているという。

 ギャンブルサイトへのアクセスが増えた背景には、暗号資産の普及やSNSでの広告戦略が容易になった点があるとみられる。

 日本の刑法は、国内で行う賭博を禁じており、海外のネットギャンブルで国内から賭ければ違法になりうる。ただ、胴元であるサイトの拠点国が合法であれば、捜査当局はサーバーの管理者の協力などが得られず、証拠を集めにくいのが現状だ。摘発のハードルは高いといえるが、過去に参加者を摘発した例もあり、警察庁担当者は「可能な限り摘発していく」と話している。

 朝日新聞の取材に対し、ベラジョンカジノは「弊社はライセンスにのっとり運営されているため、キャッシュで賭けを行っても問題はありません」と回答した。bet365は質問に回答がなかった。(鬼原民幸、田内康介)

出典:www.asahi.com

警察庁担当者は「可能な限り摘発していく」、ベラジョンカジノは「問題はありません」か(苦笑)。
グレーですね…。
オンラインカジノ、実は10数年前にやって儲けたことがある。
マジですか?
スポンサーリンク

【体験談】実は…10年数年前にオンラインカジノで儲けたことがある!

出典:Googleストリートビュー

あれはまだ僕が独身で、東京某所で働いていた頃。
東京で一人暮らししていた時ですね。
パチンコやスロットなど、一般的なギャンブルもやっていたのだが、インターネットで、自分の部屋からお酒呑みながら簡単にギャンブルできることに気がついた。しかも、クレジットカード払いなので、手元に現金がなくてもすぐギャンブルできるという(笑)。
危険です…。
でも、スロットなんかはやっぱり日本のパチスロの方が派手でゲーム性も高いし、そんなに深くハマることはなかった。ただ、一度酔っぱらってルーレットで黒か赤かの二択、ほとんど丁半博打みたいなことやって、数分で50万くらいまで増えたことがあった。怖くなってそこですぐ止めたけどね(苦笑)。
え?そんなに一気に儲かるんですか?
酔って倍々で賭けていったんだよね。でも、出金するのが大変だった。当時、日本の銀行にネット送金できなかったから、わざわざ新宿にあったシティバンク銀行に口座を作りに行って、その後、ファクスやなにかで英語の文面で出金申請をしてやっとお金が振り込まれた。詳細は忘れたけど、かなり面倒だったのでその後オンラインカジノはやっていない。今はもっと簡単なんだろうね、きっと。
出金が面倒だからオンラインカジノにハマらないで済んだのかもしれませんね。
スポンサーリンク

【オンラインカジノ】「ベラジョン」、「ミスティーノ」など~有名タレントが出演しテレビ・ラジオ公共電波でもCM中

出典:www.verajohn.com

最近のオンラインカジノはきっと、もっと簡単に入金出金できるんだろうなあ。なんせ日本人の有名タレントでCMやってるくらいだからね。感覚的に暗号資産やるのと大して変わらない印象を持つ人も多いだろう。
橋本マナミさん、松井珠理奈さんが花魁姿で「ミスティーノFREE」のCMに出演しています。
でも、それってフリーとかいいながら、同時にクレジットカードや暗号資産で入金して本当のオンラインカジノもやれちゃうんだよね。
そこへの誘導だと思われます。
最近はどこが一番有名なオンラインカジノなのかはよく知らないけど、きっと朝日新聞の記事に出てきた「ベラジョン」、橋本マナミの「ミスティーノ」なんかが日本人向けで有名なんだろうね。
ですね。
暗号資産や海外FX感覚でやれちゃいそう。「ベラジョン」に登録して1万円くらい入金してみるか?
いやあ、ハマると大変なことになる気が…。

橋本マナミ、松井珠理奈が花魁姿で「ミスティーノFREE」を妖艶プレー!

スポンサーリンク

【スポーツ・ベッティング】「ウィリアムヒル」「bet365」など~アメリカでは合法化の州も増えているらしい

出典:sports.williamhill.com

オンラインカジノもいいけど、スポーツ・ベッティングも気になる。アメリカではかなり合法化されてきていると聞いている。
ニューヨークのクオモ知事も賛成という記事をどこかで見た気がします。

出典:www.bloomberg.co.jp

日本でも簡単にできるのかね? 
え~と(検索中)…「ウィリアムヒル」「bet365」などが有名みたいですね。ただ「ウィリアムヒル」は日本語対応ですが、「bet365」は日本語対応していないようです。
でもまあ、僕的にはJリーグtotoでそれなりに満足しているから、どうしても試したいとは思わないな。
一応、日本でもサッカーや競馬、競輪、ボートなど、インターネットで合法的に購入できるギャンブルがありますからね。
ただ海外サッカーで気になる試合や、テニスの大坂なおみのゲームなど、賭けた試合をリアルタイムで視聴するのは楽しそうだけどね。
それは盛り上がる気がします。
スポンサーリンク

【海外宝くじ】「ロトランド」で日本からも購入可能らしい

出典:www.lottoland.com

そして、最後は「海外宝くじ」。海外の宝くじをオンライン上で購入するのは「違法」だけど、海外の日本語対応ロトサイト「ロトランド」で購入するのは違法ではないらしい。ホントか?
ちょっと調べてみましょう。え~と(検索中)…。
場合によっては1等数千億円、ユーロミリオンズやアメリカのパワーボール、スペインのクリスマスロトなんかの海外宝くじが日本でも購入できるなんて凄いぞ。
「弁護士ドットコム」さんから引用します。

※抜粋
はたして、海外のブックメーカーに日本から参加するのは、合法なのだろうか。賭博罪にくわしい津田岳宏弁護士に聞いた。

「刑法上は、犯罪を構成する事実の一部が日本で行われれば刑法が適用されます。したがって、日本から賭博に参加している以上、賭博罪(刑法185条)が適用される可能性があります。しかし、実は難しい論点があります」

「賭博罪は、犯罪の性質上、必ず複数の人間が関わる『必要的共犯』とされ、胴元と参加者という向かいあう関係の者たちが共犯となることから『対向犯』と呼ばれています。ところが、胴元であるブックメーカーは合法なので処罰できません。対向犯の一方である胴元を処罰できないのに、もう一方である参加者のみを処罰できるのか、という問題があるのです」

「この点について、まだ判例はありません。したがって、現状での回答としては『違法となる可能性がある』ということになります」

「とはいえ、現実問題、自宅のパソコンからこっそり海外のブックメーカーを利用しても、逮捕される可能性は限りなくゼロに近いでしょう」

「賭博罪は風紀に対する罪とされています。その違法性の多寡は『公然性』の多寡に関わります。
日本国が明治時代、刑法を作る際に参考にしたドイツ刑法では、非公然の単純賭博は不可罰でした。そして、日本でも明治23年の刑法草案段階では『公ノ場所』でされる賭博のみを処罰する案でした」

「自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。また、上記のように違法かどうかも明確でないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう」

出典:www.bengo4.com

ちょっとグレーな感じもするが、セーフな可能性も高そうだな。
でも、もし高額当選した場合、税金はちゃんと払わないとダメみたいです。
そのへんは暗号資産で儲けるのと一緒だよね。まあでも、「海外宝くじ」だから当たる確率が高いってわけじゃないだろうし、税金とられない日本のtotoの方がやっぱいいや(笑)。
メガビッグなら税金なしで12億円ですからね。

【オンラインロトのロトランド】賢い遊び方簡単解説します!高額賞金で人気海外宝くじ、ロトを日本からオンラインで楽しむなら今すぐロトランドで。

スポンサーリンク

【違法?合法?】それでも一攫千金を夢見る僕ら

出典:www.sponichi.co.jp

でもやっぱオンラインカジノはちょっとやってみたいな。
成功体験もありますからね(苦笑)。
1万円くらい入金して、ボーナスでいくらかもらって、かなり遊べるんじゃない? 部屋でお酒呑みながら。
まさにコロナ禍の娯楽っぽいですね(苦笑)。
やっぱ「ベラジョン」かね? でも最近、「YOUS CASINO(ユースカジノ)」というカジノが評判らしいぞ。なんとなくよさげ。
「YOUS CASINO(ユースカジノ)」ですか?
200%ボーナスのキャンペーンやってるから、100ドル入金すれば300ドル分遊べるぞ。今度「YOUS CASINO(ユースカジノ)」を試してみようっと!
なんかちょっと怪しいですねえ(苦笑)。