すべて網羅![保存版] 昭和から平成の卒業ソング そして、くまちゃんのベスト3は?!(その3 くまちゃん編)

kuma
最後に、僕が選んだ卒業ソングベスト3です!
なるべくマツコの番組で紹介されなかったものを考えてみたよ。

くまちゃんの卒業ソング 第3位
最後の春休み/松任谷由実

kaeru

これはマツコさんの番組に出てきませんでしたね。
ユーミンは「卒業写真」が有名ですけど、他にもあるんですね。

kuma
ユーミンは「卒業写真」もいいけど、「最後の春休み」もいい曲だよ。
「卒業写真」が有名すぎて、こっちが隠れちゃってるだけと思うよ。

春休みのロッカー室に
忘れたものをとりに行った
ひっそりとした長い廊下を
歩いていたら泣きたくなった

(「最後の春休み」作詞:松任谷由実 より)

kuma
春の陽だまりの中に、ほのかな悲しみがふわふわ漂ってるイメージかな。
情景が浮かんでくるね。

くまちゃんの卒業ソング 第2位
微笑みがえし/キャンディーズ

kaeru

ああ、聴いたことあります!
これマツコさんの番組で出てきてもおかしくなかったですよね。

kuma
学校を卒業するっていう内容の歌詞じゃないからかな?
でも、代表的な春のお別れの曲だと思うよ。

タンスの陰で心細げに 迷い子になった
ハートのエースが 出てきましたよ
おかしなものね 忘れた頃に見つかるなんて
まるで青春の想い出そのもの
お引っ越しのお祝い返しも
今度は二人 別々ね
何年たっても 年下の人
いやだわ シャツで顔拭いて
おかしくって涙か出そう
(「微笑みがえし」作詞:阿木燿子 より)

kuma
この春のお別れソングは、実際にキャンディーズのラスト・シングルだよ。
歌詞の中に、それまでのキャンディーズのヒット曲から、曲名や歌詞、シチュエーションが引用されてるんだよね。
そういう遊びのある曲。
kaeru

そうなんですね。

kuma
こういうのって、なんか日本の言葉遊びの伝統じゃないかなって思う。
じーんとくる曲であると同時に、洒落もあるよね。

くまちゃんの卒業ソング 第1位
卒業/斉藤由貴

kaeru

マツコさんと一緒じゃないですか。番組でも絶賛してたらしいですよ。

kuma
もう、ほんと同感ですよ。
毎年春がくるたびに、僕の心の卒業式ではこの曲がかかってるよ(笑)。

制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ
頭かきながら逃げるのね ほんとは嬉しいくせして
人気ない午後の教室で 机にイニシャル彫るあなた
やめて想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた

離れても電話するよと 小指差し出して言うけど
守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね
セーラーの薄いスカーフで 止まった時間を結びたい
だけど東京で変ってく あなたの未来は縛れない

ああ卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう
でももっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの
(「卒業」作詞:松本隆 より)

kaeru

これが一番の歌詞ですね。

kuma
歌詞の中で教室でのエピソードがあって、思春期の女の子の尖った心情が伝わってくる。
机にイニシャル彫ってる男に対して、「想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた」とか。
kaeru

感受性が強すぎると、表現がきつくなることってありますよね。リアルだなあ。

kuma
表面上のやさしさとかに対して、「守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね」とか。
kaeru

なんか、さわると怪我しそうに鋭いです。

kuma
うん。
で、曲のクライマックス、サビの歌詞がね、凄いよね。
「卒業式で泣かない」けど、その後の「哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの」だよ。
この娘の悲しみの重みが伝わってくるよね。
kaeru

凄い歌詞ですね。

kuma
松本隆は天才だよね。
2番の歌詞もこの調子で続くよ。

席順が変わり あなたの隣の娘にさえ妬いたわ
いたずらに髪をひっぱられ 怒ってる裏ではしゃいだ
駅までの遠い道のりを はじめて黙って歩いたね
反対のホームに立つ二人 時の電車がいま引き裂いた

ああ卒業しても友だちね それは嘘では無いけれど
でも過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている
(「卒業」作詞:松本隆 より)

kuma
2番もシチュエーションを変えて、同じく卒業間際の情景が描かれてるけど、最後のフレーズがいいよね。
「反対のホームに立つ二人 時の電車がいま引き裂いた」
kaeru

「時の電車」という表現が詩的ですよね。

kuma
だね。「反対のホームに立つ二人を電車が引き裂いた」なら平凡だけど、「時の電車」って言葉でイマジネーションが飛躍する。
kaeru

くまちゃん、目がうるうるしてる。

kuma
なんか喋ってて鳥肌が立ってきた。
kaeru

でも、みんなで合唱する歌ではないかも、ですね。

kuma
うん。あと最後にね、この名曲がたまたま斉藤由貴と出会ったのがまた凄いこと。
斉藤由貴はいまでもキレイだけど、10代後半の斉藤由貴は独特のオーラを放っていたと思う。
斉藤由貴ってマンガが好きだったりとか、元祖・不思議ちゃんなところもあった。
でも、精神とは逆に、アンバランスに大人びた肉体も持っていた。
kaeru

不思議ちゃんだったんですね。

kuma
優等生っぽいけど、スケバンやったり。
クリスチャンなのに、不倫騒動があったり。
kaeru

「卒業」はそんな斉藤由貴さんの、なんとデビュー曲なんですよね。

kuma
そうなんだよ。なんとデビューシングルにして頂点という。
kaeru

今は、歌っているところ、あんまり見たことないです。

kuma
You Tubeにたぶんあると思うから観てごらん。
大きな瞳で、まっすぐこっちを見て視線を1ミリも外さずに歌っている。
ちょっと怖くなるくらい。
10代の少女が歌うお別れの歌なんだけど、人生の、なにか、隠された真実を語っているような。
後に彼女の本のタイトルに使われていたけど、「ファム・ファタール(運命の女)」って言葉がとてもよく似合う。
kaeru

運命の女ですか・・・。

kuma
僕が校長だったら、毎年、卒業式はこの曲にするね!
kaeru

そこの学校からは、個性的な生徒が巣立ちそうですね(笑)。

kuma
ちょっと怖いか(笑)。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする