【2019年】秋のニューヨークダウ、チャートをのんびり歩いてみる【ゆるゆる投機的行動52】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
秋のニューヨークダウを歩く。
え?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ダウ平均株価

ダウ平均株価(ダウへいきんかぶか、英: Dow Jones Industrial Average)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出するアメリカ合衆国の代表的な株価指数である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーリンク

【2019年】秋のニューヨークダウ、チャートをのんびり歩いてみる

相場には記憶力が大事と思った。きっかけは、羊飼いFX氏のこのツイート。
ほー。

長い期間儲けているトレーダーって、過去の相場を異常なほど記憶している🧐
何年何月何日の暴落はとか、何年何月何日の日銀介入はとか、ばんばん会話に出てくる😏
相場感と言われる職人的な感覚やこの動きの後はこう動きやすい的な直感は、こういう過去の記憶やパターン認識から来ているんじゃないかな

そして、「相場」「チャート」「記憶力」をキーワードに、さらに、いろんなツイートを拾ってみたのがこちら。
いろいろ見つけてきましたね。

8日はグラフ出してたかったから出します。
botみてーな動きやなw
このボラで張り付いたらこれぐらい。
防御力くそ高めだから勝率9割をコツコツ取る。
24時~2時、6時~10時、19時、21時~23時半が稼げる時間帯。
1日20時間3ヶ月チャートの動き見続けると、3秒先の未来を見る能力が開花する。

スマホ一台で株式やってる億トレーダーが、過去チャートを4万時間分検証したら誰でも勝てると言っていた。彼は本等読まず、3年間一日20時間、チャートだけみていたらしい。凄まじい経験。彼の勝率は400%。俺も頑張らねば。

やっぱチャートの中にすべての答えがあるような気がしてきた!
まあ、チャートには重要な情報がつまっていることは確かです。
・・・という訳で、せめてチャート1か月分を眺めてみようと思う。今僕が一番よく接している、ニューヨークダウのチャートを一か月分並べてみた。何かが見えてこないだろうか? まあ別に、為替でも株でも何のチャートでもいいんだけどね。きっと共通の何かがあるはず。まず秋のニューヨークから僕は歩いてみよう。ちなみに、ボラティリティが一番大きくなる22時半から翌朝までの5分足、22時半から翌1時までの1分足だよ。
秋のニューヨークって、なんか相場の話っぽくないです(苦笑)。

2019年10月1日(火)


2019年10月2日(水)


2019年10月3日(木)


2019年10月4日(金)


 NY市場では、ドル売りが強まった。ISM非製造業景気指数が予想を下回ったことが背景。指数は52.6と2016年8月以来の低水準だった。雇用指数も低下しており、あすの米雇用統計への警戒感もでていた。市場での10月FOMCでの利下げ観測が急速に高まっている。ドル円は107円ちょうど付近から106円台半ばへと急落。ただ、急落していた米株が反発すると、107円手前まで買い戻された。ユーロドルは買い戻しが加速して1.10手前まで一時上昇。ポンドドルも1.24台に乗せる場面があった。取引終盤にかけてはドル売りの勢いは一服した。オプション関連の取引で、一方向には動きにくいとの指摘があった。

出典:fx.minkabu.jp

2019年10月5日(土)


2019年10月8日(火)


2019年10月9日(水)


2019年10月10日(木)


2019年10月11日(金)


2019年10月12日(土)


2019年10月15日(火)


2019年10月16日(水)


2019年10月17日(木)


2019年10月18日(金)


2019年10月19日(土)


2019年10月22日(火)


2019年10月23日(水)


2019年10月24日(木)


2019年10月25日(金)


2019年10月26日(土)


2019年10月29日(火)


2019年10月30日(水)


2019年10月31日(木)


スポンサーリンク

実は・・・

チャートで思い出す、10月もいろんなことがあったなあ・・・。
儲かりましたか?
実は・・・10月はかなり損失が出てね。そろそろ結果出さないとヤバイ・・・。
あらあら・・・。
しかし、勝つまで諦めない。何度も繰り返し、何かが見えてくるまで眺めるぞ!
大丈夫かなあ・・・。

2019年11月1日(金)

2019年11月2日(土)


そして、アメリカの相場は冬時間となっていくのであった。
サマータイムの期間は「3月第2日曜日~11月第1日曜日まで」となっているようです。

出典:www.departures.com