【導入手順】スマホでも簡単にトレンド確認、ゴゴジャンMT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』をカゴヤVPS(KAGOYA CLOUD VPS)で常時稼働させる【ゆるゆる投機的行動141】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
少し前に紹介したゴゴジャンのMT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』。導入手順について、もう少しだけ詳しく解説する。
前回の記事はこちらです。

関連エントリー→【スマホでトレンド確認】チャート上でトレンドの方向を教えてくれる、ゴゴジャンのMT4インジケーター(江守哲氏監修)を導入してみた!もうたぶん負けないかも(笑)?!【ゆるゆる投機的行動111】

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ところで、市場分析のスペシャリスト・江守哲氏、最近名前を聞く機会も増えてきたように感じる。
先日の外為どっとコム、『生中継だョ!米雇用統計』にも出演されていましたね。

スポンサーリンク

【注目のプロフェッショナル】最近、ますます知名度が上がってきた?市場分析のスペシャリスト・江守哲氏

出典:www.emoricapital.com

このインジケーターを監修している江守哲氏、YouTubeエモリちゃんねるの登録者もそろそろ5000人だぞ。
ずいぶん増えましたね。

江守 哲(えもり・てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。

1990年慶應義塾大学を卒業後、住友商事株式会社に入社。
1996年に現欧州住友商事ロンドン駐在。
1997年に世界最大のメタルトレーダーのMetallgesellschaft(現JPモルガン)ロンドン本社に移籍。世界30カ国を訪問し、ビジネスを拡大した。
2000年に三井物産子会社に移籍し、「日本初のコモディティ・ストラテジスト」に就任。2000年代の原油高を世界でいち早く予測した。
2007年にアストマックス株式会社に移籍し、運用部長兼チーフファンドマネージャーに就任。
2008年に「日本初のコモディティ・マクロヘッジファンド」を立ち上げ、原油の空売りでリターンを上げた。
2015年にエモリキャピタルマネジメント株式会社を設立し、代表取締役に就任。株式・債券・為替・コモディティ市場で自己資金運用を行う傍ら、「EMORI CLUB」を主宰し、メディア出演・寄稿・メルマガ配信・講演を行う。
著書には『LME(ロンドン金属取引所)入門』(総合法令出版、1999年)、『米国株は3倍になる! 』(ビジネス社、2017年)、共著書には『コモディティ市場と投資戦略』(勁草書房、2014年)がある。

出典:『金を買え 米国株バブル経済終わりの始まり』江守哲著 最新著書(2020/7/22)のプロフィールより

最近は毎日YouTubeで20分くらいの解説動画をアップされ続けている。僕もほぼ毎日チェックしてるぞ。
もともとコモディティ市場が専門ですよね。

僕もほぼ毎日チェックしてます!

スポンサーリンク

【ゴゴジャン】スマホでも簡単にトレンド確認できるMT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』

そして、その江守哲氏監修のMT4インジケーター『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』がこちら。
どの市場でも通用するんですか?

↓クリックすると紹介ページに飛びます。

僕もすでに1か月以上使っている。これがすべてとは言わないが、迷ったときの判断材料のひとつ。特に4時間足とか長い時間軸が参考になるようだ。
そして、こちらを常時稼働させて、スマートフォンでいつでも確認できるようにするための手順をこれから解説します。

↓こちらが株式・為替・債券・コモディティーあらゆる市場分析に対応したMT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』
株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき | GogoJungle

スポンサーリンク

【カゴヤ】常時稼働させるための環境づくり、「カゴヤVPS(KAGOYA CLOUD VPS)」でWindowsインスタンスを準備する



※「VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説」より抜粋
VPS(Virtual Private Server)は、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」となります。1台のサーバーを複数のユーザーで共有する点は共用サーバーと同じですが、VPSでは、仮想的に専用サーバーと同様の自由度・性能を利用できるよう設定されています。

VPSのメリット・デメリット

メリット
・専用サーバーのようなスペックを安価な価格で利用できる
・共用サーバーに比べて自由度が高い
・あらかじめ用意された中からOSを選択できる

デメリット
・サーバーの設定や運用は全て契約者が行う必要がある
※物理サーバーの部分はレンタルサーバー業者にて管理されます。
・物理的・ネットワーク的及び利用OSなどに専用サーバー程の性能や自由度はない

出典:www.kagoya.jp

ちなみに、自分のパソコンにインストールした「MT4」に、MT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』を設定してもいいのだが、それより常時稼働させて外出先からスマートフォンなどでも気軽に確認できた方が便利でしょ? VPSサーバ上で稼働させたら、有料にはなるけど、1日100円以下程度だぞ。
ま、そのくらいの負担ならいいかも、ですね。え~とその前に、そもそも「MT4」とは…?
MT4とは?

 メタトレーダー4(MetaTrader4、MT4)は、ロシアのメタクオーツ(MetaQuotes Software)社が開発・提供している取引プラットフォームのこと。さまざまな金融商品の取引に対応していますが、おもにFXの取引ツールとして世界中の多くのトレーダーに愛用されています。

出典:zai.diamond.jp

今はMT5もずいぶん普及してきたが、まだまだMT4の人気も高い。『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』はMT4専用なので、今回はMT4で。そして、VPSサーバについてだが、VPSサーバもいろんなレンタルサーバの会社が提供しているけど、僕は日割りで気軽に契約できる「カゴヤVPS(KAGOYA CLOUD VPS)」をよく利用している。
日割りだと稼働を止めたい時、気軽にやめることができるということですね。
そういうこと。今回は、これまで最安値の月額1045円(1日38円)だったWindowsインスタンスを、月額1430円(1日52円)とひとつ上のプランに変更しようと思ってね。
最安値だと問題ありましたか?
一応使えるんだけど、若干反応が遅い気もしてね。そんな金額も変わらないし、ひとつグレードを上げることにした。あわよくば『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』以外のMAやbotもその環境で動かせるなら増やしてみてもいいかという思惑もある。それでこの機会に、せっかくだから、もう一度手順をきちんと記録しておきたい。自分の備忘録でもあるし、誰かの役にたてば幸い。
これから設定する方はご参考くださいませ。

今回、Windowsインスタンス作成は、CPU2コア、メモリ1GB、ストレージ50GB、52円/日(月額1430円)を選択します。※38円のプランでも最低限の動作に問題はありませんが、反応が遅く少しストレスを感じました。

パッケージは選択肢の中で、Windowsサーバの一番新しいやつを選択。プリインストール、ライセンスはなしで。

インスタンス一覧に、これまでのインスタンス、今追加したインスタンスが並んでいます。※インスタンス名は別に隠す必要ありませんでしたね(笑)。上は「mt4gogo」、下は「mt4gogo2」という任意の名前をつけています。

今回、任意の名称は「mt4gogo2」としました。この管理画面の「コンソール」という項目から「コンソールを起動」し、最初の設定をしていきます。※ちなみに、この「コンソール」の機能はすぐ切断することも多いので、可能な方は「Windows10 Pro」のリモート機能で接続して設定するのもアリです(ホストPCとしてリモートデスクトップを使うには「Windows10 Pro」が必要です。「RDP Wrapper Library」というアプリを使うと「Windows10 Home」でも可能らしいですが、僕は試したことありません )。

「コンソールを起動」した画面です。ユーザー名は「Administrator」、パスワードはカゴヤVPSを申し込んだ際に設定したパスワードです。※カゴヤVPSの申込みて手順については割愛します。全く難しくありません。

↓カゴヤVPSの申込みはコチラから。


「Chrome リモート デスクトップ」を使いたいので、まずは「Google Chrome」をインストールします。初期状態ではブラウザはIE(Internet Explorer)しか入っていないので、IEを立ち上げて「Google Chrome」をダウンロードしたいのですが、最初からごちゃごちゃとメッセージが出てきます。

基本的にすべて無視します。

そして、デフォルトの設定では、ファイルのダウンロードすらできないので、インターネット・オプションのセキュリティ設定を変更します。「ファイルのダウンロード」が「無効」になっていたら「有効」に変更し、ブラウザを再起動します。それでもダメな場合は、どうせIEは今後使用しませんし、どの項目が邪魔をしているのかわかりづらいので、片っ端から項目を「有効」にしていくと間違いなく使えるようになります。乱暴ですか?(笑)



スポンサーリンク

【Google】Chrome リモート デスクトップを設定する

カゴヤVPS(KAGOYA CLOUD VPS)のWindowsインスタンス上で、「Google Chrome」が使えるようになったよ。もちろんまず規定のブラウザに設定する。IEはもう一切使用しない。
「Chrome リモート デスクトップ」を設定していきましょう。

すでに「Chrome リモート デスクトップ」を使用してい方は、自分のGoogleアカウントで「Google Chrome」にログインするとすぐに使用できるようになります。初めて使う方も「chrome リモートデスクトップ」で検索し、画面の指示にしたがっていけば簡単に導入できると思います。

使用するのは「パソコンにアクセス」という機能の方です。

私の場合はすでに設定済みの接続先が表示されています。この「mt4gogo」というのはこれまで契約していたプランへの接続です。これから今の新しい環境での接続を設定します。ちなみにポップアップしているメッセージは一旦無視します。

画面を下までスクロールすると、このデバイスに対する設定が可能です。

任意の、自分がわかりやすい名前を設定します。僕の場合、これまで「mt4gogo」だったので、今回は「mt4gogo2」とします(わかりやすいようにWindowsインスタンスと同じ名前を使用しています)。画面をキャプチャーするのを忘れましたが、この流れで、パスワードと同じ役割のPIN番号も設定します。カゴヤVPS管理画面の「コンソール」から設定するのはここまでです。今後の接続は、自分のパソコンやスマートフォンの「Google Chrome」から接続可能です。※カゴヤVPS管理画面の「コンソール」は接続もすぐ切れるし、使いづらいです。「Windows10 Pro」にもリモートデスクトップ機能はありますが、今のところ、「chrome リモートデスクトップ」が一番使いやすいと思います。

ここからは、自分のパソコンやスマートフォンで起動した「Google Chrome」の画面です。VPSのWindowsインスタンス側の「Google Chrome」に設定した「mt4gogo2」に接続できるようになりました。

さきほど設定したPIN番号を入力して接続します。もちろん「このデバイスにPINを保存します」にチェックを入れて、今後はワンクリックで接続できるようにします。

これでVPSにリモート接続する環境設定は完了です。最初に、たまっているWindow Updateをすべてやっておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

【ゴゴジャン】VPS環境にMT4をインストールし、ゴゴジャンMT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』を設定する

いよいよ最後の手順。VPS環境にMT4をインストールし、ゴゴジャンMT4インジケーター(江守哲氏監修)『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』を設定するよ。
もう一息ですね。

「chrome リモートデスクトップ」で、VPSのWindowsインスタンスに接続した状態です。ちなみに、「クリップボードの同期を有効にする」に設定しておくと、手元のPCからリモート先へコピペできるので何かと便利です。

まずは「MT4」をダウンロードし、VPSのWindowsインスタンス環境にインストールして使えるようにします。MT4に対応したFX会社の口座であればどれでも使えます。僕の場合は、たまたま海外FX業者「XM(XMTrading)」のあまり使っていない口座があったので、XMで「MT4」を使うことにしました。「MT4」についてはそれぞれのFX会社のページに説明もあって、簡単に導入できると思いますので割愛します。

さて、ゴゴジャンのマイページ(https://www.gogojungle.co.jp/mypage)です。画面左のメニュー「利用する」から「デジタルコンテンツ」を選択すると購入したインジケーターが表示されます。なお、手元のPCでダウンロードして、そのファイルを転送することもできますが、VPSのWindowsインスタンス側でゴゴジャンのマイページを開いてダウンロードした方がスムーズかと思います。

『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』の管理画面です。なお、このインジケーターはひとつの環境にしか利用できません。新しい環境でMT4に適用する場合は、この画面でリセットしておきます。

ダウンロードして解凍した『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』のフォルダ内です。使用するの「ex4ファイル」です。『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』の管理画面にも使用マニュアルがありますが、簡単にいうと、この「ex4ファイル」を、MT4の所定の場所に入れると使用できます。

具体的には、MT4の画面上部、[ファイル]→[データフォルダを開く]→[MQL4]→[Indicators]の中に、『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』の「ex4ファイル」を入れます。※詳しくは→MT4 EA(エキスパートアドバイザー)、インジケーターの設置手順(https://www.gogojungle.co.jp/post/1/8212)

MT4の画面左下、ナビゲーターの窓を見ると、インジケーターの一覧の『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』がありました。使いたいチャートを開いた状態で、ここをクリックすると、インジケーターが有効になります。

はい。ドル円チャートに『EMORI_MT4_INDICATOR for ATR』が適用されました。これで、どのチャートでも使用できます!

日々のトレードで、トレンドの方向性を見失いかけた時は、ゴゴジャンのMT4インジケーター(江守哲氏監修)を確認するようにしている。とくに1時間足、4時間足などの精度が高いらしい。
トレンド確認の目安になるなら心強いですよね。
ちなみに、購入者特典として、「サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき」。1か月間は無料で江守哲氏の考察を毎日読むことができる。しかし、膨大な量のレポートで僕レベルだとちょっと難解すぎたことは、正直に告白しておこう(笑)。
もっとレベルアップしましょう(苦笑)。

株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき | GogoJungle