神田沙也加が演じる、完璧な松田聖子が見たい!(無理か・・・。)

神田沙也加ちゃん、かわいいよね!
くまちゃんは昔、
沙也加さんのお母さんで永遠の歌姫、
松田聖子さんのファンクラブに
入っていたそうです。
なははは(笑)。
来年、話題のミュージカルで主演だそうですよ!
まじ?

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:福山雅治と同世代。広く浅く世間を語る。
特技:2才の娘を笑わせること。
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)。独身。潔癖症。シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索。

神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 – )は、日本の歌手、女優、タレント、声優。本名同じ。東京都出身。ファンティック所属。身長157cm。血液型はA型。以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。2014年音楽ユニット『TRUSTRICK』を結成しボーカルを務めている。

引用:Wikipedia 神田沙也加

神田 沙也加さんは現在、舞台・ミュージカル、CMなどで出演を続ける他、ギタリストBillyとユニットTRUSTRICKを結成し音楽活動も行っています。2014年にはミュージカル・アニメーション映画『アナと雪の女王』で王女・アナ役の日本語吹替えを好演して大ヒットに貢献し、歌唱・声・演技、あらゆる面で評価され一躍注目を浴びましたね!
[1]
だよね~。実力派タレントとして実績を積み重ね続けてるよね。

【完全版】神田沙也加 「アナと雪の女王」生歌「生まれてはじめて」を熱唱! #Frozen #Walt Disney animation

6月29日(水)は小室哲哉と一緒に音楽番組にも出ますよ!
が~ん。熊本はテレビ東京は観れないよ・・・。

神田沙也加は神田沙也加として、タレントのアイデンティティを確立しているのは重々承知しているよ。
なんですか?
でもね、どうしても妄想しちゃうのね。
ま、個人の儚い願望なんだけど・・・。
どうしたんですか?
神田沙也加に完璧な松田聖子をやってほしいの。
完璧な松田聖子?
もちろん今の松田聖子もいいんだけど、昔の絶頂期の、80年代の松田聖子をもう一度再現させたいの!
もし、僕が大金持ちだったら、ミュージカル『松田聖子ものがたり』というのを企画して、主演・神田沙也加で松田聖子役をお願いしてみたいなあ・・・。
ミュージカル『松田聖子ものがたり』ですか?
う~ん・・・。本人はやりますかね?
使う曲はデビュー曲の「裸足の季節」から始まって、「風立ちぬ」、「赤いスイートピー」、「SWEET MEMORIES」・・・往年の大ヒット曲をふんだんに盛り込んで、それを沙也加にロボットのように完コピさせるの。歌いまわしも原曲通りで、衣装や振り付けも当時のまま!若い頃の松田聖子が完璧に蘇るよ。ふふふふ・・・(笑)。
く、くまちゃん・・・・。
う~ん、いいぞいいぞ!「真冬の恋人たち」も使うぞ。「Canary」と「蒼いフォトグラフ」も外せないな。ぶつぶつぶつ・・・。これはいけるぞ!
壊れた・・・?
はあ、はあ、はあ・・・。
ごめん、ちょっと興奮しちゃった。ダメかな?
沙也加さんも、もう一人前の立派なタレントですから、いまさらお母さんの七光りみたいな仕事は嫌でしょう。
じゃあ、こう考えてごらん。
「松田聖子」というのは由緒ある老舗の看板なんだよ。
沙也加には二代目として、その看板を継いでもらいたいの。
もちろんいつもじゃないよ。たまにでいいから。
まあ、そう考えると悪くはない気もしますね。
往年のファンは大感激でしょう。気持ちはわかりますよ。
「松田聖子」の看板を継ぐことができるのは、あのキャンディボイスとキュートなルックス、そして強いハートを持っていないと無理。それができるのは世界で沙也加ただ一人だけだからね。
そうですね、天才肌の母親と違って、彼女は努力家みたいです。
いざそういうことになったら完璧に松田聖子を演じるでしょうね。

自身の歌い方について「感情よりもシューティング」と表し、「感情が最初にこなくて、頭で計算して歌うタイプ。『この音を出す時は、上あごの真ん中らへんをねらおう』とか、頭蓋骨の中の的をねらって歌う」と説明した。

また、母である松田聖子は「天才型」だと言い、「いつでも正確に歌えて、発声せずに出ていってあれだけ歌えるのを見て、人間ってああいうふうにだれでも歌えると思ってた」とコメント。だが、14、15歳のころに「私はちゃんと訓練して努力しないとああいう風にはなれない」と感じ、「絶望した」という。続けて、「自分の声にコンプレックスもあるし、自分の歌にも自信がないので、人の何倍もやってそれでも人以下と思っているくらい。日々挫折です」と語った。

出典:マイナビニュース
神田沙也加、天才型の母との違いに絶望した過去「私は訓練し努力しないと」

アナ雪がヒットした後のこのインタビュー、覚えているよ。彼女をますます応援したくなったよ。
松田聖子を完璧に演じることができるのは神田沙也加しかいない!
ちょっと待ってください。
肝心なことを見落としていました。
まず松田聖子さんが嫌がるでしょう。
彼女も現在進行形のアーティストですよ!
嫌がるだろうねえ。ごめんごめん。僕の妄想だから許して。
お母さんが進化していくのも、新曲を発表するのも、
昔の曲を歌うとき溜めて歌うのも、それはそれとして。
現在の松田聖子とは別に、80年代の完璧な松田聖子を観たいの!
それには、本人ではなく、誰かに役を演じてもらったほうがいいかなと思って。
そして、まさに適任の人材がいるからさあ・・・。
まだ言いますか(笑)。
年に一回、いや数年に一回、全国ツアーじゃなくてもいいから、やってくれないかあ。
神田沙也加が演じる完璧な80年代の松田聖子を。
そしたら、毎年、東京の劇場まで絶対に観にいくよ!

脚注
[1] Wikipedia 神田沙也加