【FX初心者】ローソク足の本、基本はまずアレとコレで十分でしょ【ゆるゆる投機的行動135】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最近、FXや株、暗号資産など、投資を始める人が増えてるらしいから、初心者向けにまず何から勉強すればいいかをお伝えしよう。
このご時世ですから、証券会社に口座作る人が相当増えてるらしいですね。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め!既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle

スポンサーリンク

【FX初心者】まずは、これ一冊『一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門』

Amazonで購入

まったくの初心者は、とりあえずコレ。
よく見かける本です。
今となっては、界隈の超有名人羊飼いFX(@hitsuzikai)氏と月刊マネー誌ザイのコラボによる入門書。図解も豊富で読みやすい。FX黎明期に発売された本だが、今だその改訂版が売れているらしい。ちなみに、本に登場する羊飼いFX氏のイラストと、今のツイッターアイコンのデザインが、時の流れを感じるのはご愛嬌(笑)。
羊飼いFXさんは、最初はこういうイラストイメージだったんですね。
ちなみに、「羊飼い」という名前の由来は、高金利の豪ドル(通称・羊)から。今ではトレード全般扱われているけどね。
FX界隈でもっとも有名な方です。

FXの最強サイト「ザイFX!」とカリスマFXブロガー「羊飼い」がコラボ! 定番本です。

スポンサーリンク

【即実践】そして、やがみ氏の情報商材『ローソク足の本』は、必要最小限の情報を、端的にサクッと取得するのに最適!←オススメです

既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め!既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle

そして、『一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門』を読んで、FXをはじめとするトレードのことがなんとなくわかった人、または、証券会社の口座を作って最近トレードを始めたばかりで、基本のトレード手法をどう学ぼうかと迷っている人へ。まずはローソク足とプライス・アクションを勉強しよう。
最初はまず、ローソク足とプライス・アクションですね。
『一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門』にもローソク足等の説明はあるのでなんとなくはわかってると思う。
ローソク足の本は書店にもAmazonにも沢山あります。
ところが実は、もっといい方法がある。それは、やがみ(@Light_Yagami_a)氏による1万円の情報商材『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』を買って読むこと! これ最強だぞ。
いやいや、初心者がいきなり1万円の情報商材には抵抗がありませんか?
1000円~2000円くらいで、普通に書店やAmazonで売ってる書籍を買う方が安心感があるのはよくわかる。ローソク足の本もたくさんあるし、いい本もいっぱいあるからね。同じ1万円払うなら、普通の本を5冊買う方がお得な感じするよね。
ですよですよ。
しかし! このやがみ(@Light_Yagami_a)氏による1万円の情報商材『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』を選んだ方が実はメリットが大きい。断言できる。
どうしてですか? いやー、電子書籍が普及した今でも、いきなり1万円の情報商材は抵抗ありますよ…。

※冒頭、無料部分の抜粋です。
ローソク足の見方や、使い方、エントリーの方法を具体的に解説したnoteです。

作るのめちゃくちゃ疲れたので文字単価1円は欲しいです。
でもキリが悪いので10000円にしました。

※noteの性質上返金は受け付けませんし、書かれている内容通りに必ずしも推移する保証は致しません。

内容とクオリティーに関してはいつも通り濃く作ったつもりです。

目次
・ローソク足から読み取るレジサポの位置
・ローソク足の強弱
・プライスアクション解説
・チャート形状(チャートパターン)解説
・ローソク足更新タイミングでのエントリー
・上記の項目全てを複合的に考える(MTF的なやつ)

自分のトレードのローソク足の部分を纏めたnoteです。
ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle

ぶっちゃけ、やがみ(@Light_Yagami_a)氏による1万円の情報商材『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』も、書店やAmazonの本も内容は大きくは違わないんだよ。情報商材『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』の最大のメリットは、膨大な情報の中から今トレードを始めるに当たって、真っ先に知っておくべき情報が取捨選択され、端的でわかりやすい言葉と、平易な図で簡単に説明されているところ。とりあえずは1時間もあれば読了できる。1万円で5冊の本を買って、何十時間も勉強して頭に入ったか入らないんだかわからないような状態で相場に入るより、情報商材『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』をサクッと読んで相場は入る方が、最初から上手くいく確率が断然高い。もちろん実際の相場でチャートを見て、何度も『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』読み返すことはとても大事だけどね。書店やAmazonで売ってる、より詳しい書籍を読むのはその後の方がはるかに勉強になると思うよ。
なるほど。最初から1万円は出費に感じますが、本当に今トレードに必要な取捨選択された情報のみを得るためのキュレーション(※)料と思えば、安いかもしれないということですね。

※「キュレーション」(curation)とは、情報を選んで集めて整理すること。 あるいは収集した情報を特定のテーマに沿って編集し、そこに新たな意味や価値を付与する作業を意味します。 出典:www.weblio.jp

※最近「ローソク足の本」は、ゴゴジャンから電子書籍として発売されています!
noteで740いいねを頂いたベストセラー&ロングセラー、高評価を頂いているローソク足の本の転載です。
既存の書籍ではカバーしきれていない変動時の特徴や、ローソク足からチャートの右側を推測するのに役に立ちます。
あまり多くは語りませんが”読めば分かり”ます

→ ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle

ただいきなりは不安かもしれないので、こちらのCoinPost(コインポスト)の記事を読んでみるといい。ここに書かれていることの延長が、情報商材『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』の内容だよ。
こちらですね。

CoinPost(コインポスト)の記事に、『ローソク足の本』に書かれていることが少し掲載されています。情報商材を即購入することに抵抗のある方はこちらも参考にしてください。

仮想通貨ビットコインFX:ローソク足の見方、始値のレジサポに重きを置く理由(寄稿:やがみ)

スポンサーリンク

【プロフィール】ちなみに、やがみ(@Light_Yagami_a)氏とは…?

出典:twitter.com/Light_Yagami_a

ちなみに、やがみ(@Light_Yagami_a)氏とは…? 別に僕も知人じゃないけどね(笑)。
え~と(検索中)…以下、ツイッターのプロフィール、CoinPost(コインポスト)のプロフィールより引用します。

ツイッターのプロフィールより

出典:twitter.com/Light_Yagami_a

CoinPost(コインポスト)のプロフィールより

為替・仮想通貨合わせてトレード歴6年。 現在のメイン時間軸はスキャルピングで、BTCFXが主戦場。デイトレード〜スキャルピングを教えるトレードサロンTRADEWORKS運営陣。チャネル、ライン、プライスアクションから相場を読み解くことが得意。

出典:coinpost.jp

やがみ(@Light_Yagami_a)氏は、えれ(@day_select)氏や兵頭(@viscord_inspctr)氏とともに、短期トレード有料コミュニティ『TRADEWORKS』(8980円/月)を運営しているんだよね。僕もちょっと入会したいなとは思ったけど、タイミング逃しちゃってね。どうせならコミュニティができてすぐ、みんなが盛り上がっている時なら入ってみたかった。
これから入会するには、今さら感があるってことですね(苦笑)。月に約9000円ですしね。
『TRADEWORKS』出身のゆまぱんʕ•ᴥ•ʔ🍰(@Yuma0406M)氏なんか見てると、きっといいコミュニティなんだとは思うよ。ま、でもとりあえずは、1万円の『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』で勉強すれば十分だと思うよ。
1万円は買い切りですからね。




スポンサーリンク

【とにかく生き残れ!】あとは実際にチャートと向き合い続けるべし!

既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め!既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle

初心者にとって、養分を卒業して一日も早く稼げるようになるには、やっぱりチャートと向き合い続けることだと思うよ。
稼げるようになった人も、最初の頃は四六時中チャートと向き合っていたという話はよくききます。
近道はないかもしれないけど、より近道かもしれないのは、『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』で要点をつかんだ後に、チャートに向き合っていくこと。そして、一日早く自分の手法にたどり着くこと。
手法は人それぞれといいますからね。
やっぱり生活パターンも性格も人それぞれ違うから、自分にあったトレード手法を見つけるしか方法はない。ただその最初の一助として、『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』はベストの選択だと思うな。
そうとうわかりやすく説明してあるみたいですね。
スポンサーリンク

【関連本】ローソク足やプライス・アクションについて、もっと勉強したい方へ

Amazonで購入

最後に、書店やAmazonで買える一般の本、ローソク足やプライス・アクションについての書籍を紹介して終わる。僕が実際に買って読んだ本もいくつかあるよ。
なんですか? くまちゃんは最初に『酒田五法』から入ったんですか?
僕はそういう古典とかから入るの好きなんだよ。酒田五法は風林火山、とかカッコいいでしょ(笑)。ま、ちょっとは役に立ったんじゃないかな? でも最後に繰り返すけど、カッコつけて難しそうな本を選ぶより、より実践的な『ローソク足の本既存の書籍では全く勉強にならないのでこれを読め! | GogoJungle』が正解だと思うぞ。
だそうです。

買いました。欧米の投資家はプライスアクションを非常に重要視しているというので。

スランプの時に、学び直そうと思ってこれ買いました。この本も基本的なことがシンプルに説明されていてオススメです。

これは読んでませんが、よさげです。

これも読んでませんが、2002年から生き残っている本なので良い本の可能性が高いと思います。

すみません、これも読んでませんが、より詳しく深く知りたい人向けかと思われます。

実は10数年前、ローソク足を勉強しようと、この本を最初に読みました。酒田五法、ローソク足のまさに古典です。