世界一幸せな雨の歌、さだまさし「雨やどり」(1977年)~この人をお嫁さんにちょうだいませませ♪

この人をお嫁さんにちょうだいませませ~♪
ん?
あの人に、も一度逢わせてちょうだいませませ~♪
ませませ?
そんな日本語があるんですか?

さださん、体調崩されていたみたいで、ご自愛くださいませませ
☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

古今東西、悲しい雨の歌は沢山あるけれど、今日は幸せな雨の歌の話だよ
幸せな雨の歌?

この人をお嫁さんにちょうだいませませ~♪

※ほぼ日刊イトイ新聞の企画「恋歌くちずさみ委員会」に寄せられた投稿より

この歌は良質なラブコメなのだよ!(投稿者・ヤマシタ)

「ませませ」という歌詞に衝撃を受けたのは
高校2年、16歳のときでした。
(16って、ぼくのせがれの今の年齢だ)
照れずに言えば「恋に恋する年頃」です。
そのころ少女漫画をがむしゃらに愛読していたことも、
ついでに告白しておきましょう。
『りぼん』と『なかよし』は、
ぼくにとっての青春の書です。
クラスの親友と毎月1冊ずつ買っては、
とりかえっこして読んでいました。
ちなみに通っていたのは男子校です。

「ドジっ娘がすてきな男性にめぐり逢う、
 この歌は良質なラブコメなのだよ!」

親友に向かって熱く語る、学ランに坊主頭の自分。

「さだまさしは少女漫画の世界観を
 みごとに歌にしたのだよ!」

ああ‥‥ああっ!
ものすごく恥ずかしいっ!!
恥ずかしいけど、忘れたくない!

『雨やどり』‥‥。
それは、恥と微熱がぎっしりと詰まった、
ぼくのたいせつな青春の恋歌です。

出典:www.1101.com

この投稿にかなり共感!
僕も「ませませ」に衝撃を受けたのは、やっぱり高校生くらいかなあ・・・
くまちゃんが高校生の頃、「ませませ」とか、みんな使っていたんですか?
使ってないよ
でも、ちょっと引っかかる言葉の使い方でしょ?
そうですね
たぶんね、僕なんかより、ちょっと上の世代が、シャレでこういう使い方した時期があったんじゃないかな?1970年代くらい?
1970年代ですか
上に引用した投稿者が言っているように、さだまさしの「雨やどり」は良質なラブコメだよね
それも、1970年代の少女マンガね
でも、やっぱり「ませませ」って気になりますね(笑)

でも爽やかさがとても 素敵だったので
そこは苦しい時だけの 神だのみ
もしも もしも 出来ることでしたれば
あの人に も一度逢わせて ちょうだいませませ

出典:「雨やどり」作詞作曲:さだまさし

「ませ」は丁寧の助動詞「ます」の命令形、ということは、「ませませ」はさらにより丁寧な活用法?

ませ[助動]

※デジタル大辞泉の解説
[助動]《丁寧の助動詞「ます」の命令形》
1 丁寧の気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意を表す。「どうかお許しくださいませ」
2 丁寧の気持ちを込めて挨拶する意を表す。「ごめんくださいませ」
[補説]12とも「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの尊敬語に付いて用いられる。また、「まし」となることもある

出典:kotobank.jp

「ませ」は語尾につけて、丁寧さを相手に伝えたい時に使うよね
「ませ」は丁寧の助動詞「ます」の命令形です
だから、「ませませ」はより丁寧な使い方ってことだよね
いやいやいや・・・
まあ、正しい文法がどうであれ(笑)、こういう、アレ?って思うような言葉使いを歌詞にさらっと入れるところが上手いよねえ・・・
さだまさしさんの「雨やどり」は(検索中)・・・
自身初のオリコンチャート1位獲得曲ですか!

さだまさし「雨やどり」はソロ・デビュー後2枚目のシングルで、自身初のオリコンチャート1位獲得曲

「雨やどり」(あまやどり)は、シンガーソングライターさだまさしが1977年3月10日に発表したシングル。

雨宿りで出会った男性に恋をしてしまった女性の、彼との再会、家族への紹介およびいきなりのプロポーズに至るストーリーをコミカルに唄った作品。落語研究会出身のさだらしく、最後はまるで落語のオチの様な終わり方になっている。

ソロ・デビュー後初の東京公演である1977年1月29日、渋谷公会堂でのコンサートで、「昨日こんな変な歌作っちゃって」と披露したところ聴衆から好評を博したため、急遽シングル発表が決定された。レコーディングは2月11日、熊谷会館(埼玉県熊谷市)のコンサートのライブ収録であり、一部編集が加えられたものである。そのためこの録音には聴衆の笑い声が入っている。当時ライブ録音のシングルのヒットは大変珍しいことであった。なおさだはこの後も「親父の一番長い日」「恋愛症候群 – その発病及び傾向と対策に関する一考察 -」「建具屋カトーの決心 – 儂がジジイになった頃 – 」「関白失脚」などライブ録音のシングル盤を発表している。

詩の女性のモデルはさだの妹の佐田玲子であり、「雨やどり」はその後の「秋桜」「親父の一番長い日」などへ続く妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものである。

さだにとってはソロになって初のヒットであるが、同時に本作品によって「軟弱である」、「こういう歌を歌う男がいて、こういう歌を喜ぶ女がいるから、女性は解放されない」、「シンデレラ・コンプレックスのあらわれである」といった批判も受けた。さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。

出典:ja.wikipedia.org

さだまさしで一番好きな曲かもしれない
印象的な曲ですよね
「さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。」ってのがいいよね(笑)
その後、さだまさしは「関白宣言」で、女性蔑視とバッシングされるもんね
さだまさしさんは、歌詞が物議をかもすことが多いんですね
それだけ歌詞が面白いところを突いてくるってことよね

さだまさし「雨やどり」は世界一幸せな雨の歌

でも爽やかさが とても素敵だわと
うけたので 彼が気をよくして 急に
もしも もしも 出来ることでしたれば
この人をお嫁さんに ちょうだいませませ

出典:「雨やどり」作詞作曲:さだまさし

さだまさし「雨やどり」は、まさに、世界一幸せな雨の歌だね
雨の歌といえば、切なかったり、悲しかったりすることが多いですが、さだまさしさんの雨の歌は、なんだか心が温かくなるような歌ですよね
そういうこと!
では、聴いていただきましょう!
世界一幸せな雨の歌・・・
さだまさしさんで、「雨やどり」です!

凍てつく夜もさだまさし 「雨やどり」

そして・・・彼女は幸せな6月の花嫁になりました、とさ!
おしまい!

6月の花嫁・・・?

ローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られた。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれる。

出典:ja.wikipedia.org

あの・・・最後に水を差すようで悪いんですが、歌詞のどこにも、二人が6月に結婚したとはありません
こまけーことはいいんだよ!
そんな・・・(笑)
じゃあ、逆に僕から、もっと身もふたもないこと言おうか?(笑)
歌のモデルと言われる、さだまさしの妹はまだ独身だし!

出典:ja.wikipedia.org

えええ・・・