「【マイナー公園探訪】河尻神宮にお参りした後は、裏手にある『白藤公園』(熊本市南区白藤)で遊ぼう」くまとR子の子育て日記(402日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
河尻神宮にお参りした後は、裏手にある『白藤公園』で遊ぼう。
毎年一回は行ってるよね。
☆☆☆☆☆
2020年、くま(50歳)とR子(44歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は6歳、そして、第二子たろー(♂)は3歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
河尻神宮にお参りした後は、裏手にある『白藤公園』へ。背後の大きなマンションと新幹線の高架のある景観がなかなか良い雰囲気です。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

甘酒も無料、河尻神宮(熊本市南区八幡)に参拝

河尻神宮はママのお気に入り。
だってここ、甘酒無料なのよ。
はやくこうえんであそぼうよー。
たーちゃんも!

※たろー様が現在よく使う言葉:「まま」「うん(肯定)」「ぱぱ、たた、ばば(パパ)」「ねーねー」「にーにー(これもお姉ちゃんのこと。おかげでますますお姉ちゃんは男の子と間違われます)」「ばーば、ばあちゃん」「じじ(じいじ、ねずみ)」「にゃー(キティちゃん、猫一般)」「あんぱ(アンパンマン)」「あんにゃ(バイキンマン)」「もんもん(くまモン)」「あった(見つけたとき)」「ないねー(見つからないとき)」「ばか(誰が教えた・・・)」「あめ(キャンディーの方です)」「あんぱんちー(否定、気に食わないと攻撃的になる)」「きっく(すべてパンチだったがパンチとキックを区別するようになった)」「えーえー(仮面ライダー01のこと)」「たーたん(お姉ちゃんがたーちゃんと呼ぶので自分のことをたーたんと呼ぶようになった)」「き(好き)」「たーたん、まま、き(たろうはママが好き)」「ねーねー、まま、しゅき。たーたん、ぱぱ、しゅき(お姉ちゃんはママが好き。たーちゃんはパパが好き)」「まま、いらん(ママが気に食わない時。ママ大ショック・・・)」「だめ」「%&#$(意味不明)」

河尻神宮は、甘酒の振る舞いが無料なのがママのお気に入りです。

鯛釣りおみくじ(?)に挑戦してみました。

別名、若宮(わかみや)さんとも呼ばれるこの神社は、建久8年(1197年)河尻三郎源実明が、鎌倉の鶴岡八幡宮の御分霊を勧請したのが始まりといわれます。創建時は富合町小岩瀬(とみあいまちこいわせ)にあったものが、天正15年(1587年)に現在地に移されました。毎年恒例の秋の例祭(10月17日)には、氏子民が巧みな手綱さばきと度胸の良さを神様に見てもらい感謝の気持ちを表わす行事として受け継がれてきた「下がり馬(さがりうま)」が奉納されます。参道でラッパが吹き鳴らされる中、馬のたてがみと鞍をつかんだ勢子(せこ)が走り、大勢の観客を沸かせます。また境内には、長寿・魔除けの神木として名高い大柊がそびえています。

出典:kumamoto-guide.jp

スポンサーリンク

【マイナー公園探訪】河尻神宮にお参りした後は、裏手にある『白藤公園』(熊本市南区白藤)で遊ぼう

ちなみに・・・公園に隣接する、存在感あるあのマンションは「パストラルハイム白藤」という。
へー。川尻駅も近そうだし便利な場所よね。
4LDKで約1500万円らしいよ。駐車場がすべて平面で居住世帯分確保されているところもよい。このへんも住みやすそうだね。

出典:suumo.jpwww.mansion-note.com

わたし、川尻大好き。
大友克洋の『童夢』を思い起こさせる、1970年代風団地然とした雰囲気もいいねえ。
???
ここにすんだら、いつでもこうえんであそべるから、いいんじゃない?
ねーねー?

公園には、スライダー・すべり台・アスレチックの複合遊具、砂場などがあります。

たろー様、大はしゃぎです。

芝生広場をぐるっとまわるウオーキングコースには、ところどろこ健康器具と、非常時に防災施設(かまどなど)として使える椅子など設置されています。

最近のむーちゃんはとにかく高いところに登ってぶら下がるのが好きです。時折、新幹線が通るのも楽しいです。

立派なトイレもあります。

スプリング遊具もあります。よくケンカしますが、基本は仲良しの二人です。