【#ozkn ツイート】マクニール氏の言葉に耳を傾ける【アーカイブ27:2020年6月9日から6月14日まで】

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
実は、#いややねん人種主義 のライブ翻訳、遅れて視聴をしてみたけど、音声とぎれとぎれで全然楽しめなかったよ・・・トホホ。
あらら。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
もともとオザケンの英語ツイートを翻訳して勉強する趣旨で始めたのだが、最近は英語ツイートはほとんどない。まあ、でもアーカイブということで、英語圏と日本の狭間で鋭い言葉を紡ぎ出すオザケンのツイートを、引き続き残らず記録していこう。
今回は2020年6月9日のツイートからですね。
スポンサーリンク

【いややねん人種主義】2020年6月10日(水)20時から|午前8:08 · 2020年6月9日

出典:iamOzawaKenji

生まれも育ちもブルックリン、生粋のニューヨークっ子の黒人記者、Baye McNeilさん(ジャパン・タイムス紙、ワシントン・ポスト紙、Op-edコラムニスト)の書き下ろし稿を一緒にライブ翻訳して、「黒人の声」を聞いていきます。明日20時です。

ホストはわたくし小沢健二と、スチャダラパーBoseさん、そしてもちろん記者本人、Baye McNeilさんです。

おお!明日20時!Boseも一緒で楽しそう!

※このときは楽しみにしていたのですが・・・。

楽しそうという表現は若干違うような(苦笑)。

出典:iamOzawaKenji

スポンサーリンク

【#いややねん人種主義】集合的和訳に参加したい方(プロ/アマ/学生/生徒/どなたでもどうぞ)|午後5:02 · 2020年6月9日

出典:iamOzawaKenji

出典:iamOzawaKenji

いつも勝手に翻訳して遊んでるけど、参加するのはちょっと恥ずかしいいなあ(笑)。
参加すればいいじゃないですか。
てゆーか、このツイートを見逃していて、気づいたときにはもう遅かったよ・・・。ま、いいか(笑)。
スポンサーリンク

【究極の翻訳バトルロワイアル】“黒人記者の視点をそのまま訳してみよう。NYブルックリン生まれのMcNeil記者の文を、大人数でライブ和訳する90分”|

出典:iamOzawaKenji

出典:iamOzawaKenji

子どもの世話をする時間だから半分諦めつつ、ちょっとだけ視聴しようとしたら、音声とぎれとぎれで全く視聴できなかった。うちの環境のせいか?
あらら。
以下がその全文。僕の英語力でひとりで訳すのは結構キツイ。いやかなりキツイ。東洋経済オンラインで記事が出るらしいので、それを待とう。
さすがにこの全文をひとりで訳すのは大変そうですね。

出典:iamOzawaKenji

You Might Be Dead and Not Know It
by Baye McNeil
“Riots do not develop out of thin air. Certain conditions continue to exist in our society which must be condemned as vigorously as we condemn riots. And in the final analysis, a riot is the language of the unheard.”
Martin Luther King Jr.
I have been asked to interpret the pain I feel, and the pain of black communities the world over, to people here in Japan. And I’m very disappointed I’m needed for this. As members of humanity, we all share the same pain, so explaining this to another human being makes me feel like I am dehumanizing them a bit, to be honest. Personally, when I encounter people who claim not to understand why other people are protesting, rioting and looting, I suspect they are either disingenuous and pretending not to understand or they’ve been spiritually neutered.

Or worse, they might be dead and not know it.

Nonetheless, I agreed to do it because I know I can do a better job than a White Supremacist, like Jared Taylor, the one TBS-TV enlisted last week. A man who believes and touts that Black intelligence doesn’t measure up to whites, which unfortunately might be interpreted by some as our lives don’t matter as much, either. And I figure I could offer some insight and nuance that a white comedian like Atsugiri Jason (who was interviewed last week on a morning news show about this) might not be engaged and subjective enough to give. Why does the media here feel more comfortable sticking microphones in the faces of white people to explain an issue that disproportionately impacts black people? Good question. Not that I think sticking a mic in the face of any random black “tarento” is optimal either. Who is to say that Ike Nwala or Bobby Ologun have something substantial to say just because they’re black? But, why wouldn’t major media outlets here make the little bit of extra effort required to find someone qualified to speak on this, capable of shedding some light and there by enlightening their viewers?

One might say, if the media here really cared, if black lives really mattered in Japan, they would.

The fact that the media has been soliciting white thought exclusively leaves me feeling that perhaps they merely want to appear to be trying to understand what’s going on as opposed to wanting to know and report the truth. Talking to my Japanese friends, acquaintances and colleagues, I know the truth is desperately needed because the image of black people is being further damaged in the media, where we’re portrayed as the overly destructive, barbarous, and incapable of being sympathized victims of a sad and unfortunate incident. (As opposed to cold blooded murder). Because there simply is NOTHING that could justify the images of violent retaliation on their screens, let alone the rioting and looting. That it is all just some incomprehensible black craziness to some, something the primal, inherently anti-social nature of black people leads them to do periodically.

Well, that kind of thinking is just racist. If you assign ANY of the violence that you’ve seen on your TV over the past few weeks to “blackness” or some “black proclivity” then it’s very likely that you’re a carrier of a virus so lethal it makes COVID-19 laughable, namely racism.

However, if you’ve managed to attribute it to “American-ness” then you’re on the right path. And if you’ve turned on your TV or internet and been able to see humans shouting truth at power, if you can see an unheard, unheeded, unhealed people that have been battered, burned and looted for over 400 years, battering, burning and looting in return, then you have glimpsed the truth. Because that’s what it is.

Human beings have a line, we have rights, and once that line has been crossed, once those rights have been violated, by an entity you’ve entrusted to protect you and yours, once that contract has been broken, you’re essentially at war, an uncivil war, and anything goes! It doesn’t matter if you’re American, Japanese, Chinese, Jamaican, German, Russian, Pakistani… it doesn’t matter whether that power be federal or corporate or religious, if you’re human, you’re going to view that power as a menace to the peace and security that, as humans, we all seek.

History, even Japanese history, is chockful of evidence of this. Human beings will fight state-sanctioned oppression, tyranny, cruelty, and dehumanization. We simply always have and always will. THIS is what revolutions are all about! This is why governments fall! And any human who needs this explained to them also needs to check their pulse.

They might be dead and not know it.

When you see an American on TV throwing a Molotov cocktail at a police precinct, what you ought to be seeing is yourself, because there, but for the grace of whatever supreme being you hold dear, go you. The day your child is choked to death on Youtube by agents of the “state” you finance with your taxes, and you’re told “sorry, but he has the yellow skin and devious narrow eyes of a criminal so we thought…,” or “Sorry, shit happens,” I have every confidence that that’s the day you and every human being you know will, at least, begin to question the “state” and its policies. Now, let these types of tragedies become a pattern, something dreadfully expected, and I guarantee you’ll be making and launching your own Molotov cocktails. If not, I suggest you check your underwear, or get x-rayed.

You might have been neutered and not know it.

Once the “state” has made it crystal clear that the rules are designed to benefit one group and hinder and harm the other groups, for whatever reason, be it racial, or social, or religious, then all bets are off. Once the rules are null and void, protests are bound to ensue. Sometimes peaceful. Sometimes not. But, after centuries of protests, I am of the mind that whether a protest is peaceful or violent makes no difference to power. Power will not relinquish power or concede anything without a mandate from a greater power. In this case, as is the case in a true democracy, the greatest power is with the people. And as soon as the “state” forgets that, the people are obligated to remind them.

That is what you’re seeing, Japan, when you watch footage of protests and unrest in the US. You are witnessing the power of the people! A bloody, fiery reminder to the government that they have to be accountable to us, the people, or suffer the consequences, which may include obliteration.

Black Americans have been in a state of protest and revolt for over 400 years. There has been no justice, so there has been no peace. And, unfortunately, once again, there’s a bonafide card-carrying racist in the White House, elected there by a mostly racist constituency, people supportive of the status quo, and fearful of its demise. We can no longer afford to participate in theoretical discussions of white supremacy and systematic racism. The former literally has its knee embedded in our necks and the latter keeps the perpetrators on the streets and us in jails and coffins! We don’t have the luxury of peaceful protests or sitting around praying for a peaceful world populated by the colorblind. That’s fantasy. WE ARE BEING KILLED!

And we shouldn’t have to explain something so glaring and obvious to anyone with their humanity still intact. Japanese people, who have been the target of white supremacy in one of its most horrific forms, namely atomic destruction, should know better. I should not have to explain any of this to you. You’ve had a helluva helping of the dish white supremacy has been serving black people since they first acquired us from Africa. Please don’t tell me you’ve forgotten the taste, because if you have then that’s truly unfortunate.

You might be living in a Post-Atomic White Supremacy plagued nightmare yourself and not even know it.

I think the key question many Japanese need to answer for themselves is this: Will you tacitly support white supremacy and blatant systematic racism around the world because you disapprove of some of the violence and looting committed by the protesters (who are otherwise totally supportable)?

That’s it right? You find something repugnant about looting. I get that. But here’s the thing, and please bear with me:

Black Americans are the only Americans who truly know the real America. The red in the American flag is the blood we shed. Much of what you hear from the American media is propaganda, misinformation and lies. What you get from us is the real. When you hear us what you are hearing is the true story of America. You can hear our story in gospel, in Jazz, in blues, in rock, in Hiphop…but can you distinguish our joy from our cries, and our anguish, which is also embedded in our sound? No? Well, here’s what it says. Are you listening?

There is no American dream. America is a nightmare that has dream-like potential. But it will never even approach that potential until it makes every effort to atone for its crimes against black humanity and repair the damage it has done to every aspect of blackness.

As for looting, the country was built on the free labor of black people. Following emancipation, the status quo was maintained through racist policies either outright or tacitly supported by the government, like Jim Crow laws, peonage, and redlining. So, the US government and all the corporations that profited from these policies ARE responsible for the looting of black people since the country’s inception. The LOOTING of blackness is the spoils that America was built on, and it continues to thrive on the inequality, injustice, and the legacy of those ill-gotten gains.

This is America!

Focusing the attention on black people looting is a mechanism designed purposely to distract you from the real issues I’ve described above. It is now your choice whether you want to allow yourself to continue to be distracted by them or realize what they truly are: a desperate attempt of a racist government to avoid accountability for what happens to a people when they’re subjected to systematic racism for over four centuries.

So where are we now:

A white police officer can suffocate to death an innocent unarmed and shackled man, on video, and not even be charged with a crime (until the police station is burned to the ground). That is an egregious abuse of power. And when the checks and balances sought in the courts continuously result in injustice, then there is no justice except street justice.

Street justice ain’t never been pretty, I’ll grant you that.

The people hold in contempt the police who harm us with impunity, with the assurance that even the good cops in their midst won’t take a wrecking ball to the blue wall of silence.

The people hold in contempt the government which tacitly encourages this abuse by not condemning it full-throatedly.

The people hold in contempt the businesses that profiteer without a care, take our money but fail to support us when our children, our spouses, our family and friends, ourselves, lay slain in the streets. They sit on the sidelines, wait for the smoke to clear, then resume business as usual.

The people hold in contempt white people, whether they are aware of their privileges or not. We don’t care if you have a black friend, or donated to the NAACP, or bought a BLM button. If you’re not as disgusted, as grief-stricken and infuriated as any human should be, at the crimes against black humanity that take place constantly, then you’re contemptible, too. And if that disgust, that grief, that fury doesn’t inspire to take action in support of your fellow human beings, you might as well embed your knee in our necks, too.

There really is no more fence to sit on, no matter where you may be in the world. You’re either with the oppressed or with the oppressors.

What you’re seeing on your news is that people are ready to literally burn a white supremacist society to the ground. Even many white people who benefit from that system, are fed up with their privilege if that privilege is maintained by literally keeping the black man under knee, choked out on the streets.

What you’re seeing is America’s karma, its way overdue comeuppance. And if you can’t see this, if you can’t feel the righteousness of this in your heart, Japan, then you better get your heart checked out.

You might have died years ago, and not even know it.

出典:hihumiyo.net

スポンサーリンク

【翻訳力】From語とTo語の合計点|午後1:54 · 2020年6月11日

出典:iamOzawaKenji

翻訳力は、From語とTo語の合計点。

日本住みの翻訳のプロの方
英語ポッドキャストを聞いて最新口語表現に慣れる

USポッドキャスト聞いてゲラゲラ笑ってる組
日本語古典を読んで、日本語力をつける

のが必要と、33人の訳文を見て思いました。ぼくもFrom語To語ともに、もっと上げます。最高でした!

はい、きたよ。答え合わせの時間です。
こちら東洋経済オンラインより引用します。
黒人記者が語る「抗議デモ」と「人種主義」

知らないうちに、死んでるのかもしれません

バイエ・マクニール : 作家
2020/06/11 12:40

出典:toyokeizai.net

「暴動は理由なく現れるのではない。私たちの社会には、暴動を非難するのと同じくらい激しく非難されなければならない、ある状況が存在し続けている。そして結局のところ、暴動とは声を聞いてもらえない者たちの言語なのだ」

マーティン・ルーサー・キング Jr.

ぼく自身、および世界の黒人コミュニティが感じている痛みについて「日本の人たちに説明してください」と頼まれると、ぼくはがっかりしてしまいます。人間は同じ痛みを感じるはずで、誰かに「これって痛いんだよ」と説明するのは、正直なところ、人間じゃない相手に説明しているような気分になります。個人的に言うと、「抗議デモや暴動、略奪をする理由がわからない」という人に会うと、ぼくはその人は嘘をついていて分からないフリをしているか、魂を去勢されてしまったのではないか、と思ってしまいます。

それどころか彼らは、知らないうちに死んでるのかもしれない、と。

なぜ白人に抗議デモについて語らせるんだろう

それでも、ぼくは引き受けることにしました。なぜならぼくは、例えば先週TBSが話を聞いていた白人至上主義者のジャレッド・テイラー氏よりも、きちんとした解説ができます。テイラー氏は黒人の知性は白人より劣ると信じ、そう喧伝しています。それを聞いた人は、それならば黒人の命は白人の命より価値がない、と思うかもしれません。それにぼくの場合は、厚切りジェイソン氏のような白人のコメディアン(彼も先週朝のニュース番組でインタビューを受けていた)にはないかもしれない当事者性を持って、彼が公平には語らないかもしれない問題について、洞察とニュアンスをお伝えできると思うのです。

どうしてこの国のメディアは、比率として不自然に大きく黒人たちにのしかかっている問題について、堂々と白人たちの前にマイクを突き出すのだろうって? いい質問です。もちろん、誰でもいいから黒人タレントにマイクを向ければいいわけでもありません。アイクぬわら氏、ボビー・オロゴン氏が単に黒人だからという理由で、何か大事な、言わねばならないことがあるとは限りません。しかし、この国の主要なメディアはなぜ、この問題を語る資質を持っていて、視聴者にわかりやすく話して知識を与えることのできる解説者を、一生懸命探さないのでしょう?

もし日本のメディアが本当に注意を払っていて、もし日本でも「ブラック・ライブス(黒人たちの命)」が本当に「マター(大切)」なら、そういう努力をするでしょう。しかしメディアが白人の考えしか取り上げないのを見ていると、メディアは真実を知りレポートしたいのではなくて、単に状況を理解しようとしているように見られたいだけなんじゃないか、と感じてしまいます。

友達や知人、同僚と話していると、真実がものすごく必要だと感じます。黒人のイメージはメディアの中で過度に破壊的で、野蛮なものとして描かれていて、あれでは「悲しく残念な事件だけど、破壊するなんて共感できないな」と感じてしまうだろうからです(残酷きわまる殺人事件なのに)。

暴動や略奪はもちろん、あの画面に映っている暴力は、どう考えてもまともには見えません。だから「黒人の中にはなにかとんでもない狂気があって、その原始的な、黒人が生まれ持った反社会的な性質が時々噴出するのだな」と考える人もいるでしょう。

そういう考えこそ、人種主義的です。ここ数週間テレビに映っている暴力行為を、「黒人っぽさ」とか「黒人の傾向」のせいにするとしたら、あなたは新型コロナウイルスなんて笑えるほどの、深刻なウイルスに感染しています。人種主義と言う名のウイルスに。

しかし、ああいう暴力行為を「アメリカっぽさ」のせいだと感じるなら、あなたはいい線を行っています。あなたがテレビやネットを見ていて、権力に対して真実を叫ぶ人々の姿を見るのならば。声を奪われ、存在を無視され、痛みに打ちひしがれてきた人々の姿を見るならば。400年以上もの間、暴力を振るわれ、町を燃やされ、略奪され続けた人々が、その報復として暴力を振るい、町を燃やし、略奪をしていると思うならば。なぜなら、そう、そういうことだからです。

火炎瓶を投げているのはあなたでもある

人間には一線というものがあり、権利があります。もしあなたが信用し、自分と自分の権利をゆだねていた存在が、その一線を越え、社会的契約を破ったとしたら、それはもう何でもありの、仁義なき戦いへの突入を意味します。アメリカ人であろうと、日本人、中国人、ジャマイカ人、ドイツ人、ロシア人、パキスタン人、なに人でも同じはずです。相手が国でも、企業でも、宗教でも同じはずです。あなたは「自分が信用した権力機構は、実は敵だ。人間誰しもが求める平和と安心にとっての敵だ」と思うでしょう。

歴史には、日本の歴史にも、その証拠が山ほどあります。人間は国家による抑圧や一方的な専制権力、残酷さ、人間性の否定と常に戦います。ぼくら人間はいつもそうしてきたし、これからもそうするでしょう。それが、革命ってやつです!それが、いくつもの支配制度が崩壊する理由なのです!こんなことを言われなければわからない人は、どうか自分の脈を確認してください。

知らないうちに、死んでるのかもしれません。

テレビで警察署に火炎瓶を投げつけているアメリカ人を見る時、あなたがそこに見ているのは、ブチ切れてしまった時のあなた自身です。自分が税金を払っている「国家」の職員によって自分の子供がユーチューブ上で窒息死させられて、相手に「すまない。でも黄色い肌だし、ずるい犯罪者みたいな細い目だったから、てっきり…」とか「ごめんな、まあ間違いってあるしさ」とか言われたとしたら? どう考えても、あなたとあなたの周りのみんなはその日から、最低でも「国家」とその政策たちに疑問を持ち始めるでしょう。さて、この種の悲劇が何度もくり返されたとしましょう。「恐ろしいけど、よくあること」になったとします。そうなったらきっとあなたも火炎瓶を作り、投げ始めるでしょう。そうならないなら、パンツの中をチェックして、それかレントゲンを撮った方がいいです。

知らないうちに、去勢手術を受けているかもしれません。

もし「国家」が、自らのルールはある集団に利益をもたらす一方で、ほかの集団を妨害し、傷めつけるようにデザインされている、とはっきりさせてしまったら? その背景にあるのが、人種的、社会的、宗教的、どんな理由であれ、すべては振り出しに戻ります。ルールは無効で空虚なものとなり、抗議デモがそれに続きます。平和的なデモでも、そうでなくても。

しかし、抗議デモは何世紀も起こってきましたが、ぼくが思うに、デモは平和的だろうが暴力的だろうが、権力者にとって違いはない気がします。権力者は自分よりも大きな力から命じられなければ、権力を放棄することも、譲歩することもありません。現在の場合、本当に民主主義ならば当然、一番大きな力は人々の力です。そして「国家」がそのことを忘れたら、人々が国家にそのことを思い出させなくてはならないのです。
日本の皆さん、アメリカでの抗議デモや不穏な状況の映像を観ている時に、あなたが目撃しているのは人々の力です! 血と怒りをもって、政府に思い出させているのです。人々にきちんと向き合え、さもなくば、破壊を含めた報復を覚悟しろ、と。

アメリカの黒人たちはもう400年以上、抗議と蜂起をする状況にいます。正義は与えられず、だから平和もありません。そして今またホワイトハウスには、正真正銘の、おおっぴらな人種主義者がいます。彼に票を入れたのは主に人種主義者たち、変わるのを恐れ、現状を維持したい者たちです。

もうぼくたちには、白人至上主義と構造的人種主義について論議している余裕はありません。前者は文字通りぼくたちの首に膝をめりこませ、後者はやった者たちを野放しにしつつ、ぼくら黒人を刑務所や棺桶に入れます! 平和的な抗議デモをするとか、ただじっと肌の色の関係ない平和な世界を願って祈り続けるなんて、そんな贅沢をしている余裕はないのです。ぼくたちは殺されているんです!

日本人には白人至上主義の標的になった過去がある

こんなに火を見るように明らかなことを、そもそも説明しなければならないのがふしぎです。人間なら、わかるはずです。日本のみなさん、あなたたちは白人至上主義の最も恐ろしい形の一つ、原爆の標的となりました。ならば、わかるはずです。ぼくからあなたたちに説明する必要なんて、ないはずです。

あなたたちにも、ぼくらの皿に盛られたのと同じものが盛られてるんです。黒人がアフリカから連行されて以来、白人至上主義がぼくらに出し続けてる皿と同じものが。その皿の味を忘れたとは、言わないでください。もし忘れたなら、それは本当に残念なことです。

日本は知らないうちに、ポスト原爆の白人至上主義の病に冒された悪夢の中で生きているのかもしれません。

多くの日本人が自問自答するべき、カギになる問いはこうです。抗議デモ参加者がした暴力や略奪が許せないから、世界に満ちる白人至上主義とあからさまな構造的人種主義を暗黙に支持するのですか?(略奪さえなければ、抗議デモを支持できるのに!)

それでしょう? 略奪という行為が、気に障る。わかります。でも、ちょっと1つ聞いて下さい。

黒人のアメリカ人は、真のアメリカを本当に知っている唯一のアメリカ人です。星条旗の赤は、ぼくたちが流した血です。あなたがアメリカのメディアから聞くことのほとんどは、プロパガンダか、間違った情報か、嘘です。あなたがぼくたちから聞く話は、リアルです。ぼくたちが話すのを聞く時、あなたはアメリカの本当の話を聞いています。

ぼくたちの話はさまざまなところで聞くことができます。ゴスペルで、ジャズで、ブルースで、ロックで……。しかし、ぼくらの喜びの声と、音の中にある涙や苦痛を聞き分けることができますか? 聞こえないでしょうか? ならば、こういうことを言っているんです。聞いて下さい。

「アメリカンドリーム」なんてありません。アメリカは悪夢で、同時に夢のような可能性を秘めています。もしその可能性に近づこうとするなら、アメリカは黒人の人間性に対する罪の償いをありとあらゆる面で尽くし、ありとあらゆる面で「黒人性」が受けたダメージを修復しなければなりません。

略奪の責任は誰にあるのだろう

略奪については、もともとアメリカという国は黒人の無償労働によって築かれた国です。奴隷解放後も、解放以前の状態を維持するために人種主義的な政策が時にあからさまに、時に水面下で、政府によって支持されてきました。ジム・クロウ法、ピオネージ(懲役や負債による事実上の強制労働)、レッドライニング(黒人居住区に課せられた様々な制限)などです。これらの政策で利益を得たアメリカ政府や企業のすべてに、国の初めからの黒人たちの略奪行為の責任があります。アメリカは「黒人性を略奪する」という強奪行為の上に建てられていて、今も不平等、不正義、そして強奪された富の遺産によって栄えています。

ディス・イズ・アメリカ(これが、アメリカです)!

黒人たちの略奪に注目を集めようとするのは、今書いた本当の問題から人の目をそらすためにデザインされたメカニズムです。それを知った上で、選んでください。目をそらされ続けるか、真実に気がつくか。つまり、4世紀に渡って構造的な人種主義にさらされてきた人たちの行動の責任を負わずに済むことを狙って、人種主義政府が必死であなたの目をそらそうとしていると気がつくか。

さて、現状はこうです。

白人の警察官が、無実で丸腰で手錠をされた男性を窒息死させ、それが映像に残っていても(警察署が丸焼けにされるまで)罪に問われないのです。これはとんでもない権力の乱用です。法による抑制と均衡の正義が裁判所で満たされないことが続けば、残された道はストリートの正義しかありません。

ストリートの正義はきれいごとではありません。保証します。

フェンスに座って傍観するなんてできない

人々は警察を軽蔑します。警察は責任を問われることなくぼくらを痛めつけ、良い警官ですら、黙って不正義を続けることはおかしいと声を上げることはできないようになっているからです。

人々は政府を軽蔑します。はっきりと大声で警察の暴力を非難せず、そうすることで暴力の黙認を匂わせるからです。

人々は企業たちを軽蔑します。心なく利益を手にするばかりで、ぼくらのお金は取るが、ぼくらの子供たちが、妻や夫が、友だちが、ぼくら自身が殺され、路上に転がっていても、助けてはくれないのならです。そういう企業たちは傍観し、ほとぼりが冷めるのを待って、いつものビジネスに戻るのです。

人々は白人たちを軽蔑します。その人たちが白人の特権に気づいていても、いなくても。黒人の友だちがいようが、全米黒人地位向上協会に寄付していようが、“Black Lives Matter”のバッジを買っていようが、ぼくらには関係ありません。

人の心があれば、絶え間なく続く黒人に対する犯罪に嫌悪感を持ち、悲しみに暮れ、激怒するはずです。そうしないのなら、軽蔑に値します。そんな嫌悪感、悲しみ、激しい怒りがあっても、同じ人間として黒人を助ける行動をとらないのであれば、その人も黒人の首に膝を押し付けているのと同じです。

フェンスに座って傍観するなんて、もうできないはずです。世界のどこにいても、あなたは虐げる側と一緒にいるか、虐げられる側と一緒にいるか、どちらかなのです。

あなたが今ニュースで目にしているのは、文字通り、白人至上主義の社会を焼き落とそうとしている人々の姿です。そのシステムから恩恵を受けているはずの多くの白人たちでさえ、その特権が黒人に文字どおり膝を押しつけ、路上で窒息死させることで成り立っていることに、今やうんざりしています。

あなたは今まさに、アメリカの運命を見ています。もっと早く来たるべきだった、当然の報いを見ています。もしそれが見えないなら、そこに正義を感じることができないなら、日本よ、自分の心臓が動いているのか確認してください。

知らないうちに、死んでるのかもしれません。

出典:toyokeizai.net

日本人に対しての、原爆の指摘は、ちょっとあれだな。どこか見て見ぬふり、忘れたふりしてるとこあるもんね。飼いならされたのかね・・・。
僕らは、知らないうちに、死んでるのでしょうか・・・。
スポンサーリンク

【エセ科学】レイスサイエンスとは・・・?|午前7:20 · 2020年6月12日

出典:iamOzawaKenji

ネットは「自分の偏見に合う材料を拾ってくる」のにピッタリ。エセ科学を拾ってきて「こういうのってあるよね! あるある!」と、正面切っては言えない怨念を発信するのは、同類からの共感バズで数を稼げもする。まともな科学者さんたち、お手数ですが反証を。怨念野郎は権威にめちゃくちゃ弱いから。

「石器時代から男は狩りで女は子育てでそういう脳になってる」とか「女は生理があって味覚が変わるから料理の仕事は向いてない」とか・・・いるね(苦笑)。
「レイスサイエンス」とは、黒人は知能が低いことは科学的に証明されている・・・などとする昔からあったエセ科学です。

でもさ・・・そろそろみんなもネットの情報の不確かさに免疫ついて、鵜呑みにする人も少なくなってはきていると思うよ。ただ、これからインターネットに触れる子どもたちにはちゃんと教育しないとね。
それ、めっちゃ大事です。

出典:iamOzawaKenji

まじめにいうと、今の世で怨念がたまるのはわかります。ただ、その怨念を見かけや性などが違う人を「違う」ベースでおとしめるのに使うのは、怨念の使い途が違うというか…。

怨念とうんちは似ていて

水に流す ○
何かを育てる、肥料に使う ◎
人に投げる ×

ま、時には最後もわかる気はする。笑

そうそう。水に流すか、肥やしにしよう!
良い例えですね。
スポンサーリンク

【マスク】アゴマスクの人|午前10:49 · 2020年6月14日

出典:iamOzawaKenji

昨日、つい人を見て一句

耳にかけ
口を覆うの
アゴじゃなく

を思いついたりしたが、アメリカでは暑苦しいからと鼻と口の部分をハサミで切り抜いてマスクをしている猛者もいたそうで、冬だった北半球は、すっかり夏であります。

ちょっと視点を変えて僕も。
「耳にかけた
メガネを頭に
初老かな」
マスクじゃなくてメガネで一句ですか。老眼?
僕の年齢だとそろそろねえ・・・ということはつまり、オザケンも老眼大丈夫だろうか?

出典:iamOzawaKenji

僕がどれを選んだかばれとるやん(笑)。
スポンサーリンク

アーカイブ27はここまで

はい。今回はこのへんで。
2020年6月9日から6月14日までのオザケンツイート、アーカイブ27でした。
カエルくんよ、「井の中の蛙大海を知らず」もある意味、エセ科学か?(笑)
それもエセ科学です(断)。