【NYダウ日記(2021年1月18日-22日)】イエレン公聴会、バイデン新大統領就任式、新政権への期待で上がる【ゆるゆる投機的行動101】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2021年1月18日-22日のトレード日記だよ。
いよいよ、バイデンさんが大統領に就任しました。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに僕は、IG証券のノックアウト・オプションでトレードをしている。
IG証券は、日本にも拠点を持ち、日本の金融庁にもちゃんと登録しているロンドンの証券会社です。なお、IG証券のノックアウト・オプションでは、NYダウは「ウォール街ブル(上昇)」「ウォール街ベア(下落)」という呼称です。

関連エントリー→【IG証券】ノックアウト1万円チャレンジ、1週間の結果は・・・?!【ゆるゆる投機的行動46】

僕がなぜIG証券のノックアウト・オプションを使うのか? いざという時の決断力に欠ける僕でも強制的な損切り(ノックアウト)で退場リスクが減ること、かつ、海外FX並の破壊力、この2つが魅力だね。また、このトレード日記と同時に、TradingViewにアイデア投稿もしているので、こちらもよろしく。当てにならない先出しもしてるよ。
当てにならない先出しって・・・(苦笑)。TradingView さんは、皆さんお使いの、世界的に有名なチャート分析ツールです。
トレビューへの先出しも、このトレード日記も、アウトプットすることで自分の頭の整理と、トレードに緊張感を失わないよう、自分のため。ただ、どこかの誰かの反面教師にもなったとしたら幸いである。

↓先週(2021年1月18日-22日)末、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2021年1月18日-22日)の予定。

↓トレビュー、僕の予想。


【NYダウ】18日(月)米休場、20日(水)大統領就任式付近で・・・【週明け短期予想】 by tomitoko on TradingView.com

スポンサーリンク

【1/18(月)】キング牧師生誕記念日で米休場【損益:プラス60pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

負けが込んいたので、個人的にトレード戦略を変更。初日はまずまずのスタート。毎日、このくらいの利益でいいのだ。

関連エントリー→【養分脱出2021】トレードで痛い目にあって学んだ9つの教訓【ゆるゆる投機的行動100】

というか、米市場はお休みです。本番は明日からですね。
米時間、お休みだったから出来高はないのだが、少し上昇したね。

スポンサーリンク

【1/19(火)】イエレン氏公聴会へ向けて期待上げ【損益:プラス200pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

イエレン氏公聴会へ向け、日本時間から上げ始めた。個人的には新しいルールで地道に利益を出すつもりだったけど、朝30pips取って安心した直後すぐその分を失ったことで頭に血が上る。ルールを破って先週までのような行動を取ってしまって大反省している。しかし、この日はたまたまロットを上げたことが上手くいって、想定以上の利益となった。夜も結果的にプラマイゼロに戻したけど、ちょっとギャンブル・トレード。こんなことやってたら、またこれまでの二の舞となるので反省せねば・・・。
幸運はそう続きませんよ・・・。ところで、イエレン氏公聴会については、日経・後藤達也氏のツイートが大変わかりやすくまとめてあります。

スポンサーリンク

【1/20(水)】さらばトランプ、バイデン大統領就任式【損益:マイナス205pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

トランプが去り、バイデンがやってきた。就任式が米時間1時過ぎに始まって、ダウも上がったね。
就任式は、日本時間21日1時すぎからスタートし、夫妻がバルコニーから手を振って終わるのが12時近くのようですね。

そして、僕はあれだけ先週末に自分のトレードを反省したにも関わらず、また負けを取り戻そうとロットを増やして、大した変動もない場所でアタフタと負けを重ねてしまった・・・ホント、アホかよ。マイナス205pips、実際にいくら負けたかはきかないでくれ。
・・・。
しかし、失敗は成功のもと。再び反省し、新ルールも決めて、また明日から頑張ばる。これからはむやみにロットを上げないのは当然として、二回続けて負けたら、その時間帯でのトレードは禁止する。例えば、日本・欧州時間とも、その時間帯の最初に2回連続で負けたら、それぞれの時間ではもうトレードしない。日本時間の終わりに2回連続負けたら、次は米時間から。欧州時間の終わり、または、米時間に2回連続負けたら、その日のトレードはもうおしまい。そして当然、日本・欧州・米時間をまたいでポジションを持ち続けない。
負けた後はちゃんとリセットするってことですね。今度はルールを守りましょう。



【NYダウ】さらばドナルド・トランプ!【マーケットメイカー】 by tomitoko on TradingView.com

スポンサーリンク

【1/21(木)】同じ過ちの何度も繰り返す、駄目な僕【損益:マイナス110pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

200ドル(200pips)幅くらいで上下した一日。またもやロットを上げすぎて失敗。さっそく昨日のルーツ破ってるし、またロット上げちゃったし、なんで原因がわかっていて同じ失敗を繰り返す?
自分自身の性格と本気で向き合って改善する以外にないですね。さもなくば破産で一家離散ですよ。
やめろー!!!!

スポンサーリンク

【1/22(金)】一体何度目の再出発か?しかし今度こそ!【損益:プラス105pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

すべてをリセットし、また再出発。しかし、軍資金が少ないと、必然的に慎重になり、ロットも小さいからか、なぜか上手くいく。ここに何かヒントがあるな。
やればできるじゃないですか。来週以降に期待の持てるトレードをしたんじゃないですか。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】イエレン公聴会、バイデン新大統領就任式、新政権への期待で上がる【2021年1月18日-22日】

2021年1月18日-22日の一週間(15分足チャート)

TradingView

イエレン公聴会、バイデン新大統領就任式、期待で上がった一週間といえよう。
ですね。ご祝儀相場になったんじゃないですか?
ただ上下600ドル幅くらいだから、一時期の1日1000ドル以上の幅で上がったり下がったりのような、激しい動きはなかったね。
1日1000ドル以上の幅で動くときが異常ですよ。
僕のトレードの成績は3勝2敗だが、その2敗がデカすぎてトータルでは大負け。唯一の希望は金曜日をなかなかキレイなトレードで終えたこと。毎日こうならお金増えていくはずなんだけどね・・・。
常に冷静に慎重にです。すぐ頭に血がのぼってギャンブルトレードになる癖を直しましょう。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】バイデン大統領、イエレン財務長官の下での初のFOMC(米連邦公開市場委員会)【2021年1月25日-29日】

いよいよ、バイデン大統領に代わって、これからどうなる?
バイデン大統領は就任後すぐ、パリ協定復帰、WHO脱退を撤回など、トランプ政権からの迅速な転換をアピールしています。

出典:twitter.com

来週は、FOMC(米連邦公開市場委員会)、バイデン大統領、イエレン財務長官の下での初のFOMCだな。
FOMCは26日・27日に開催され、終了後の政策金利発表は日本時間28日午前4時頃のようです。どういう動きとなるでしょうか?