【NYダウ日記(2021年12月6日-10日)】ダウ再び36000台へ、ブースター接種済みのサンタクロースがやってくる?【ゆるゆる投機的行動174】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2021年12月6日-10日のトレード日記だよ。ダウ再び36000台が見えてきたぞ。
今週やっと反転上昇しましたね。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、一年ほどIG証券ノックアウト・オプションをメインでトレードしていた。しかし、無駄な損切りが増えていたので、メイントレード口座を一般的な指数CFD取引口座に変更する。これからは指数CFD取引口座で低ロットのデイトレードからスウィングトレードをやりつつ、チャンスのとき、ボラティリティが大きいときのギャンブルトレードにIG証券ノックアウト・オプションを使いたいと思う。とにかく損失を減らすことが目的。
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2021年11月29日-12月3日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓どちらに向かうにせよ、流れに上手くついていけるか?



【ダウ予想】12月はクリスマスラリーか? それとも今年は2018年12月パターンか…?【2021年12月6日-12月10日】 by tomitoko on TradingView.com

↓今週(2021年12月6日-10日)の予定。

スポンサーリンク

【12/6(月)】ファウチ米首席医療顧問「オミクロンの重症化度合いはそれほど高くないようだ」→🇺🇸株リバウンド(変動幅約790ドル)【損益:マイナス???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

オミクロン懸念が後退しただけで、これだけ戻しちゃうの? 嬉しいけど、理由がシンプルすぎる気がするがこれでいいのか? 含み損解消までもう少し。
ファウチ米首席医療顧問「オミクロンの重症化度合いはそれほど高くないようだ」という発言で過度な懸念が後退したようです。なおバイデン政権が北京五輪の外交ボイコット(選手は派遣)を発表しましたが、こちらはマーケットへの影響はないようです。

スポンサーリンク

【12/7(火)】週明け月火と上昇し、トレードもプラ転(変動幅約610ドル)【損益:プラス400pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

助かったあ(安堵)。ちょうどオミクロン・ショックが発生した11/26(金)からのロングポジション、一旦強制ロスカット寸前までいったが、今週月火の上昇で奇跡のプラ転。でも、こういうトレードはよくないね。たまたま助かったけど、大いに反省する。
昨日に続き、オミクロンの警戒が和らぎリスクオンです。

スポンサーリンク

【12/8(水)】3日続伸も小幅な動き(変動幅約330ドル)【損益:プラス40pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

引き続き堅調。ま、ひかえめに日当分確保。
商いの薄い12月に積極的なトレードは危険です。

出典:twitter.com

スポンサーリンク

【12/9(木)】ナスダック、S&P500下落、ダウは横ばい(変動幅約290ドル)【損益:プラス30pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

まあ、日程分に少し足りないくらいで利確。12月はこのくらいでいいのだ。
ですです。今週一番の注目は、明日金曜日のCPIです。

スポンサーリンク

【12/10(金)】米CPI予想通り良好、S&P500は史上最高値更新(変動幅約280ドル)【損益:60pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

米CPIが良かったのはいいが、一旦300ドルほど下落して全戻しとか、なんなん? 個人的には下落局面で日当分の利益確保。
米CPIが予想通りに良好で、S&P500は史上最高値更新です。ダウも36000台目前ですね。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】過度なオミクロン懸念が後退し、ダウ再び36000台目前(変動幅約1400ドル)【2021年12月6日-10日】

2021年12月6日-10日の一週間(15分足チャート)

TradingView

11月からの下落基調、12月に入っても先週まではオミクロンやパウエルのタカ派発言が拍車をかけていたが、今週やっと反転。ダウ再び36000台目前だぞ。
オミクロン株への懸念が後退し、今週の一番の注目だったCPIも予想内で、流れが変わった感もあります。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】ダウ再び36000台へ、ブースター接種済みのサンタクロースがやってくる?【2021年12月13日-17日】

2020年10月~(日足チャート)

TradingView

ファウチ博士も上手いこという(笑)。でも、今年もサンタクロースがやってきそうな雰囲気にはなってきた。ただ、羊飼い氏の言うように、商いの薄い12月は突発的な動きには注意したいものだ。てゆーか、年末はもう無理しない方がいいな。
その方が賢明かと思われます。また勝負の時に備え、ゆっくり休むなり、トレードの勉強するなりしていた方が賢明です。

株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき | GogoJungle

日々のトレードで、トレンドの方向性を見失いかけた時は、ゴゴジャンのMT4インジケーター(江守哲氏監修)を確認するようにしている。とくに1時間足、4時間足などの精度が高いらしい。
トレンド確認の目安になるなら心強いですよね。
ところで…江守哲氏のトレードルームにも貼ってある投資家必須アイテム「ラリー・ウィリアムズの投資アノマリーカレンダー」、トレーダーズショップから2022年版の限定発売はじまった。僕はさっそく購入したぞ。
2022年版は、ラリー・ウィリアムズさんとも親交が深い、成田博之さんが監修したアノマリーカレンダーのようです。