桑田・ユーミン・さんま躍動!1986年のメリー・クリスマス・ショー(Merry X’mas Show)!

大人のジャケ買い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メリー・クリスマス・ショー、懐かしいわね。
え~と(検索中)・・・1986年12月24日(水)に放送された、伝説の音楽特別番組ですね! 桑田佳祐さん、松任谷由実さん、明石家さんまを中心に、多くのミュージシャンが出演しました
ホントに錚々たるメンバーだった!桑田もユーミンもさんまも30代?長く活躍している3人だけど、特に脂がのってた時期だね
あらためて見直すと、みんな若いですね。
ちなみに、僕は高校生だったよ

出典:『メリー・クリスマス・ショー』 (Merry X’mas Show) 1986年12月24日|日本テレビ系列(NNS)

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:福山雅治と同世代。広く浅く世間を語る。
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)。独身。潔癖症。シニカルな視点は世代のせい?
名前:猫ちゃん(♀)
プロフィール:元オリーブ少女。独身(バツイチ?)。映画や音楽に詳しい。お酒とカラオケが好き。
オープニングはビートルズの「カム・トゥゲザー」!出演アーティストが、順番に登場するんだよね・・・
では、1986年のメリー・クリスマス・ショーを、YouTubeの映像で振り返ってみましょう!
スポンサーリンク

1曲目『カム・トゥゲザー(Come Together)』
KUWATA BAND他、出演者全員

今でも第一線で活躍しているアーティストが多いわね!みんな若い!さんまさんも若い!
え~と(検索中)・・・「カム・トゥゲザー」に続いて、いよいよスタジオから生中継です!桑田さん率いるクワタバンドが「MERRY X’MAS IN SUMMER」で登場します!
東京・青山からクリスマスイブに生中継というシチュエーションが、当時、田舎者のボクらなんかにはグッと響いたよね・・・ね!猫ちゃん(笑
一緒にすんな!
スポンサーリンク

2曲目『MERRY X’MAS IN SUMMER』 ~ 『ママがサンタにキッスした(I Saw Mommy Kissing Santa Claus)』
桑田佳祐、アンルイス他

アンルイスも最も活躍してた時期よね・・・旬のタレントとしての華があるわよね
さて!本編のはじまりです、まずは、T-REXさんの「テレグラム・サム」・・・アン・ルイスさん、吉川晃司さん、BOØWYさんらによる、まさに、ロックンロール・パーティーです!
スポンサーリンク

3曲目『テレグラム・サム(Telegram Sam)』
ロッケストラ(KUWATA BAND、アン・ルイス、吉川晃司、BOØWY、高見沢俊彦、鮎川誠 、DEKAPAN(依田稔)、SUE CREAM SUE)

BOØWYも出演してたのよね・・・!
次は、泉谷しげるさんとチェッカーズのパンク「赤鼻のトナカイ」!
どういう組み合わせやねん(笑
スポンサーリンク

4曲目『赤鼻のトナカイ』
泉谷しげる、チェッカーズ

チェッカーズも出てたのよね
泉谷しげるはただ怒鳴ってるだけ(笑
次は、中村雅俊さんが、三橋美智也さんの「達者でナ」を・・・三宅祐司さんらスーパー・エキセントリック・シアターさんの面々を従えて演じます!
スポンサーリンク

5曲目『達者でナ』
中村雅俊、小倉久寛、三宅祐司、スーパー・エキセントリック・シアター

もちろんミュージシャンが中心の番組なんだけど、本来バラエティー番組やドラマで主役の、さんまや中村雅俊が出演しているところが、いいんだよね
次は、問題のセッションらしいです・・・清志郎と桑田さんの対決です!ピアノは山下洋輔さんです!
スポンサーリンク

6曲目『セッションだッ!』
忌野清志郎、桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎

これ凄かったよね・・・
え~と(検索中)・・・高額なピアノをダメにしちゃったみたいです
VTRが終わった後に、「何で俺を呼ばねーんだ」って泉谷しげるが怒ってたわね、たしか(笑
猫ちゃんみたい(笑
うっせーよ!(怒
次は、アメリカのヒット曲「名前のない馬」・・・こちらは、いい雰囲気のセッションです。
スポンサーリンク

7曲目『名前のない馬(A Horse with No Name)』
KUWATA BAND、THE ALFEE、チェッカーズ

いい曲だよね・・・この後、探してアメリカのレコードを買ったもん
お次は、内山田洋とクール・ファイブさんの「長崎は今日も雨だった」と、ビーチボーイズさん「サーファー・ガール」のマッシュアップです
マッシュアップってなんだっけ?

マッシュアップ(英: Mashup)とは2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方は伴奏トラックを取り出してそれらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法である。

出典:ja.wikipedia.org

スポンサーリンク

8曲目『長崎は今日も雨だった – Dedicate to BEACH BOYS』
BEACH FIVE(泉谷しげる、吉川晃司、桑田佳祐、高見沢俊彦、中村雅俊)、松田弘、琢磨仁

これも歌の途中で、泉谷しげるが騒ぎ出すのよね(笑
泉谷しげるはこの番組の、ある意味、キーマンだよね・・・あと吉川晃司も
桑田佳祐と吉川晃司が呑んで話していたのが、番組のきっかけでしょ
らしいよね
次は、ロス・インディオス&シルヴィアさん「別れても好きな人」と、サンタナさん「ブラック・マジック・ウーマン」のマッシュアップです
スポンサーリンク

9曲目『別れても好きな人 – Dedicate to SANTANA』
SANTA★NA(鈴木雅之、桜井賢)、KUWATA BAND

ブラック・マジック・ウーマン

これ超面白かったよね!
アルフィーの桜井さん、最高よね!いいキャラだわ(笑
次は、キャンディーズさん「年下の男の子」と、ザ・コーデッツさん「ミスター・サンドマン」のマッシュアップです。
スポンサーリンク

10曲目『年下の男の子 – Dedicate to CHORDETTES』
アンルイス、原由子、松任谷由実

これも好きだったなあ!最高の雰囲気!
さあ、さんまさんの登場です。
人気バラエティー番組「さんまのまんま」に、KUWATA BANDが出演した時に桑田佳祐が即興で作った曲なんだよね
スポンサーリンク

11曲目『さんまのまんま』
明石家さんま、KUWATA BAND

※現在、YouTubeに動画がないようです・・・

KUWATA BANDが出演したときの「さんまのまんま」、何回もビデオで観たよ
次は石橋凌さんと小林克也さんが登場です!
スポンサーリンク

12曲目『I Wish I Was in New Orleans(想い出のニューオリンズ)』
石橋凌、小林克也、桑田佳祐

渋くてカッコいいわよねえ
ARBの石橋凌ね・・・石橋凌も、吉川晃司も、今ではすっかり名俳優だよね
次、ユーミンさんです!
スポンサーリンク

13曲目『一緒に暮らそう』
松任谷由実

一人だけソロで、自分のオリジナル曲を歌うユーミン・・・貫禄よね
でも、いいアクセントになってると思うよ
次は、BOØWYさん、吉川晃司さんのコラボのです!
スポンサーリンク

14曲目『Help!』
BOØWY、吉川晃司

妖しい雰囲気だったわよね
その後のコンプレックスへと・・・ここから発展したんじゃない?違う?
またまた、ロッケストラの面々による、ロックンロール・パーティーです!
スポンサーリンク

15曲目『夜をぶっとばせ(Let’s Spend the Night Together)』
ロッケストラ

鮎川誠、カッコいい!
さて、クライマックスが近づいてきました・・・年末恒例の第九を、なんと、忌野清志郎さんが熱唱します
スポンサーリンク

16曲目『第九交響曲 – ROLL OVER BEETHOVEN』
忌野清志郎

キヨシローが第九を歌うっていうのがいいのよね
ラストはみんなで、この曲です!
スポンサーリンク

17曲目『Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない)』
松任谷由実、桑田佳祐、全員

えええ!映像ないの?
翌年87年の映像はあるんですが、86年のはないんですよ・・・。
桑田さん作曲、ユーミン作詞のクリスマスソングね
その後、桑田さんのソロベストアルバムに収録されました。
いやいや、超懐かしかったねえ、またこういう番組をミュージシャンたちがやらないかなあ・・・
最近のテレビ業界、音楽業界だと、あんまり期待できそうにないわね・・・
小田和正がたまにやるよね、クリスマスに
小田さんのもいいですね
メリークリスマスショーが2年続けて放送されて、その後、何回か似たような企画の音楽番組がクリスマスにあったけど、イマイチだったんだよね・・・やっぱりミュージシャン主導で音楽愛を持ってやらなきゃね
30歳前後のミュージシャンに期待したいですね!
ゲスとか?
そうだ!ゲス頑張れ!
ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの事をこの二人は言っているのでしょうか・・・?

桑田・ユーミン・さんま躍動!1986年のメリー・クリスマス・ショー(Merry X’mas Show)!
桑田・ユーミン・さんま再集結!1987年もメリー・クリスマス・ショー(Merry X’mas Show)!

参考資料:wikipedia メリー・クリスマス・ショー

コメント

  1. […] 桑田・ユーミン・さんま躍動!1986年のメリー・クリスマス・ショー(Merry … 桑田・ユーミン・さんま再集結!1987年もメリー・クリスマス・ショー(Merry X’mas Show)! […]