伊藤広規氏のフェンダー・ジャズベース(1966年製)・バンダナ・愛人・酒・・・

やっぱAIだよね
これからは、人工知能(artificial intelligence、AI)ですよね
違うよ
僕が言ってるAIは、青山純 (ドラムス・故人) と伊藤広規 (ベース)のコンビ
日本が誇るリズム・セクションだよ
??

出典:d.hatena.ne.jp

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
今日は日本を代表するベーシスト、伊藤広規氏の話
最近は世界的にも注目されてるとか?
え~と(検索中)・・・、竹内まりやさんの楽曲を通して、そのベースも絶賛されています



【出会い】伊藤広規と山下達郎

全国ツアー「山下達郎 Performance 2010」より

出典:natalie.mu

氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~ より

出典:www.barks.jp

伊藤広規氏といえば、山下達郎を長年サポートし続けているベーシスト
え~と(検索中)・・・伊藤広規さんのプロフィールはこちらです

1977年、マジカルシティ(新川博Key 青山純Dr 牧野元昭G)でプロになる。
1979年、山下達郎に出会い、現在まで、山下達郎に関する殆どのレコーディング、ライブ活動に携わる。
80年代からの日本の名盤には「AI」のリズム隊あり。といわれるほど、青山純ds.と伊藤との音で埋め尽くされている。
2005年にはライブサポートで渡仏し、青山純と日本のミュージシャンで初めてパリコレクションでライブパフォーマンスをする。
現在までレコーディングを依頼された楽曲の数は2500曲を超え、ツアーライブサポートのステージも2500本を有に超える。
2009年、レーベルBASS&SONGSを創設し、自身の作品、プロデュース作品を制作している。
2013年、ニッポンの音楽をもっと元気に! と、Guitar☆Man LIVEプロデューサーとして最強のミュージシャンたちの核となって熱いライブを展開している。
自身の活動に加え、若い才能あるアーティストたちのプロデュースや、全国で、リズムを中心のセミナーも展開している。
2017年40周年を迎え、日本屈指のベーシストと呼ぶ枠を超え、多忙な音楽家としてニッポンの音楽シーンの第一線で精力的に活躍している。

出典:Amazon

山下達郎のバックバンドも、ドラムやギター、コーラスは変わったけど、ベースは不動だね
え~と(検索中)・・・最近は、山下達郎さん、伊藤広規さん(ベース)、難波弘之さん(キーボード)の三人で、「城北トリオ」を名乗り、ライブハウスを回っています
なんという贅沢な・・・熊本にもこないかなあ


【ジャズベース】伊藤広規と菊丸(フェンダー・ジャズベース 1966年製)

とあるショップのホームページより(1966’s Fender Jazz Bass)
※写真は伊藤広規氏のジャズベースではありません

出典:www.vintageandrare.com

とあるショップのホームページより2(フェンダー・ジャズベース 1966年製)
※写真は伊藤広規氏のジャズベースではありません

出典:b-west.net

山下達郎との仕事で伊藤広規氏が使うのはこの楽器
「菊丸」というニックネーム、1966年製のフェンダー・ジャズベース
菊丸?
かわいい名前ですね(笑)

※伊藤広規本人のベース弦に関するコメントより
1980年代から、私のさまざなベースで愛用しているベース弦メーカー『D’Addario』とエンドースメント契約をしました。
 
山下達郎で使用しているFenderジャズベース「菊丸」、予備で常に待機している小島隆晴作の「偽丸」ではヘビーゲージを、太さは110・90・75・55を使用していたり、Kaz guitarのグリーンモンスターは、110・90・70・50を使用しています。
 
ヘビーゲージは私の奏法にマッチしていて、一本だけ張り替えても音の差があまりなく、耐久性もよいので気に入っています。

出典:ito-koki.com

「偽丸」っていうのもあるのか
え~と(検索中)・・・「偽丸」は Kojima Factory というところが作っているらしいですね
でもなんで菊丸っていうんだろ?
菊丸の由来は?
え~と(検索中)・・・こちらです

『菊丸』のルーツに迫る重要証人と遭遇しました!
この方、大海さんです。
コーキさん地元ライブでギター、ベースで参加されていました。

なんと菊丸の前の所有者であり、『菊丸』の名付け親だそうです。
そこで突撃インタビュー(笑)

Q:まず、大海さんの手元に、なぜこの楽器が来たのでしょうか?
 
 A:Sandii&The Sunsetz というグループがあって、代々、そこのベーシストが
 この楽器を受け継ぐことになっていました。
 何代か前には、恩蔵隆さんという、久保田麻琴と夕焼け楽団のベーシストに
 辿り着きます。
 

Q:では楽器に名前を付けた理由は何でしょう?

 A:自分にとって、いつも傍に置いておきたい“お稚児さん”のような存在だから。

織田信長の横にいつも蘭丸が控えていたように、自分の横にいつも居る可愛い楽器、、
という意味が込められていたのですね。

Q:では「菊丸」は美少年だったんですね?

 A:そうです!

なるほど・・・
名前の影に意外な真実あり。

補足させていただきますと・・・
菊丸の初代オーナーは”久保田麻琴と夕焼け楽団及びSandii&The Sunsetz”のキングチャンプ・恩蔵さん、二代目オーナーは私、そして90年代からのオーナーは広規”エドワーズ”伊藤、ということになり、このアバウト20年近く菊丸育ての親は”伊藤広規”という世界遺産・ギネス・アカデミーも真っ青というヒストリーでございましたd(^^)v 

補足ついでに、タツロー・ファンの間では最高のライブと言われております”RIDE ON TIME”ツアーのコーラス:和田夏代子+鈴木ひろこ(Ittoちゃん)も数十年ぶりに再会致しましたので、記念の写真も新旧あわせてお楽しみください!


出典:mixi.jp

【定番】伊藤広規とバンダナ

出典:kaminari-guitars.com

伊藤広規氏のベースにはバンダナが巻いてある
どうしてですか?

※『伊藤広規、青山純のラジカントロプス2.0』(2013年4月15日OA)より
植竹:
伊藤さんのベースでお馴染みの、あのバンダナをベースに巻いてらっしゃいますけども。
あれは、何ですか・・
立川談志師匠がよくバンダナをしてましたけども(笑)

伊藤広規:
ストラトキャスター持ってまして。
それ友達の家に貸した時に、ある日そのストラトの頭に赤いバンダナが巻いてあって。
“あっ可愛いな”って思って。

それから巻くことになったんです。

植竹:
もうね、それは伊藤さんといえば、バンダナをベースに巻いてるみたいな感じが。

伊藤広規:
あれは一発で一目惚れしちゃって。

植竹:
たくさんバンダナ持ってらっしゃる?

伊藤広規:
最近、いろいろチャリティーでバンダナ発売してるし。
1枚2千円以上ということで。
ライブのたびに、いつもお客さんに買ってもらってます。

出典:yamashitatatsuro.blog78.fc2.com

かわいいから巻いていたのか(笑)
そんな伊藤広規さんが可愛いですね(笑)

【女性に優しい】伊藤広規と愛人

伊藤広規氏といえば、全国にいるという数多くの愛人
ええ!?

本日のゲストさん 伊藤 広規さんから
愛人No.36の称号をいただきました!笑
しほです。

とっても活力に溢れておられる方で
それでいて女性に優しい素敵な方でした。
熊本の温泉が大好きだそうです!

出典:blog.rkk.jp

この30号~40号あたりが2014年だからね
今はどこまで増えている??
あ、よかった・・・
健全そうな愛人さんたちですね

こちらも伊藤広規氏の愛人?

【思い出】伊藤広規と酒

そして最後に、伊藤広規氏と酒
なんか今日これだけ検索していて、お酒とかグルメとか好きそうな方だとお見受けしました
伊藤広規氏は、仕事で全国を回りながら、日本各地の美味しいものを食べ、酔っぱらっているイメージ
数年来、SNSをフォローしているけど、イメージどおり(笑)
人生を楽しんでいらっしゃるようです
例えば、山下達郎のツアーなんかで、最近の達郎は体調管理のためツアー先での放蕩はないようだけど、伊藤広規氏は変わらず酒とグルメを楽しんでるみたいだよね
達郎さんはストイックですねえ
ちなみに・・・僕も飲み屋で伊藤広規氏を見かけたことがある
本当ですか?
あれは僕が大学生の頃
20数年まえ?
あ、かなり昔の話ですね(笑)
東京・三軒茶屋に「赤鬼」という日本酒のお店がある
三軒茶屋の赤鬼
僕は大学の先輩に連れられて行ったんだけど、カウンターで伊藤広規氏が呑んでいるのを見た
話しかけました?
先輩が話しかけるのを僕は見ていただけ
どんな話をしてたかは全く忘れちゃったけど、山下達郎バンドのベーシストを間近に見て感動したよ
それからしばらく、達郎マニアの先輩は伊藤広規氏につきまとっていたよ(笑)
迷惑な先輩ですねえ・・・(苦笑)
また東京行ったら、赤鬼に呑みに行きたいなあ
え~と(検索中)・・・あ!
立派なホームページもあるし、赤鬼さん健在です
「赤鬼」銘酒居酒屋〜銘酒100種類以上と日本酒(十四代)が全種類飲める店〜
そりゃ、健在だろう、人気店だし
それからというもの・・・伊藤広規氏の名前を聞くたびに、日本酒が呑みたくなるのであった(笑)