【NYダウ日記(2022年6月20日-24日)】パウエル議長発言でインフレ抑制の方針を確認し金利下落&株価大きくリバウンド、このまま月末までは上昇か?【ゆるゆる投機的行動210】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年6月13日-17日トレード日記だよ。先週分の下げは今週でほぼ戻したな。
今週の注目イベントは水・木、パウエル議長発言でした。あらためてインフレ抑制の方針を確認し、金利が下落、株価は上昇しました。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年6月13日-17日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年6月20日-24日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【6/20(月)】「奴隷解放記念日」で米休場、ジリ上げ(変動幅約480ドル)【損益:70pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

案の定、米株はあんまり動かなかったな。微益。
週明け月曜日は「奴隷解放記念日」で米休場でした。欧州株に連れ高でしょうか、米株指数はジリ上げでした。

スポンサーリンク

【6/21(火)】先週の株急落からリバウンド狙いに買いが優勢、ドル円は136円台なかばへとさらに円安(変動幅約530ドル)【損益:140pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

円弱弱…ドル円も触ればよかった。米連休明け、米株指数は月曜日の流れで特に理由なくリバウンド。終日上目線で目標利益確保。こういう流れがはっきりした日はもっと攻めてもいいかも、だな。
特別な株高材料はありませんでしたが、先週の株急落からリバウンド狙いに買いが優勢でした。ドル円は136円台なかばへと、さらに円安が進みました。24年ぶりの水準です。

スポンサーリンク

【6/22(水)】注目のパウエルFRB議長議会証言でリセッション意識、米株3指数小反落(変動幅約770ドル)【損益:マイナス30pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

マジで消耗した…。朝から取ったポジがことごとく裏目、往復ビンタ、損切りドテンする度にマイナスが増えていく。今週の注目パウエル会見までにすでにかなりの損失を出していた。損失を受け入れ、この日はもうトレードやめようと思いつつ、会見後にダウロングしたらこれが大正解。マイナスの約9割を回収できた。いや、マジで消耗した…。
注目のパウエルFRB議長議会証言はややタカ派な内容、リセッション(景気後退)が意識され米株3指数とも小反落です。この日は確かに、方向感がない一日だったと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

【6/23(木)】パウエル下院証言「FRBはインフレ抑制に無条件でコミットする」、米国債利回りは続落、リセッション懸念も3指数揃って上昇(変動幅約450ドル)【損益:260pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

この日もパウエル議長発言があったが、前日ほどは動かず。トレードは目線があっていたのか、比較的ストレスなく、1日の目標プラスアルファを確保。今週もあと1日、頑張るぞ。
パウエルさん、前日の上院に続いてこの日は下院証言でした。内容はほぼ同じでしたが、米国債利回りは続落、リセッション懸念は高まっていますが、3指数揃って上昇となりました。

スポンサーリンク

【6/24(金)】大きな株高材料はないものの3指数とも大幅高(変動幅約960ドル)【損益:90pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

金曜日は上昇して終わるだろうという予想通りだったが、ちょっと腰がひけて米時間にトレードできなかった。微益。結果、今週は総じてプラスだったのでよしとしよう。
金曜日、大きな株高材料はないものの3指数とも大幅高で一週間を終えました。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】パウエル議長発言でインフレ抑制の方針を確認し金利下落&株価大きくリバウンド(変動幅約1770ドル)【2022年6月20日-24日】

2022年6月20日-24日の一週間(15分足チャート)

TradingView

先月5月は最初は調子よくトレードしていたのに3週目で大失敗した。今週は6月3週目、6月も前半は比較的順調だったので今週はより慎重にトレードしたつもり。可もなく不可もなく、微益を積み上げたのでよしとしよう。
今週の注目イベントは水・木、パウエル議長発言でした。あらためてインフレ抑制の方針を確認し、金利が下落、株価は上昇しました。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】6月末まではリバウンドが続くか?【2022年6月27日-7月1日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

今月はもう大きなイベントないよね? とりあえず来週まではリバウンド続きそうだな。先月5月は月間負け越したので、来週は確実にプラスを積み上げ6月月間を勝ち越して終わりたい。今は手法うんぬんより勝つ習慣をつけることが最重要。頑張るぞ!
来週の指標は、6/29(水)1-3月期四半期実質国内総生産(GDP)、6/30(木)5月個人消費支出(PCEデフレーター)、7/1(金)ISM製造業景況指数、といったあたりが注目です。また、6/29(水)にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長発言もあるようです。

出典:www.gaikaex.com

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

そして、井口さんの本が出るらしい。鎌田さんの本、トイプーの本と一緒に要チェック!
昨日2022年6月24日(金)、井口喜雄さんの「勝者のトレード」がついに発売となりました。

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。