【熊本ぼちぼち新聞】ジュニアサッカー「小金井フットボールクラブ」で全国大会優勝経験あり!元おニャン子・生稲晃子氏(54)は東京選挙区(定員6)を勝ち抜くことができるか?!【2022年6月18日(土)~24日(金)|第24号】

熊本ぼちぼち新聞(全国版)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
7月10日(日)投開票、参院選の予習をしておこう。
朝日新聞デジタル(2022年6月23日 22時30分)によると、「自公、改選過半数上回る勢い 維新は倍増視野」だそうです。

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
熊本ぼちぼち新聞では、僕ら目線でゆるーくぼちぼちと一週間を振り返っていく。 

※最近はオンラインで読めるので、全国から気軽に熊本日日新聞が購読できます。→熊本県外プラン:月額3,400円(税込)

今週は【2022年6月18日(土)~24日(金)】です。
スポンサーリンク

【2022年6月18日(土)】「新県民割」1日最大1万1000円だが…

出典:読売新聞オンライン

僕らみたいに、県内または近県にクルマで週末小旅行したい家族は、これまでの県民割の方がお得じゃん…。改悪だな、つまらん。
平日に遠くへパック旅行する方はお得になるようです。

【幸運の白いヘビ?】「アルビノ」のアオダイショウ

出典:熊本日日新聞

おじいちゃんの顔が、なんとも穏やかでいい顔。幸運が訪れるといいね。
御船町のおじいちゃんです。

スポンサーリンク

【2022年6月19日(日)】ジュニアNISA(2023年度末廃止・出金制限緩和)、口座急増

出典:読売新聞オンライン

そのうちやりたいと思いつつ…2年以内に資金の目途が立てばやりたいな。
廃止まで2年で160万の投資が可能です。

【180センチ】元プロバスケ選手・金子仁美さん(植木町出身)、警察官に

出典:熊本日日新聞

素晴らしい! こういう若者がこそが日本の未来だぞ!
ですね。応援したくなります。

スポンサーリンク

【2022年6月20日(月)】津軽の中華そば(津軽ラーメン)|吉幾三(歌手)

出典:読売新聞オンライン

津軽ラーメン、旨そう。絶対いつか食べに行く!
吉幾三さん、ご自身でも津軽ラーメンをスタッフに振舞われているようですね。

1973年“山岡英二”でデビュー。3月1日より、芸能生活50周年に突入する、昭和・平成・令和にまたがる世紀のエンターティナー、吉幾三本人による選曲にて全50曲を新録音。1年間で5タイトルに分けてリリースしていく企画アルバム第1弾。 (C)RS

1973年“山岡英二”でデビュー。3月1日より、芸能生活50周年に突入する、昭和・平成・令和にまたがる世紀のエンターティナー、吉幾三本人による選曲にて全50曲を新録音。1年間で5タイトルに分けてリリースしていく企画アルバムの第2弾。 (C)RS

【衆院選2022・熊本】出馬表明4氏、公開討論

出典:熊本日日新聞

参政党新人・高井千歳(36歳)「日本は長く賃金が上がらず、外国資本に不動産を買いたたかれている。現状を変えたい」、これが刺さる。できるかできないかは別として。
参政党、かなり気になっているようですね。

スポンサーリンク

【2022年6月21日(火)】主要政策を巡る各党の立場【参院選2022】

出典:読売新聞オンライン

参院選2022。憲法改正、防衛費増、原発再稼働、経済政策について、各党の立場を確認しておこう。
ふむふむ。

自民圧勝・立民没落と思っていたら、ここにきて円安・物価高で批判されたら自民ヤバいかも…。節電28度とか、ポイント還元とか、マジやめてくれと思う。
かといって立民は信頼できないという人が多いのが現状ですよね(苦笑)。

岸田首相、「憲法改正し日本を守ります」「安全に配慮して原発再稼働します」ここでバシッと決めないとホントに負けちゃうぞ。
衆院選はどういう展開になるでしょうか?

【熊本移住】漫画家・川崎のぼる氏(81歳・菊陽町在住)、読売で足跡を振り返る短期連載

出典:読売新聞オンライン

菊陽町、知人のご近所さんなんだよね。お元気なうちに、ぜひサインを貰っておきたい。
へー。もう熊本に移住されて20年が経つんですね。

スポンサーリンク

【2022年6月22日(水)】山下達郎ニューアルバム「SOFTLY」全面広告

出典:読売新聞オンライン

山下達郎ニューアルバム「SOFTLY」全面広告来たぞ!
本日発売です!

【中年女性&中年男性】ボーイズラブとパパ活、どう違うの?

出典:熊本日日新聞

自分の娘がパパ活、息子がボーイズラブの餌食になるのはどっちもイヤだぞ。パパ活はあんなに非難されるのに、オバサンのBL趣味はポジティブに報道されるの、これ如何に? どっちも気持ち悪いぞ。
そうかも、ですね(苦笑)。

スポンサーリンク

【2022年6月23日(木)】2022参院選 比例選(改選定数50)候補者一覧

出典:読売新聞オンライン

地元熊本の注目候補、異色候補、それに一応タレントなどをチェック、ふむふむ。比例はどこにしようかな? 基本自民と思ってたけど、節電で28度とかポイント還元とか言ってるから、なんか覚めた。
地元熊本の注目候補、維新から立候補する松野明美さん、名前は割と後ろの方ですね。
ところで、ごぼう(11人)、参政(5人)、日本第一(2人)、くにもり(2人)、新風(1人)…「ごぼう」って何?
え~と(検索中)…「ごぼうの党」は有名人のSNSツイートをきっかけに注目を集めているようです。反ワクチン、反マスク、ちょっと怪しげ? その他はご存じのとおり、右派系の政党のようですね。

【日韓W杯の頃】熊本の「赤い悪魔」

出典:熊本日日新聞

日韓W杯の頃、僕は東京にいたから熊本の盛り上がりを知らないので、これは興味深い。そうそう熊本にベルギーがきたんだよね。この記事に登場する「相撲ちゃんこ」の店にぜひ行ってみたいと思ったけど、グーグルで真っ先に出てくるのは「力士料理 にしき」。「力士料理 にしき」は比較的最近オープンした店のようだから、記事に出てくる店とはたぶん違う。記事の店はひょっとしてもうない? まあ「力士料理 にしき」も行ってみたいけどね!
え~と(検索中)…南熊本の「チャンコ久光」、健軍の「やっこ」、八代の「ちゃんこ無双」、熊本はちゃんこの店が少ないですね。どこも記事の店とは違うかと思われます。

スポンサーリンク

【2022年6月24日(金)】2022参院選・比例候補者の顔ぶれ

出典:読売新聞オンライン

ミーハーですまん。各党の有名人候補を確認しておく。
そこから政治に関心を持つことは悪いことではありません。
自民は、「ラブひな」や「魔法先生ネギま!」の漫画家の赤松健氏(54)、元SPEEDメンバーの今井絵理子氏(38)は再選を目指す。立民は、衆院福岡2区選出自民「鬼木誠」議員と同姓同名の新人・鬼木誠氏(58)、衆院落選で鞍替えの辻元清美氏(62)。維新は、元キャスター・現職の石井苗子氏(68)、元アナウンサーの松浦大悟氏(52)、スポーツライターの青島健太氏(64)、元都知事で作家の猪瀬直樹氏(75)、歌手の中条きよし氏(76)、元熊本県議・マラソンの松野明美氏(54)、そしてちょっと気になるのが、鹿児島出身西郷さんの「玄孫(やしゃご)」西郷隆太郎氏(39)。れいわは、タレントの水道橋博士氏(59)。N党は、れいわ代表山本太郎と同姓同名・同年齢の新人・山本太郎氏(48)。
同姓同名問題は今回もあるんですね(苦笑)。
なお、社民は党首・福島瑞穂氏(66)を始め、幸福・ごぼう・参政・日本第一・くにもり・新風は、それぞれ党首が立候補している。党首はせめて1議席取りたいだろうが、どうなる?
ちなみに、辻元清美氏と並ぶ立民の女性ツートップ・蓮舫さん(54)、自民話題のタレント候補・元おニャン子クラブメンバーの生稲晃子さん(54)は、東京選挙区(定員6)から出馬されます。
東京選挙区は、れいわの山本太郎氏(47)、維新の元大阪市議会議員・プロスノーボード選手・海老澤由紀氏(48)、自民現職・元バレーボール日本代表の朝日健太郎氏(46)、そして、やはり政治家を目指す無所属・乙武洋匡氏(46)と熾烈な戦いが予想される、注目だな。

出典:www.nhk.or.jp

出典:読売新聞オンライン

【2022参院選・熊本】政見・経歴放送の日時(熊本選挙区)

出典:熊本日日新聞

とりあえず「6/29(水)NHK総合18:30~18:57」をチェックだな。期日前投票に行くならその週末がいいかな。てゆーか、ネットにないの?
え~と(検索中)…高井千歳候補と出口慎太郎候補は最近の動画ですが、松村祥史候補は前回の参院選、本間あきこ候補は昨年の衆院選の動画です。

日本の宝は日本の若者 参政党 高井千歳【TAKUMI FILMS】

R4(2022)4/13(水)④リルファ政治系【立憲民主党熊本県連・街頭演説会】(鎌田聡、出口慎太郎、西聖一、西岡誠也)びぷれす前広場(聴衆よりマスコミの数が多かった…)・出口慎太郎・参院選出馬候補

松村よしふみ候補 出陣式 安倍総裁応援演説。

熊本県 本間あきこ 政見放送

スポンサーリンク

【熊本ぼちぼち新聞】ジュニアサッカー「小金井フットボールクラブ」で全国大会優勝経験あり!元おニャン子・生稲晃子氏(54)は東京選挙区(定員6)を勝ち抜くことができるか?!【2022年6月18日(土)~24日(金)】

出典:www.yomiuri.co.jp

元おニャン子・生稲晃子、サッカーやってたの?マジ?
生稲晃子さんは東京都小金井市出身です。地元のジュニアサッカーチーム「小金井フットボールクラブ」に所属し、全国大会優勝した時のメンバーだそうです。

※Wikipediaより
東京都小金井市出身。地元のジュニアサッカーチーム「小金井フットボールクラブ」に所属し、全国大会優勝した時のメンバーである。
小金井市立緑中学校→私立吉祥女子高等学校 → 恵泉女学園短期大学英文学科卒業。高校は芸能活動禁止であったが、生稲の成績が非常に優秀であったため、「トップの成績を維持すること」と「大学を受験する事」の2つを条件に芸能活動が特別に許可された。

出典:ja.wikipedia.org

「小学校のころからスポーツは得意で、助っ人として参加した女子サッカーチームで、全国大会にも出場しました。小6のときの50メートル走のタイムは6秒08。ですから『タッチ』のヒロインで、スポーツ少女の南ちゃんのイメージガールを選ぶ『ミス南コンテスト』では『芸能界でいちばん足が速い石川秀美さんにも、絶対に勝つ自信があります』とアピールしたんです」
そう懐かしそうに振り返るのは、生稲晃子さん(53)。

出典:www.excite.co.jp

単なるタレント候補だと思ってたけど、サッカー経験者となると、俄然応援したくなってきた。しかし、激戦の東京選挙区(定員6)を勝ち抜くことができるか?!
生稲晃子さんを評価する方もいらっしゃいますよ。

※昨年の衆院選の議席予測で自民、公明両党の議席を完全的中させた選挙プランナーの三浦博史氏(71)が各党の情勢を徹底分析

 全国屈指の大激戦が予想される東京選挙区(改選6)。三浦氏は自民2、立民1、公明1、共産1議席の獲得は堅いと分析する。
 「自民の朝日健太郎氏、生稲晃子氏は当選圏内。生稲氏は、新人としては演説も評判が高く、一番伸びしろがあります。蓮舫氏(立民)、竹谷とし子氏(公明)も圏内。本来、山添拓氏(共産)はトップ3に入ってもおかしくないのですが、意外と伸び悩んでいます。共産支持者の高齢化が進んでいることに加え、志位和夫委員長が二十数年間、代表に居座っており、組織は硬直化していると言われています」
 残り1議席をファーストの会の荒木千陽氏、れいわ・山本太郎氏、日本維新の会・海老沢由紀氏、無所属の乙武洋匡氏らで争う構図になる。
 「荒木氏は小池百合子都知事の全面的な力を借りても、思ったほど伸びていません。維新は擁立する候補者によってはブレイクする可能性もありましたが、大阪市議の海老沢氏では厳しい。最後に滑り込むのは山本氏でしょう」

出典:hochi.news

いやあ、でもここは油断できんぞ。これからの一週間で、追い上げる候補者もいるだろ? れいわ・山本太郎氏、無所属の乙武洋匡氏も強いと思うぞ。
現在の分析はこちらです。

出典:go2senkyo.com

これは東京選挙区の行方が楽しみになってきた。蓮舫も今や断トツ1位じゃないみたいだし。
さて!どうなるでしょうか?!

生稲晃子氏街頭演説(2022年5月29日撮影)