【NYダウ日記(2022年7月11日-15日)】CPIに狼狽しミシガン大指数に胸をなで下ろす、でもちょっと夏枯れ?【ゆるゆる投機的行動214】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年7月11日-15日トレード日記だよ。今週の成績は3歩進んで2歩下がる。金曜日に失敗して悔しい。
今週CPI、ミシガン大指数を消化しました。次は再来週のFOMCが注目です。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年7月4日-8日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年7月11日-15日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【7/11(月)】中国で銀行破綻&コロナ再拡大懸念、米株はCPIや決算控え様子見で下落(変動幅約310ドル)【損益:80pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

ボラ低いし、出来高も減っているようだな。もう夏枯れ? 無理しないで微益撤退。
米国株式市場はCPIや決算控え様子見で下落しました。中国でのコロナ再拡大も懸念されているようです。

スポンサーリンク

【7/12(火)】CPI控え売り優勢で米株続落、米時間フェイクニュースで急落場面も(変動幅約500ドル)【損益:190pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

終日下目線でトレード。米時間にショートが捕まって、望まずして売りまし寝ショートしたらたまたま成功した。米時間に急に下げたの、あれ何?
CPI控え売り優勢、米株続落です。なお、深夜の急落の原因はフェイクニュースだった模様です…。

スポンサーリンク

【7/13(水)】6月CPIは前年比9.1%上昇、40年超ぶりの大幅な伸び(変動幅約812ドル)【損益:140pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

CPI前から発表後まで、爆益とまではいかないが、比較的安全に利益を得ることができた。「事前に自分の中でシナリオを作った上で、先走りせず落ち着いてトレード」これ徹底。
6月CPIは市場予想を上回る結果となりました。米株式相場は続落です。逆イールドも加速しています。

スポンサーリンク

【7/14(木)】4-6月米決算発表始まる、米株まちまち(変動幅約670ドル)【損益:70pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

朝から上目線でトレードしていたのだが、お昼すぎから含み損が膨らんでいった。結局米時間までヤキモキ、一度ロスカット(※IG証券のノックアウト・オプションなのでKO)され、また入りなおしてそのまま寝ロング。夜中にやっと報われたよ。微益だったがマイナスにならなくてよかった。CPIを経て、週末までは一旦買いだと思ったんだけどなあ。
これから4-6月米決算が本格化します。皮切りは米銀JPモルガンチェースですが、利益は市場予想を下回りました。米株はアメリカ時間の朝方まで下落していましたが、持ち直しました。ドルは139円付近です。

スポンサーリンク

【7/15(金)】7月ミシガン大調査の予想インフレ低下、再来週FOMC「1.00%利上げ」予想が和らぎ米国株上昇(変動幅約765ドル)【損益:マイナス160pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

ぐぬぬ。微益ながらずっと勝っていたのに金曜日に負けてしまった。週末に向け上昇するだろうと予想していたのに、ついショートして失敗。週末敗因を検証する。
21時以降の急騰は指標が原因のようです。小売売上高(21時半)が良好、さらにミシガン大消費者信頼感指数(23時)の予想インフレが2.8%に低下したことから、金利低下&株高となったようですね。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】CPIに狼狽しミシガン大指数に胸をなで下ろす、でもちょっと夏枯れ?(変動幅約000ドル)【2022年7月11日-15日】

2022年7月11日-15日の一週間(15分足チャート)

TradingView

今週は3歩進んで2歩下がる。金曜日のトレードに失敗して、マイナスじゃないけど悔しいな。
CPIに狼狽し、ミシガン大指数に胸をなで下ろす。今週は木曜日の欧州時間まで下げましたが、同米時間から金曜日の終了まで上昇しほぼ下落分を戻しています。ここ数週間は出来高も減っていますし、「夏枯れ」でしょうか?

スポンサーリンク

【来週どうなる?】再来週27日(水)のFOMCまで小康状態が続くか?【2022年7月18日-22日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

注目は再来週27日(水)のFOMC。来週ブラックアウト期間で要人発言もないし、突発的なニュースがない限り、大した動きはなさそう。
週足チャートを俯瞰しますと、6/13の週からダウは30000ドルから31800ドルの範囲でレンジ相場になっています。ゴルディロックスでしょうか。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

そして、井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェック!
井口さんの本は6月末に発売されたばかりです。

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。