1985年夏、この人、暑さでおかしくなっちゃった?!~デイヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)の「クレイジー・フロム・ザ・ヒート(Crazy from the Heat)」

もうすっかり夏だぞ!
あい、でぃぐ!あい、うぃっしゅ、でー、おーる、くっびー、かりふぉにゃー♪
どうしたんですか?・・・暑さで頭がおかしくなっちゃっいました?

出典:genius.com

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

ヴァン・ヘイレンのボーカリストがなんで・・・?

出典:stacysrandomthoughts.com

「ダイヤモンド・デイヴ」の異名を持つ、デイヴィッド・リー・ロス

デイヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth, 1954年10月10日 – )はアメリカのミュージシャン(ボーカリスト・作詞・作曲家)、音楽家。ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのボーカリストである。インディアナ州ブルーミントン生まれ。身長182cm。バンドのエンターテインメント性重視の路線を牽引し、その明るく豪快で華やかなキャラクターから「ダイヤモンド・デイヴ」の異名を持つ。

出典:ja.wikipedia.org

唐突にすまんね・・・(笑)
いえ、いつものことですから
さてさて!僕は当時、ヘビーメタルとかハードロックとか、よくわからなかったんだよね・・・ヴァン・ヘイレンくらいは知ってたけどさあ
今日は、ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのボーカリストの話題ですね・・・え~と(検索中)、デイヴィッド・リー・ロスさんは、かの有名なハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのボーカリストですね
そう・・・そして、そのデイブが突然、ビーチボーイズの「カリフォルニア・ガールズ」を歌って、それが全米で大ヒットしたんだよ
ソロ活動で、本業とぜんぜん違う音楽をやったということですね
折しも、MTV隆盛の1980年代・・・カリフォルニアの浜辺で陽気に騒ぐ、ミュージックビデオが楽しそうだった
カエル;マドンナさんとか、マイケル・ジャクソンさんなんかが流行った時代ですね
1985年だから、僕が高校一年生の時だね

遠い夏の日、僕はポップスを探す旅に出る・・・

このアルバムはミニアルバムなんだよね・・・4曲しか入ってないから、カセットのA面とB面に同じ内容を録音して、リピートして聴いたっけ
え~と(検索中)・・・YouTubeに全部ありましたよ!
お、懐かしいイントロが聞こえてきたぞ・・・
1曲目:イージー・ストリート – “Easy Street” (Dan Hartman) – 3:49

「イージー・ストリート」はエドガー・ウィンター・グループのアルバム『恐怖のショック療法』(1974年)からのシングル・ヒット曲のカヴァー。

出典:ja.wikipedia.org

Easy Street – David Lee Roth

エドガー・ウィンターは白人ブルース・ギタリスト、ジョニー・ウィンターの弟ね
エドガー・ウィンターさんや、ジョニー・ウィンターさんの音楽も、ばりばりのヘビーメタルやハードロックではないですよね?
でもルーツは一緒だよ、考えてみれば・・・ヴァン・ヘイレンもブレイク前、小さなクラブでジャズやブルースを演奏していたっていうからね
根っこは、古き良きアメリカン・ミュージックなんですね
2曲目:ジャスト・ア・ジゴロ〜ノーバディ – ” Medley: Just a Gigolo/I Ain’t Got Nobody” (Irving Caesar, Leonello Casucci / Roger Graham, Spencer Williams) – 4:43

「ジャスト・ア・ジゴロ」はビング・クロスビーが1931年にヒットさせた曲だが、本作のヴァージョンは、ルイ・プリマが1956年に発表した「ノーバディ (I Ain’t Got Nobody)」とのメドレーに基づいている。

出典:ja.wikipedia.org

David Lee Roth – Just A Gigolo

ちなみに、このアルバムから、最初に「カリフォルニア・ガール」、次に「ジャスト・ア・ジゴロ〜ノーバディ」がシングルカットされたよ
4曲中2曲がシングルカットですか
この「ジャスト・ア・ジゴロ〜ノーバディ」のミュージック・ビデオは「カリフォルニア・ガール」が終わったところから映像が始まるんだね
アルバム収録の順番と逆ですね
この曲が本当に好きだった・・・デイヴのスキャットも耳コピしたもんね
大学時代に音楽サークルで演奏したんですか?
こんな感じ・・・はばで、べぼで、じぼで、ぱ!あ~、えいん、が、の、ば~、で~♪
したんですね(笑)
ちなみに、ジャスト・ア・ジゴロ〜ノーバディのメドレーは、最近のカラオケにも入ってるからね!
3曲目:カリフォルニア・ガール – “California Girls” (Brian Wilson, Mike Love) – 2:50

「カリフォルニア・ガール」はザ・ビーチ・ボーイズが1965年にシングル・ヒットさせた曲で、オリジナル・メンバーの一人であるカール・ウィルソンが、クリストファー・クロスと共にバッキング・ボーカルで参加。

出典:ja.wikipedia.org

California Girls [HD] – David Lee Roth

むしろ、僕らの世代は、ビーチボーイズより、こっちのヒットの方がリアルタイムだからね
サザンの桑田さんみたいなノリの映像ですね
パフォーマンスになんか共通項があるよね、年も一緒くらいじゃない?
以前も、そんな話しませんでしたっけ?

※過去のエントリーはこちら→ロック、ポップス、歌謡曲! サザン・桑田佳祐の音楽的ルーツを探る。

2014年のライブ、ビーチボーイズのマイク・ラブらと一緒に
David Lee Roth – California Girls

4曲目:ココナツ・グローヴ – “Coconut Grove” (John Sebastian, Zal Yanovsky) – 2:53

「ココナツ・グローヴ」は、ラヴィン・スプーンフルがアルバム『ハムズ・オブ・ザ・ラヴィン・スプーンフル』(1966年)で発表した曲のカヴァー。

出典:ja.wikipedia.org

Coconut Grove – David Lee Roth

そして、アルバムはこの美しく静かな曲で終わるね・・・この曲は、ロジャー・ニコルズのカバーもあって、特に日本では、そっちも人気だね
心地よい南の風に吹かれているようです
バラエティに富んだ選曲でしょ・・・デイヴィッド・リー・ロスは、決してハードロック・ヘビーメタル一辺倒ではないんだね


人生なんて、すかした顔して歩けいていけばいいのさ

このミニアルバムの後、デイヴィッド・リー・ロスはヴァン・ヘイレンに別れを告げ、他のミュージシャンとまたハードロック・ヘビーメタルをやるんだよ
バンド脱退ですか
そして、新しいユニットのアルバムでも、必ず一曲はこういったスタンダードやポップスのカバーもやるんだ
このミニアルバムで、やっていたような曲ということですね
スティーヴ・ヴァイやビリー・シーンといった、技巧派のプレイヤーと共に制作した、翌年のソロアルバム「イート・エム・アンド・スマイル」・・・そのラストに収録されているフランク・シナトラの「ザッツ・ライフ」
フランク・シナトラさんですか、ジャズですよね
この曲を聴きながら、今日はこのへんで・・・ぼくのいい加減な訳詞付きだよ
また、くま訳ですね(笑)
この詞なんて、デイヴの人生観と一緒のような気がするなあ・・・

I’ve been a puppet, a pauper, a pirate
A poet, a pawn and a king
I’ve been up and down and over and out
And I know one thing
Each time I find myself flat on my face
I pick myself up and get back in the race

出典:That’s Life 歌詞より

オレは、ある時は人形(パペット)、
ある時は貧乏人(パパ―)、
海賊(パイレーツ)、
詩人(ポエット)、
歩駒(ポーン)・・・
王様(キング)だったこともあったっけ?
持ち上げられたこともあるけれど、
落っことされたり、辞めさせられたり、外されたりすることも・・・
でも、オレは知ってるぜ?
人生なんて、すかした顔して歩けいていけばいいのさ

くま訳

動画は、スペイン語バージョンをどうぞ!
なんでスペイン語・・・?

David Lee Roth – Así Es La Vida