【大人のジャケ買い!】日本民謡珍道中|民謡クルセイダーズ【 2023年11月4週目 発売】

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いいなあ、このジャケット。めっちゃイイ!
民謡クルセイダーズさん…?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:リフティング50回
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索。
名前:猫(♀)
プロフィール:独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言
「大人のジャケ買い!」では、その週に新発売、または再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目の1枚を紹介するぞ!
今週は、民謡クルセイダーズのセカンドアルバム!
スポンサーリンク

[NEW] 日本民謡珍道中|民謡クルセイダーズ

→Amazonで購入する

これ、絶対いいに違いない。
民謡クルセイダーズさんのニューアルバムです。YouTubeで公式音源を聴いてみましょう。

MINYO CRUSADERS 民謡クルセイダーズ/NEW ALBUM『日本民謡珍道中/TOUR OF JAPAN』 リリース!

なお、われわれのご当地でいうと…ファーストアルバムには「おてもやん (熊本県) (レゲエ)」、今回は「ハイヤ節(熊本県、鹿児島県)」が収録されているという。
「民クル」という呼び方が1970年代っぽいな。

民クルからあなたにお届けする、日本民謡旅行への誘い…6年振りとなる全世界待望のニュー・アルバム!福生の米軍ハウスで産声をあげ、日本の民謡とラテン・リズムの融合で新たな境地を切り開き、日本のみならずNPR、ザ・ガーディアンなど海外でも高い評価を受けている民謡クルセイダーズ。ライ・クーダーをして「これまで見た中で最高のバンド」と言わしめ、イギー・ポップがお気に入りのバンドとして名前を挙げている。そんな彼らが2017年以来6年振りとなる待望のニュー・アルバム『日本民謡珍道中』(英題:Tour of Japan)をリリース。その名の通り「旅」をコンセプトとし、「貝殻節」や「ソーラン節」、「佐渡おけさ」など、全国各地の民謡の数々をセレクトし、彼らならではのアレンジで熱く仕上げている。サウンドのバラエティもこれまで以上に拡がりを見せ、ファースト・アルバムをリリースして以降彼らが民謡の可能性を追い求めて歩んできた「珍道中」の成果を存分に堪能出来る必聴の仕上がりだ。 (C)RS

日本民謡珍道中
ユニバーサル ミュージック
¥3,300(2024/06/22 23:04時点)

生バナナハウス(米軍ハウス)主のギタリスト田中克海が、謎の民謡歌手フレディ塚本と近所の某酒場で意気投合したことをきっかけに、2012年、福生周辺の辺境音楽好きが集まり結成。その後、紆余曲折ありながら現在に至る。かつて戦後間もない頃、偉大なる先達――東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテン・リズムの融合を、21世紀に再生させます!!

スポンサーリンク

【全国巡回中】映画『ブリング・ミンヨー・バック!』(監督:森脇由二、出演:民謡クルセイダーズ、ピーター・バラカン)

出典:twitter.com

民謡クルセイダーズにまつわる映画も上映中らしい。全国のミニシアター系を回っているようだ。配信ないのかな?
配信はもう少し先でしょうか?

映画『ブリング・ミンヨー・バック!』予告編

ピーター・バラカンも出演しているらしい。
ふーん。

スポンサーリンク

大人のジャケ買い! 2023年11月4週目

今日はこのへんで。
その他、気になるアルバムはこちらです。

ヴァン・モリソンが愛したロックン・ロール オムニバス

クイーン・オブ・ロックンロール ティナ・ターナー

Amor pela Bossa Nova -The Best of Lisa Ono- Mar e Ceu 小野リサ

Amor pela Bossa Nova-The Best of Lisa Ono-Sol e Sonho 小野リサ

スカイドッグ・ブルース・バンド スカイドッグ・ブルース・バンド

羅針盤で星占いはできない 古川豪

私のブルース 藤原秀子

私のブルース (特典なし)
ソニーミュージックエンタテインメント
¥2,000(2024/06/23 11:03時点)

Crystal Night +5 1986オメガトライブ

小鳥百景 Kotringo Works コトリンゴ

トンネル・オブ・ラヴ ブルース・スプリングスティーン

ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイン・オン サラ・ヴォーン

ラヴシック ジャッキー&ロイ

ホワッツ・ニュー ナンシー・ウィルソン・ウィズ・ザ・グレイト・ジャズ・トリオ

ホワッツ・ニュー
ユニバーサル ミュージック
¥1,650(2024/06/22 23:04時点)

ライヴ・アット・モントルー マリーナ・ショウ

カム・フライ・ウィズ・ミー +3 フランク・シナトラ

ザ・ファイナル・ツアー~1960年3月24日コペンハーゲン・ライヴ~ マイルス・デイビス&ジョン・コルトレーン

泡のような愛だった aiko

エチオピーク24~モダーン・エチオピアン・ミュージックの黄金時代 1969-1975 オムニバス

コメント

タイトルとURLをコピーしました