ロシアW杯アジア最終予選、日本代表の最悪のケースも想定しておく

年をとると、考えが少しずつネガティブになるのよ・・・
ポジティブシンキングのくまちゃんが珍しいですね(笑)
ポジティブシンキングとか・・・いまさらそんな言葉、恥ずかしいからやめて
一体、何を心配しているんですか?
決まってるでしょ・・・3月から再開するロシアW杯アジア最終予選の後半戦についてだよ
え~と(検索中)・・・2017年3月23日(木) の対アラブ首長国連邦(UAE)アウェイ戦から再開するロシアW杯アジア最終予選の後半戦は、5戦中なんと3戦が中東アウェイでの試合になります・・・
恐ろしや・・・いちサッカーファン、いち日本代表サポーターとしても、セルジオ越後なみに、ネガティブに警鐘を鳴らしておきたいね・・・

出典:www.footballchannel.jp

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:酔っ払いおじさん、広く浅く世間を語る
特技:2才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

もちろん絶対出場することを信じてはいるが・・・

基本的には、ハリルホジッチ監督をはじめ、スタッフ、そして、戦う選手たちを全面的に信頼しているけど、サッカーは何が起こるかわからないからね・・・しかも、もっとも何が起こるかわからない中東での試合が3試合もあるから・・・
ロシアW杯アジア最終予選の後半戦のスケジュールは次のようになっています・・・
グループB 日程

2017年3月23日(木) [ Away ]
アラブ首長国連邦(UAE) – 日本

2017年3月28日(火)[ Home ]
日本 – タイ
19:35 埼玉スタジアム2002

2017年6月13日(火) [ Away ]
イラク – 日本

2017年8月31日(木) [ Home ]
日本 – オーストラリア
19:35 埼玉スタジアム2002

2017年9月5日(火) [ Away ]
サウジアラビア – 日本

出典:www.jfa.jp

グループB 順位表

(2017年1月現在)

出典:ja.wikipedia.org

う~む・・・あらためて、スケジュールを眺めてみると、ますます恐ろしくなってくる・・・
戦う前からビビってちゃダメですよ・・・
それはわかってるんだけどね・・・
心を整えるためにも、やっぱり、最悪のケースを想定しておく必要があると思う!
そうですね、一緒に、心を整えましょう!

最悪のケース1~最後の最後に出場を逃す「ドーハの悲劇」パターン

出典:www.sankei.com

「ドーハの悲劇」パターンね・・・接戦の末、最後はなんとか上手くいきそうな流れになったところを、ドスンと落とされる
僕はまだ小さかったですが、家族とテレビを観ていました
その日の事は覚えていますよ
今回に当てはめると・・・最後のサウジアラビア戦まで接戦が続くケースね
最終戦の結果次第で自力出場が可能・・・そして、終了間際まで出場条件を満たしているけど、ギリギリに失点しちゃう・・・
ドーハに続いて、まさか二度もそんな悲劇が・・・
なんといっても舞台は、中東だからね・・・
だから、理想は最終戦のアウェイ、サウジアラビア戦まで・・・8月31日のオーストラリア戦で2位以内を確定させたいよね・・・
それが理想です

最悪のケース2~最初躓いて徐々に巻き返すも出場には届かないパターン

出典:mainichi.jp

これは、つい最近のなでしこのパターンね
え~と(検索中)・・・W杯で優勝経験もあるなでしこジャパンですら、リオオリンピックのアジア最終予選を落としました
つい去年の出来事ですよ
もう遠い昔のようだね・・・
なでしこの場合、ホーム日本での集中開催だったのに・・・初戦を落としてそのままずるずる・・・最後に光明が少し見えたけど、やっぱりダメだった・・・
なでしこは、澤穂希さんがいなかったものの、実績を残した監督と選手たちが揃っていました
うまく世代交代できなかった印象があります
そうなんだよね、まさしく、今回の男子とオーバーラップする面があるよね
本田圭佑をはじめ、実績あるメンバーで挑んで初戦を落として始まった・・・
ただなでしこの時とは違って、新しいメンバーが活躍してなんとか今のところは奮闘しています
これからの後半戦に当てはめると、アウェイ初戦のUAE戦を落として、ホーム・タイ戦は勝利するものの、またアウェイ・イラク戦を落とすか引き分け、そして、絶対負けられないホーム・オーストラリア戦を落とすか引き分けで、最終戦を待たずに散るケースね
最終戦を待たずに2位以内を逃すパターンですね・・・
ツライのは、その後の消化試合となったサウジ戦を新しいメンバーで快勝する
そこで、宇佐美とかが超いいプレーをして、遅すぎた希望が光るパターンね・・・
それは、悲しすぎます・・・

しかし、4次予選と大陸間プレーオフがある!

そうそう、ちょっと失念してた・・・これまで最終予選で2位以内入ることを目指して、最悪のケースを考えてきたけど、実は3位になっても希望は残るんだよね
え~と(検索中)・・・9月5日(火)のサウジ戦の後、万が一日本がB組3位だった場合、10月5日(木)と10日(火)にホーム&アウェイでA組3位との戦いに希望を託します・・・

出典:www.fifa.com

つまり、アジア最終予選(3次予選)は最終ではなく、まだ4次予選が残っている
でも、これで日本対韓国とか、やめてほしいね・・・
そして、アジア4次予選を勝ち抜いたチームはさらに、11月に大陸間プレーオフ(ホーム&アウェイ)が待っています
希望が残るのはいいけど、これもいばらの道・・・ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードだね
ですから、さきほど最悪のケース2で虚しい希望が残るといいましたが、その光が本当の希望になる可能性もある訳です
そうだね、訂正訂正

最高のケースは・・・!

アジア最終予選は結果がすべてだから、どんな形であれ、W杯出場が決まればいい
さっきも言ったけど、最高なのはサウジ戦の前に出場を決めちゃうことだね
それが安心です
でもさあ、日本代表の成長を考えたら、敢えていばらの道を進むのもアリだよ
その場合の最高のケースは、世代交代を進めながらギリギリの戦いでB組3位で通過し、さらに、4次予選、大陸間プレーオフと戦う中で新しいメンバーの日本代表が真剣勝負で鍛えられて成長していくという・・・
そして、最後はきっちりプレーオフを制して出場権を獲得する!
終わってみたら、初戦のホーム・UAE戦と、大陸間プレーオフ2戦目の先発メンバーがすっかり変わっていたとかですか?
それだね!
これは盛り上がるよ・・・チームも成長するし、視聴率も50%とかまたいくんじゃない?
そんなにうまく行きますか・・・?(笑)
でも、やっぱり心臓に悪いから、できればサウジ戦前に決めてほしい・・・(笑)

さて、本田圭佑はロシアの地で再び輝けるのか・・・?

出典:keisuke-honda.com

僕が世代交代ばかりを望んでいるように思われるかもしれないけど、本田圭佑には超期待しているからね!
なんといっても、本田はロシア・リーグで活躍した数少ない日本人だから、ぜひロシアの地で代表最後の花道を飾って欲しい
そういうシナリオもありますね
でもね・・・サッカーの神はこれまでも残酷と思える采配を見せてきたからね・・・
フランス大会前のカズしかり、南アフリカ大会前の中村俊輔しかり・・・
これまで代表を牽引してきた本田圭佑さんがロシア大会を前に代表からいなくなる?
そういうこともありえるかもね・・・
古い船を今動かすのは新しい水夫だよ
なんですか、それ?
最後に、なぜか吉田拓郎の歌を聴きながら、今日はこの辺で・・・(笑)
ちょっとは心の整理ができたかな?

古い船には新しい水夫が
乗り込んで行くだろう
古い船を 今 動かせるのは
古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように
新しい海へでる
古い水夫は知っているのさ
新しい海のこわさを

出典:『イメージの詩』吉田拓郎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする