大人のジャケ買い!「岡崎体育、奥土居美可、ボブ・マーリー」 2017年6月3週目 発売

こ、これは・・・!?
なんですか?
超観たいんですけど!
桑田佳祐?『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』?

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんのフォロー(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
名前:猫ちゃん(♀)
プロフィール:元オリーブ少女、独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

「大人のジャケ買い!」では、その週新発売の、または、その週に再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目のジャケットを紹介するわよ!
『茅ヶ崎物語』の話題はさておき・・・まずは「大人のジャケ買い!」だよ

[NEW] XXL|岡崎体育

アルバムとしては、昨年5月に発売されたメジャーデビューアルバム「BASIN TECHNO」以来約1年ぶりとなる「XXL」には、今年2〜3月のワンマンツアーで披露された新曲「XXL」や「Open」といった“ハイパーEDM”をはじめ、自主制作盤に収められ、ファンの中で正式リリースが熱望されていた「鴨川等間隔」「Snack」(共に生楽器による再録音)、また新境地を切り開くファンクチューン「Natural Lips」、ラウドロックに初挑戦した「感情のピクセル」などジャンルを超えた全11曲が収録されるとのこと。

また前作と同様に、初回盤には新曲のミュージックビデオのほか、特典映像を収めたDVDが付属される。

出典:www.musicman-net.com

岡崎体育、YouTubeではいつも観てるけど・・・映像なしで音のみ、アルバムでじっくりと聴く岡崎体育の世界は未体験
音楽とキャラクターのギャップがその魅力のひとつでしょうか?
どこかで見たことがあるようなその容姿・・・友達や後輩に絶対いたタイプ、ね、猫ちゃん(笑
たぶん、あいつのことを想像しているだろ

岡崎体育 『Natural Lips』Music Video


[NEW] ULTRAMAN Jazz Vocal|奥土居美可

『ウルトラマン』放送開始50年記念アルバム!ウルトラマンの名曲がジャズボーカルの新な魅力で蘇る!ジャズ・シーンで異端な才能を発揮しているPOP Jazzの旗手奥土居美可の歌でウルトラマンの主題歌が光輝き、新しい息吹を吹き込んだ。アレンジ、ピアノに若宮功三を迎え、ベース店網邦夫、ドラム今泉正義、ギター荻原 亮、サックス川村裕司、トランペット竹田恒夫、チェロ平山織江の重厚で豪華なメンバーが奥土居美可の歌を支える。 (C)RS

奥土居美可(おくどいみか)ね、なんでウルトラマン?
『ウルトラマン』がジャズボーカルで蘇ります
この人、あれだよ・・・昔、リクルートのCMで吉田拓郎の『人間なんて』を歌っていた人だよ

出典:ja.wikipedia.org

あ、あの人か!とらばーゆ!

[NEW] エクソダス40|ボブ・マーリー(Bob Marley and The Wailers)

1977年に発売されたボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのアルバム『エクソダス』が発売40周年を記念し、『エクソダス40』(原題:EXODUS 40 – THE MOVEMENT CONTINUES)として6月に発売されることになった。

『エクソダス』はパンクで揺れる激動のロンドンで録音されたアイランド第6作。1999年にタイム誌により「20世紀最高の音楽アルバム (the best music album of the 20th century)」に選ばれている。同アルバムは1976年12月にジャマイカで起きたボブ・マーリーの暗殺未遂事件の半年後に発表されている。

『エクソダス40』では、ディスク1に収録されるオリジナル・バージョンに加え、長男のジギィ・マーリーがセッション・テープを精査し、これまで使われてこなかったボーカルや演奏、聴いたことのない歌詞を含めて再構築した「エクソダス40」(Exodus 40 – The Movement Continues)をディスク 2に収録する。 さらに7曲の未発表トラックを含む1977年6月1~4日のロンドン・レインボー・シアターでのエクソダス・ライブをディスク3に収録している。(LP`のみオリジナル『Exodus』のみ収録)

出典:rockinon.com

後期ボブ・マーリーの名盤ね・・・でも、僕は正直言って、昔はレゲエをどう楽しめばいいかわからなかった
ましてや、その陽気な音楽の裏に秘められた、深い精神性など・・・浅はかで身勝手な、くまのような若者には理解できなかったであろう
まさしくその通り!若い頃は、どうしてあんなに、想像力や思慮深さに欠けていたのだろうか(笑
今は大丈夫なんですか(笑
今もまだ怪しいよね(笑・・・ところで、エクソダスって、なんかこう現状から抜け出すみたいな意味の言葉だよね、やっぱり、これもボブ・マーレーの社会に対するプロテストかね?
exodusとは

(大勢の人の)外出、(移民などの)出国、(イスラエル人の)エジプト出国、出エジプト記

出典:ejje.weblio.jp

まさに、このアルバムは、僕にとって、年月を経てちょっとずつ染みてきたような作品である

“One Love/People Get Ready” – Bob Marley | ‘EXODUS 40: The Movement Continues’ (2017)

桑田佳祐、出演映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』 完成らしい!

出典:tales-of-chigasaki.com

この作品作りのきっかけとなったのは、自らも茅ヶ崎出身で洋楽ポップスの一流プロモーターにして日本一のレコードコレクターである宮治淳一。小中学校時代、桑田佳祐と同級生だったという宮治は“サザンオールスターズ”の名付け親としても知られる。また数々の音楽人を輩出し、多くの文化人とも所縁の深い土地である茅ヶ崎の芸能史を自らの手で執筆・編纂するという作業を、数年前から密かに始めていた宮治だが、昨年友人の桑田佳祐が還暦を迎えるにあたって、茅ヶ崎と芸能との関係性、その謎を探る映像作品を制作し、桑田にプレゼントしようと思い立った。

出典:www.barks.jp

とりあえず熊本じゃまだやらないみたいね・・・
桑田さんが出演しているくらいの映画なら、いずれ絶対熊本でも上映しますよ
これはブルーレイとか出たら即買いたいレベル、“熱い胸騒ぎ”がするぞ!
映画のポスターは、宮治淳一さん、本人か?渋い!

↓たぶん映画と関係ないけど、この写真集もよさそうw

大人のジャケ買い! 2017年6月3週目 発売

・・・では、今日はこのへんで
その他、今週発売のアルバムはこちらです!

ドリームス・オール・カム・トゥルー(+8) ジャネット・ジョーンズ

レッド・ダート・ブギー-ジ・アトコ・レコーディングス 1970-72 ジェシ・エド・デイヴィス

ブルース・フォー・ビッグ・ウォルター オムニバス

フィード・ザ・マシーン ニッケルバック

ウィア・オール・オーライト! チープ・トリック

ハウ・ディド・ウィ・ゲット・ソー・ダーク? ロイヤル・ブラッド

ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー オムニバス

ウェザー・ダイアリーズ ライド

スピッティング・イメージ ザ・ストライプス

メロドラマ ロード

股旅暮らし 極悪いちご団

ウォーターカラー・スカイ(20周年記念盤) ジェフ・ラーソン

ミッドナイト・ブルー<初期音源集 1958-1960> チャーリー・リッチ

オン・マイ・メリー・ウェイ・シングルス As & Bs<ギター・キングの初期セッション集 1954-1962> アルバート・キング

メイク・マイン・ア・モルトビー・ウィズ・ストリングス・アタッチド・3LP+シングルス リチャード・モルトビー

GOODPEOPLE 野崎良太 with GOODPEOPLE

ふたりの距離 Softly

chayTEA chay

All Time Best ハタモトヒロ 秦 基博

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする