もう一人の奇跡の47歳、裕木奈江の憂鬱

去年、奇跡の47歳石田ゆり子で騒いでいたけど・・・もう一人いたよ、奇跡の47歳
もう一人の奇跡の47歳?
誰ですか?
もう一人の奇跡の47歳!
裕木奈江(ゆうきなえ)!
裕木奈江さん?

出典:twitter.com

わかる、わかるよー
☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

もう一人の奇跡の47歳、裕木奈江

出典:twitter.com

石田ゆり子は僕と同じ学年
裕木奈江は、僕のひとつ年下かな
え~と(検索中)、石田ゆり子さんが1969年10月3日生まれで、裕木奈江さんが1970年5月12日生まれです

出典:ja.wikipedia.org(石田ゆり子)ja.wikipedia.org(裕木奈江)

ちょっとちょっと・・・かなり素敵じゃない?
まずは2007年ということは、37歳の頃ですね
アラフィフあたりから、最近の裕木奈江、見ていこう!
【2007年】
映画『インランド・エンパイア』の舞台挨拶より

出典:www.oricon.co.jp

【2009年】
映画『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』公開時のインタビューより

出典:www.cinemajournal.net

【2012年】
映画『セイジ 陸の魚』より

出典:v.ponycanyon.co.jp

【2017年】
ロサンゼルス、ダウンタウンのブロードウェイ通り~2017年5月22日、ツイッターより

出典:twitter.com

【2017年】
2017年6月6日、ツイッターより

出典:twitter.com

【2017年】
別冊宝島のインタビュー記事~2017年7月11日、ツイッターより

出典:twitter.com

いやいや・・・ますます美しくなってるでしょう
そうですねえ

裕木奈江の憂鬱(ゆううつ)~同性に嫌われる女と言われた、1990年代の裕木奈江

出典:m.iphotoscrap.com

若いころは、なんか、ぽわーんとした印象だったけどねえ・・・
裕木奈江が日本で活躍していたのは、1990年代だね
どうして日本のテレビに出なくなったんでしょうか?
いろいろ噂はあるみたいだけどね
当時、同性に嫌われるタイプの女って言われてたよね
そうなんですか、え~と(検索中)
不倫OLを演じた裕木奈江 バッシングの的に

裕木の人気が頂点に達したといえのは「北の国から92巣立ち」の翌年に出演した「ポケベルが鳴らなくて」だ。
主人公である男性(緒形拳)の娘の友人でありながら、彼と不倫関係になるという役柄。この役柄は明らかな恨まれ役であり、人気が上がった一方で「裕木奈江が気に食わない」というバッシング記事が頻繁に載るようになった。

「ポケベルが鳴らなくて」以降も裕木へのバッシングは収まらず、「女性が嫌う女性」の代名詞に。このイメージが悪影響になったのか、その後裕木が出演したドラマは軒並み低視聴率に。
結局、メディアから徐々に姿を消してゆき、1999年に結婚を発表しアメリカへと移住したのだった。

裕木奈江 バッシングの理由は

裕木奈江のバッシングに関しては様々な理由がある。
まずは役柄のぶりっ子イメージが付いた中、裕木の話し方やしぐさ、話す内容が「女性が嫌う女性」そのままだったということ。「生理的に受け付けない」という女性の声も数多く聞かれた。
その他にも噂レベルの話として、裕木は撮影の遅刻早退、ドタキャンが多かったから、著名プロデューサーの肉体関係を断ったからなどといったものも囁かれている。

出典:news.livedoor.com

その著名プロデューサーとは?
(ごにょごにょ・・・)とネットでは噂されていますが、事実は不明です
そんな日本を飛び出して、いまや世界で活躍する裕木奈江だよ
ざまーみろ!
誰に悪態をついてるんですか!(苦笑)
あいつだよ、あいつ!

デビット・リンチの映画『インランド・エンパイア』(2006年)にも出演~裕木奈江は世界に挑戦していた!

出典:www.scoopnest.com

2005年、ギリシャ留学を経てロサンゼルスに移住した裕木は、現在でも女優活動を継続中。かつてアイドル的な人気を誇っていた彼女もいつしか、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』、デヴィッド・リンチ監督の『インランド・エンパイア』といった巨匠の作品に参加するなど、世界を舞台に活躍する女優へと成長を遂げた。

出典:www.cinematoday.jp

国の制度を利用して留学してたんだよね
以前、ニュース記事を見たことがある
え~と(検索中)・・・文化庁の「新進芸術家海外留学制度」で、30代の時にギリシア留学されたようですね

出典:www.zakzak.co.jp

いわゆる同性に嫌われそうな・・・男のに媚びてるように思われていたけど、実は、芯の強い女性だったのかもね
いまや世界で活躍する女優のひとりです
そうかあ・・・映画『インランド・エンパイア』(2006年)があって、今回のツイン・ピークス新作への出演なんだね
もう見ました?

憂鬱の時代(とき)を超えて・・・裕木奈江がなんとツイン・ピークス新作にも出演中

出典:「ツイン・ピークス The Return」WOWOW

「ツイン・ピークス The Return」、第4話まで観たよ・・・
すっかりハマっているみたいですね(笑)
そして、第3話に裕木奈江が登場した!
この画像、表情がよく見えませんが・・・
なんか精神世界みたいなところに登場する、顔のない謎の女性だった
へー
今後、また登場するのだろうか?
「ツイン・ピークス The Return」で、今の裕木奈江の・・・物憂げな美しい表情がぜひ見たい!



・・・ところで、代官山で写真展もやってるそうです
いいなあ、東京の人は・・・