FacebookでUAEドバイの銀行幹部と友達になったら、約30億円の遺産相続の話を持ち掛けられて・・・

やぱい・・・3,000万ドル相続しちゃうかも
はあ?
1ドル100円でざっくり計算して、30億円か!
僕も世界に飛躍しちゃうかも(笑)
いやいやいや・・・

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

FacebookでUAEドバイの銀行幹部から友達リクエストが・・・

UAEドバイにエミレーツNBDという銀行がある
現在ドバイ在住の、あの与沢翼も利用している銀行ね

出典:yozawa-tsubasa.info

与沢翼さんは、あの、秒速でお金を稼いじゃう人ですね
そのエミレーツNBDがどうしたんですか?
エミレーツNBDのマネージング・ディレクターから、僕のFacebookに友達リクエストが来たんだよね
胡散くさっ!

managing director

専務[常務]取締役,社長,《主に英国で用いられる》 業務執行取締役; 最高業務責任者.

出典:ejje.weblio.jp

マネージング・ディレクターって、取締役?社長?最高責任者?
国や会社によっても違うんでしょうけど・・・
まあ、ドバイの有名な銀行のかなり偉い人から連絡が来たってことだね
熊本の中小企業で働くしがないサラリーマンに、ありえなくない?(笑)
ありえませんね(笑)
Facebookで謎の友達リクエストがたまにくるけど、風俗以外で実在の人物っぽい人はみんな承認してるのね
でも、UAEドバイの銀行幹部はちょっと予想外だった
数日放置したけど、面白そうだから承認したのね
承認したんですか!(笑)
そしたら、翌日、メッセンジャーで直接連絡が来てね
僕もざっと読んだけど、一緒にきちんと翻訳してみよっか!
そこに・・・なんですか、儲け話が書かれていたんですか?

UAEドバイの銀行幹部からのメッセージ

一応、英文全文を掲載しておこう
ふむふむ

Hello Mr. ○○○○

I believe it is the wish of God for me to come across you now. so when I saw you online, I was eager to contact you and see how best we can assist each other. I am Mr. (Giel-Jan M. Van Der Tol), a Group Chief Managing Director here in (UAE) I am having an important business discussion I wish to share with you which I believe will interest you, because it is in connection with your last name and you are going to benefit from it.

One Late Peter ○○○○ a citizen of your country had a fixed deposit with my bank in 2005 for 144 calendar months, valued at US$30,000,000.00 (Thirty Million United State Dollars) the due date for this deposit contract was last 22nd of January 2017. Sadly Peter was among the death victims in the May 27 2006 Earthquake disaster in Java, Indonesia that killed over 5,000 people. He was in Indonesia on a business trip and that was how he met his end. My bank management is yet to know about his death, I knew about it because he was my friend and I am his account officer. Peter did not mention any Next of Kin/ Heir when the account was opened, and he was not married and no children. Last week my Bank Management requested that Peter should give instructions on what to do about his funds, if to renew the contract. I know this will happen and that is why I have been looking for a means to handle the situation, because if my Bank Directors happens to know that Peter is dead and do not have any Heir, they will take the funds for their personal use, so I don’t want such to happen. That was why when I saw your last name I was happy and I am now seeking your co-operation to present you as Next of Kin/ Heir to the account, since you have the same last name with him and my bank head quarters will release the account to you.

There is no risk involved, the transaction will be executed under a legitimate arrangement that will protect you from any breach of law. It is better that we claim the money, than allowing the Bank Directors to take it, they are rich already. I am not a greedy person, so I am suggesting we share the funds equal, 50/50% to both parties, my share will assist me to start my own company which has been my dream. Let me know your mind on this and please do treat this information as TOP SECRET. We shall go over the details once I receive your urgent response strictly through my personal Email address;

Email: xxxx@gmail.com

Have a nice day and God bless. Anticipating your communication.

Regards,

Mr. Giel-Jan M. Van Der Tol .
Managing Director
xxxx@gmail.com
Emirates NBD, Dubai U.A.E.

※Facebookのメッセンジャーより

3000万ドルとか記載があるでしょ?
ちょっと訳すのを手伝ってよ
はいはい

こんにちは、望月さん(仮名)

神のご加護であなたに出会うことができました。
私は、UAEでマネージング・ディレクターをしている、ジル-ジャン M.バンデルトルといいます。
あなたの苗字はあなたに恩恵をもたらすかもしれません。
オンラインをあなたを見つけ、あなたと私は、お互いにとって重要なビジネスの話ができると確信しました。

あなたと同じ日本国民のペーター・望月(仮名)は、2005年から144か月間、我々の銀行に定期預金を持っていました。そして、この預金契約の締切日は2017年1月22日で、預金総額は3,000万ドルにのぼります。
しかし、インドネシアのジャワで2006年5月27日に発生し、5000人以上が死亡した地震が発生した時、悲しむべきことに、ペーターも亡くなりました。彼は私の友人でもあったのですが、彼がインドネシアに行く前に会ったのが最後になりました。
私は彼の友人であり、銀行では彼の担当だったので事情を承知していますが、銀行のバンク・ディレクターは彼が死んだことをまだ知りません。バンク・ディレクターは、彼の口座を更新するために、ペーターと連絡を取るように私に指示しましたが、彼は結婚しておらず、子どもいません。バンク・ディレクターが彼の死を知り、相続人がいないことがわかれば、資金を凍結するでしょう。私はこれを回避するため、協力できる方を探し続け、そして、同じ姓を持つあなたを見つけました。

リスクはありません。手続きは法に乗っ取って処理されます。
この資金を銀行に取られるより、私たちが受け取る方が有益です。私はとあなたがフィフティー・フィフティーで資金を受け取ることになるなら、私は自分の夢である会社設立にその資金を使いたいと思っています。
あなたのお気持ちをお知らせください。この情報はトップ・シークレットです。私個人のメールアドレスに連絡ください。

メールアドレス: xxxx@gmail.com

神のご加護を。

敬具

ジル-ジャン M.バンデルトル
マネージング・ディレクター
エミレーツNBD銀行、ドバイ、UAE

※くま&カエル訳

だいたいあってるでしょ?
おそらく
バンク・ディレクターとマネージング・ディレクターの力関係がわからないけど、きっと前者の方が強いんでしょう
だから同じ苗字のくまちゃんの協力を求めて来たんですね
詐欺のシナリオとしてはですけど(笑)
3000万ドルを半分ずつ山分けしようって言ってるぞ、こいつ(笑)
1500万ドル、1ドル100円として15億円ですか
いやいや、15億円で十分だよ
僕ら庶民感覚だと、30億でも15億でも、同じような感覚だから(笑)
そうですね
それにしても、実際にあった2006年のインドネシアの地震を絡めて
ちょっとリアリティがありますね
ジャワ島中部地震

ジャワ島中部地震は、2006年5月27日現地時間午前5時53分に発生。震央はジョグジャカルタ南で、マグニチュード6.3を観測した。

この地震では、5,000人以上が死亡、2万人以上が負傷し、震源地に近い集落では煉瓦を積み上げただけの簡素な家で耐震性が低く、基礎補強が弱かったため、地震発生と同時に95%以上の家が一瞬にして瓦礫と化した。

出典:www.howsbali.com

でも、僕の苗字って、特別珍しい苗字じゃないのにね
日本には、Facebook上には、同じ苗字は沢山いるだろうに・・・
神のお告げでもあったのか?(笑)
こんな詐欺に引っかかる人いるんですかね?
僕も、念のため調べてみたけど、この話にあえて乗っかってみた人のレポートを見つけたよ
これこれ
へー、弁護士資格を持ってる方じゃないですか(笑)

日本の弁護士資格を持った方で、実際にメールでやりとりをした人がいた!

詐欺だと思うけど、なにかに惹かれて、つい返事したくなるよね(笑)
経緯を追ってみると、この方は、やりとりを数日続け・・・口座番号など必要な情報を相手に伝えてますよ
そして、銀行幹部から登場人物が変わって、自称弁護士が出てくるところから、実際に見てみましょう

(数日後)
□自称弁護士→ ○筆者:
昨日、銀行に訪問してきた。当職の訪問はまさに時宜を得たものであった。銀行は貴殿の預金を、まさに相続人不明の預金として処理をしようとしていたところであった。当職が訪問し交渉した結果、その処理を止めることができた。ついては受取手続を進めることにしたい。預金受取にはドバイ高等裁判所での正式な宣誓書が必要となる。手数料として9800米ドル必要。そのほかに、コンサルティング費用として4070米ドル、管理費用として6110米ドル必要。当職の銀行口座を指定するので送金して欲しい。

○筆者→ □自称弁護士:
必要経費の金額は了解。ただし、前払いではなく、受領した預金から差し引いて支払うこととしたい。

(翌日)
□自称弁護士→ ○筆者:
先に送金して欲しい。

○筆者→ □自称弁護士:
海外送金の方法に慣れていない。受取預金からの控除で是非お願いしたい。

出典:zuuonline.com

ああ、やっぱりそういう展開か
手数料が必要だから入金しろ、って言ってくるんだね
この方は、ゆくゆくは自分のものになる預金から差し引いてくれと言ってますね
合理的に考えたら、そうですよね
冷静に対応しつつ、やり取りを続けるうちに、ちょっとだけその気もなってるという(笑)
わかる、その気持ち
最初から手続き費用の話をしないで、数日やり取りをした後に、手続き費用を要求してくるなんて、巧妙ですね
段々と「もしかしたら本当の話かもしれない」という気に……

ポイントは、手続費用が必要という話を後から持ち出すことによって、支払うという気を起こしやすくすることのようだ。

確かに最初は誰もが疑ってかかるから、手続費用が必要という話を初めに出されるとすぐにお断りということになっていただろう。しかし、数日間にまたがって、何度も何度も、具体的な内容の、迫真に満ちたメールのやりとりをしていると、段々と、この話はもしかしたら本当の話かもしれないという気がしてきた。その後に手続費用の話をされると、うっかり話を信じてしまうのも納得だ。

また、手続費用の金額を、項目ごとに細かく要求し、しかもキリのいい数字とはしないことで、さもありなんと思わせるところが実に巧妙だ。

オレオレ詐欺は自分には関係ない、そんなのに引っ掛かるとはありえない。などとこれまで軽信していたが、筆者は初めて身近な話として感じた。

出典:zuuonline.com

・・・という訳
僕は、銀行幹部に何の返事もしてないけど、一応まだFacebook友達のままだよ
若い人やインターネットに詳しい人は、オレオレ詐欺に引っかかるお年寄りをバカにする気持ちがあると思いますが、それぞれのレベルに応じた詐欺も存在するということですね

国際的詐欺について、ちょっとお勉強

国際的詐欺について、ちょっとお勉強しておこう
はい
遺産相続を名目とした国際的詐欺に対する注意喚起

1. 欧米等を中心に,遺産相続を名目とした日本語で書かれた国際的詐欺レターやメールが多く出回っています。

2. 最近見られた手口は,英国に実在する日系企業の社員の名を騙った個人資産管理人を名乗る者から,「日本人である○○氏がA国で死亡したが,同人の親族が確認できず,調査の結果,貴殿(手紙の受取人)が近親者に指名されていることが判明した。ついては,貴殿を相続人とした上で、遺産相続手続きをとることとしたく、当方(手紙の差出人)まで連絡頂きたい。」といった内容の手紙(又は電子メール)が送付されてくるというものです(但し日本語の文章には不自然なところがあります)。

3. このような手紙や電子メールに記載されている日本人の死亡や手紙の差出人の関与(実在の人物だが,本人には全く覚えのないものであることが確認されている。)については,いずれも事実ではありません。この遺産相続の勧誘は,遺産の現金化のための手付け金や海外送金のための手数料等を名目として,金銭を騙し取ることを目的とした国際的詐欺です。

4. このように心当たりのない遺産相続に関するレターやメールを受け取った場合には,相手のペースにはまり焦って手付け金や手数料等を振り込んだりせず,まずは詐欺の可能性を疑って相手にしないことが得策です。

5. このような国際的詐欺メールやレターは,昔から存在しており,通称419事件(ナイジェリアの刑法第419号に抵触する詐欺犯罪)と呼ばれ,遺産相続を名目としたものの他にも,宝くじの当選を装うもの,マネーロンダリングの協力を持ちかけるものなど多様な手口がありますので,このような詐欺の被害に遭わないよう十分に注意してください。

出典:www.uk.emb-japan.go.jp

インターネットで世界の人とすぐにコミュニケーションがとれる時代だからね
とくに、つたない英語力でなんとなく理解できて喜んでいるレベルの僕らはすぐ騙されちゃうかもよ
通称「419事件」というのが有名みたいですね
この外務省の注意喚起の記事は、すでに10年以上前から掲載されています
通称「419事件」

電子メールで、全く面識のない海外の人間から、「自分は石油を扱う役所の幹部であり、大規模契約を斡旋した手数料として5百万ドルを入手した。しかし、公務員という立場上、外国に口座を設けてそこに送金してもらうことは出来ない。ついては、口座名義を貸してくれれば謝礼として手数料の一部を贈呈する」旨持ちかけられた。この話に関心を示し、電子メール上で具体的な交渉を行った結果、「送金の許可を得るために関係省庁に手数料ないし、賄賂を支払う必要がある」との理由を持ち出し、数百万円の資金の前払いを要求され、同資金を払い込んだが、それ以降、連絡が途絶えた。

この詐欺事件は数年前から度々発生しており、ナイジェリア刑法第419条に抵触するため通称「419事件」と呼ばれ、被害額は数百万円から数千万円にも及んでいます

出典:www.anzen.mofa.go.jp

日本語や日本語のサイトだと、ぱっと怪しいやつは見分けがつくけど、外国語や海外サイトは瞬間的には判断できないんだよね

先日、外務省に次のようなお便りを頂きました。 『ある日突然、アフリカの産油国の弁護士という人からメールが送られてきました。現地で成功した日本人夫妻が航空機事故で亡くなったが、子供がいなかったため12億円以上の遺産は処分されていない。偶然その日本人の名前が自分と同じであり、親族として遺産相続手続きをするので、契約書等に署名し、手続き料200万円とともに、すぐに送って欲しいというものでした。メールの差出人は、夫妻の遺産管理を任されている弁護士であり、必要あらば雇用契約書を送るとのことでした。その後、差出人から電話も貰いましたが、海外安全ホームページで419事件のことを知っていたので、契約をせずに済みました。情報の掲載に感謝します。』

出典:www.anzen.mofa.go.jp

その他の事例はこちら
クヒオ大佐の結婚詐欺を思い出しました(笑)

関連エントリ
あれは伝説の結婚詐欺師だったのか?・・・クヒオ大佐らしき男に後輩が騙された話

『私は英国のサッチャー元首相の夫、デニス・サッチャー卿(故人)の弁護士です。貴殿は、恵まれない人々を救う活動をされたので、デニス・サッチャーの遺産の一部を相続する事ができます。』

『私はアンゴラ反乱軍の亡くなったリーダーの娘です。父親の遺産約10億円が政府に没収されないよう協力してもらえませんか。』

『私はアメリカの特殊部隊の司令官です。タリバンに対する秘密作戦遂行中に、麻薬絡みの現金40億円を発見しました。荷物に現金を隠してアフガニスタンを出国しましたが、貴殿の銀行口座を借りて安全に保管したいのです!』

出典:www.anzen.mofa.go.jp

さあ・・・ジル-ジャン M.バンデルトルになんて返事しようかな?(笑)
いっそのこと、ドバイにいい仕事はありませんか
ってまじめに相談したらどうですか?(笑)
それいいね!
与沢翼につづいて、僕もドバイ移住か?
冗談ですよ!
でも、与沢翼さんはその後、どうなってるんでしょうね・・・?

くー!
こいつめ!

↓【注意喚起】これはUAEドバイ詐欺です!無視しましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする