【キスより簡単】石坂啓のマンガ読みながら安穏と暮らしていたあの頃

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガーン・・・!
僕の大好きなマンガ家のひとり、石坂啓が左翼活動家だったとは・・・
そうなんですか?

辻元清美氏と石坂啓氏は昔からのマブ友らしい。

出典:twitter.com

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

『キスより簡単』などで有名なマンガ家・石坂啓が左翼活動家だったとは・・・

辻元清美氏のパーティにて、鈴木邦男氏と腕を組むマンガ家・石坂啓氏。(2017年12月)

出典:kunyon.com

いや、別にいいんだけどね・・・
え~と(検索中)・・・この写真に一緒に写っている鈴木邦男さんは左翼の活動家だそうですね
立憲民主党の辻元清美さんとは若い頃からの親友だそうです
ネットで調べると、石坂啓さんが左翼ってことはすぐわりますよ?
へー
しらなんだ
ところで、石坂啓さんって、どんなマンガを描いていた人ですか?
一番の代表作は、1980年代にドラマにもなった『キスより簡単』
僕も大好きで、何度も読んだ
もともとは手塚治虫のアシスタントやってたんだよね
マンガの神様のアシスタントだったなんて、正統派のマンガ家さんじゃないですか
手塚治虫の愛人になるって、東京に出てきたらしいよ
まー、若い頃から、元気のいい女性だったんでしょう、きっと
愛人!えええ!

出典:twitter.com

スポンサーリンク

マンガ家・石坂啓とは・・・?

ウィキペディアより、ピクシブ百科事典のプロフィールがわかりやすいかな
こちらですね

※ピクシブ百科事典より

石坂啓(いしざかけい)

石坂啓は、漫画家・コメンテーター・エッセイスト・左翼活動家である。

1956年3月28日生、名古屋市出身。母親が中国人のハーフ。
本名は立川啓子で、旧姓は福田。
夫は編集者で「ビックコミックスピリッツ」などの編集者を務めた立川義剛。

1978年に手塚プロダクション入りして手塚治虫の弟子となり、1年アシスタントを務めたのちデビュー。以後は「キスより簡単」など、青年誌で奔放な女性を描いた作品を発表。

出産を機会に漫画家を休業して育児エッセイやワイドショーのコメンテーター等の仕事に軸をうつす。その後漫画執筆を再開し、『アイ’ム ホーム』『俺になりたい男』など、主に中年男性を主人公にした作品を発表している。近年も『週刊金曜日』などで月1回ではあるが漫画を連載している。

政治的な発言も多く、『週刊金曜日』の編集委員や『マガジン9条』発起人もつとめる。特に戦時における性暴力に関心を持ち、連作「安穏族」などで従軍慰安婦を題材した反戦漫画も執筆している。ただ、従軍慰安婦を女子挺身隊と混同するなど、大きな歴史考証ミスも多く、左翼イデオロギーに引きずられた観念性が目立つ。

社会民主党のシンパであり、辻元清美とは長年の親友である。

出典:dic.pixiv.net

僕の女性観も、彼女のマンガに大いに影響を受けていると思われる
そうなんですか?(笑)
旦那さんはスピリッツの編集者だった人か
お母さんは中国の方なんですね
出産してしばらくはマンガ描いてなかったんだね
でも、『アイ’ム ホーム』も石坂啓だったんだ
キムタクが出てたドラマは観てたよ
今度、マンガも読んでみよっと
え~と(検索中)・・・こちらです
電子書籍もありますよ


石坂啓が描く女の子がかわいいんだよね
手塚治虫ベースに、1980年代の高橋留美子テイストも感じる
やわらかいタッチの絵ですよね
そーいえば、『キスより簡単』にも、ロクさんっていう無頼派のシナリオライターが登場するけど、彼なんかも左翼っぽいよなあ
別にいいんだけどね
石坂啓が左翼だったことがよほどショックみたいです(笑)
スポンサーリンク

代表作『キスより簡単って』~石坂啓が描く女の子に恋しそうになったあの頃!

出典:omics.shogakukan.co.jp

僕が読んだのは、高校生くらいの時かな?
登場する女の子のキャラクターが斬新だったよね
主人公ですか?
そ、いわゆる誰とでも寝ちゃう子
えええ!
でも、それが下品じゃないんだよ
あの時代に、あの女の子の主人公は衝撃だったなあ
まあこちゃんね
あらすじは、え~と(検索中)・・・
あらすじ

母親が同じで父親が違う4人姉妹の三女・泉まあこには、烏山ロクをはじめとする3人の「父親かもしれない男性」がいる。しかし、母親が事故で他界しているため、まあこは誰が自分の父親なのかを知らない(連載当時はDNA型鑑定は一般的ではなかった)。母同様奔放な男性関係を続けるまあこは、ある日大学で自分と兄弟かも知れない進藤鈴也(スズナリ)と知り合う。

泉 まあこ(いずみ まあこ)

主人公。泉家の三女で女子大生。奔放だった亡き母親の生き方を理想としており、貞操観念の無さも母親譲り。ロクが自分の父親かもしれないと知りつつも、彼に父親以上の感情を抱いている。

出典:ja.wikipedia.org

同じ女性マンガ家の高橋留美子と比較してみよう
『うる星やつら』には主人公のラムをはじめ、奇妙奇天烈な女性キャラクターが大勢でてくるけど、ラムにしても、しのぶにしても、恋愛に関しては意外に古風な性格なんだよね
ラムも好きな男性に電撃をあびせたりと行動は過激だけど、それは一途さの表われでしょ
まあ、そうですね
対して、まあこは違うもんね
キスの前に、まず寝ちゃう
それでキスより簡単?

↓テレビドラマでは国生さゆり、映画版は早瀬優香子がまあこ役を演じた。

スポンサーリンク

これから読みたい石坂啓

『アイ’ム ホーム』以外にも、僕がまだ読んでいない作品がいろいろありそう
ちょっとリストアップしてみましょう

※ウィキペディアより

  • 下北なぁなぁイズム 1980 朝日ソノラマ
  • 茶番劇 1981 朝日ソノラマ
  • エルフ 朝日ソノラマ 1982
  • マンチャラ小日向くん 小学館 1983-84
  • 安穏族 集英社漫画文庫、1984
  • キスより簡単 小学館、1986-87 1987年国生さゆり主演でテレビドラマ化された。
  • 夢みるトマト 小学館、1988―89
  • キャリング 堀田あきお共著 小学館、1988―89
  • アレルギー戦士 小学館、1988
  • マネームーン 小学館、1990―91
  • ムスコン 小学館、1990
  • パパイラズ Men’s子育て記 堀田あきお共著 小学館 1990.4
  • 正しい戦争 反戦マンガ傑作集 集英社、1991
  • 私はカラス 小学館、1992
  • 『ハルコロ』1,2(潮出版社1992,1993)ISBN 978-4267902420, ISBN 978-4267902482。:本多勝一の『アイヌ民族』(朝日新聞社,1992)に登場する「15世紀前半を舞台とする架空のアイヌ女性の生涯」をコミック化。新友録 集英社、1993
  • さよなら家族 イースト・プレス 1994.6
  • アイ’ム ホーム 小学館、1999年、第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。2004年にNHK夜の連続ドラマで、『アイ’ム ホーム 遥かなる家路』としてテレビドラマ化された。また、2015年4月からテレビ朝日系で、『アイムホーム』のタイトルでテレビドラマ化される。
  • 俺になりたい男 小学館 2000.7
  • セカンドベスト 小学館 2002.1
  • 私のハートパートナー – 1987年にテレビ朝日「気ままな女シリーズ」の枠で前後編の2回に分けてドラマ化された。
  • ひみつの箱 堀田あきお共著 小学館、2006
  • 悪(絵本)大月書店 2009.9
  • ねこミンミ – 『小学一年生』で連載していた。
  • ピョンタくんの楽しい戦争 – 現在編集委員をつとめる『週刊金曜日』誌上で月イチ連載。伏字シーンを登場させて不自由な世の中を表現しているのが特徴。
  • 竜宮家族 小学館 2015.3

出典:ja.wikipedia.org

僕の場合、『アレルギー戦士』、『マネームーン』あたりまでは読んでるな
1990年代前半ですね
その後、妊娠休業でしょ
で、その頃書いたエッセイが話題なったんだよね
え~と(検索中)・・・『赤ちゃんが来た』ですね
とりあえず、前述の『アイ’ム ホーム』と、一番新しい『竜宮家族』を読んでみるか?
『竜宮家族』はこちらです
そして、あらためて、『キスより簡単』も読み返してみるか?
そ~れいじょうぉ、あ~れみまんで~、ふつーのこ~いのすてっぷ、ふんでぇ♪
なんの歌ですか、それ?
国生さゆりの「ソレ以上 アレ未満」だよ
テレビドラマ『キスより簡単』の主題歌ね
へー
そして・・・自分の女性観が、この左翼マンガ家にどのように影響を受けているか
あらためて考えてみよう
やっぱり左翼が気になるみたいです(苦笑)
いや、別にいいんだどね
結局さあ・・・ロクさんみたいな男が一番モテるの?
いまだに考えてる僕がいる・・・

↓これは実家に全巻あるので今度発掘する。

↓こちら『安穏族』全巻は、これを機会に中古本で購入してみた。