【平成・東京】まるで学生時代のボロアパート、宿泊施設『やどかん』(世田谷代田)に泊まってセンチメンタルジャーニーへ

日本ぼちぼち新聞(全国版)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
外観は懐かしき学生時代のボロアパートみたいだけど、室内はキレイですから(笑)。
ボロアパートって・・・(苦笑)。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
今は熊本に住んでいるけど、大学時代から約20年ほど過ごした東京へ感傷旅行。平成の東京にお別れする、週末一泊二日の旅行だよ。
土日で行ってきたんですね。
スポンサーリンク

下北沢駅が全く変わっていた!

羽田空港から親戚のいる藤沢市周辺へまず向かった。墓参りを済ませて、小田急線で一人都心へ戻る。
ちゃんと真っ先にお墓参りに行ったんですね。偉いです。
懐かしきは小田急線。僕の東京生活はまず小田急線沿線で始まり、京王線沿線、井の頭線沿線、中央線沿線とちょっとずつ移動していったからね(笑)。
熊本しか知らない僕はピンときません(苦笑)。
予約しておいた宿泊施設は小田急線の世田谷代田駅からすぐの場所。しかし、小田急線の快速急行に乗ったから、各駅停車に乗り換えるより下北沢駅まで行き、そこから世田谷代田駅まで一駅分歩いて戻ることにした。久しぶりに下北沢周辺を歩いてみたかったからね。
今回の旅行は懐かしい場所を再訪問するのが目的ですからちょうどいいですね。
そういうこと。しかし、下北沢が全く変わっていてビビった。まずもって小田急線が地下相当深くに停まり、地上までかなりのエスカレーターを登る。出口改札が見えたのでてきとーにそこから外に出ると、僕が知っている下北沢と全く違っていた・・・。
上の写真が改札を出たところですね。
なんか・・・下北沢は小田急線と京王線の改札が別々になったらしい。僕が出たのはどうやら小田急線の東口改札。後で調べると東口改札は2018年12月に出来たばかり。さらに東口改札近くの中央口は2019年3月に完成したばかりだという。ちょうど生まれ変わったばかりの下北沢駅に行ったことになるね。

出典:www.shimochika-navi.com

へー。
昔は北口と南口があって、北口から出ると戦後の闇市みたいなマニアックな一帯があったんだけど、跡形もなくなっていたね・・・。あの中のおでん屋さんで朝まで飲んでたっけ・・・。市場の靴屋さんでブーツ買ったりしたっけ・・・(遠い目)。
いろいろ思い出があったようです。
それから、昔の地理感を頼りに街をブラブラしてみたけど、かなり印象が・・・。
まあ、そんなもんでしょう(苦笑)。

駅前の広場でなんかイベントをやっていました。会場の向かって左手が「下北沢一番街」の入口ようです。

てきとーにブラブラ歩く。こちらではフリーダムな若者が集まってイベントをやっていました。かなり煙モクモクでした・・・。

パチンコミナミ本店は変わらず。かつての南口から続く通りですね。

スポンサーリンク

歩いて世田谷代田の宿泊施設へ

Googleマップを頼りに、徒歩10分くらい。住宅街をテクテク歩いて世田谷代田方面へ。
歩くのにちょうどいい距離ですね。都会の駅と駅の間は近いですよね。
ところが、なんかGoogleマップの反応が悪い。これがひょっとしてゼンリンとの提携解消の影響か? ・・・などと考えつつ歩く。
Googleマップが劣化した件は、ニュースにもなっていました・・・。

スポンサーリンク

まるで学生時代のボロアパート、宿泊施設『やどかん』(世田谷代田)

夜に昔の友人とこのへんで飲むからさあ。歩いて帰れる場所に宿泊施設を探したんだよね。
泊まる場所が近いと安心ですよね。
そしたらここ! まるで学生時代に暮らしていたような懐かしい外観。まさに、あの頃の風呂なしトイレ共同のボロアパート!
アパートを改装した宿泊施設なんですね。
中はちゃんとリフォームされているみたいだから、迷いなくここに決めたよ。まさしく「平成の東京にお別れ」がテーマの今回の感傷旅行にふさわしい宿泊施設!
興奮しないでください(苦笑)。
やどかんについて

□当館は木造アパートを改装した宿です。一般的な観光旅館とは異なります。
□建物の構造上、隣室の生活音や共用部の歩行音が室内にて聞こえる場合があります。
□チェックイン後は『門限無し』、『24時間出入り自由』です。ご自分のお部屋のように御利用いただけます。
アクセス
〒155-0033 東京都世田谷区代田3-58-1

出典:yadokan.com

さらに、チェックイン後は『門限無し』、『24時間出入り自由』。飲んで何時に帰ってきてもオーケー。しいていえば、僕が泊まった部屋はトイレとシャワーが共同だった点が多少気になったが実際に利用してみると、部屋のすぐ近くにトイレもシャワーもあったし、そんな人が沢山泊まっている訳でもないのでストレスはなかったよ。ちなみに、建物1階の部屋はトイレ・シャワー共同で、2階の部屋はトイレ・シャワーが付いてるみたいね。予約するタイミングで付いてる部屋が空いていたらそっちがいいかなっていう程度だね。基本どっちでもさほど影響ない。
また利用したいですか?
ここ穴場だよ。ほどよくゆるい管理も気にいった。また機会があればぜひ利用したいね。

小田急線・世田谷代田駅から徒歩1分くらい。環状7号線沿い。写真の左手、のぼりの立っているボロアパートが宿泊施設「やどかん」です。

今回僕が泊まったのは、写真のちょうど一番手前、1階角部屋でした。

正面の窓から環7が見える、明るく清潔な部屋でした。

右手の窓からは代田八幡神社が見えました。

スポンサーリンク

【平成最後】センチメンタルジャーニーへ

宿泊施設と、隣にある代田八幡神社の路地を通って、夜の飲み会の場所へと向かう。

部屋に荷物を置いてみんなの待つ居酒屋へ。学生の頃、自分のアパートから飲み会へ行くみたいな雰囲気(笑)。
よかったですね。
かなり時間に余裕を持って、世田谷の住宅街を歩きながら、懐かしい場所を回ってきたよ。
センチメンタルジャーニーですね。
では、この続きは、また別の投稿で。
・・・まだまだ続きます(苦笑)。