青春は二度と戻ってこない。20代でやるべきことベスト5

kaeru
いわゆるアラサーです。20代もあと1年ちょっとで終わります。
今日はくまちゃんと猫ちゃんに「20代でやるべきことベスト5」を聞いてみたいと思います。(もう少しはやく聞くべきだったかな?)
ひとつでもこれから間に合うことがあればいいな!

neko
あら、カエルくん、前向き発言ね。

kuma
素晴らしい。まじめに考えてみるよ!

kaeru

では、人生の大先輩・猫ちゃんとくまちゃんが選ぶ「20代でやるべきことベスト5」。
よろしくお願いします!

kuma
まずね。
忘れてはいけないのは、人の身体は年齢とともに衰えて、いずれは静かに死んでいくってこと。
これがまず最初にある。
だからこそ、相対的に、若いこと、健康であること、活力があることを大切にしてほしい。

neko
ほんとそうね。

kaeru

う、最初から重いですね。

kuma
ついこないだまで老化なんてまだ先と思ってたけど、もう老眼入ってきてるからね。幸い僕は白髪は少ないけど。
後ね。今はもう、朝まで遊んで翌日そのまま仕事に行ったりなんて絶対できない、とんでもない。

neko
私も一晩にいくつかもデートをかけもちしたことがあったわ。もう無理ね。

kaeru

・・・・。

kuma
30代、40代とカラダはどんどん衰えていく。
カラダが衰えていくと、比例して、気力も落ちていく。人生の限界が見えてくる。
この調子で・・・と、50代、60代のことが想像できるようになってくる。
20代のときには全く想像つかなかった。

kaeru
死ぬ目にあった人が、死を意識するようになってから何か吹っ切れて、それから成功する話ってありますよね。そういうことですよね・・・。

neko
女性は、若さと美しさが失われていくことが恐ろしい。
ジムでトレーニングしたり、ランニングしたり、せめて維持はしなければと思いはじめる。

kuma
前置きが長くなったけど、以上を踏まえて聞いてほしい。第5位!

第5位 海外経験をする・外国語をマスターする(視野を広げる)

kuma
例えば、日常の外にでると、これまで見えなかったもの、非日常が見えてくるよね。
田舎の子が都会に行くと価値観が変わるように、日本しかしらない人が海外に行くと価値観が根底からゆさぶられるような体験ができる。
そして、いろんな想定外の出来事にも遭遇して、自分の人生の血肉になっていく。
しかしこれはやっぱり、気力や体力が充実していないと受け止められないよね。

kaeru

海外挑戦ですか・・・。

neko
うちの両親は今でも海外旅行にいくけど、それも若いころから旅行しているから。
日本を出たことがない中高年は国内旅行しかいかないものね。

kuma
あとは若いうちに外国語でコミュニケーションをとることになれておきたいね。
英語が一番普及しているから、まずは英語になると思うけど、うまくなくてもとにかく英語で相手に向かっていく。

kaeru
サッカーの本田圭佑選手も今でこそ英語でスムーズにコミュニケーションをとっているけど、最初の頃は、ひどいくらい、ザ・ジャパニーズ・イングリッシュでしたよね。でも、臆することなく、ぶつかっていって自分のものにしていったんですよね。わかります。

kuma
そうそう。とにかく、恥ずかしがらずに外国人に話しかけていくべきだね。

neko
松田聖子さんなんかもそうね。海外の男性とのロマンスを経て、理屈ではなく英語を習得していったわね。

kuma
ああ、そうね(笑)。ジェフだっけ、アランだっけ。異性とコミュニケーションをとりたくて、早く習得する典型的な例だね。

kaeru

よくわかります。

kuma
自分がそこまでできなかったから、自戒の念をこめて喋ってるけど、20代のうちに、海外を見て、視野を広げる素地を作っておきたいね。

neko
まだ遅くないわよ(笑)。

第4位 とにかく動く(チャレンジする)

kuma
とにかく動くって漠然としているけど、カラダを使うことは惜しまずやった方がいい。迷ったらチャレンジする方を選ぶ。
失敗しても、若いからやり直しがきく。失敗しても、今の日本では命までは奪われないから。なんとでもなるはず。

kaeru
これについては自分も少し反省しつつ生きてます。つい、最初からうまくやりたいと思うんですよね。
リスクを避けようとする傾向は自分でもわかっています。
後から振り返ると、よく考えて実行したことが必ずしもうまくいくとは限らないですよね。

neko
私の知り合いで、学校を卒業して、仕事をいくつか経験して、起業も経験した後に、20代後半で地方公務員になった人もいるよ。
安定を求めるなとは言わない。でも、30代くらいまでなら、公務員にもまだなれるから。安定を求める前に、少し試行錯誤するのもありね。

第3位 投資しておく

kuma
日本人は海外に比べて、金融に関するリテラシーが低いんだって。自分でもそうだと思う。
たらればで言えば、「失われた10年」とか「20年」とか世間では言われていたけど、この間、20代からコツコツ勉強しながら株に投資していたら、アベノミクスで大儲けできたかもしれない。ものすごく後悔しているよ。

neko
それ私も思ったわ(笑)。

kuma
若いときは自分に投資しろ、ってよく言うけど、自分への投資と同時に、金融面での投資も早く始めた方がいい。
給料の何割かは資本を増やすための金融投資もやっておくべきだと思う。

kaeru

金持ち父さんですね。僕も本を読みました。

第2位 よく話をきいて(本を読んで)人生の本質・自分の幸せについてよく考える

kuma
第4位で考えるよりも動けって言ったことと矛盾しているようにも思えるかもしれないけど、あれは「考えるな」という意味じゃないからね。
「考えるよりも動け」の真意は、考えて考えぬいた後にとりあえず様子を見ようではなく「動け」ってこと。
つまり、「考え抜いて動く>とりあえず動く>考え抜いて動かない>考えないし動かない」の優先順位かな。
自分の頭でよく考えておくことは重要だよ。

neko
あとね、恋愛でもそうだけど、素直さは重要よ。

kuma
恋愛もそうかもしれない(笑)。素直に人の話を聞く。いろんな本を読みまくる。

kaeru

なんか今日のくまちゃんと猫ちゃん、違いますね(笑)。

kuma
なんか昔の自分に言いたいことを発散してるだけのような気もする。すまんね(笑)。

kuma
考えたり、動いたり、でも、間違うことも多分たくさんあるんだよね。
でも、体力や気力があるうちはそれは無駄じゃないから。
将来、間違う確率を減らしていくため、未来のリスクを減らすために、若い時によく学びよく考えるべきだと思う。

neko
正解はないのよ、きっと。
だから、早くから迷ったりしてた方が、あとあと正しい方向へ進める可能性が高い、ってことだと思う。

kuma
「四十にして惑わず」って言葉あるでしょ。孔子だっけ。
あれは、選択肢が少なくなって迷わなくなったという意味と、若いときから思考錯誤した結果で迷わなくなったという意味、両方があると思っている。
消極的に選択肢がなくなっていくだけではなく、積極的に選択肢を試した後に方向が見えてきている、という状況にしたいね。

第1位 子どもをつくる

kuma
人がなんと言おうと、国が何と言おうと、世間がどうであれ、君がもしいつか子どもがいたらいいなと思っているなら、子どもはなるべく早くつくった方がいいと思う。不安かもしれないけど、ぜったい何とかなる。

neko
この人は、さんざん子どもが嫌いとか言って、独身貴族をおう歌した上で、40歳過ぎて突然子どもを作りました。

kuma
そうなんだよ。
子どもはキライだったけど、でも、そのうちいつかという気持ちもあった。
僕が20代のとき、身近な人が60歳過ぎて30代の女性と結婚して子どもを作った。なんとなくその人を意識していたんだ。
だから、60歳くらいまでにできたらいいな、とはのんびり思っていたよ。

neko
男と女は違うけどね。

kuma
すみません・・・。
でも、子どもができて、随分考えが変わったよ。
こんなんなら、やっぱり20代で作っておくのが正解だと思ったよ。
だって、子どもを育てるのって、すごく体力と気力が必要だから。
なめてました。すみません。

kuma
もちろん、20代の自分より40代の自分の方が、人間として成長はしていると思うから、それなりの子育てすればいいとは思うけどね。

neko
娘ちゃん、かわいいよね。
若くてカッコいいお父さんでいたいよね。

kuma
そうなの、うん。

kaeru

勉強になりました!

kuma
なんか、20代に向けてエラそうなこと言ったけど、60代や70代の人から、そのまんま自分が言われそうだよね。
僕も頑張ります!がおー!

neko
私も頑張るにゃー!あきらめてないぞー!にゃー!

kuma

kaeru

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする