【DOOWUTCHYALiKE?】「パシ・アグ使いは今日も日本のあちこちで」小沢健二のツイートで学ぶ英語【アーカイブ8】

エトセトラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イオンシネマ小樽、さすが!
映画『名探偵ピカチュウ』、要チェックです!

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
※【DOOWUTCHYALiKE(ドゥワッチャライク)】とは、雑誌「オリーブ」に連載されていた小沢健二のエッセイです。今回のツイートにかつて「オリーブ」での鋭い視点を思い出した方も多いかもしれません。
スポンサーリンク

【ピカチュウ】心のゼリーで感じるよ(I feel it in my jellies)→お腹でわかるんだ|2019年5月13日

映画 #名探偵ピカチュウ、実は英語台詞は、鬱、萌え、承認欲求、的な言葉の連発。ジョーク好きな25+歳アメリカ人に進化したピカチュウを字幕で子供に伝える翻訳者さんの頭痛を思いつつ、大人爆笑の台詞群の可愛さ、珠玉。「子供商売、金を払うのは親」と大人の懐古とバズを狙う手、もっとやれ笑。傑作

映画『名探偵ピカチュウ』、正直ノーマークだった。観に行くか?
もちろんです!

#ピカチュウ 台詞、”心のゼリーで感じるよ(I feel it in my jellies)”が響く。字幕の”お腹でわかるんだ”は、大正解。でも、”心のゼリー”って! なんと安っぽい、そして、だからこそ、泣ける言葉。昔から持ってる安い服を、大事な日に着ていく。身一つで。そういうかっこ良さ。好みだよ!

「I feel it in my jellies」→字幕「お腹でわかるんだ」
これは映画館でニュアンスを感じてみないと。
覚えておきましょう。

↓実物大ですぞ!

スポンサーリンク

【NBA】口下手で野暮でつまんない男が!|2019年5月14日

#NBA (米国バスケ)黙ってるの、もうムリです。口の上手い選手たちがSNSで人気の中、大選手・レナードは、性能良すぎてロボットといじられ、野暮で口下手。が、昨日最後のシュート、枠に4回(!)バウンドしてイン、試合終了!世の、口下手で野暮でつまんないと罵られるロボットたちに捧ぐ、根性の一発。泣

口下手で野暮でつまんない男の活躍!
僕もそう揶揄されがちなタイプなんで共感!
え? くまちゃんは言いたい事をすぐ言っちゃうタイプでは?(苦笑)
スポンサーリンク

【Passive-aggressive】パシ・アグ使いは今日も日本のあちこちで|2019年5月16日

Passive-aggressiveとは、”静かに攻撃的”なこと。以前TVで言った時、バカリズムくんに「あ、トイレの『きれいに使って下さって、ありがとうございます』ですね!」と、的確な例を貰った。パシ・アグ使いたちは、丁寧に下手に出つつ、眼光鋭く、相手の息の根を止めようと狙う。今日も日本のあちこちで。

今回一番印象に残ったツイートはこちら。
あるある。これって日本人に多いよねえ。
Passive-aggressiveとは、「静かに攻撃的」なことです。え~と(検索中)・・・。

受動的攻撃行動(じゅどうてきこうげきこうどう、英語: Passive-aggressive behavior)は、怒りを直接的には表現せず、緘黙や義務のサボタージュ、あるいは抑うつを呈して相手を困らせるなど、意識的無意識的にかかわらず後ろに引くことで他者に反抗する(攻撃する)行動である。

出典:ja.wikipedia.org

心理学として研究されている概念なんだね。でも逆に、日本では当たり前すぎて、いちいち「受動的攻撃」とか指摘するまでもないってことか。
かもしれませんね。
これ笑える!

こらこら!笑

スポンサーリンク

【ローラースケート・パーク】どうせ全ては宇宙の塵!|2019年5月17日

ソロ1作目『犬は吠えるがキャラバンは進む』の最後の曲「ローラースケート・パーク」だね。この歌詞は特に印象的だったよな。
へー。1993年ですか。

自作の話。1993年に書いた歌詞「ありとあらゆる種類の言葉を知って、何も言えなくなるなんて、そんなバカな過ちはしないのさ」は、へー予見的、とは思います。ありとあらゆる言葉が知れる(か、知ったかぶりできる)現在、何も言えなくなるなら、意味ない。言ってしまえ、どうせ全ては宇宙の塵!笑


ニューアルバムの続報、待ってるぞ!!