第1106回 toto(7/13,14)のオカルト予想 「多摩川クラシコ、追いつくか突き放すか? 仙台は鹿島戦でホーム7連勝なるか?」

サッカー(オカルト予想)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
錚々たる面々に続いて、さりげなく登場する久保建英。只者じゃないな。笑
レアル・マドリードの公式ツイートが話題です。

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

まずは反省会~第1104回 toto(7/3)、第1105回 toto(7/6,7)

関連エントリー→第1104回 toto(7/3)のオカルト予想 「【第99回天皇杯 2回戦】J1とJ3の対戦でジャイアントキリングを狙え! ※天皇杯の歴史も振り返ってみました」

関連エントリー→第1105回 toto(7/6,7)のオカルト予想 「toto史上初!なるか?全試合ホームチーム勝利?!」

天皇杯が対象、先週水曜日の第1104回 toto(7/3)、週末リーグ戦が対象の第1105回 toto(7/6,7)を続けて反省。
え~と(検索中)、第1104回 toto(7/3)は、1等0口、2等715,400円、3等36,820円。第1105回 toto(7/6,7)は、1等2口35,168,997円、2等239,637円、3等23,190円・・・という結果でした。第1104回で発生した繰越金は、次の第1105回ですぐ無くなりました。

出典:www.toto-dream.com(第1104回)www.toto-dream.com(第1105回)

僕の予想は、第1104回 toto(7/3)はジャイアントキリングという視点、第1105回 toto(7/6,7)はホームチーム有利という視点で占った。それぞれ方向性は間違っていなかったが、どこで波乱がおきるかという予測が甘かったな。まあ仕方ない。
確かに、天皇杯ではジャイアントキリングが連発しました。
ねー。むしろtoto対象試合となっていないJ1勢と大学の試合でジャイアントキリングが発生してビックリ。
名古屋と湘南ですね・・・それらの試合がtoto対象試合だったらもっと波乱でしたね。苦笑
そして週末のリーグ戦、第1105回 toto(7/6,7)は総じてホームチーム有利だった。13試合の結果見てごらん。アウェイ勝利は湘南のみ。あとはどの試合が引き分けかが当たれば当選だったね。
なかなか珍しい回でしたね。では次行きましょう。
スポンサーリンク

1分でわかる!リーグ戦の状況まとめ

今週は、水曜日に天皇杯2回戦が3試合のみ開催される。
東京Vvs法政、横浜Cvs仙台大、C大阪vs和歌山です。ほとんどJチームはちゃんと1週間空いての週末リーグ戦となりますので、totoへの影響はほとんど無さそうです。では、J1の先週末の結果と順位から。

FC東京が下位のG大阪にきっちりと勝利し、首位をキープ。そして注目は、名古屋vs湘南戦。ともにリーグ連敗中で、かつ天皇杯でジャイアントキリングされたという、因果な不調対決はアウェイの湘南が勝利した。
意地悪な注目の仕方ですね。苦笑
では順位です。

→J1の最新順位表はこちら(Jリーグ公式)

引き続き、ACL組の消化試合は1試合少ないが・・・首位F東京(勝ち点39)がまた頭二つほど抜けた。2位横浜FM(33)、3位川崎(32)、4位鹿島(31)と続く。
F東京は連勝ですね。どのチームも一進一退で、現在連勝しているチームはF東京以外にありません。
逆に連敗中のチームは、9位名古屋(25)と18位磐田(14)が3連敗中。磐田は監督交代直後の天皇杯では勝利したものの、リーグ戦は落としたね・・・。
9位名古屋(25)に勝利した15位湘南(20)はかなり久しぶりの白星でした。
今年は昨年の名古屋やG大阪みたいに、リーグ中盤戦から連勝して上にいくチームが出てくるかな? 去年と違ってちゃんとした中断期間がないから難しいかな。ま、夏場に勝ち点を伸ばせるチームがどこか? そのへんに注目だね。
では、J2の先週末の結果と順位です。

熱戦が繰り広げられているのう。・・・新潟が上位大宮に勝利。最下位岐阜が福岡に勝利。京都と長崎の上位対決は京都勝利。柏と甲府の上位対決は柏勝利。
首位の山形はアウェイで愛媛とドローです。

→J2の最新順位表はこちら(Jリーグ公式)

愛媛と引き分けたものの山形(勝ち点40)の首位は変わらず。2位京都(37)と3位柏(37)が浮上してきたね。
4位水戸(36)、5位大宮(36)、6位甲府(33)は最近なかなか勝ち点が伸びていません。
現在の連勝チーム、3位柏(37)と15位山口(26)が3連勝、11位新潟(29)と12位横浜Cが2連勝。地味に山口が調子を上げてきているのう。
対して連敗チームは、20位栃木(17)が4連敗、21位福岡(17)が3連敗、19位鹿児島(20)、6位甲府(33)が2連敗中です。
最下位は変わらないが、岐阜(15)がやっと勝ったね。
では、今週の予想を始めましょう。
スポンサーリンク

第1106回 toto(7/13,14)のオカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う
4. 波乱(または引き分け)のカードについて、その理由をポイントとして下に記載する

Club totoの購入画面|第1106回 toto(7/13,14)

当選金額予想

1等8000万~3000万クラスの波乱狙い。
川崎と仙台に賭けましたね。
スポンサーリンク

第1106回 toto(7/13,14)オカルト予想のポイント~多摩川クラシコ、追いつくか突き放すか? 仙台は鹿島戦でホーム7連勝なるか?

仙台vs鹿島は、仙台が過小評価、または鹿島が過大に評価されている気がするので、あえて仙台を推してみる。それに、これから8月の七夕祭りへ向け、地元はムードがいいんじゃない?
ベガルタの名前の由来も七夕ですからね。
第1106回 toto(7/13,14)のポイントはこちら!

【仙台vs鹿島→[予想] 仙台勝利】
最も狙い目のカード。毎年主力が流出しても伝統的に常に上位にいる鹿島ブランドゆえか、アウェイにもかかわらず、鹿島が圧倒的に投票を集めている。しかし、前節アウェイ浦和戦を落としたとはいえ、それまで4連勝仙台。しかも現在はリーグ戦ホーム6連勝中。そんなに圧倒的に鹿島が勝利するとは考えられない。ここは多少迷いもあるが、ホーム仙台に賭ける。

【C大阪vs名古屋→[予想] 名古屋勝利】
天皇杯では学生に敗れ、リーグでは3連敗かつ7試合勝ち星のない名古屋。当然、投票はホームC大阪に集まっている(令和に入って最もヵ地点を稼いでいるのはなんとC大阪らしい)。しかし、C大阪vs名古屋の対戦実績は、9勝3分10敗(全体で15勝9分23敗)と名古屋に分がある。そろそろ名古屋が勝ち点を獲得すると予想する。

【F東京vs川崎→[予想] 川崎勝利】
今回の多摩川クラシコは首位決戦。まさに今節の大一番。F東京vs川崎戦のデータは7勝2分9敗(全体で11勝9分16敗)とやや川崎有利。F東京が突き放すか、川崎が追いつくか。中村憲剛も復帰し、ここは川崎がリーグ戦をさらに面白くしてくれるに違いない。川崎勝利に賭ける。

【湘南vs神戸→[予想] 全部買い】
神戸に投票が集まっているので、全部買いで波乱も狙う。

参考:www.toto-dream.com※データ(過去の対戦実績)は2004年以降のリーグ戦が対象です

そして、F東京vs川崎の多摩川クラシコが一番の注目だね。一気に突き放したいF東京と、首位との差を自力で縮めておきたい川崎。意地がぶつかりあう好ゲームになること必至!
さて!?
スポンサーリンク

【話題】米ラピノーに注目!

決勝戦の前から話題になっていたけど、トランプはどうでるか?
女子サッカー米代表のミーガン・ラピノーは、ホワイトハウスに招待されても絶対行かないと語っていました。

サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会でアメリカ代表の快進撃に貢献したのが、FWのミーガン・ラピノー。6月28日のフランス戦で2得点を挙げて準決勝進出を決めた後、「LGBT(性的少数者)プライド月間にこの成果を上げられたことは感無量?」と問われたラピノーはこう答えた。「ゲイ、万歳!」

(中略)

LGBTの先頭に立つだけではない。NFLの膝つき抗議行動への対応などから米トランプ政権を批判してきたラピノーは、今年1月のインタビューで、W杯で優勝しても「くそったれホワイトハウスには行かない」と断言。最近になってこの動画が公開されたことで注目を集めた。案の定、トランプ大統領は「まず優勝してから言え」「勝っても負けても招待してやる」とツイッターでかみついている。

出典:www.newsweekjapan.jp

ラピノーだけじゃなくて、チーム全体で成果に対する報酬についても主張して臨んだ大会でしょ。そして見事優勝。
男子に比べると、女子サッカーは遥かに賞金が少ないと?
日本人の僕らは、男子サッカーに比べると女子サッカーは市場規模が小さいから仕方ないよねとか思いがち・・・しかし、そういう見方で話を終わらせず、やっぱりこう主張していくことも大切なのかもね。むしろそのくらいの気概があってこそ、女子サッカー界に女王として君臨するアメリカの強さとも言えるかも? 今のなでしこジャパンに、サッカーという競技を超えて、それくらいのパワーはあるか?
そんなキャラクターはまだなでしこジャパンにはいませんよね・・・。
でもさ、引退したアメリカ女子の元エース、ワンバックもそうらしいけど、なんかゲイのアスリートも多いよね・・・。正直言うと、日本の地方に住む僕はピンときていない。でも、この潮流はいずれ日本でも感じるようになるの・・・かな?
どうでしょう・・・?
ところで話は変わるが、われわれロアッソ熊本からG大阪へ個人昇格してまだ半年の田中達也が、大分に電撃移籍するらしい・・・。
プライベート面も含めてとは・・・?

G大阪も激動だね・・・DF藤春が復帰後すぐ怪我、DFオ・ジェソクもF東京に移籍しちゃうし、大丈夫か?
でも、宇佐美選手が復帰しますし、井手口選手が戻る噂もありますよ。
さすがに、田中達也は、J3の古巣には戻ってきてくれなんだか・・・。
それは、ないない。苦笑

田舎に帰っておいで。