【NYダウ】貧乏人はボラで死ぬ~史上最大1293ドル急反発!翌日暴落(利下げ)!そしてまた反発(バイデン)!【ゆるゆる投機的行動63】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
先週半ばから様子見。でも眺めているだけでも勉強になるなあ。
ホントはもう退場してるとか?
ギクっ(汗)!
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

何が起こったのか? NYダウ、史上最大1293ドル急反発

NYダウ、先週ヒドかったよね・・・一週間ずっと続落だよ。
そして週明けやっと反発しました。
NYダウ、史上最大1293ドル急反発 協調緩和を期待

 週明け2日の米ニューヨーク株式市場では、主要企業でつくるダウ工業株平均が8営業日ぶりに急反発し、前週末比1293・96ドル(5・09%)高い2万6703・32ドルで取引を終えた。1日での上げ幅は、2018年12月26日(1086ドル高)を抜いて史上最大となった。

(中略)

 ダウ平均は前週末までに7営業日連続で下落。前週の下げ幅は計3583ドルと、2008年のリーマン・ショック後を超えて過去最大を記録していた。

出典:www.asahi.com

でもさあ・・・うまく立ち回れていたら、物凄い爆益だよ。連日1000ドル幅の下落や上昇だから、1ロットでやってても1日10万だぞ。
そう上手く立ち回れる人はなかなかいません・・・。
スポンサーリンク

【2020年3月3日(火)アメリカ時間】週明け約1300ドルの上げ幅

2020年3月3日(火)の5分足

タラレバ。0時前後の底値で1ロットロングして寝ていれば、朝起きたら13万だぞ。0時前後のレートは一度も下回っていないからね・・・。IG証券ノックアウト・オプションの最小ロット0.5でも6万儲かったはず。悔しい。
タレレバですよ、タラレバ(笑)。
でも、5分足で最大200pips動いているでしょ。ボラティリティ(変動幅)が凄いから、入るところ間違えると貧乏人は即死だからね。全体としては1300ドル上昇しているけど、4時台の400pips下落をはじめ、1時間おきくらいに100pips程度の下落がある。もし一晩中トレードしても、10万前後の資金でやっている下手な貧乏人は1万円ずつくらい往復ビンタくらいながら、朝には資金を溶かした可能性だってある。
よく自分のことを理解していますね(苦笑)。
いや、昔の僕の話だよ。今はそこまでアホじゃない・・・と思う。
スポンサーリンク

【2月最終週】前の週は、連日約1000ドルの下げ幅だった・・・

2020年2月26日(水)の5分足

2020年2月27日(木)の5分足

前の週もしかり。上手く立ち回れたら、最小1ロットでも連日10万円儲かったかも? 5日で50万円? 悔しい!
でも、先週退場したんでしょ?(笑)
スポンサーリンク

数か月前、いつものNYダウ

ちなみに、ボラティリティが恐ろしいことになっているNYダウだが、いつもはどのくらいかというと・・・ちょうど僕が2019年10月の記録を残している。ざっくりとだが、このくらいのボラティリティだった。
こちらですね。

10月1日(火)200pips
10月2日(水)400pips
10月3日(木)400pips
10月4日(金)500pips
10月5日(土)500pips
10月8日(火)200pips
10月9日(水)300pips
10月10日(木)200pips
10月11日(金)300pips
10月12日(土)200pips
10月15日(火)200pips
10月16日(水)200pips
10月17日(木)100pips
10月18日(金)100pips
10月19日(土)200pips
10月22日(火)200pips
10月23日(水)200pips
10月24日(木)200pips
10月25日(金)200pips
10月26日(土)200pips
10月29日(火)200pips
10月30日(水)200pips
10月31日(木)200pips

関連エントリー→【2019年】秋のニューヨークダウ、チャートをのんびり歩いてみる【ゆるゆる投機的行動52】

そうそう。だいたい1日200pips程度のボラティリティなんだよね。
それが今は約5倍ってことですね。
スポンサーリンク

【どうなるNYダウ?】そして3月4日、FRB緊急利下げ(0.5%)でまたもや急落→スーパーチューズデー番狂わせのバイドン優勢上げ?

2020年3月4日(水)の5分足

そして3月4日、FRB緊急利下げ(0.5%)でまたもや急落。これは流れが変わったかもよ?
と、どなたか詳しい方が言っていたんですね(笑)。
そうそう(笑)。僕が独自にわかるわけないじゃん。信頼する数名がそんなことをツイートしていたから、僕もヤバイと思っている。トランプ大統領大丈夫か?
アメリカ大統領選挙の行方もわからなくなってきたようです・・・。

そうこう言ってるうち・・・注目のスーパーチューズデーは、有利と言われていたサンダースではなくバイデン優勢となった。これを市場が好感し、またダウ上がってるよ(苦笑)。
なかなか流れに乗るのが難しいですね(苦笑)。

スポンサーリンク

貧乏人はボラティリティに殺される

こういう局面で一番やってはいけないのが、カッとなってロットを掛けた大勝負。ボラがあるからと一撃で大きく取ろうとしても勝てるのは天才だけ。反発を買って急落し、底抜けたと空売りして急反発。資金が無限に溶けていく。ボラが大きいときはロットを小さく、ボラが小さいときはロットを大きく。

つまりそーいうこと。
金言ですね。
とはいえ・・・流れに乗れてたら最小ロットでも半日5万~10万の利益だぞ。やっぱり悔しい!
だから、カッとなって勝負にでたら危ないですって(苦笑)。