【大図鑑&大図鑑DX】ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊の大図鑑シリーズをすべて比較する【どの大図鑑がお好み?】

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
3歳の息子がヒーローに夢中、買ってあげた「ウルトラマン大図鑑」「仮面ライダー大図鑑」「スーパー戦隊大図鑑」の3冊が現在バイブルになっている。
へー。小さな男の子にとってヒーローは永遠ですね。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊の大図鑑シリーズとは・・・?

まず「ウルトラマン大図鑑 」が2011年に発売された。おそらく好評だったのだろう。「仮面ライダー大図鑑」が翌2012年、「スーパー戦隊大図」が良く翌年2013年に発売されている。
へー。毎年1冊ずつ企画されていったんですね。
どの大図鑑も、それぞれのヒーローのおもちゃ、ヒーローや怪獣・怪人のソフビ、ベルトやマスク、ロボット玩具などを使って、シリーズを昇順で図鑑形式に紹介するというもの。なかなか見ごたえあるぞ。
テレビや映画の映像ではなく、おもちゃの画像でそれぞれのヒーロー作品を紹介しているところが特徴のようですね。
そういうことー。初代のウルトラマン、仮面ライダー、ゴレンジャーから、最近の作品まで。自分の子どもが、僕らの昭和ヒーローの名前も覚えてくれて、なかなか感慨深いぞ。
親子一緒に楽しめそうですね。

初代ウルトラマンからウルトラマンゼロまですべてのウルトラ戦士のひみつと全TV番組&映画のストーリーを紹介。 ポプラ社 (2011/7/15) 単行本 : 200ページ

仮面ライダー1号からフォーゼまで、全ライダーのソフビやベルト、マスクなどのオモチャを紹介する1冊。シリーズすべてのストーリーも紹介しています。ポプラ社 (2012/7/14) 単行本 : 176ページ

『ゴレンジャー』から『キョウリュウジャー』まで、メカやロボ、テレビストーリーなど、スーパー戦隊シリーズのすべてを紹介した1冊。ポプラ社 (2013/7/10) 大型本 : 222ページ

そして、大図鑑が発売されて数年後、それぞれリニューアルした大図鑑デラックスも発売されている。毎年じゃなくて数年置きのリニューアルペースっぽいね。僕なりに各大図鑑の内容を評価してみたので、これから購入する方は参考にして欲しい。いいところ悪いところがちょっとあるぞ。
悪いところもあるんですか?
悪いところというか、要望だね。出版社の人も見てくれないかなあ。
要望が伝わるといいですね。
スポンサーリンク

【★★★★★】ウルトラマン大図鑑&ウルトラマン大図鑑DX

最初に言うが、「ウルトラマン大図鑑」が一番優れている。なぜなら全ストーリー紹介ページで各話それぞれサムネイル画像つきという力作だから。残念ながら、仮面ライダーとスーパー戦隊の大図鑑のストーリー紹介ページにはサムネイル画像がなくて、字ばっかりだと子どもにとってあんまり意味がない・・・。
そうですね。小さい子のための図鑑ですからね。

初代ウルトラマンから順番にヒーローが紹介されている。※下の画像は帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のページです

主だった怪獣も紹介されています。

科学特捜隊などの基地、マシンやメカも掲載されています。

全ストーリーが登場した怪獣などのサムネイル画像つきで紹介されています。ここが他の大図鑑と比べて、ウルトラマン大図鑑が最も優れている点だと思います。

初代ウルトラマンからウルトラマンゼロまですべてのウルトラ戦士のひみつと全TV番組&映画のストーリーを紹介。 ポプラ社 (2011/7/15) 単行本 : 200ページ

『ウルトラマン大図鑑』が5年ぶりに、ページを大幅に増量してリニューアル!!初代ウルトラマンからウルトラマンオーブまで紹介した、充実の一冊です。ポプラ社 (2016/7/11) 大型本 : 255ページ

スポンサーリンク

【★★★★】仮面ライダー大図鑑&仮面ライダー大図鑑DX

ストーリー紹介のページにサムネイル画像がない点以外は、とても良い。基本的に満足している。
大図鑑はフォーゼまで、大図鑑デラックスはビルドまで紹介されているそうです。

仮面ライダー1号から順番にヒーローが紹介されている。

主だった怪人も紹介されています。

うちの子ども、アマゾンが結構好きです。子どもの頃、十面鬼が怖かったなあ。

ウルトラマン大図鑑と比べて残念なのは、全ストーリーの紹介に画像がない点です。タイトル、怪人の名前しかわかりません。編集が大変かもしれませんが、ここに怪人の画像があれば図鑑としてさらによいのに・・・。てゆーか、文字だけだと幼稚園児は楽しめません。

仮面ライダー1号からフォーゼまで、全ライダーのソフビやベルト、マスクなどのオモチャを紹介する1冊。シリーズすべてのストーリーも紹介しています。ポプラ社 (2012/7/14) 単行本 : 176ページ

仮面ライダー1号からビルドまで、全ライダーのソフビやベルト、マスクなどのオモチャを紹介する1冊。シリーズすべてのストーリーも紹介しています。ポプラ社 (2017/11/22) 大型本 : 248ページ

スポンサーリンク

【★★★★】スーパー戦隊大図鑑&スーパー戦隊大図鑑DX

実はうちの息子はこのスーパー戦隊大図鑑が一番気に入っているんだよね。ヒーローがカラフルで、怖そうな怪人が載ってないのが逆にいいみたい。僕としては怪人が載ってないのは図鑑として不満なのだが・・・。
大人と子どもの視点の違いもあるようですね。

秘密戦隊ゴレンジャーから順番にヒーローが紹介されている。

スーパー戦隊は敵の怪人がまったく紹介されないかわりに、スーパー戦隊をサポートするメカやロボットの記載が充実しています。

仮面ライダー大図鑑と同じく、全ストーリーの紹介に画像がありません。タイトル、怪人の名前しかわかりません。せっかくスーパー戦隊のメカはきちんと紹介されているので、ここに怪人の画像があれば図鑑として完璧なのに・・・残念。

スーパー戦隊の紹介の合間にコラム的なページがあります。特にこのページがうちの子どものお気に入り。レッド・ブルー・イエロー・グリーン・ピンク・・・自分はどのタイプかな? こういう企画はナイスです!

各大図鑑デラックスの中で、スーパー戦隊大図鑑DXが最新(※2020年11月現在)なので現在放送中のキラメイジャーまで掲載されています。

『ゴレンジャー』から『キョウリュウジャー』まで、メカやロボ、テレビストーリーなど、スーパー戦隊シリーズのすべてを紹介した1冊。ポプラ社 (2013/7/10) 大型本 : 222ページ

1975年秘密戦隊ゴレンジャーから2020年魔進戦隊キラメイジャーまで、戦士、敵、武器、メカ、ロボット、あらすじ…この1冊でまるわかり!!! ポプラ社 (2020/3/9) 大型本 : 255ページ

スポンサーリンク

【3歳息子】うちの場合・・・

うちの場合・・・3歳息子の本の扱いがまだまだ荒いので、新品買ってやってももったいないから、すべてメルカリで買った。メルカリに結構流通しているんだよね。
そうですね。中古本でいいかもですね。
ちなみに、メルカリの相場は、大図鑑だと1000円前後、大図鑑デラックスだと1500円以上が多いかな。もちろん、キズや汚れが酷くてもっと安い金額でも出ている。なるべくキレイなものを安く買えるかどうかはタイミングだよね。
ということは、良品だと定価の3分の2くらいでしょうか。
うちはウルトラマンと仮面ライダーは大図鑑で、スーパー戦隊のみ最新の大図鑑デラックス。ただデラックスは50ページ以上増えているだけあって、手に持っただけでボリューム感がアップしてるのがわかる。
子どもさんは最新のヒーローが載ってる方が喜ぶんじゃないですか?
うちの場合、そこはあんまりこだわってないみたい。とりあえず、スーパー戦隊のみ最新の大図鑑デラックスでキラメイジャーは載ってるけどね。意外と昔のヒーローのページも熱心に見てるぞ。名前を憶えるのが早い早い。同時にAmazonプライムビデオなどで、昔のヒーローが登場する映画なんかも見る機会があるからね。なんとなく覚えていくみたいよ。
通園のクルマの中で昔のライダーやウルトラマンの曲をかけているんですよね。
だって昔の音源しか持ってないもん。ただ昭和のヒーローの主題歌はコンプリートしているがね(自慢)。でも、昔のヒーローソングの方がわかりやすくて、令和チルドレンも反応いいぞ。
そんなもんですか?(苦笑)

初代ウルトラマンからウルトラマンゼロまですべてのウルトラ戦士のひみつと全TV番組&映画のストーリーを紹介。 ポプラ社 (2011/7/15) 単行本 : 200ページ

『ウルトラマン大図鑑』が5年ぶりに、ページを大幅に増量してリニューアル!!初代ウルトラマンからウルトラマンオーブまで紹介した、充実の一冊です。ポプラ社 (2016/7/11) 大型本 : 255ページ

仮面ライダー1号からフォーゼまで、全ライダーのソフビやベルト、マスクなどのオモチャを紹介する1冊。シリーズすべてのストーリーも紹介しています。ポプラ社 (2012/7/14) 単行本 : 176ページ

仮面ライダー1号からビルドまで、全ライダーのソフビやベルト、マスクなどのオモチャを紹介する1冊。シリーズすべてのストーリーも紹介しています。ポプラ社 (2017/11/22) 大型本 : 248ページ

『ゴレンジャー』から『キョウリュウジャー』まで、メカやロボ、テレビストーリーなど、スーパー戦隊シリーズのすべてを紹介した1冊。ポプラ社 (2013/7/10) 大型本 : 222ページ

1975年秘密戦隊ゴレンジャーから2020年魔進戦隊キラメイジャーまで、戦士、敵、武器、メカ、ロボット、あらすじ…この1冊でまるわかり!!! ポプラ社 (2020/3/9) 大型本 : 255ページ