今年もサッカーが熱い!今注目の若手選手は?

サッカー

今最も注目されている日本人選手は?

久保建英 (日本)

今日本人選手の中で最も注目されているのは、久保建英といっても過言でないでしょう。先日もオリンピックメンバーが発表されてから久保選手の名前がトレンド入りにしました。久保選手は2001年6月4日生まれ、神奈川県川崎市出身。身長は173cm。
2019-20シーズンに在籍したRCDマジョルカでは右サイドハーフを務めることが多く、トップ下や左サイドハーフでもプレーしていました。
ドリブルをまじえながら、相手をおちょくるようなプレーを魅せるのが魅力です。
3、4人に囲まれた時に冷戦な判断ができているのが他とは違う、天才児です。

世界で最も注目されている選手は?

アンス・ファティ (スペイン)

NxGn 2021:世界最高の若手50人ランキングの頂点に立ったのがこの選手、アンス・ファティ。
2002年10月31日、ギニアビサウに生まれ。身長は178 cm。
2012年に、U-12「アレビンA」で久保選手と出会っており、二人合わせて130ものゴールを記録しました。二人は2013年に日本で開催されたU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジにも出場し、ファティ選手は7ゴールを挙げて大会得点王に輝いています。
そんなスター選手のファティですが、現在は左膝の内側半月板の損傷で戦線を離脱中。
残念ながらオリンピックでお目にかかるのは難しそうです。

エドゥアルド・カマヴィンガ (フランス)

同じく、NxGn 2021:世界最高の若手50人ランキングで見事2位に輝いたのが、エドゥアルド・カマヴィンガ。
2002年11月10日、アンゴラ出身。身長は182cm。
2019年4月にレンヌ史上最年少の16歳でリーグ・アンにデビュー。翌5月のモナコ戦では初スタメンを飾りました。02年1月以降に生まれた選手の中で、彼より早く欧州5大リーグで先発した選手は一人もいません。
ディフェンスセンスがよく、動きがとても功名で、守備でもうまく相手と入れ替わるように体を入れます。長い足を生かしてボールを刈り取るのも得意で、全体的に動きがしなやかです。

まとめ、見逃したくない試合の日程は?

この夏、どこのチームでも2000年代生まれが大活躍中です。
特に上記の3人は筆者も注目しており、スーパープレーが勃発するのでいつも欠かさずに試合観戦しています。といっても家にテレビがないので、DAZNで観るか、ブックメーカーで観るかが基本です。DAZNについては皆さんよくご存知だと思います。ブックメーカーについてはただ試合を観戦するだけでなく、どっちのチームが勝つかなど、賭けることができるのでサッカー観戦の楽しさが倍増するのです。
わかりやすくまとめてある、ブックメーカー 日本在住プレイヤー用レビューサイトもあるのでぜひ参考にしてください。ひとりではもちろん、友達とみんなで使ってみながら賭けるのもありだと思います。

オリンピックにて特に注目したい試合は、もちろん我らが久保建英vsエドゥアルド・カマヴィンガですよね。(アンス・ファティが怪我のため)
日本とフランスがあたるのは7月28日、フランス – 日本。横浜国際総合競技場で行われます。
何よりも一番楽しみにしたい試合なのですが、どうやら最新情報では、PSGやバイエルンなど多くのクラブが所属選手の派遣を拒否しており、代表チームが組めない状態に陥っているそうです。
最悪の場合、フランスはオリンピック出場を破棄する可能性が出てきました。
なんとしてでもそれが起こらないことを願うばかりです。。。