【NYダウ日記(2022年8月22日-26日)】やはり7月・8月の上昇はベアマーケットラリーだったのかもしれない【ゆるゆる投機的行動220】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年8月22日-26日トレード日記だよ。さあ、風景が変わってきたか?
注目された金曜日、ジャクソンホール会議・パウエルFRB議長の短いスピーチは強いメッセージとなり、久しぶりに米株が大きく動きました。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年8月15日-19日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年8月22日-26日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【8/22(月)】ジャクソンホール・パウエル講演でのタカ派発言に備え米長期金利再上昇、先週末の流れを引き継ぎ米株続落(変動幅約700ドル)【損益:100pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

この日は動きがわかりやすかったのに、米時間開始前後でバタバタしてしまった。それでもなんとか、米時間の下落に乗って利益を確保。今週は上手くいけば利益を伸ばせそう、でも慎重に慎重に。
ジャクソンホール会議・パウエルFRB議長の講演でのタカ派発言に備えて米長期金利が再び上昇、米株は金曜日からの流れを引き継いで続落です。

スポンサーリンク

【8/23(火)】ダウ3日続落も方向感なし、米株取引高は年初来最低を更新(変動幅約332ドル)【損益:140pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

金曜・月曜に比べると下落幅が小さい。前日と同じく米時間開始前後に失敗したものの、その後にまあ、それなりの利益を確保。いっそ米時間だけトレードした方が成績よくなりそう?
金利上昇と原油高が重石となり、終日軟調でした。ダウ3日続落ですが、動きは小さいですね。反発する局面もありました。米株の取引高も年初来最低を更新したようです。

スポンサーリンク

【8/24(水)】パウエルFRB議長講演控え値動き限定だが、米株小反発(変動幅約334ドル)【損益:???pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

ジャクソンホールまで下げるという目論見だったのに、なんで上がるの?さらに言うと、金利上昇してるのになんて株価上がるの? ま、たいしたボラじゃないし、ただの揺らぎ? 今日明日、一旦下がる局面は来ると思うから含み損持ち越し中。
金曜日ジャクソンホールのパウエルFRB議長講演控え、値動きは限定ですが、米株小反発です。

スポンサーリンク

【8/25(木)】ダウ322ドル高で続伸(変動幅約420ドル)【損益:-270pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

今週の利益を飛ばしてしまった…。ジャクソンホールのパウエルまで下目線ではなかったのか?どうして上昇する? いや、冷静になろう。決して一方的に上昇していた訳ではない。下落局面も何度もあったので、ちゃんと立ち回ったならそれなりに利益を残せていたはず。まず前日からの含み損を持ち続けていたことがよくない。やはり損切りすべきときに損切りしないとダメだな。唯一の救いは、多少のギャンブルはあっても、昔のように一発退場になるようなギャンブルトレードまではやっていないところ。仕方ない。またスタートラインから積み上げていこう。
ガンバってください(苦笑)。ダウ続伸です。大和NYの森本さんは…中国政府による景気刺激策と、米上場の中国企業の監査についての米中両国の歩み寄りを受け、資本財・消費など中国関連株が大幅高となった点を指摘しています。決算を発表したエヌビディアが上昇するなど半導体株が買われ、ナスダックも続伸しました。ひょっとしたら、今週それほどジャクソンホールを意識しないでトレードした方が良かったかも?(苦笑)

スポンサーリンク

【8/26(金)】ジャクソンホール会議・パウエルFRB議長は短いスピーチで強いメッセージ、ダウ1000ドル超の急落!(変動幅約1274ドル)【損益:0pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

前日の負けが少しショックでジャクソンホールはただ眺めているだけで終わった。パウエル前後に週明け持ち越し覚悟でショートしようかと思ったけど、つい見送っていまった。せっかく大きく動いたのに悔しい。
生き残っていれば、またチャンスは来ますよ。そして大注目だったジャクソンホール会議、パウエルFRB議長の講演ですがあたらめて「インフレ抑制まで利上げ継続」を表明し、ダウは1000ドル超の下げ米株は大幅安となりました。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】やはり7月・8月の上昇はベアマーケットラリーだったのかもしれない(変動幅約000ドル)【2022年8月22日-26日】

2022年8月22日-26日の一週間(15分足チャート)

TradingView

これで7月・8月の上昇がベアマーケットラリーだったことが証明されたのかもしれない。
残念ながら新たなブルマーケットの始まりではなかったのでしょうか…。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】週明け要注意!来週は米雇用統計など重要指標も【2022年8月29日-9月2日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

ブラックマンデーとかないよな? いろんなシナリオを想定して来週に挑みたい。
来週はISMや米雇用統計など重要指標が数多く発表されます。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

そして、井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェック!
井口さんの本は6月末に発売されたばかりです。

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。