「【2022年夏】『阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス・旧三愛レストハウス)』、雲の上レストランで食事して、阿蘇の高原で水遊び!?」くまとR子の子育て日記(600日目)

グルメ1(うどん)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
阿蘇の高原で水遊び?できるの?
え?無料のイベントなの?
☆☆☆☆☆
2022年、くま(52歳)とR子(46歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は8歳、そして、第二子たろー(♂)は5歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・日本はそういう時代です(たぶん)。
☆☆☆☆☆
昭和の頃から親しまれてきた「三愛レストハウス」です。ここ数年で「阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)」と変わったようです。楽しそうなイベント(無料)をやっていたので行ってきました。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【ドライブイン】昭和から親しまれてきた「三愛レストハウス」、「阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)」に生まれ変わる

出典:rest.senomoto.com

久しぶりの「三愛レストハウス」に行ったら、名称が「阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)」に変わっていた。
赤い三角屋根のドライブインね。熊本地震の後に行ったねー。

関連エントリー→「東にぶらっと阿蘇で遊んで、西の天草みちくさドライブ!(被災その5)」くまちゃん・R子の子育て日記(16日目)

アソで水遊びできるの?どこどこ?
たろーもあそぶー!

↓「三愛レストハウス」が「阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)」となった経緯です。(その1)

2017年12月22日(株式会社リコー)
株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、連結子会社である三愛観光株式会社(以下、三愛観光)の発行済株式の70%を、熊本未来創生投資事業有限責任組合(以下、くまもと未来創生ファンド)に譲渡することを決定しました。
最終的な株式譲渡は12月28日に実施する予定です。
三愛観光は、その前身である九州三愛観光株式会社が1966年に設立され、1982年に現在の社名となりました。現在、熊本県・阿蘇瀬の本高原でドライブイン「三愛レストハウス」と、宿泊施設「三愛高原ホテル」を運営しています。
リコーは、2017年度から開始した3カ年計画「第19次中期経営計画」の中で、「RICOH再起動」を掲げ、構造改革と成長事業の重点化、経営システムの強化に取り組んでおり、三愛観光の事業に関しても、同社が発展するための新たな事業形態を模索していました。
くまもと未来創生ファンドは熊本地震により被災した企業・地域の復旧・復興および成長支援、地域活性化の実現を目的として組成された官民ファンドであり、同ファンドへ株式譲渡することによって、地元スポンサーの下での事業ノウハウ活用やより積極的な投資が期待でき、三愛観光の更なる成長が見込めるため、今回の合意にいたりました。
リコーは、今回の株式譲渡後くまもと未来創生ファンドへのスムーズな事業継承を進めつつ、三愛観光の事業を引き続き支援して参ります。

出典:jp.ricoh.com

↓「三愛レストハウス」が「阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)」となった経緯です。(その2)

2019年10月1日より、やまなみハイウェイ開通とともに親しまれてきた「三愛高原ホテル」「三愛レストハウス」の屋号を「瀬の本高原ホテル」「瀬の本レストハウス」に変更致します。
「瀬の本」の地名を屋号に使用することで、今まで以上に、皆様に親しまれ、阿蘇地域観光発展の一助となるよう努めてまいります。

出典:hotel.senomoto.com

↓「三愛レストハウス」が「阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)」となった経緯です。(その3)

瀬の本レストハウスが変わっていく。
雄大な阿蘇を眺めながら約5万坪の敷地内を散策。
四季折々の鮮やかな景色と季節の野花と満天の星空。
瀬の本高原の星・風・緑にふれて日常を忘れ自然に溶け込む。
瀬の本レストハウスは阿蘇・瀬の本高原リゾート雲の上ヴィレッジに生まれ変わります。
360度見渡す限りの山と空に囲まれ、
新鮮なあか牛料理に舌鼓を打ち、
ゴーカートやサイクリングなど大自然を活かしたアクティビティで遊べます。
是非ご家族でもお越しください。

出典:rest.senomoto.com

スポンサーリンク

【2022年夏】『阿蘇・瀬の本高原リゾート 雲の上ヴィレッジ(瀬の本レストハウス)』、雲の上レストランで食事をする

このご時世、レストランの形態が少し変わっているっぽい。肉系のメニューが魅力的だけど、コロナ禍でバリエーションは少ない。コロナが落ち着いたら、またバイキングメニューとかも始まるかな? セットメニューはスープとドリンクバーのみで、サラダバーがなかったのは残念。
2階の雲の上レストランは、観光地価格でちょっと高いね…。1階の雲の上ファクトリー(パン・お弁当)、テイクアウトの方が少し安い。どっちで食べる?
でも、むーちゃんはラーメンが食べたいぞ。
たろーはうどんがいい。

建物自体は、昭和の懐かしいドライブインのままです。

コロナ禍、最近のメニュー表(2022年8月現在)です。久しぶりなのでレストランで食事することにしました。

こちらサイコロステーキセット(2180円)です。肉料理はテイクアウト対応の容器で出てきました(店内で食べるには見栄えがちょっとさびしい?)。

瀬の本担々麺セット(1180円)。

瀬の本うどんセット(1080円)

さて、お楽しみはこれからです。

スポンサーリンク

【あそなつランド】阿蘇・瀬の本高原で水遊び!(無料)

出典:minamioguni.jp

この日のメインイベントこちら、あそなつランド。県庁か市役所の職員がいたので、公的機関の主催っぽい。
だから全部無料で遊べるのね。この日はあいにくの曇り空。ときおり雨も降ったけど、それほど暑くなくてよかったね。
ウォータースライダー、たのしー。
たろーもすべりだい、たのしー。

なんとこちら「オクトパスフォート」が無料で遊べます!

「水風船キャッチ」にも挑戦しましが、大人の記録には敵いませんでした…(できれば、参加は子どもだけにして欲しい)。

「水合戦」にも挑戦しましたが、こちらも大人比率が高いチームには全く歯が立たずに惨敗…(できれば、子どもメインの戦いにして欲しい)。

ま、子どもたちはこちらに超満足なのでよかったです。

くまモンもやってきた!