「木村カエラ、ティモシー・B.シュミット、ジョー・コッカー、オーティス・レディング他」大人のジャケ買い!(2016年10月4週目)

小沢健二の第二子の名前は「天縫(アマヌ)」だって!
バリバリのキラキラネームですね
小沢健二だったら許される気がする
同感
えええ?!

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:広く浅く世間を語る、老眼?五十肩?まだ40代です!
特技:2才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
名前:猫ちゃん(♀)
プロフィール:元オリーブ少女、独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言
今週の『大人のジャケ買い』(2016年10月4週目)です
今週新発売、または、再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い衝動と鋭い直観で、注目のジャケットを紹介しまーす!

PUNKY|木村カエラ

81q1z32cgul-_sl1500_

僕はこのジャケットだめです・・・
痛そう・・・
いいじゃん!いいじゃん!
紹介よろしく
え~と(検索中)、「PUNKY」は木村カエラさんにとって約1年10カ月ぶりのオリジナルアルバムです
H ZETT M(H ZETTRIO)が楽曲提供およびプロデュースを手がけたナンバーや、會田茂一さん、AxSxEさん、蔦谷好位置さん、岸田繁さん(くるり)、シャムキャッツさんが提供した楽曲など全12曲が収録されています
猫ちゃんは、このジャケットどう思いますか?
アリじゃない?
えええ?!



VOODOO IN MY BASEMENT|キング・サラミ&ザ・カンバーランド・スリー

91pjrvy5-zl-_sl1500_

これは?
これは完全にジャケ買いね
どういうバンドなのかしら?
え~と(検索中)、カリビアン、フレンチ、スパニッシュ、日本人で結成された、ロンドンで人気R&Bパンクバンド だそうですね
ニューアルバムが来日ツアーに合わせて日本先行リリースだそうです
これ、結構好きかも・・・!

【Trailer】King Salami and the Cumberland 3 – Voodoo in my basement

プレイン・イット・クール|ティモシー・B.シュミット

61xqhhnoggl

次は、AOR名盤の再発ですね
名曲「ソー・マッチ・イン・ラヴ」を収録したティモシーB.シュミットさんのソロ・アルバムです
ちょうど僕や猫ちゃんが高校生の頃だね
「ソー・マッチ・イン・ラヴ」、ヒットしたよね
ドゥーワップのカバーだけど、僕らの世代はこっちをまず聴いたよね
ティモシーB.シュミットは、イーグルスのベーシストにして、名曲「言い出せなくて」のメイン・ヴォーカリストです
「言い出せなくて」も懐かしいわね

Eagles I can’t tell you why(言い出せなくて)

Eagles I can't tell you why(言い出せなくて) live jp… 投稿者 spyagent0011

ミラーズ|ジョン・ハモンド

51jx0oejn7l

ジョン・ハモンドさんが1967年にリリースした未発表曲集『ミラーズ』が初CD化になります
へー、初なのね
バックにはマイク・ブルームフィールド、チャーリー・マッスルホワイト、さらにロビー・ロバートソン、レヴォン・ヘルム、ガース・ハドソンというザ・バンドの面々が参加しています
このアルバムを聴いたクラプトン、デッド、オールマンズらが後にカヴァーした名曲ブルースが多数収録されています
そういう風に紹介されると、ザ・バンドが好きな僕は買わざる得ないなあ・・・

Life of a Man|ジョー・コッカー

81rfilotrhl-_sl1417_

ハスキー&ブルージーな歌声で世界を魅了したジョー・コッカーさんのベスト盤です
2015年にリリースされた2枚組ベスト『Joe Cocker. The Life Of A Man – The Ultimate Hits1968 – 2013』は大好評でしたら、今作は2枚組ベストの中から更に代表曲をセレクトし、1枚に凝縮したベスト盤となります
[5]
そのくらいに凝縮してくれた方がライトなファンにはうれしいかもね
ジョー・コッカーさんは、2014年12月、亨年70才でこの世を去ったブルーアイドソウル代表するヴォーカリストです
「You Are So Beautiful」「Unchained My Heart」などの名カバーをはじめ、世界的なヒット曲を数多く世に送り出しました
[5]
こういう暑苦しいくらいの男性ヴォーカリスト、
最近いないわよね、特に日本には・・・
松崎しげる?

Live at the Whisky a Go Go|オーティス・レディング

61k7goqlnwl

オーティス・レディング さんの『Live At The Whisky A Go Go: The Complete Recordings』の完全盤が発売されます
ハリウッドのWhiskey A Go Goにて1966年4月8日から同月10日に行われた計7セットのパフォーマンスの全てを収録したCD6枚組です
オリジナル4トラック・アナログ・テープからリミックス&リマスターを施しています
[6]
オーティス・レディングは活動期間が短いから、
好きな人は、こういうのは嬉しいよね
また、1966年にリリースした通算5作目のスタジオアルバム『Complete & Unbelievable: The Otis Redding Dictionary of Soul(邦題:ソウル辞典)』の発売50周年を記念したデラックス・エディションが発売されています
モノとステレオの両方のミックスにボーナス・トラックを収録したCD2枚組ですが、日本では11月9日、海外で10月7日に発売済みです
CD6枚組って凄いわね、マニア向けよね・・・

東京ソウル・バー物語|オムニバス

61pk0md8hql

さて、今日の最後です
高畠保春さんがソウル・ミュージック愛とソウル・バー愛を胸に監修した渾身作オムニバスです
この人はどういう人なの?
高畠保春さんは、雑誌「BRIO」(現在廃刊)で、1999年5月号から2006年9月号までソウル・バー・ガイド『「ソウルトレイン」ランニング』を連載していましたが、昨年12月にソウル・バー17軒のマスターに取材してまとめた書籍『東京ソウル・バー物語』をシンコーミュージックより刊行しています
今回のCDはその流れですね
こういう企画ものいいね
20代から30代を過ごした東京の夜の記憶がセンチメンタルに蘇ってくるよ
そんなに呑んでいたんですか?
くまが呑んでいたのは、主に、新宿や中央沿線の飲み屋街の安酒ね
オシャレなソウル・バーとかはそんなに行ってないわよ
なーんだ(笑)
バカにするな!
ソウル・バーとかも行ってたよ!
新宿のロッキンチェアとか!
新宿のロッキンチェアですか・・・え~と(検索中)、
あれ?その店は数年前に閉店してますよ

まじか!?ガーン・・・
思い出の場所がこうしてひとつひとつ消えていくのね・・・
ますますこのCDが聴きたくなったよ・・・



※ちなみにこの本の目次を見るかぎりでは、新宿のロッキンチェアは掲載されていないようです

はい、今週の『大人のジャケ買い』(2016年10月4週目)でした!
ところで、小沢健二の第一子の名前は何だっけ?
第一子も男だったよね
え~と(検索中)、2013年生まれの「凜音(りおん)」くんです
これも僕にはキラキラネームに聞こえますが、アリですか?
[9]
アリよ
アリだね
・・・・・・

脚注
[1] 音楽ナタリー 木村カエラ新アルバムにH ZETT M、くるり、シャムキャッツ参加
[2] diskunion.net KING SALAMI & THE CUMBERLAND THREE |VOODOO IN MY BASEMENT
[3] www.neowing.co.jp プレイン・イット・クール [SHM-CD] [期間限定盤]
ティモシー・B.シュミット

[4] merurido.jp ジョン・ハモンド 1967年リリースの未発表曲集『ミラーズ』が初CD化
[5] www.sonymusicshop.jp ジョー・コッカー The Life Of A Man – The Ultimate Hits 1968 – 2013 (Essential Edition) [EU輸入盤]
[6] amass.jp オーティス・レディング 『ソウル辞典』発売50周年記念盤&『Live At The Whisky A Go Go』完全版を発売
[7] www.universal-music.co.jp 東京ソウル・バー物語 【CD】
[8] www.shinko-music.co.jp 東京ソウル・バー物語
[9] hihumiyo.net リオン・オザワ・コール