三浦知良(キングカズ)、50代Jリーガーの誕生~プロ生活36年目の「足に魂こめました」

2017年2月26日(日)は、三浦知良(キングカズ)の50回目の誕生日だよ!
今年も現役続行です、凄いの一言です・・・
プロ生活36年目の「足に魂こめました」だね
足に魂こめました?
昔、そういうタイトルの本があったんだよ・・・
キングカズの偉業を振り返ってみようか!

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:酔っ払いおじさん、広く浅く世間を語る
特技:2才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

背番号11にちなんで、11のシーンで振り返る三浦知良(キングカズ)の50年

背番号11にちなんで、カズの50年を、11のシーンで振り返ってみよう!
僕が11の場面を選んでみたから、カエルくん、補足解説をよろしく!
え~と(検索中)・・・カズ選手は、1967年2月26日、父・納谷宣雄さん、母・由子さんの次男として静岡県静岡市に生まれました・・・
お兄さんの三浦泰年さんは、同じく元サッカー選手で、現在は監督さんですね

出典:ja.wikipedia.org

子どもの頃から、わんぱくで元気良かったみたいね
口も達者で、実現できないような大きな事をよく口走っていたとか・・・

1. 単身、ブラジルへ~15歳(1982年)

出典:www.kazu-miura.com

1982年12月、カズさんは私立静岡学園高校を1学年修了を待たずに8カ月で中退し、ブラジルに単身で渡航してCAジュベントスに所属しました

出典:ja.wikipedia.org

男の戦いが始まったね・・・
挫折と努力を繰り返しながら、1986年、ついに名門サントスとプロ契約を勝ち取ります
そして、パルメイラス、マツバラ、CRB、キンゼ・デ・ジャウー、コリチーバ、また、サントスとチームを渡り歩きました

出典:ja.wikipedia.org

2.W杯出場権獲得とJリーグ成功を目指し日本復帰~23歳(1990年)

出典:www.kazu-miura.com

1990年7月、Jリーグ発足が現実味を増す中、日本代表のW杯出場権獲得に貢献するために、日本でプレーすることを決断し、日本サッカーリーグの読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎 = 現東京ヴェルディの前身)に移籍しました

出典:ja.wikipedia.org

この頃のヴェルディのユニフォーム、カッコいいよね!
緑に赤いコカ・コーラのロゴマーク

出典:www.kazu-miura.com

3. Jリーグ開幕とドーハの悲劇、そして、結婚~26歳(1993年)

出典:www.goal.com

1993年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会予選では、1次予選では9ゴール、最終予選では4ゴールを挙げエースとして活躍しました
しかしながら、ご存知の通り日本は出場を逃しました・・・ドーハの悲劇ですね

出典:ja.wikipedia.org

あれからすべてが始まったね
さらにこの年は、Jリーグが開幕した年です
空前の大ブームを巻き起こしたJリーグでは、第1回のMVPを受賞した他、前年に続いて1993年の日本年間最優秀選手賞に輝き、1993年のアジア年間最優秀選手賞をも受賞しました

出典:ja.wikipedia.org

Jリーグアワードでは、有名な赤いスーツ姿で登場したよね
また、私生活では、1993年8月1日にタレントの設楽りさ子さんと結婚しました

出典:ja.wikipedia.org

ポスターを見て一目惚れして、数年後にホントに結婚しちゃうから凄いよね・・・
そんな伝説もあるんですか・・・

4. アジア人初のセリエAプレーヤー~27歳(1994年)

出典:www.kazu-miura.com

1994年にはイタリア・セリエAのジェノアCFCに1年契約で期限付移籍し、アジア人初のセリエAプレーヤーとなります

出典:ja.wikipedia.org

開幕戦のACミラン戦での流血、ジェノアダービーでの熱狂の初ゴール・・・思い出すね

5. フランスW杯へ向け決死の戦いへ~30歳(1997年)

出典:www.jiji.com

フランスW杯へ向けて、W杯アジア最終予選を戦ったのが1997年、30歳の時でした

出典:ja.wikipedia.org

初戦はカズのハットトリックで大勝したんだよね・・・しかし、それから日本代表チームは一度どん底に落ちて、また、這い上がってきた!
本大会日本初出場を決めたアジア第3代表を決めるイラン戦では、復帰した中山雅史と2トップで先発しました
「ジョホールバルの歓喜」ですね

出典:ja.wikipedia.org

6. 代表落選と3度目の海外移籍~31歳(1998年)

出典:www.jiji.com

1998年、日本代表はワールドカップ本大会のためスイスでの直前合宿に臨みます・・・しかし、本大会出場メンバーの選考から漏れ苦渋の帰国となりました

出典:ja.wikipedia.org

「日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こうに置いてきた」というコメントが有名だね
そして、カズさんの次の旅が始まります
クロアチアのクラブチーム、クロアチア・ザグレブへ2年契約で移籍しました

出典:ja.wikipedia.org

まさに開拓者だね

7. 日本復帰、京都移籍~32歳(1999年)

出典:www.sanga-fc.jp

1999年7月、再びカズさんが日本に戻ってきます
当時元日本代表監督の加茂周が監督を務めていた、京都パープルサンガに移籍しました

出典:ja.wikipedia.org

この頃から、フランスW杯最終予選から続いていたカズ・バッシングの空気が変わり始めたよね
そして、トルシエ・ジャパンになって、代表にもまた呼ばれることになる

8. ハッサン2世国王杯で日本代表、最後の出場~33歳(2000年)

出典:www.soccerdigestweb.com

カズさんの日本代表での歴史が終わりました・・・2000年6月のハッサン2世国王杯でのジャマイカ戦が最後の出場になりました

出典:ja.wikipedia.org

僕はきっとまた返り咲いてくれると、この後も信じていたよ
2001年からは永島昭浩引退直後のヴィッセル神戸に移籍しまた

出典:ja.wikipedia.org

ヴィッセルでもかなり点取っていたよね

出典:www.kazu-miura.com

9. シドニーFCに期限付き移籍し、FIFAクラブ世界選手権に日本人として初出場~38歳(2005年)

出典:www.soccer-king.jp

2005年7月、横浜FCに移籍しました

出典:ja.wikipedia.org

横浜FCは長いよね
同年12月に日本で開かれるFIFAクラブ世界選手権のオセアニア地区からの出場権を既に得ていたシドニーFCに期限付き移籍をし、同大会に日本人として初めてプレーします

出典:ja.wikipedia.org

これは興行面の思惑ももちろんあったと思うけど、ちゃんと直前のリーグ戦でも実績を残してからの大会突入したんだよね
そして、大会でも2試合フル出場して活躍した

10. 東日本大震災の日本代表のチャリティマッチでゴール、希望のカズダンス~44歳(2011年)

出典:www.asahi.com

2011年3月29日に行われた東日本大震災の日本代表のチャリティマッチに出場し、見事ゴールも決めました

出典:ja.wikipedia.org

このゴールは、結構、鳥肌モノだったよ
その後のカズダンスは、もう号泣だよ

11. 横浜FCと契約延長、ついに50代Jリーガーに~50歳(2017年)

出典:www.kazu-miura.com

2017年、背番号11にちなみ1月11日11時11分に横浜FCのクラブ公式サイトで契約を延長したと発表されました
この年の開幕日は誕生日の2月26日であり、開幕と同時に50歳となり、ついに50代Jリーガーとなります

出典:ja.wikipedia.org

どこまで旅が続くのか・・・最後まで見届けるからね!
今となっては、僕より年上のスポーツ選手はもうカズしかいないんじゃないかな・・・?
プっ・・・そうですね(笑)
こら!笑うな!
ありがとう、カズ!!

出典:www.kazu-miura.com