[2017年版] ゲイツ資産860億ドル(世界1位)、孫正義資産212億ドル(日本1位)、ディディ年収143億円(セレブ1位)、ロナウド年収102億円(スポーツ1位)~フォーブス長者番付より

世界で最も稼ぐセレブリティは、ディディの年収143億円だって!カエルくん、今年も全ジャンルの長者番付をまとめてよ
え~と(検索中)・・・世界長者番付(日本含む)が3月20日、スポーツが6月8日、セレブが6月13日に、フォーブスから発表されていますね

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

【セレブ】世界で最も稼ぐセレブリティはディディ~ビヨンセはアルバム売上と興行収入で165億円稼ぐ!

世界で最も稼ぐセレブリティ 今年はディディの年収143億円

2017/06/13 07:10

出典:forbesjapan.com

1位は、「ディディ」ことショーン・コムズかあ、ラップ歌手だっけ・・・?
え~と(検索中)・・・ショーン・コムズ(1969年11月4日 – )さんは、ハーレム出身の音楽プロデューサー、作詞家、アレンジャー、ファッションデザイナー、俳優、MCです、アメリカのエンターテインメント産業で最も成功したものの一人だそうです

出典:ja.wikipedia.org

ふむふむ、なるほど・・・1位のディディと2位のビヨンセの収入の内訳には違いがあるね
ディディさんの収入は興行収入以外のビジネスが多そうですね、対して、ビヨンセさんはアルバムの売上と興行収入です

20年近く前にフォーブスが初めて発行したセレブリティ100特集号で表紙を飾ったディディ。最近の「ファミリー・リユニオン・ツアー」での興行収入や、ディアジオ社のウォッカブランド「シロック」とのパートナー契約、そして自身のアパレルブランド「ショーン・ジョン」の株式の3分の1売却(推定売却額は7000万ドル)によって、今年は首位に躍り出た。

2位は人気歌手のビヨンセ。「フォーメーション・ワールド・ツアー」や新作アルバム「レモネード」の売り上げなどにより、ここ1年で1億500万ドル(約115億円)を稼ぎ、自身のキャリア史上2番目に高い年収を記録した。

出典:forbesjapan.com

パッケージが売れないと言われる音楽業界でも、ビヨンセクラスになると興業収入とあわせてこのくらい稼げるんだね・・・1億5000万ドルということは、今1ドル110円くらいとして、日本円で165億円かあ
ミュージシャンの収入には、今でも夢を見れますね

【スポーツ】世界で最も稼ぐスポーツ選手はクリスティアーノ・ロナウド!

「世界で最も稼ぐスポーツ選手」首位は2年連続ロナウド 年収102億円

2017/06/08 06:30

出典:forbesjapan.com

やっぱりクリスティアーノ・ロナウドは凄いね、チャンピオンズリーグでも決勝で活躍したばかりだし、名実ともにナンバーワンスポーツ選手だ
でも、レアル・マドリードからホントに移籍しちゃうのか・・・?
どうでしょうか?
ランキングを見てみると・・・10位以内に野球選手の名前がないけど、100位内で見るとバスケットボール選手に次いで野球選手が多いみたいね
バスケ、野球、サッカー、アメフトの順で多いみたいですね、その他登場するスポーツ(※以下は順不同)は、テニス、ゴルフ、ボクシング、F1、陸上・・・といったところでしょうか

[気になる?] 日本の野球選手の年収と、サッカーのリーグ・アン(フランス)、中国スーパーリーグが同じレベル?

ところで、日本のサッカー選手と野球選手の年収は、今どのくらいのレベルなのかね?
まだ野球の方が多いよね
サッカー選手と野球選手の年棒ですね、え~と(検索中)・・・
J1選手の平均年俸は約2000万円?世界で中位も、プレミアの約15分の1か

J1所属選手の平均年俸は約2000万円? 『国際スポーツ給与調査』(グローバル・スポーツ・サラリー・サーベイ/GSSS)のデータによると、J1所属選手の平均年俸は資金力のある世界17のリーグのなかで8番目の数字だという。英紙『ミラー』が報じている。

■平均年俸の高いリーグランキング
1位(243万8275ポンド)
プレミアリーグ(イングランド)

2位(134万9295ポンド)
リーガ・エスパニョーラ(スペイン)

3位(110万5633ポンド)
セリエA(イタリア)

4位(103万9856ポンド)
ブンデスリーガ(ドイツ)

5位(72万8514ポンド)
リーグ・アン(フランス)

6位(58万6558ポンド)
中国スーパーリーグ(中国)

7位(23万7116ポンド)
MLS(アメリカ)

8位(16万515ポンド)
J1リーグ(日本)

出典:web.gekisaka.jp

ソフトバンクが年俸トップ=平均7000万円超-プロ野球

労組日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)は1日、同選手会に加入している支配下選手734人の2017年度年俸調査結果を発表し、球団別ではソフトバンクが、1980年の調査開始以降最高額となる平均7013万円だった。前年比53万円増で2年連続のトップ。2位も変わらず巨人で6043万円。

出典:www.jiji.com

まあ、だいたいそんなところか・・・まだ野球の方がずいぶん高いよね
野球の年収7000万円は、サッカーでいえば、フランスのリーグ・アンか中国スーパーリーグのクラスですね
そうね!
そうやって比較すると、面白いね

【総資産】ゲイツ資産860億ドル(世界1位)、孫正義資産212億ドル(日本1位)

最後に、世界と日本のお金持ちだよ
今年3月に発表されたフォーブスの世界長者番付です・・・ちなみに、セレブとスポーツの金額は年収でしたが、ここからは総資産です
世界長者番付2017、ビリオネア数は史上最多に

2017/03/20 21:03

2017年フォーブス世界長者番付

1位:ビル・ゲイツ/860億ドル(米国/マイクロソフト)
2位:ウォーレン・バフェット/756億ドル(米国/バークシャー・ハサウェイ)
3位:ジェフ・ベゾス/728億ドル(米国/アマゾン・ドットコム)
4位:アマンシオ・オルテガ/713億ドル(スペイン/ザラ)
5位:マーク・ザッカーバーグ/560億ドル(米国/フェイスブック)
6位:カルロス・スリム・ヘル/545億ドル(メキシコ/通信事業)
7位:ラリー・エリソン/522億ドル(米国/ソフトウエア事業)
8位:チャールズ・コック/483億ドル(米国/複合事業)
8位:デービッド・コック/483億ドル(米国/複合事業)
10位:マイケル・ブルームバーグ/475億ドル(米国/ブルームバーグ)

日本の上位10人

34位:孫 正義/212億ドル(ソフトバンク)
60位:柳井 正/159億ドル(ファーストリテイリング)
102位:滝崎武光/123億ドル(キーエンス)
250位:三木谷浩史/58億ドル(楽天)
385位:森 章/44億ドル(森トラスト)
414位:高原慶一朗/42億ドル(ユニ・チャーム)
522位:伊藤雅俊/36億ドル(セブン&アイ・ホールディングス)
522位:三木正浩/36億ドル(ABCマート)
522位:永守重信/36億ドル(日本電産)
564位:韓昌祐/34億ドル(マルハン)

出典:forbesjapan.com

出典:forbesjapan.com

結構、知ってる名前ばっかりだね
そうですね、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック・・・僕らが毎日接している企業ばかりです
日本も、ソフトバンク、ユニクロ、楽天・・・キーエンスはセンサーやタッチパネルの会社だね
長者番付に関しては、こちらからリアルタイムの集計も公開されています
The World’s Billionaires

ほー

[警句!] ジャパン・アズ・ナンバーワンを大いに疑え!

これは本田のツイートね
日本人の素晴らしさもあると思うから、僕らは自信を持って行動すべきだけど・・・それはそれとして、日本人の自画自賛って、最近多くない?
相変わらず「ジャパン・アズ・ナンバーワン」のような、日本を褒めたたえた内容の本やテレビ番組が人気ですよね
世界の長者番付を眺めていると、いろいろと思うところがあるよね・・・
最近気になったのがこの記事・・・
日本と中国の差・・・ですか?
私は現金を使うなんて、20世紀の映画かドラマの世界のことと思っていました

けやきの樹々がキラキラと万緑の葉をなびかせる東京六本木・けやき坂通りのフレンチ・カフェ。私はそこで、5年ぶりに北京人のAさん(32歳)と再会した。

私は2009年から2012年まで講談社北京に勤務していたが、彼女は私がその時に採用した中国人社員の一人だった。当時、彼女は東京の名門大学の大学院を出たばかりで、大変優秀な社員だった。

私が帰任してまもなく、彼女は講談社北京を辞め、北京のIT企業に転職して成功した。結婚してマンションも買ったが、このたび日本の大手IT企業に中国事業の統括者候補としてヘッドハンティングされた。そこで意を決して、中国人の夫と共に東京に住むことにしたのだという。

いまや高級スーツに身をかためた「六本木ヒルズ族」となった私のかつての部下は、開口一番、こう言った。

「私が東京へ来て最初に買ったものは何だと思います? これですよ」

そう言って彼女は、可愛らしい柄の財布を、ポンとテーブルに置いた。

「中国ではもう数年前から、キャッシュレス社会になっています。スーパー、コンビニ、タクシー、レストランから屋台に至るまで、すべてスマホ決済です。カバンの中には一応、10元札(約160円)を一枚だけ入れていましたが、それは万が一スマホをどこかに置き忘れたときのためです。

私は現金を使うなんて、20世紀の映画かドラマの世界のことと思っていました。だから北京から東京に引っ越したら、まるで21世紀の世界から20世紀の世界に舞い戻ったような気分になったんです」

私はやおら興味を覚え、他にも東京の印象を聞いてみた。

「そうですね、ひと言でいえば、何もかも安いなという感じです。例えば、東京のデパートやスーパーで買い物をしたり、レストランで食事したりしていても、北京よりだいたい2割ぐらいは安いイメージです。

東京ではアパートを借りたのですが、家賃も北京より2割安かった。ちなみに給料も2割くらい下がったので、生活レベルとおしてはトントンですが」

そう言って彼女は、屈託なく笑った。

出典:gendai.ismedia.jp

経済の規模も、社会のインフラも・・・もう中国の方が日本より進んでいるのかもしれないよ
これ本当ですかね・・・?
本当だろう、中国はもうキャッシュレス社会みたいよ
僕らが上から目線で、中国人の爆買いとか言って、ちょっとバカにしている間に・・・
やばいぞ・・・日本!
ヤバいっすね・・・