『ゆきゆきて神軍』(1987年)と昨今のキレる老人

これってもうテロだよね?
男が歩きスマホの女性に体当たりしたニュースですか?

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

歩きスマホの女性に体当たりしたミュージシャン

歩きスマホの女性に体当たり 傷害容疑で男逮捕

 歩きながらスマートフォンを操作していた女性に体当たりをして重傷を負わせたとして、兵庫県警葺合署は22日までに、傷害の疑いで、神戸市内の自称作家兼ミュージシャンの男(63)を逮捕、送検した。女性は頭を打って一時意識不明の重体となっていた。

 送検容疑は、19日午後7時半ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅のホーム上で、スマホを操作しながら歩いている同市内の無職女性(55)に、正面から体当たりして転倒させ、重傷を負わせた疑い。同署の調べに「歩いていたらぶつかった」と容疑を否認している。

 同署によると、男がスマホ操作中の女性をめがけて歩いて行き、体当たりした様子がホームの防犯カメラに写っていたという。女性は後ろに倒れて後頭部を打ち、意識なしの重体で搬送された。その後、意識は戻ったという。男は「相手がスマホをしているのが悪い」と供述しているという。

 同駅では19日、ホームでスマホ操作中の乗客が何者かにぶつかられた事案があったほか、20日には、男と別の乗客がトラブルとなり、同駅から通報を受けた同署員が駆け付ける事案があった。その際、男は「相手にスマホを当てられた」と話していたという。

出典:www.kobe-np.co.jp

おそらく・・・この男はあえてぶつかりに行ってるよね?
この記事からはそうとれますよね
たまたまぶつかってトラブルに発展したんじゃなくて、自分の意志であえてやっている
さらには、数日前
別の乗客ともトラブルを起こしているみたいですしね
え~と(検索中)・・・さらにさらに
過去にも器物損壊で逮捕されたりしてますねえ

出典:uni.2ch.net

あちゃ・・・
てゆーか、この人、1970年代から活動しているミュージシャンで、レコード・コレクターズにも寄稿してる人じゃん!

出典:yoh-n-torinuke.themedia.jp

自称作家兼ミュージシャンの男(63)です
くまちゃんと趣味があうんじゃないですか?(笑)
さらに、ツイッター、フェイスブックを見ると、山下達郎や大瀧詠一に共感してる人じゃん!

出典:twitter.comwww.facebook.com

ますます趣味があうんじゃないですか(笑)
いやいや・・・政治的発言を見るとそうでもなさそうだよ(笑)
特定の方向に偏ってる人は嫌い
あ(検索中)、この人・・・そっち方向なんですね

昨今のキレる老人について

昨今はキレる老人が増えて・・・なんだかね
駅や病院で、暴言を吐いたり、乱暴な振る舞いをする老人のニュースをよく聞きます
ニュースでも見るし、実際に街中で見かけることもあるよね
データでも増えているみたいですよ
駅員への暴力は60代以上が最多

JR6社や日本民営鉄道協会などの調査によると、鉄道係員に暴力を振るった加害者の年齢別では60代以上が2014年度まで5年連続でトップだった。ちなみに加害者全体のうち6割弱が飲酒しており、発生した時間帯は22~翌5時が最も多い。酒を飲んだ後の終電時刻前後でのトラブルが多いと推測できる。 

病院での暴力・暴言、セクハラも多い

私立大学病院医療安全推進連絡会議が2011年、11施設の全職員に調査を実施(有効回答約2.3万人)したところ、患者やその家族から暴力を受けたことがあると回答した職員は4割超に上った。院内暴力などをふるった人を年齢別で見ると、暴力は70代、セクハラは60代が最も多く、暴言についても60代が2番目に多い。

高齢者による犯罪も深刻

高齢者による犯罪も深刻な問題だ。一般刑法犯の検挙人員数を年齢別に見ると65歳以上は約4.7万人に上り、14~19歳に次ぐ水準だ。全体の数は約25万人と10年前から3割強も減少しているにもかかわらず、高齢者の数は約1割増加している。高齢者犯罪で最も多いのは窃盗で約3.5万人と断トツで10年前と比べて約3割増、暴行(約0.35万人)は約4倍、傷害(0.16万人)も約5割増となっている

出典:toyokeizai.net

寛容さがなくなったと言われる最近の社会で、最も顕著な例が、「キレる老人」だよね・・・昔と今で本当に老人の気質が変わったのか?
公共の場所で文句を言っているお年寄りを見かけることも多くなりました
僕がこの前見た横柄な老人は・・・
どんな老人ですか?
ラーメン屋で、麺が細いのが気に食わないらしく、これはラーメンじゃなくソーメンだって文句言ってて、お店の人ともめてた
結構、人気で美味しいラーメン屋だよ
店員の態度とかじゃなくて・・・?
細い麺はその店の特徴じゃないんですか?
だよね
会話から察するに、自分も料理が趣味らしく、細い麺がどうしても許せなかったみたい
そこに文句言いますか・・・

日本にはもう好々爺(こうこうや)はいないのか?

昔はさあ・・・頑固おやじもいたけど、総じて、年を取ると角が取れて、穏やかな老人になっていくと思われていたよね?
そうですよね、好々爺という言葉もあるくらいです
だよねえ
なんでこうなった?
なんででしょう?
仕事をバリバリしていた頃は良かったけど、引退して承認欲求を満たされなくなったとか・・・いろんな分析はあるよね
仕事を辞めたら、やることがなくなる
趣味もない、地域に馴染めない、家族に疎まれる
よく聞く話ですね
だからさあ・・・こういう老人って、自分の意見、自分の考え、自分の正義しか、受け付けないでしょ?
もうテロリストと一緒だよね
老人テロリストですか

独善的な正義へと突き進む・・・老人テロリスト

どくぜん【独善】

①自分ひとりが正しいと考えること。ひとりよがり。 「 -に陥る」 「 -家」
②自分ひとりの身を正しく修めること。

「独善」に似た言葉
ミーイズム 我田引水 エゴイズム 利己主義 身勝手

出典:www.weblio.jp

テロリスト【terrorist】

テロリズムを信奉する人。

出典:dictionary.goo.ne.jp

テロリズム(terrorism)

政治的目的を達成するために、暗殺・暴行・粛清・破壊活動など直接的な暴力やその脅威に訴える主義。テロ。

出典:kotobank.jp

世界的にテロの恐怖と戦っているけど、日本にも脅威は存在したね・・・老人テロ
宗教に殉じるテロリストに対して、自分の独善に殉じるテロリストですか?
キレる老人について考えていたら、あの問題作を思い出しちゃった
問題作?
『ボウリング・フォー・コロンバイン』で知られるマイケル・ムーア監督など、世界中の映画人に影響を与えたと言われている1980年代の日本のドキュメンタリー映画・・・『ゆきゆきて神軍』(1987年)だよ

出典:www.uplink.co.jp

『ゆきゆきて神軍』・・・ですか

元祖・キレる老人?奥崎謙三~『ゆきゆきて神軍』(1987年)

出典:2015.kiff.kyoto.jp

このドキュメンタリーの対象となっている男こそ、独善の象徴、天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三だよ
え~と(検索中)・・・

『ゆきゆきて、神軍』

(1987年/122分/DCP)
監督・撮影:原一男
製作:小林佐智子
録音:栗林豊彦
編集・構成:鍋島惇

87年の日本映画界を震撼させた驚愕の作品。天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三を追った衝撃のドキュメンタリー。
神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として、”神軍”の旗たなびく車に乗り、今日も日本列島を疾駆する。生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる・・・。平和ニッポンを鮮やかに過激に撃ち抜いた原一男渾身の大ヒット・ドキュメンタリー。

出典:www.uplink.co.jp

昭和のキレる老人が登場する問題作
これは観た方がいいよ
マイケル・ムーア監督が絶賛ですか
それは興味を惹かれるなあ
こんな人と関わり合いになりたくないけど、怖いもの見たさでつい見ちゃう
右翼っぽい感じですね
街宣車みたいなのに乗って活動しているけど、この人は右翼じゃなくて、どっちかといったら左翼だよね
あ、天皇陛下に文句を言ってますよね
彼は突如、左翼のヒーローとして祀り上げられた

 帰国した奥崎は結婚して神戸でバッテリー商を営みますが、不動産業者とのトラブルから相手を刺し殺し、傷害致死で懲役10年の刑に処せられます。大阪刑務所の独居房で奥崎は、自分はなぜあの戦場から生きて日本に戻ってきたのかを考えます。そして、この世のすべての権力を打ち倒し、万人が幸福になれる「神の国」をつくることこそが、ニューギニアで神が自分を生かした理由であり、戦争責任を果たそうとしない天皇を攻撃することで自らの信念を広く世に知らしめるべきだと決意したのです。

 出所後の1969年1月2日、新春の一般参賀で、奥崎はバルコニーの天皇に向かってゴムパチンコで数個のパチンコ玉を撃ち込みました(暴行罪で懲役1年6カ月の実刑)。

 この事件のあと、奥崎の人生は大きく変わります。彼は突如、左翼のヒーローとして祀り上げられたのです。

出典:diamond.jp

なんとか戦争を生き延びて・・・戦争から何年も経った後、この男は自分の使命を悟って行動を起こす訳だよ
そこからの行動が、『ゆきゆきて、神軍』というドキュメンタリー映画におさめられているんですね
映画を観ればわかるけど、この男も、私利私欲のためではなく公益のためと言って、独善的な正義に従って行動するんだよね
人の話を聞かない人はダメです・・・

出典:www.uplink.co.jp

この人ね、語り口は穏やかなんだよね
だけど、自分の考えを相手が理解してくれないと、突然キレて・・・
そして殺人未遂ですか!?
この独善的な男の行動自体は褒められたもんじゃないけど、この映画の存在は、今の世の中に対して、なにか大切なメッセージを語っているかもしれないね
こんな人がいたんですね・・・

出典:www.uplink.co.jp

ネタバレはしないけど、戦時中のショッキングな事実も、登場する老人たちの口から語られるよ・・・
へー
なんだろう?
マジやばい内容!
気になるなあ
ほら・・・戦場では食べるものがないでしょ?
だから・・・
えええ・・・まさか