【こけら落とし】熊本城ホール、しあわせの始まり~山下達郎 PERFORMANCE 2019 千秋楽にて ※セトリあり【2019年12月1日(日)】

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ありがたやありがたや。いいものを見せていただいた!
あ、達郎さんのライブ、どうでした?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
この日を迎えるまでの、僕の道のりはこちら。
ホントは娘さんと一緒に参加したかったんですよね。

関連エントリー→
山下達郎オフィシャルファンクラブ「継続のご案内」が届いたのでいつものごとく3年更新
「【数字の森】熊本城ホールの1階展示ホールがオープンしたので視察に行く~山下達郎こけら落としが待ちきれなくて」くまとR子の子育て日記(364日目)

スポンサーリンク

【2019年12月1日(日)】山下達郎 PERFORMANCE 2019 千秋楽にて ※セトリあり

山下達郎のライブ、良いに決まってるだろ? セットリストを忘れないうちに記録しておく。
へー。ずいぶん沢山やるんですねえ。

01. SPARKLE
02. あまく危険な香り
03. ドーナツ・ソング
~Iko Iko(Dr. John)
~Willie And Hand Jive(Johnny Otis)
~ハンドクラッピング・ルンバ(大瀧詠一)
04. 土曜日の恋人
05. Paper Doll
06. FUTARI
07. サウスバウンドNo.9
08. 君は天然色(大瀧詠一)
09. REBORN
【弾き語り】
10. セールスマンズ・ロンリネス
【アカペラ】
11. La Vie En Rose(Édith Piaf)
12. Bella Notte(Lady and the Trampより)
13. Have Youreself A Merry Little Christmas(Meet Me in St. Louisより)
14. クリスマス・イブ
15. 蒼氓
(メドレー)
~People Get Ready(Curtis Mayfield)
~Blowin’ In The Wind(Bob Dylan)
~希望という名の光
16. Get Back In Love
17. BOMBER
18. LET’S DANCE BABY
(竹内まりやメドレー+新曲)
~不思議なピーチパイ
~もう一度
~けんかをやめて
~リンダ
~純愛ラプソディ
~毎日がスペシャル
~すてきなホリデイ
~元気を出して
~RECIPE(新曲)
19. ハイティーン・ブギ(近藤真彦)
20. アトムの子
~アンパンマンのマーチ(ドリーミング)
【アンコール】
21. 君は天然色(大瀧詠一)
22. プラスティック・ラブ
23. 硝子の少年(KinKi Kids)
24. Ride On Time
25. Down Town
26. いつか (SOMEDAY)
27. YOUR EYES

メンバーはこちら。もうこのメンバーで11年やっているという。
ほー。

小笠原拓海(Drums)
伊藤広規(Electric Bass)
佐橋佳幸(Guitars)
難波弘之(Acoustic Piano, Keyboards)
柴田俊文(Keyboards)
宮里陽太(Alto Sax, Soprano Sax)
国分友里恵(Background Vocal)
佐々木久美(Background Vocal)
三谷泰弘(Background Vocal)

出典:ja.wikipedia.org

では、記憶が残っているうちに、1曲目から辿ってみよう。もう年取ってすぐ忘れちゃうからね(笑)。
忘れないうちにどうぞ(苦笑)。
スポンサーリンク

01. SPARKLE

1曲目は絶対これ。オープニングがこの曲以外だったら、ファンも戸惑うよね。
定番なんですね。
スポンサーリンク

02. あまく危険な香り

2曲目、嬉しかったなあ。ライブアルバム『JOY』でも最初の方でやってるもんね。ちなみに、ほぼ1曲ごとにMCが入る。いつもだけど、かなり喋るよ。
達郎さんのライブって演奏を淡々とやるんじゃないんですね。
達郎のMCは漫談だよ(笑)。この日は熊本ネタも。ライブの前に加藤神社から熊本城を観てきたんだって。熊本地震からの完全修復まで20年といわれているけど、達郎曰く「国は数年で直してやれよ」と拍手を貰っていた。
熊本県民共感です。
スポンサーリンク

03. ドーナツ・ソング
~Iko Iko(Dr. John)
~Willie And Hand Jive(Johnny Otis)
~ハンドクラッピング・ルンバ(大瀧詠一)

でも、熊本公演は実に約11年ぶり(10年10ヵ月)。僕も前回の熊本公演、熊本市民会館(市民会館シアーズホーム夢ホール)で観た。この間、達郎は毎年のようにライブをやっていたわけだが、福岡・鹿児島をはじめ九州各県でライブやるに、なぜか熊本だけ素通りされたいた。
どうしてですか?
僕も疑問だった。ちなみに、熊本だけじゃく佐賀もね。
佐賀は福岡と近いからとか?
たぶん、それ。今回のMCで冗談めかして言ってた。熊本も九州新幹線で福岡・鹿児島へは比較的行き安いでしょ?
うーむ・・・。
それに、さっき調べたら・・・福岡サンパレスの約2300席、鹿児島市民会館の約2000席と比べ、熊本は約1600席とキャパが少ないんだよね。だから、キャパのある福岡や鹿児島が選ばれて、熊本や佐賀は外されちゃうことも多かったというところではなかろうか? 
じゃあ、熊本城ホール約2300席ができたことで、これからは熊本にも来てくれる?
その可能性は高いね。てゆーか、ライブの最後にまた熊本に来るって言ってくれたし。さらに、ホールツアー以外の不定期にやってるライブハウスツアーでも熊本に来るかもって言ってた。ライブハウスは恐ろしく競争率高いだろうけどね(笑)。
でも、よかったですね。
【※追記(2019年12月5日)】
・・・なお、その後、RKKラジオ「福ミミらじお」に登場したベースの伊藤広規によると、熊本公演がしばらく無かった理由は、熊本市民会館のスケジュールがいつも埋まっていたからだって。でも、再来年からのツアーは熊本にもちゃんと来るって、伊藤広規も言ってくれた。
だといいですね!

スポンサーリンク

04. 土曜日の恋人

昨今、世界は殺伐としているから、今日は明るい曲をやりますといって、「土曜日の恋人」。これも嬉しい選曲。一緒に大声で歌いたいけど、我慢我慢。みんなの迷惑になるからねー。しかも風邪ひいてマスクしてるから声もでないし(笑)。
くまちゃん、昔は大声で歌う迷惑者だったんですね・・・(苦笑)。
スポンサーリンク

05. Paper Doll

そして、明るい曲をやるといいつつ、次の曲でこれ(笑)。20代前半で、仕事も恋愛も上手く行かない時代の歌だって。僕は昔、「Paper Doll」ってあんまり好きじゃなかったけど、今は結構好きな曲のひとつ。人は変わるね。
恋愛がうまく行かない男性の歌なんですね(苦笑)。
スポンサーリンク

06. FUTARI

「Paper Doll」に続けて、「FUTARI」。これも嬉しいよね。特にライブアルバム『JOY』で何度聴いたことか。今回のツアーはなんとなく『JOY』を彷彿させる王道の選曲だった気がする。
へー。
スポンサーリンク

07. サウスバウンドNo.9

「サウスバウンドNo.9」は、これまでライブではやれなかったけど、バンドの熟練と技術の進歩で、最近のやれるようになった曲なんだって。ニューシングルのカップリングにも収録されているよ。
ほー。
スポンサーリンク

08. 君は天然色(大瀧詠一)

今回の最大のトピックは、盟友大瀧詠一の曲を演奏したってことじゃないかな。MCでも大瀧詠一について熱く語っていた。母方の実家が大瀧詠一の実家に近いし、ひょっとしたら遠縁かもしれないって(笑)。その昔、細野晴臣にも、二人は兄弟かと言われたらしいよ。
大瀧詠一さんは 2013年12月30日に死去されました。
そして、この「君は天然色」という選曲。大瀧氏とカラオケに行った際、達郎がこの曲を唄ったら、「あげる」って言われたんですって。大瀧氏の楽曲を残していくため、これから積極的に歌うらしいよ。とても楽しみ。
いいですねえ。
スポンサーリンク

09. REBORN

「REBORN」は、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の主題歌。この曲は、「希望という名の光」同様、近年の節目になるような曲だって。僕の中でも、これからじわじわとくるんだろうなあ。
これは最近の曲なんですね。
スポンサーリンク

10. セールスマンズ・ロンリネス

そして、弾き語りコーナーで歌ったのが、「セールスマンズ・ロンリネス」。その昔、達郎が娘と二人で入ったモスバーガーでみかけた営業マンを唄った歌という。それってもしかして・・・。
え?なんですか?

僕のこと?
いやいや、ないない(苦笑)。
スポンサーリンク

11. La Vie En Rose(Édith Piaf)

ここからアカペラのコーナー。かの有名な『ラ・ヴィ・アン・ローズ』。
あ、その曲、知ってます。
スポンサーリンク

12. Bella Notte(Lady and the Trampより)

続けて、ディズニー映画『わんわん物語(Lady and the Tramp)』より、「Bella Notte」。達郎のアルバム『Season’s Greetings』は、1990年代にホントよく聴いたから懐かしいなあ。「Bella Notte」もアパートで大声で歌っていたっけ。
迷惑です・・・。
スポンサーリンク

13. Have Youreself A Merry Little Christmas(Meet Me in St. Louisより)

この曲もアルバム『Season’s Greetings』に収録。アカペラコーナーから、会場もクリスマスムードへ。もしかしたら次の曲は・・・?
達郎さんの一番有名な曲ですね。
スポンサーリンク

14. クリスマス・イブ

いつもひとりぼっちで聴いていた『クリスマス・イブ』、この日もライブ会場でひとりで聴く。僕の両隣りは熟年カップルだよ。しかし若い頃みたいに、カップルを全く羨ましいとは思わない(笑)。一人でゆっくり聴けて幸せ幸せ。
いつも小さいお子さんと一緒でゆっくり聴けないですか・・・(苦笑)。
スポンサーリンク

15. 蒼氓
(メドレー)
~People Get Ready(Curtis Mayfield)
~Blowin’ In The Wind(Bob Dylan)
~希望という名の光

市井の人たちを唄った「蒼氓」。メドレーでは「希望という名の光」のフレーズも登場した。
「希望という名の光」はちゃんと1曲演奏はしなかったんですね。ちょっと残念。
スポンサーリンク

16. Get Back In Love

「Get Back In Love」も1990年代の東京を思い出す。僕は大学生だったなあ。
この頃の思い出がよみがえりますね。
スポンサーリンク

17. BOMBER

ここでシティ・ポップにまつわるトーク。とある中古レコード店で、アルバム『GO AHEAD!』を抱えたアメリカ人の青年にサインをねだられ、次のライブではこの曲をぜひやってほしいとせがまれたんだって(笑)。
世界的なシティ・ポップブームらしいですからね。その外国人の青年はライブを観たのでしょうか?
スポンサーリンク

18. LET’S DANCE BABY
(竹内まりやメドレー+新曲)
~不思議なピーチパイ
~もう一度
~けんかをやめて
~リンダ
~純愛ラプソディ
~毎日がスペシャル
~すてきなホリデイ
~元気を出して
~RECIPE(新曲)

「BOMBER」でチラホラ、立ち上がる人たちが増え、この曲の前に、達郎みずからスタンディングを促すトーク。いよいよライブのクライマックスだね。
竹内まりやさんの曲を歌ったんですね。
まりやもそろそろ登場するか? 会場のテンションも上がってくる。あ、新曲「RECIPE」もその流れで披露したね。
ほー。
なお、この日、こけら落とし公演ということもあり、熊本県民優先の先行販売が行われていた。よって、通常の千秋楽より常連率が低かったみたい。途中、初めてコンサートを観る人は拍手してと達郎が訊いたとき、かなり拍手があった。僕の両隣の方も拍手をしていた。
普段の千秋楽はファンクラブ会員や常連さんが多いんですね。異色の千秋楽にしてこけら落としですね。


※Facebook、難波弘之 Sense of Wonder 氏の投稿より
 熊本の方を多く抽選で選んだせいか、一見のお客さんが多く、割と真剣に聴いてくださっている感じでしたが、「Let’s Dancd Baby」が始まっても皆さんが座ったままだったので、さすがに達郎も「これからやること(何と、振り付きのまりやさんメドレー、笑)を座って聴かれると恥ずかしいので、皆さん盛り上がってください」とアナウンス、ようやく盛り上がりました。

出典:www.facebook.com

そして、「LET’S DANCE BABY」では、クラッカーの習わしがある。普段は人任せでクラッカーやったことなかったけど、この日は常連も少ないということで、僕も頑張ってクラッカーをタイミングよく鳴らしてみたよ。入口で貰ってたしね。
長年ライブをやっていると、いろんなお約束があるんですね。

LET’S DANCE BABYでは「心臓に指鉄砲」お約束のクラッカー!

スポンサーリンク

19. ハイティーン・ブギ(近藤真彦)

MC「R.I.P.ジャニー喜多川」で、こちら。会場のボルテージもいよいよマックスに。
マッチさんの昭和のヒット曲ですね。
スポンサーリンク

20. アトムの子
(メドレー)
~アンパンマンのマーチ(ドリーミング)

アンコール前のクライマックスは「アトムの子」。途中には、アトムじゃなくて、「アンパンマンのマーチ」が。僕は子育て中だから、アンパンマンはまさにリアル。親になった人は必ず通る道だね。
達郎さんが歌うアンパンマンのマーチ、興味あります(笑)。
スポンサーリンク

21. 君は天然色(大瀧詠一)

ここからアンコール。さきほどの歌唱に不満があるらしく、「君は天然色」をもう一度。これは嬉しいハプニング。曲の後半に若干あれっ?ってところがあった気がする。今度はばっちり。僕らも2回聴けて得した。
こだわりですねえ。
ちなみに、最近は年を取って、冬場は声が枯れるから、ツアーはなるべく夏の時期にシフトしているみたい。だから本当は12月の公演はちょっとイヤだったのかも(笑)。大西一史市長の手紙に心を動かされたみたいね。
大西市長、グッジョブです。

スポンサーリンク

22. プラスティック・ラブ

これは嬉しい! 世界でも話題のこの1曲。達郎のライブで絶対に聴きたい1曲。
YouTubeの再生回数が凄いことになってるんですよね。

↓こちらは公式
竹内まりや 「Plastic Love」Short ver.

スポンサーリンク

23. 硝子の少年(KinKi Kids)

ジャニーズ絡みをもう1曲。達郎は職人って言われるけど、ライブはホントにエンターテイナーだよね。みんなが喜ぶ曲もやはりキチンとやってくれる。叔母様大喜び。
達郎さんはジャニーズの曲を結構作ってますよね。
スポンサーリンク

24. Ride On Time

さあ、いよいよ本当のクライマックス。コーラス隊にはいつの間にか、竹内まりやが。
ついにまりやさん登場ですね。
でも、この日は竹内まりやとちゃんとフルネームで紹介せず、うちの奥さんって言ってたね。竹内まりやもいよいよ紅白歌手ですぞ!
年末の紅白楽しみですね!
スポンサーリンク

25. Down Town

そして、「Down Town」では、われらがくまモン登場! あらためて、達郎のステージにくまモンがいる絵は、県民としては胸熱だよね。1曲まるまるステージで踊ってたよ。達郎と背中あわせにエアギター弾いてた。みんなどれだけスマホで写真撮りたいと思ったことか!
最近はスポット的に撮影許可するアーティストもいますよね。
達郎はダメ。でも、そんな達郎がみんな大好き。ちなみに、昨今の閉塞的な世界の原因はSNSだって糾弾してたよ。せめてライブの間は寛容にって。僕らブログのキャッチコピーも間違っていないと確信したよ(笑)。
トミトコ・キンダーガーデンのモットーは、「世界に、ユルさと、いい加減さと、愛を!」です。
スポンサーリンク

26. いつか (SOMEDAY)

「 いつか (SOMEDAY)」も大好きな曲。他の会場では、ここが「Last Step」だったりしたらしい。どちらも聴きたい曲だが、「Last Step」はライブアルバム『JOY』でも聴けるので、「 いつか (SOMEDAY)」で良かったよ。
そして最後の曲は・・・?
スポンサーリンク

27. YOUR EYES

最後は、メンバーが全員いなくなった後、達郎がひとり「YOUR EYES」を唄い始める。やがてひとりアカペラのカラオケ、宮里陽太のサックスもくわわる。ああ、楽しい時間はあっという間に終わる。短く感じたのに、この日は千秋楽だからいつもより少し長めだったらしい。
楽しい時間は早く過ぎていきます。
スポンサーリンク

【こけら落とし】熊本城ホール、しあわせの始まり

山下達郎もMCで言っていたが、ホールは演奏するアーティストの血や汗を吸って、良い会場に育っていく。熊本城ホールもきっと、これから素敵なホールに育っていくことでしょう。まさにこの夜は、熊本城ホール、しあわせの始まり。
これから、この会場でいろんなドラマが生まれることでしょう。
そして、この日の観客に、「カッコよく年を取って行こう」と語り掛け、達郎は去っていった。あんたが一番カッコいいよ!
達郎さん、いい歳の取り方をされてますよね。
以上。達郎の言葉は僕の意訳になっているかもしれないが、まあ、だいたいそんな風なことを言っていたよ。次回、熊本に来てくれる時は、今度こそ、娘を連れて参戦するぞ!
今度は娘さんが一緒に来てくれるといいですね(苦笑)。

長丁場のライブへ向け、超早めの夕食。ホントはうなぎ食べたかったけど、「うなぎの大新」さん定休日なので、「築地すし鮮 熊本総本店」で海鮮丼です。ちなみに、醤油は東京の醤油と熊本の醤油を交互に楽しむ(笑)。

開場時間17時に先駆け、16時くらいに到着。

すでに入場の列が出来ています。並ぶべきか?

でも、なにやら先行グッズ販売が行われている様子!え?まじ?

早く来て良かった!正式に入場する前に、とりあえず中に入れるみたいです。

Tシャツが気に入ったので購入。

最新シングル「RECIPE」を購入し、直筆サイン入り特製色紙もゲット!すでに感無量です!

山下達郎「RECIPE (レシピ )」 Edit Version

とりあえず一旦会場の外に出て、入場の列に並び正式に入場する。初めて「e+(イープラス)」を利用する。ここ数日、スマホ失くすのが怖かった・・・!

千住博(せんじゅ ひろし)氏からの花束が気になります。高名な日本画家で、達郎さんと交流がある方ですね。

クラッカー発見!ぜひ使わせていただこう!

修復中の熊本城が見えます。メインホール1階部分はちょうど空中庭園と隣接しています(庭園に行くことはできません)。

さきほどはスムースに購入できたグッズ売り場に長蛇の列。

長丁場になるであろうライブに備え、飲料水を確保。

熊本城ホールのここの個室を使用するのは僕が最初か!?(笑)

客入れのドゥー・ワップを聴きながら、開園までゆっくり待ちましょう。

・・・ライブ終了。18時すぎから始まって、21時半くらいまで。約3時間半の長丁場でした!普段着姿の大西市長もお見かけしました。

メインホール満員クラスの公演の場合、帰りのエスカレーターがかなり混雑するのはホールの課題かもしれません・・・。

公演が終わると外は大雨。サクラマチクマモトから地下道を通って、新市街へ雨に濡れずに行くことができます。すると・・・懐かしいあのお方が! 熊本の方ならわかるはず、センタープラザのあの観音様は、ここに移設されたのですね!最後に追加で感動。

なお、来年2020年のホールツアーはお休み。新しいアルバムのレコーディングや、たまっているリマスター、月一程度でライブハウスツアーという予定らしい。
ホールツアーが無くても、達郎さんは働き続けるみたいです!