『水戸黄門』40数年の歴史を辿る~BS-TBSで復活!「黙って聞いておれば田舎じじいの分際で!」に武田鉄矢はどう返す!?

賛否あるかもだけど、僕は超楽しみ!
武田鉄矢さんの水戸黄門がいよいよ始まりますね!

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

主人公・水戸光圀に俳優の武田鉄矢を迎え、BS-TBS『水戸黄門』10月4日スタート!(毎週水曜、全10話)

出典:mainichi.jp

いいじゃん、いいじゃん
でも、とりあえず、全10回か
10月4日(水)スタートです!
主人公・水戸光圀に俳優の武田鉄矢を迎え、旅を共にする「助さん、格さん」役には、若手の財木琢磨と荒井敦史を起用

 BS-TBSの改編説明会が5日、都内で行われ、同局でレギュラー放送として復活する『水戸黄門』(10月4日スタート、毎週水曜 後7:00~7:54、全10話)について、常務取締役の高田卓哉氏は「昔からの視聴者のみならず、若い視聴者も取り込めたら」と期待を寄せた。

 『水戸黄門』は、1969年より2011年12月までTBSで約40年にわたり放送された時代劇シリーズ。主人公・水戸光圀に俳優の武田鉄矢を迎え、旅を共にする「助さん、格さん」役には、若手の財木琢磨と荒井敦史を起用。人気キャラクター「風車の弥七」は津田寛治が演じる。

出典:news.nicovideo.jp

水曜日っていうがちょっと違和感だけど、まあいいか
主題歌は当然、助さん、格さんだよね
ビシッと渋く野太い声で歌ってくれよ
そうなんですか?(笑)
それにしても武田鉄矢本人が歌わなくてよかったよ
くまちゃん、武田鉄矢さんの歌も好きなんじゃないですか?
キライじゃないけど、海援隊が「ああ人生に涙あり」って、それはないない(笑)
武田黄門 主題歌を歌えると勘違い 挿入歌狙う

 「水戸黄門」の主題歌は1969年にスタート以来、助さんと格さんが歌ってきた。今回も助さん役の財木琢磨(24)、と格さん役の荒井敦史(24)がレコーディングした。だが武田は「僕も歌うもんだと思って、『海援隊』(※自身が所属するグループ)の年取った助さんと格さんを従えて練習してたんだよ」とジョークまじりに苦笑い。「(5代目黄門の)里見浩太朗さんが歌っていたから。でもよく考えたら、里見さんが歌っていたのは、助さん・格さんをやってた時だった」と残念そうに口をとがらせた。

 だが「母に捧げるバラード」「思えば遠くへ来たもんだ」「贈る言葉」などのヒット曲を持つだけに、「実は曲を作ってる。流してもらえないかなと」とニヤリ。有名な主題歌は断念したものの、挿入歌を狙っていることを明かした。

出典:www.daily.co.jp

水戸黄門40数年の歴史を辿る

さあ、BGMを聴きながら、水戸黄門40年の歴史を辿ってみよう
え~と(検索中)・・・1996年放送開始ですね
僕が生まれた年だよ(笑)

Mito Koumon Theme & BGM


シリーズ一覧

放送期間 回数 通算 水戸光圀 佐々木助三郎 渥美格之進
第1部 1969年8月4日-1970年3月9日 32回 32回 東野英治郎 杉良太郎 横内正
第2部 1970年9月28日-1971年5月10日 33回 65回
第3部 1971年11月29日-1972年6月5日 28回 93回 里見浩太朗
第4部 1973年1月22日-1973年9月17日 35回 128回
第5部 1974年4月1日-1974年9月30日 26回 154回
第6部 1975年3月31日-1975年11月3日 32回 186回
第7部 1976年5月24日-1977年1月10日 34回 220回
第8部 1977年7月18日-1978年1月30日 29回 249回
第9部 1978年8月7日-1979年2月5日 27回 276回 大和田伸也
第10部 1979年8月13日-1980年2月11日 26回 302回
第11部 1980年8月18日-1981年2月9日 26回 328回
第12部 1981年8月31日-1982年3月1日 27回 355回
第13部 1982年10月18日-1983年4月11日 26回 381回
第14部 1983年10月31日-1984年7月9日 37回 418回 西村晃 伊吹吾郎
第15部 1985年1月28日-1985年10月21日 39回 457回
第16部 1986年4月28日-1987年1月19日 39回 496回
第17部 1987年8月24日-1988年2月22日 26回 522回
第18部 1988年9月12日-1989年5月1日 33回 555回 あおい輝彦
第19部 1989年9月25日-1990年4月16日 29回 584回
第20部 1990年10月22日-1991年10月7日 48回 632回
第21部 1992年4月6日-1992年11月9日 32回 664回
第22部 1993年5月17日-1994年1月24日 36回 700回 佐野浅夫
第23部 1994年8月1日-1995年5月15日 40回 740回
第24部 1995年9月11日-1996年6月10日 37回 777回
第25部 1996年12月9日-1997年10月27日 43回 820回
第26部 1998年2月9日-1998年8月17日 26回 846回
第27部 1999年3月22日-1999年10月18日 30回 876回
第28部 2000年3月6日-2000年11月20日 34回 910回
第29部 2001年4月2日-2001年9月17日 25回 935回 石坂浩二 岸本祐二 山田純大
第30部 2002年1月7日-2002年7月1日 25回 960回
第31部 2002年10月14日-2003年3月24日 22回 982回 里見浩太朗
第32部 2003年7月28日-2003年12月8日 17回 999回 原田龍二 合田雅吏
1000回記念スペシャル / 2003年12月15日 1回 1000回
第33部 2004年4月12日-2004年9月20日 22回 1022回
第34部 2005年1月10日-2005年6月6日 20回 1042回
第35部 2005年10月10日-2006年3月6日 20回 1062回
ナショナル劇場50周年SP/2006年3月13日 1回 1063回
第36部 2006年7月24日-2006年12月18日 20回 1083回
第37部 2007年4月9日-2007年9月17日 23回 1106回
第38部 2008年1月7日-2008年6月30日 24回 1130回
第39部 2008年10月13日-2009年3月23日 22回 1152回
第40部 2009年7月27日-2009年12月21日 20回 1172回
第41部 2010年4月12日-2010年6月28日 12回 1184回
第42部 2010年10月11日-2011年3月21日 21回 1205回 東幹久 的場浩司
第43部 2011年7月4日-2011年12月12日 21回 1226回
最終回スペシャル/2011年12月19日 1回 1227回
スペシャル/2015年6月29日 1回 1228回 原田龍二 合田雅吏

出典:ja.wikipedia.org

里見浩太朗の黄門様も意外と長期だったんだね
そのへんはほとんど見てないけど・・・
ふりかえれば里見浩太朗さんはまず格さんとして、第3部(1971年11月)から登場されているんですね

↓里見浩太朗の助さんは第3部(1971年11月)から

↓ナショナル劇場とは別物、月形龍之介の映画「水戸黄門」(1957年)

↓ナショナル劇場とは別物、映画「水戸黄門」(1961年)
(出演:長谷川一夫、勝 新太郎、市川雷蔵、野添ひとみ)

昭和の月曜日20時の情感

水戸黄門 第11部(1980年8月18日-1981年2月9日)

出典:www.bs-tbs.co.jp

僕の思い出話
「水戸黄門」は親が好きだったからね
物心ついた頃から一緒に観てたと思う
1970年代から80年代にかけて
まさに東野英治郎さんが水戸黄門の時代ですね
「サザエさん」を見ると日曜日が終わっちゃう感覚が昔はあったでしょ?
最近は「サザエさん」の視聴率も昔ほどではないみたいですけどね
あの「サザエさん」休日終わる感が、僕は「水戸黄門」にもあるんだよね
え?どういうことですか?
うちの親は月曜日が休みだったから、僕も幼稚園まではよく月曜日休んでいたんだよ
だから感覚的に、日曜日プラス月曜日もちょっと休日気分が残ってるんだよね
へー
で、その休みの月曜日の夜、みんなで「水戸黄門」を観てたから、「水戸黄門」休日終わる感があるの
個人的な話だ、すまん(笑)
でも、今度の「水戸黄門」は水曜日ですからね
そうそう、だから月曜日じゃないことに人一倍違和感があるんだよ
じゃあ、ちなみに、フジテレビ月9のドラマも、休日終わる感があるんですか?
いやいや、月9全盛の時代は20代以降だから、もうその感覚はないよね
なるほど
人間の感覚って面白いね

↓西村昇の水戸黄門は第14部(1983年10月)から

↓やっぱり水戸黄門は東野英治郎でしょ

「黙って聞いておれば田舎じじいの分際で!」に武田鉄矢はどう答える!?

↓この腑抜けた武田鉄矢の表情は作戦か・・・?!

出典:www.bs-tbs.co.jp

さて!武田鉄矢の水戸黄門はどうなるかね?
武田鉄矢さんの最近のコメントがありますよ
「薄くてもコクがある。京風でいきたい」と、武田流黄門さま像に挑戦する

 黄門さまの扮装(ふんそう)で取材陣の前に姿を見せると「ガキの頃から見てるからさ、印籠が出ると、みえ切っちゃうんだよね。初々しくやってほしいってことなので『それはダメ』と言われちゃった」と話した。

 収録開始から約1カ月がたち、第4話の収録に入っている。武田はドラマでも俳優として「3年B組金八先生」「101回目のプロポーズ」という代表作がある。ともに「過剰に大げさに劇場型で」演じてきたが、今回はそうした持ち味や得意技を封印。「薄くてもコクがある。京風でいきたい」と、武田流黄門さま像に挑戦する。また「いたわりを強要したり、老いのずるさもあって完璧なご老公じゃない。助さんも『この、くそじじい』と言うしね」と明かすように、若者と高齢者の小競り合いも描く「現代風の水戸黄門」といった側面もあるようだ。

 同シリーズは多くの名優が黄門さまを演じてきた。6代目となる武田は、初代の東野英治郎さんに若き日に親しみ、2代目の西村晃さんには仕事でインタビューしたこともある。それぞれに印象がある中で「物議を醸した方、石坂浩二さんに一番影響されている」という。石坂は直腸がん治療との理由で、わずか約2年で降板したが、他にも理由があったと当時伝えられた。武田にとって初の時代劇出演は、石坂が主演した79年NHK大河ドラマ「草燃える」だった。「セリフ回しが分からなくて(石坂の)まねをしていた」。それだけに「今でも時代劇は石坂浩二風のしゃべり方になる」という。

出典:www.nikkansports.com

「過剰に大げさに劇場型で」でも面白いと思うけどなあ(笑)
武田鉄矢さんはベテランの俳優さんですから、徐々に自分の色を出すんじゃないですか?
そうだね
ずるい大人だから、作戦立ててそうだね
ずるい大人って
“黄門様”武田鉄矢「女性をオニババから救う」

 これまで「3年B組金八先生」(TBS系)、「101回目のプロポーズ」(フジテレビ系)などで見せた独特の演技が話題になり、大ヒットを飛ばしてきた。自身も「激情」的な演技が得意と話したが、今回の黄門を演じるにあたっては「今回は逆なんです。黄門様の味わいをどうしたら楽しんでもらえるかなと考えた時に、ひと山越えた人が味になると思うんです。私も山を越えて、いいコクで黄門ができないかな」とイメチェンを示唆。「強く激しいものではなくて、もう少し穏やかなものが自分に試されてるのではないか。ビールでいうキレは、あとの3人に任せたい」と笑った。

 印籠を見せつけ悪を正す水戸黄門だが、現代社会で印籠を見せつけたい人について聞かれると「番組以外のことには答えたくないな」と苦笑しつつも「いるよね。誰とは言わないけど女性のスキャンダル多いよね。娘2人と女房がお父さんを殺したとか胸が痛い。私もワケの分からないサプリをすすめられて、飲むたびに力がなくなる気がする」と話し、笑いを誘った。

 続けて「女性が生きにくい時代なのかもしれない。三砂ちづるさんの『オニババ化する女たち』って本があって、女性は鬼化するんです。でも、水戸黄門の中には女性の理想化があって、けなげなんです。そんな女性が花咲きやすい空間が時代劇にはあるけど現代にはなくて、女性自身が悪代官みたいにほえたり、越後屋みたいに一服盛ったりっていう時代になったのかも。女性をオニババから救うために『黄門様』っていうのは今必要なキャラクターなんだと思う」との見解を示した。

出典:www.tokyo-sports.co.jp

これ!(笑)
女性に怒られますよ
水戸黄門の役作りに関係あるとは思えないけど、なんか面白いね
女性をオニババから救う『黄門様』?
とにかく、今の時代にあった、スカッと気持ちよい光圀を見せてもらいたいね
水戸黄門は勧善懲悪ドラマの象徴ですからね
その通り!

↓水戸黄門漫遊記


↓また違った光圀の魅力を!